ナチュラル ムーニー 新生児。 ナチュラルムーニー

京都大学大学院と共同研究、メッセージが浮かびあがる『ナチュラルムーニー』新発売|2019年|ニュースリリース|企業情報|ユニ・チャーム

ナチュラル ムーニー 新生児

赤ちゃんのオムツを選ぶとき、「いろんな種類があって違いがわからない」「なにを基準に選べばいいの?」という悩みは、多くのママが経験するのではないでしょうか。 はじめての育児であれば、なおさらですよね。 ここでは、新生児期に「メインで使っているオムツの種類」についてアンケートを行いました。 1人目のときに一番肌触りが良く感じて気に入ったので、2人目にも使いました。 オムツかぶれしにくいのは良いですが、おしっこラインが少し見にくいかも。 (ムーニーエアフィット使用) 新生児期に使っていたオムツで多いのは、1位&2位がパンパース、次いでムーニーエアフィットとなりました。 新生児期に使っていたオムツを選んだ理由で圧倒的に多かったのが、 「産院で使っていた」ということ。 この傾向は上位に限らず全般的にいえることでした。 ただし、3位のムーニーエアフィットには「産院で使っていた」というコメントはみられず、 「3,000gまでの小さいサイズがあったから」という理由で選んだという声が占めました。 新生児のオムツ選びで重視したポイント 育児中のママやパパを対象にアンケートを実施したところ、オムツ選びで重視する点で圧倒的に多かったのが 「オムツかぶれしにくい」こと。 次いで肌触り、吸水性でした。 生まれたての柔らかい肌はもちろん、新生児期は我が子の肌質も把握しきれていない時期だからこそ、オムツの肌への影響を一番に考えていることがわかりますよね。 新生児のオムツ9種類を徹底比較! 今回、新生児用オムツを比較するにあたり、下記の9種類を対象に実験を行いました。 比較したのは、アンケートにもあった 肌触り・吸水性・伸縮性・コスパについて。 「オムツかぶれしにくい」という点では、オムツ内の 湿度を測る実験も行いました。 比較した新生児用オムツ• ウルトラプラス• パンパース さらさらケア• パンパース はじめての肌へのいちばん• メリーズ さらさらエアスルー• ムーニー エアフィット• ナチュラルムーニー• グ~ン はじめての肌着• グ~ン はじめての肌着 マシュマロ仕立て• ネピアホワイト 各項ごとに検証し、順位ごとに点数をつけていきます。 肌触り・吸水性・オムツ内の湿度に関しては 総合得点が高いオムツを。 伸縮性に関しては脚周り・お腹周りの結果から 体型別におすすめのオムツを。 9種類のオムツのコスパも含めて、最後に総合評価を発表します。 《新生児のオムツ》 内側の肌触りはネピアホワイトが1位! 肌触りの実験では、編集部員26名に、赤ちゃんのおしりが実際に触れるオムツの内側を触ってもらいました。 触るのは腕でも頬でもOK。 1~3位の新生児用オムツを触った感触 ナチュラルムーニーを触った感想 ・ガサガサ感がなくて安心感がある ・けばけばした感じがなく気持ち良さそう ・やわらかくて擦れる音もなくなめらか 上位で共通するのが、どれも コットンのような滑らかさで、 表面にあまり凸凹がないオムツということ。 ホワイトはキルト風の加工がありますが、これが好評という結果に。 4位以下のオムツは、 表面にメッシュ感がある、またはメッシュ感はなくても 紙っぽさを感じるオムツが多い傾向がみられました。 《新生児のオムツ》9種の吸水性をチェック 吸水性の実験では、新生児の1回分のおしっこ量の目安である20ccを、30秒間隔で3回オムツに浸透させ、3回目を吸収しきったおよそ10秒後にティッシュを置いて5秒間、押し当てました。 オムツの湿り気、吸収した後の感触やポリマーの厚みを実際に触って検証すると同時に、1回ずつの吸収する速さを目視で確認しました。 サラサラになるのも早く、ナチュラルムーニーとムーニーのポリマーの膨らみが気になったものの、総合的に良い印象。 中位のパンパース 肌へのいちばん、グ~ン、メリーズは、吸収の早さは上位より劣るものの、吸収後のサラサラ感は上位と並ぶ結果となりました。 気になった結果も… メリーズのオムツに関しては、水を流した直後にスッと吸収されず、以下のように表面を水が滑る様子が見られました。 吸水性と通気性はイコールではないので、吸収がゆっくりだからといって肌に影響があるとは言えませんが、「おしっこがおしりに広がりやすい?」という気になる結果に。 《新生児のオムツ》 一番湿気が抜けやすいのはメリーズ! 続いて、湿度の実験では、37度のお湯100mlをオムツに流し、手にオムツを装着しました。 オムツの上から厚手の布を被せ、5分後にオムツの中の湿度を計測。 しかし、 全てのオムツが湿度94〜95%という結果で、大きな差がないことが発覚。 そのため、オムツに入れていた手の蒸れ具合から「不快に感じるか感じないか」「肌に湿り気が残るか残らないか」を基準に順位付けをしました。 順位 オムツ 得点 1位 メリーズ 9点 2位 パンパース 肌へのいちばん 8点 3位 パンパース 7点 4位 ナチュラルムーニー 6点 5位 ムーニー 5点 6位 グ~ン 4点 7位 グ~ン マシュマロ仕立て 3点 8位 ネピアホワイト 2点 9位 ウルトラプラス 1点 いちばん 不快感がなかったのはメリーズ。 通気性をうたっている商品であるだけに、素早く湿気が抜けるということが、実際に肌で実験した結果わかりました。 ほかにも、上位3位までの、オムツの湿度実験の感触を見てみましょう。 上位3位までの感触はこちら パンパースの感触 不快感はないが、しっとりしている感じがあり、時間が経っても少し湿っている。 新生児の赤ちゃんは体温が高いこと、おしっこやうんちの温度や水分もあって、オムツの中は実験よりもはるかに不快な状態です。 少しでも快適に過ごせるオムツを選んであげたいですね。 《新生児のオムツ》 9種類のお腹・脚周りを計測 伸縮性のテストでは、お腹周り・脚周りのギャザーを伸ばす前後の長さを計測し、前後差から伸縮率を計算しました。 オムツのお腹周り オムツのお腹周りの伸縮性は、まずオムツの背面側(テープが付いている方)の通常時のサイズと伸ばしたときのサイズを測ります。 オムツ 通常時 伸ばすと 伸び率 パンパース 肌へのいちばん 27cm 34cm 1. 26倍 パンパース さらさらケア 27cm 34cm 1. 26倍 ナチュラル ムーニー 22cm 27. 5cm 1. 3倍 ムーニー 21. 5cm 27cm 1. 3倍 メリーズ 26cm ー ー グ~ン マシュマロ仕立て 23cm ー ー グ~ン 25. 5cm ー ー ウルトラプラス 25cm ー ー ネピアホワイト 20cm 26cm 1. 3倍 ネピアホワイト、ムーニー、ナチュラルムーニーには 背中にギャザーがついていて、パンパース、パンパース肌へのいちばんには テープ部分にストレッチ機能がついているという特徴がみられました。 オムツの脚周りの伸縮率を計測 脚周りの計測は、オムツを開いた状態でギャザーを含む前後の全長を測ります。 その後、ギャザーが伸びきるまでひっぱった状態で、再び前後の全長を測ります。 オムツ 通常時 伸ばすと 伸び率 パンパース 肌へのいちばん 30cm 37cm 1. 23倍 パンパース 30cm 36cm 1. 20倍 メリーズ 29cm 36cm 1. 24倍 ナチュラル ムーニー 29cm 36cm 1. 24倍 グ~ン 28. 5cm 37cm 1. 30倍 ムーニー 28. 5cm 34cm 1. 19倍 グ~ン マシュマロ仕立て 27cm 36. 5cm 1. 35倍 ウルトラプラス 27cm 36cm 1. 33倍 ネピアホワイト 27cm 36cm 1. 33倍 伸び率が高いといっても、オムツが大きいというわけではありません。 ギャザーの伸びに加えて、オムツ自体のサイズも見ておくことがポイントです。 たとえば、パンパースは伸び率が低くてもオムツ自体が大きめなので、その分カバーすることができます。 ホワイトは、オムツ自体は小さめですが、伸び率が高いので、小柄で脚周りの太さが気になる赤ちゃんにぴったり、という目安になります。 《新生児のオムツ》コスパが良いオムツは? アマゾン価格で、各メーカーの新生児用テープタイプのオムツを1パック買うときの、1枚あたりの価格を比較しました。 オムツは毎日消費するものなので、ランニングコストも見ておきましょう。 ウルトラプラス 税込価格 106円 3枚(35. ウルトラプラスはAmazonでの販売がないため、公式オンラインショップの価格を記載しています(2019年2月現在、トライアルパックのみの販売となっています)。 《新生児のオムツ》 徹底比較を総まとめ! これまでの実験結果をもとに、総合得点が高いオムツを上位5位にまとめ、伸縮性に関しては体型別におすすめのオムツを分けてみました。 「ほかの赤ちゃんには合っているけど、うちの子には合わなかった」というのも珍しいことではありません。 そんなときに、他のオムツの種類の特徴を知っておくと「これなら合うかも」という選択肢が広がります。 ninaru babyが行った比較結果も、参考の1つにしてみてくださいね。 /比較したオムツは、各メーカーで2018年8月現在販売されているものです。

次の

オーガニック紙おむつ「ナチュラルムーニー」の特徴と価格について

ナチュラル ムーニー 新生児

おむつ 通常時 伸ばすと 伸び率 ムーニー エアフィット 28. 5cm 34cm 1. 19倍 Whito 26cm 35. 5cm 1. 37倍 ナチュラル ムーニー 29cm 36cm 1. 24倍 メリーズ 29cm 36cm 1. 24倍 パンパース さらさらケア 30cm 36cm 1. 2倍 G. OON マシュマロ 仕立て 28. 5cm 37cm 1. 3倍 パンパース はじめての 肌へのいちばん 30cm 37cm 1. 新生児期はうんちがゆるいので、おむつの背中や足回りから漏れてしまうことも。 赤ちゃんがスリムさんの場合、足回りのフィット感もチェックしておむつを選ぶといいですね。 ムーニーはお腹周りもスリムさん向き 同様にして、お腹周りのギャザーの伸び具合も調査。 ギャザーのあり・なし、付いている場所に違いもありますが、ムーニーはスリムさん向きという結果になりました。 おむつ 通常時 伸ばすと 伸び率 Whito 20cm 26cm 1. 3倍 ムーニー エアフィット 21. 5cm 27cm 1. 3倍 ナチュラル ムーニー 22cm 27. 5cm 1. 3倍 パンパース さらさらケア 27cm 34cm 1. 26倍 パンパース はじめての 肌へのいちばん 27cm 34cm 1. 26倍 G. OON マシュマロ仕立て 23cm ー ー G. OON まっさらさら通気 25. ムーニーの新生児用には2サイズ! 「ムーニーエアフィット」と「ナチュラルムーニー」の新生児用には、2サイズあるのをご存知ですか? 2016年度の厚生労働省の調査では、約44%の赤ちゃんが3,000g未満で誕生しています。 また、生後2〜5日目頃には出生時体重の10%未満が減る「生理的体重減少」が起こり、赤ちゃんの体重は少し減ります。 小さめに生まれた赤ちゃんには、ムーニーの「お誕生〜3,000g」を選ぶと、体によりフィットして安心ですね。 1回ずつの吸収状況/吸収後すぐに触った感覚/吸収して30~1分後に触った感覚(おしっこ戻り)/ポリマーのふくらみを見て、触ってチェック。 「ナチュラルムーニー」、「ムーニーエアフィット」ともに、 水分の吸収の速さは圧倒的でした。 ただし、「ムーニーエアフィット」は水分がかかった場所の ポリマーが集中的に膨らむため、ややゴロゴロした感触になるのが気になりました。 ほとんどのおむつが時間の経過とともにサラっとした肌触りになりましたが、「ナチュラルムーニー」と「ムーニーエアフィット」は おしっこをした直後からスーッと吸収されるので赤ちゃんも快適に過ごせそうですね。 そこで、実験に参加しておむつのムレ具合を体感した編集部員の感想をご紹介します。 ナチュラルムーニー エアフィットと同様、着けているときはムレはあまり感じなかったし、肌に違和感を感じることもなかった。 ただ、おむつを外したあとは、 指と指の間がムレて湿った感じがあった。 その湿り具合は、エアフィットよりは軽かった。 新生児用のおむつの中でもっとも不快感が少なかったのは「メリーズ」で、次いで「パンパース初めての肌へのいちばん」でした。 ムーニーは、どちらも平均的という印象でした。 おむつがサラッとしているように感じても、赤ちゃんはもしかしたら不快に感じているのかもしれません。 おむつ替えをする際、股の間などの湿り気がたまりやすい部分は、しっかり乾かしてあげてくださいね。 おむつの上から厚手のパーカを被せ、5分後におむつの中の湿度を計測。 実験に参加して、おむつの内側の肌触りを比較した編集部員の感想をご紹介します。 ナチュラルムーニー エアフィットと同時に触り比べてみたら、ナチュラルムーニーのほうがやや薄く、ふんわり感が少なく感じました。 【番外編(1)】おへそのジュクジュクにも対応 新生児期の赤ちゃんは、おへそがジュクジュクしてまだ乾いていない状態です。 「ムーニーエアフィット」と「ナチュラルムーニー」は、お腹のギャザーがおへそに当たらないように、写真のようにカットが施されています。 このおへそカットを採用している新生児用おむつは、じつは、ムーニーの2種類だけ。 赤ちゃんへのやさしさを感じる工夫ですね。 【番外編(2)】ムーニーエアフィットと ナチュラルムーニーの違いは? ここまで「ムーニー」の特長をご紹介してきましたが、「ムーニーエアフィット」と「ナチュラルムーニー」にはどんな違いがあるのでしょうか? メーカーが公表している情報と編集部の実験からわかった違い、さらに、実際に使用しているママたちの使用感をご紹介します。 メーカーが公表している違い エアフィット ナチュラル 素材 エアシルキー素材 表面シートにオーガニックコットンを使用 肌刺激 従来品より、肌こすれを40%カット 石油由来の油剤を不使用。 肌にやさしい弱酸性 設計 伸縮ギャザーを採用 背中漏れを防止する設計 デザイン プーさん(1袋に2種類) クラシック・プーさん(1袋に2種類) 編集部が調べて見つけた違い エアフィット ナチュラル 背中の カット 谷型にカーブしている(1) 山型になっていて背中漏れ防止を強化(2) 表面シート 内側全面が、細かいドッド状のステッチ(3) お尻から背中にかけてはクロス状のステッチ(4)。 その他はドット状 おしっこを吸収するポリマーが入っている面積、立体ギャザーの高さ、テープの素材、おしっこラインの見えやすさに違いはありませんでした。 使っているママ達の感想 【ナチュラルムーニー使用】 おむつは肌触りのよさと、おむつかぶれしにくいことを重視して選んでいます。 ナチュラルムーニーは価格が少し高いけれど 肌触りがやさしく、オーガニックコットンを使っているので子供の肌にも安心です。 編集部で調査したところ、「ムーニーエアフィット」と「ナチュラルムーニー」では、1枚あたりの 単価に大きな差があることがわかりました。 1枚あたりの単価 おむつ 単価 メリーズ 12. 48円 ムーニーエアフィット 12. 6円 パンパースさらさらケア 13. 82円 G. OONまっさらさら通気 14. 2円 G. OONマシュマロ仕立て 17. 78円 パンパースはじめての肌へのいちばん 18. 72円 ナチュラルムーニー 19. 3円 Whito 20. 2018年8月23日時点のamazonでの底値から算出。 おむつは赤ちゃんに合ったものを選ぼう おしっこの吸収スピードの速さや肌触りのよさから、「ムーニーエアフィット」と「ナチュラルムーニー」が新生児のママに高く評価されていることは納得ですね。 また、小さく生まれた赤ちゃんや、新生児期特有のおへそのジュクジュクにも対応するなど、やさしい配慮もたくさんありました。 ですが、新生児期の赤ちゃんの肌はとても敏感なので、実際に使ってみたら赤ちゃんの肌や体形に合わないこともあるかもしれません。 今は、お試しパックが売られていたり、メーカーからサンプルをもらうこともできます。 今回の記事を参考に、実際に試してから購入を決定すると安心ですね。 ムーニーエアフィット 新生児(お誕生〜5,000g).

次の

《新生児のオムツ》パンパースやムーニーなど9種を比較!コスパもチェック

ナチュラル ムーニー 新生児

赤ちゃんが産まれると必需品となる「おむつ」 産院で使っていたのは パンパースでしたが、私が最終的に行き着いた新生児おむつは、ちょっとレア?な ネピアの Whito ホワイト そこに行きつくまでには、色々な 紙おむつ 新生児用 を使いました。 ムーニー エアフィット3S(新生児用小さめ 1. グーン テープ 新生児用小さめ 1. 5kg• ネピアWhito テープ 新生児用 3時間タイプ• ナチュラルムーニー 新生児用 お誕生~5kg• パンパース はじめての肌へのいちばん 5kgまで• 3kg前後までは「小さめ」タイプが良かったです。 Contents• moony ムーニー ムーニーシリーズは以下の2種を使用。 左| ムーニー エアフィット3S 新生児用小さめ 1. お腹周りのテープが伸びて止めやすい• 足周りのフィット感がよかった• くまのプーさん柄が可愛い 蒸れ感は普通にあったかな。 ムーニーの新生児用は、 おへそカットが特徴的。 うちの子は、かなり早くへその緒が取れて乾いたのですが、なかなか乾かない子は、おへそを覆うことなく着けらるのがいいですね。 オーガニックコットンを使った、 ナチュラルムーニーは普通のムーニーより柔らかく、優しい肌触り。 かぶれやすい子や、より良い物を使ってあげたい時にはいいかな、と思いました。 Merries(メリーズ) メリーズも、小さめサイズ と 普通のサイズ を使用。 ポコポコのシートでゆるいウンチも広がりにくい メリーズの5000gまで は結構 大きめ。 大きく産まれたお子さんにはちょうどいいかも。 うちの場合、3,000g前後の時には大きすぎて、足周りから漏れることが。 小さめの3kgまで用にしたら 漏れはなかったのですが、背中・ウエスト周りの伸び があまりないせいか、細身だったうちの子には、フィット感がイマイチでした。 GOO. N(グ〜ン)• グーン 新生児用小さめ 1. 足回りギャザーがしっかりしている• 3500gまで用でも意外と大きい パンパース新生児用(~5000g)にせまるくらいの大きさ。 小さめか普通サイズ、どっちつかずの体型の時にちょうど良かったです。 テープ部分がよく伸びる• 肌触りはまぁまぁやわらかい• 股上深め• おしっこサインは1本ながら、ハッキリしていて分かりやすい 今回比較の中では、ゴミが一番かさばる気がしました。 また、パンパースは股上が深いものの、太ってくると背中もれしやすいと、助産師さんや友人など、複数の方から聞いています。 Whito ホワイト• ダントツの肌触りのよさ• 薄いので、ゴミも含めてかさばらない• たっぷりおしっこでも、おしりさらさら• 柔らかく動きにフィットするのか、うんち漏れ激減 薄い!軽い!すっきりシルエット!そして、さらさら アカチャンホンポでサンプルを貰って使用したのがきっかけですが 最終的にこれが一番使いやすかったです。 「3時間用」なんて、足りなくない?と思うかもしれませんが、新生児のころは昼夜問わず、おむつ替えも頻繁ですので、3時間用と割り切った設定でも吸収量に不足はありませんでした。 ただ、夜に5時間近く寝るようになってきた最近は、通気性のよさゆえか、上に着ている肌着がしっとりしているときがあります。 5kgを超えてきたので、そろそろサイズアップ。 Sサイズの3時間用と、夜やお出かけ用に12時間用を購入しました。 Whitoは、おむつによる かぶれ、蒸れ、モコモコ感、ゴミの多さが 気になっている方には ぜひともオススメしたいおむつです! まだ新しいこともあってか、売っているところが少ないのが難点ですが、 アカチャンホンポなら、8枚増量でお届けも早いので便利ですよ。

次の