スナメリ。 白いイルカは2種類いるらしい!スナメリとシロイルカの違いとは? | ガジェット通信 GetNews

白いイルカは2種類いるらしい!スナメリとシロイルカの違いとは? | ガジェット通信 GetNews

スナメリ

クジラ目亜目科スナメリ属。 は約 1. 9mに達する。 雄は雌よりわずかに大きい。 出生体長は 70~80cmになる。 体色は全身同色で,個体により藍ねずみ色から紺までの変異がある。 頭部は小さく,嘴 くちばし や口唇状の突出がない。 吻端から噴気孔にかけて丸くふくらみ,体の中央付近が最も太い。 むなびれ は大きく,体長の6分の1程度で三角形状を呈し,先端がとがる。 背鰭はないが,胸部から尾鰭つけ根にかけて背部正中線上に幅3~4cm程度の隆起があり,この上に丸い鱗片状の突起物が無数にある。 上下顎骨にへら状の歯が左右 13~22対ある。 類,イワシ類,底生性小型甲殻類のほか沿岸性のイカ類やタコ類を食べる。 ペルシア湾からインド洋沿岸,インドネシア,ジャワ,フィリピン,中国,朝鮮半島,日本沿岸域に分布し,を北限とする。 内湾性が強く, 揚子江 では付近まで出現する。 イカナゴを1ヵ所に集め,漁を容易にすると古くから信じられてきた。 生息域の開発および環境汚染により,生息数の減少が懸念されている。 広島県阿波島周辺の海面が「スナメリ廻遊海面」として天然記念物に指定された。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 哺乳 ほにゅう 綱クジラ目ネズミイルカ科のハクジラ。 スナメリクジラ、ナメノウオ、スザメなどの名もある。 牡鹿 おしか 半島と能登 のと 半島以南から東南アジアおよびインド洋北部、アフリカ東海岸に分布し、体長1. 9メートル以下で、日本近海に分布する鯨類中では最小クラスである。 全身が銀灰色で、死後は黒くなる。 頭部が丸く、くちばしや背びれはなく、背面中央に鱗片 りんぺん 状組織からなる低い隆起帯をもつ。 歯は、先の広いしゃもじ形をしている。 沿岸性で、瀬戸内海や伊勢 いせ 湾に多く、魚群を取り囲む習性があって漁業に有益なことから、広島県竹原市阿波 あわ 島の群遊海面は国の天然記念物として保護されている。 繁殖期は春。 生まれた子は体長80センチメートル、体重8キログラム前後で、生後3年で1. 4メートルになる。 小魚やイカ類を捕食する。 [片岡照男].

次の

動物図鑑/スナメリ

スナメリ

Contents• スナメリってどんな生物? スナメリは、 ネズミイルカ科スナメリ属に属する小型のイルカで、 主に海水域に生息しているのですが、 淡水である中国の長江(揚子江)に生息する個体群も 確認されています。 日本でも地域によってさまざまな名称があって、 仙台湾から東京湾ではスナメリ、 伊勢湾や三河湾ではスザメ・スンコザメ、 瀬戸内海から響灘ではゼゴ・ゼゴンドウ・ナメクジラなど 大村湾、有明海ではナミノウ・ナミウオなどと呼ばれています。 スナメリの生態や分布は? スナメリはアジアの沿岸海域に生息していて、 特にインド、中国、インドネシア、日本の沿岸の、 水深50m以内の浅い海域で、海底が滑らか、 もしくは砂地になっている場所を好んで生息しています。 日本の沿岸で生息しているのは、 銚子沖、瀬戸内海などでの生息が確認されているほか、 個体数は少ないが伊勢湾や三河湾などでも 生息していることがが確認されています。 成体の体長は1. 5-2m、体重は50-60kgで、 クジラ類では最も小型の種の一つです。 スナメリの食性は、 エビやカニなどの底生の甲殻類から、 コノシロ、イカナゴ、カタクチイワシなどの群集性の小魚、 イカなどと、さまざまな餌を食べていると言われています。 それ以外の生息域では絶滅危惧種のリストに載せるための 十分なデータがないんですけど、 1970年代の後半に行われた調査と 1999年~2000年にかけてされた調査の比較によると 生息数も生息域も減少しているそうです。 河口や海岸近くに留まるという性質があるため、 毎年多数のスナメリが魚網などによって 混獲されてしまうこともよくあるそうなので、 そういったことも減少してしまう要因かもしれません。 韓国では混獲されたスナメリは 食用として販売されているそうです。 日本でスナメリは、 水産資源保護法施行規則、第一条に基づいて保護されていて、 特別の事由があって農林大臣の許可を得た場合を以外は、 捕獲することは禁止されている。 まず大きさの比較から。 シロイルカの大きさは オスは最大で5. 5m、メス4m 体重はオス1,300kg、メス600kg で、やや大型であるのに対して スナメリは先ほども書きましたが 成体の体長は1. 5-2m、体重は50-60kgで クジラ類では最も小型の種の一つです。 生息域も全く違って、 シロイルカは 北極海、ベーリング海北部、オホーツク海、 クック湾、セントローレンス湾になど 寒い地方に生息しているのに対して スナメリは アジアの沿岸の浅い海に生息していて、 日本近海が1番北になります。 上:スナメリ 下:シロイルカの赤ちゃん 赤ちゃんのシロイルカは灰色をしていて、 体調も130cmくらいなんで 見間違えることもあるのかもしれません。

次の

【とにかく癒される】小型のイルカ「スナメリ」の高画質画像まとめ

スナメリ

content• スナメリとは スナメリ 学名:Neophocaena phocaenoides 英名:Finless Porpoise は、ネズミイルカ科スナメリ属に属する小型のイルカ。 体長は成体で1. 5m〜2m、体重は50〜60kg。 クジラの中でも最小種の一つです。 スナメリ属はスナメリ1種類のみで構成されています。 主に海水域に生息していますが、中国の長江(揚子江 などの淡水域での生息も確認されています。 中国では、長江の豚と言う意味で江豚(jiangtun と呼ばれています。 また、日本では地域によって呼び方に違いがあります。 仙台湾から東京湾では標準和名のスナメリ。 伊勢湾や三河湾ではスザメ・スンコザメ。 瀬戸内海から響灘ではゼゴ・ゼゴンドウ・ナメクジラ・デングイ。 大村湾、有明海、橘湾ではナミウオ・ボウズウオなどと呼ばれています。 スナメリの特徴・一般的なイルカとの違いを画像で見る 水族館などでよく見るイルカとの体の違いを画像を比較して見ていきましょう。 背ビレがない 水族館などでよく見るイルカショーなどのイルカにはこの様に背ビレがあるのをイメージすると思います。 ですが、スナメリには背ビレがありません。 また、スナメリの英名【finless Porpoise】は日本語に訳すと、『ヒレなしイルカ』。 英名の通り背びれがない事が特徴で見た目はシロイルカ ベルーガ に似ています。 背びれはありませんが背中の中心に沿って皮膚が2〜3cm程盛り上がっています。 この部分には終末神経が密集しているとされており、この器官で仲間とのコミュニケーションに使う感覚器官になっているのではないかといわれています。 口 クチバシ が突き出ていない イルカのイメージとして印象に強いクチバシですが、スナメリは口 クチバシ が突き出ていません。 丸い前頭部が口から立ち上がっていて、一般的になイルカのイメージと違います。 この特徴はどうやら『ネズミイルカ科』全ての特徴の様です。 スナメリの生態 生息海域 スナメリは主にアジアの沿岸海域に生息しています。 生息海域は西はペルシア湾から東は富山湾にまで生息しています。 主に沿岸の海水域に生息していますが、中国の揚子江 長江 などの淡水域にも生息しています。 画像: 日本沿岸では瀬戸内海から紀伊水道にかけて最も多くのスナメリが生息しているとされています。 いずれの生息海域も水深が50cm程で海岸に近く、海底のがなめらか、砂地になっているところを好んで生息しています。 繁殖 繁殖期は地域によって異なります。 主に春から夏頃にかけて繁殖活動を行います。 スナメリは1産1仔。 瀬戸内海における出産は4月によく見られ、生まれたばかりの子どもの体重は25kg程で、体長は80cm程度です。 妊娠は2年に一回が最も多いサイクルとされており、雄は4歳半から9歳で、雌は3歳から7歳で、それぞれ性成熟します。 スナメリはイルカなのかクジラなのか スナメリもイルカも同じ鯨類に属しています。 生物分類上ではイルカとクジラの明確な違いはなく、呼び名が違うだけで同じクジラです。 イルカは主にハクジラ科の体長が4メートル以下の個体を指しています。 スナメリの体長は成体で1. 5メートルから2メートル。 ですのでスナメリは生物の分類ではクジラ。 大きさ的にはイルカの仲間です。 スナメリとシロイルカ ベルーガ の違いは? 見た目がとても似ているスナメリとシロイルカ ベルーガ。 フォルムも似ている両者の違いをみていきましょう。 生息海域 スナメリは日本やインド、中国などの比較的温かい海域に生息しています。 対するシロイルカは北極海やオホーツク海などの寒く浮氷がある海域に生息する傾向があります。 大きさ スナメリは成体での体長1. 5m〜2m程度です。 人と比べるとこれぐらいの大きさです。 画像 シロイルカは成体で4m〜5mでスナメリと比べると、2倍以上の大きさです。 胸ビレの違い 胸ビレの形に大きな違いがあります。 スナメリの胸びれは長く、先端に行くほど細くなり先はシュッと尖っています。 シロイルカの胸ビレは短く先端が丸いのが特徴的です。 体色の違い スナメリは水中では白っぽく見えますが、水面から出ると灰色の体色をしています。 シロイルカはその名前の通り体色は白。 ですが、シロイルカの赤ちゃんはスナメリと同じ灰色の体色をしているため、スナメリとシロイルカの赤ちゃんを見間違える事も多いようです。 スナメリは絶滅危惧種? スナメリは絶滅の恐れがある種としてIUCNの絶滅危惧II類(VU)に指定されています。 個体数の把握はされていませんが、数十年間に渡って減少している考えられています。 また、食用や脂など商業目的での乱獲も行われていた為、商取引の原則禁止となるワシントン条約の附属書Iに掲載されています。 1930年には広島県竹原市にある阿波島の半径1. 5キロほどの海域を「スナメリクジラ廻遊海面」として国の天然記念物に指定されています。

次の