あなたといたいしわくちゃに何年経っても 曲名。 奥華子 しわくちゃ 歌詞

コトノハ

あなたといたいしわくちゃに何年経っても 曲名

いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから 大嫌いさえも味方にするくらいでいよう なんだか今日は怒ってる 心の中を掘り返しても 心当たりが星の数くらいで 正解なんて見えやしないんだ 昨日は僕が寝落ちしたんだっけ? そんなこと考えて今日も過ごすよ 大体全部わかってる 嫌なとこだってわかってる だけど僕たちは互いに違うから ちょっとくらいの妥協は要るんだ 怒った顔もたまには良いもんだ なんて考えてる暇僕には無いみたいだ 「空気の様な〜」なんて 言えるほど僕ら素直に混ざりあえてはいないや イラつく日もあって逆に息苦しい時もあるけど…だけど いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから 大嫌いさえも味方にするくらいでいよう 言葉にするのは簡単で濁してしまうから その手をぎゅっと離さずに掴んでるんだよ 会いたくなる日ばかりでも そんな事も言えなくてさ 過ごした時間が二人の想いを 遠ざけてしまう事もあるんだ きっと君だってそう思ってんだ って考えちゃうほど僕は君だけなんだ 少しの不安だって 隣で笑う君がぶっ飛ばしちまうくらいさ それなら不満なんて 逆に心地良く包み込んでくれるんだ だから いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから 大嫌いさえも味方にするくらいでいよう 言葉にするのは簡単で濁してしまうから その手をぎゅっと離さずに掴んでるんだよ おはようとかまたねとか 繰り返して過ごしてさ いつか永遠にまたねとか考えたくもないけど この瞳が君の瞳に偏に映り続くなら 君の全てを君の全てを いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから 大嫌いさえも味方にするくらいでいよう 言葉にするのは簡単で濁してしまうから その手をぎゅっと離さずに掴んでるんだよ いつまで経ってもがむしゃらに愛していたいから 大嫌いさえも味方にするくらいでいよう 言葉にするのは簡単で濁してしまうから その手をぎゅっと離さずに掴んでるんだよ• 会いたいなって思っちゃって 君しか見えないそんな恋だって 彩られていく 甘酸っぱいこの日々だって いつかは泣いてしまうんじゃないのかって 君の見る世界は 重なる手と手 静かに響く 君が笑った 幸せだなって 少し悩んで 君を見てると まるでバカみたいだなって僕は思ってるんだよ 会いたいなって思っちゃって 君しか見えないそんな恋だって 君はどうなの? 好きだよ愛してるなんてさ そんな言葉じゃ伝えきれなくなって 手紙を残すよ 今日だって君がいないと嫌だって 明日もその先も君といたいな 僕の世界を彩ってよ 愛しい君で溢れてくように 君はどうなの? 明日どこかへ出かけようよ 君とならどこでもいいよ 君と見る世界は• 「kakurega」 僕がいることも 君もいることも 全部秘密さ 誰1人も知らない 曲がったカーテンの レールに差し込む朝日が暴く 2人だけのステージ 何光年 何億光年 先に たどり着く ここはカクレガ 来てはいけなかったのか 交差点に立って一斉に歩く これだけ人が居ても誰も知らない しわくちゃのTシャツ 曇った手鏡 呼吸を止める 2人だけのステージ 何光年 何億光年 先に たどり着く ここはカクレガ 後悔なんて捨ててしまえ 悲しい ときには 一緒に泣こうか テレパシー? 同じ気持ちなだけだよ 何光年 何億光年 先に たどり着く ここはカクレガ 誰も見ちゃいないから 何光年 何億光年 先に たどり着く ここはカクレガ 誰も見ちゃいないなら• 繋いだ手のその先には 確かな未来は見えてるか 君の甘い唇だけが 希望を灯してた頃 取り留めのない僕の話で 傷ついたのは誰でもなくそう 自分自身だけど 間違うことは間違いじゃないけど 思い返してまた怖くなったの 繋いだ手のその先には 確かな未来は見えてるか 君の甘い唇だけが 希望を灯してた頃 指先で灯す小さい明かりは 小さ過ぎて君に届くのか わからないけど その先に行こう 間違うことは間違いじゃないよ 振り返るのも、たまにはいいよ あなたの記憶僕にください その中で君と触れ合えたなら 塞いだ目のその前には 不確かな思いが揺れていた 君の淡い瞳の中に 希望を 繋いだ手のその先には 確かな未来は見えてるか 君の甘い唇だけが 希望を灯してたことを• お金がなくて困るね 今日も 夢ばかり見てたよ グラスゴー行きの切符でさ 君とランデブーをするのさ 退屈ばっか殺してみても 生きている気がしない 斜にかまえているその内に 時は過ぎていくのさ ああ 君のこと 好きだよ けど少しだけ 歌わせてよ 不安で仕方ない 彼女 洗い物してる 痛くて狭くて不精な愛を 君にあげるよ 来年だって再来年だって 世迷い言ばかり サイダー飲んで げっぷしちゃって なんか かっこつかないなって 西日の差すこの部屋の すべて おぼえていたいよな 冴えない暮らしを波打たせて さあ何が生まれるか? ああ 君はまた 怒るけど 君のこと 歌わせてよ 不安で仕方ない あなたのために歌うのさ 不安で仕方ない 僕ら こわいものしらず 痛くて狭くて不精な愛が 僕らを救うかい? 来年だって再来年だって こんなことばかり サイダー飲んでげっぷしちゃって 笑う とりとめのない 僕らのことを• お気に入りの服を着て 今日も街へ飛び出す 泣いてるあの子に飴をやって 飛んでく風船捕まえた そんな彼女も大人になって 深刻な悩み増えてった 暗い顔してうつむいて 飛んでく風船気付かない 君は少しも悪くないよ 優しい瞳で僕をとらえて 君が隠している 君の光 誰も消せない 誰も奪えない 僕は飛んで行く 空に消える 助けられるのは 君だけなんだ ヒューマンドラマに憧れて しがない人生 嫌になった 生きてく価値はないんだ 辛いだけだからやめたいな 君は生きてく価値だらけだよ 辛い事はたくさんあるけど 君が隠している 君の光 誰も消せない 誰も奪えない 僕は飛んで行く 空に消える 助けられるのは 君だけなんだ 君がいなくちゃ 君でなくちゃ 君が隠している 君の光 誰も消せない 誰も奪えない 僕は飛んで行く 空に消える とりあえずさ 顔を上げて• あぁ良いことない コンビニの帰り道で 見てしまったんだ 二人 手を繋ぐ姿を 「優しい人が好き」「男らしい人が好き」 口裏合わせたように 「あなたは優しすぎるから、私が性格破綻者みたい」 Guilty… 愛してくれたっていいじゃん wow 君しか見てないんだからね そんなやつのどこがいいか本当にわからないんだよ ダッチワイフ?Dutch. T? どっちがどっちかダッチか全然わかんない と一緒なのかもね 期待しては振り回されて でも好きだよ ダッチワイフ?Dutch. T? Dutch The World どっちだ!? ダッチワイフ?Dutch The World Dutch. T? どっちだ!? あぁダメとわかっていても やめられない あぁダメとわかっていても もうとまらない 「塩顔の人が好き」「オシャレな人が好き」 口裏合わせたように 「あなたは優しすぎるから私より他の人がいいよ」 Guilty… 愛してくれたっていいじゃん wow 君だけを見てきたんだからね どこのお店に君の心の落とし方が売ってるんだよ ダッチワイフ?Dutch. T? あっちかこっちかダッチか全然わかんない 君の心も同じさ 連絡しては既読スルー でも好きだよ さぁ踊り狂おうぜ baby 嫌なことも忘れて 踊れ踊れ huhu 楽しいね テンションに身を任せて 嫌なことも忘れて踊り明かす Mid Night Guilty… 愛してくれたっていいじゃん wow 君しか見てないんだからね 主人公気取り 君のナイトになりたいと思ってるんだよ ダッチ様?神様? どっちがどっちでダッチか誰にもわかんない 君の心も同じさ 期待しては振り回されて でも好きだよ ダッチワイフ?Dutch. T? Dutch The World どっちだ!? ダッチワイフ?Dutch The World Dutch. T? どっちだ!?• いつか起きた大災害も いつかは忘れてしまうだろう いつか君と見た映画のタイトルも いつかは忘れてしまうだろう いつか始めた大きな争いごとも 忘れてしまうだろう 忘れてしまうだろう 僕にはなんにもできないこととか 君がいつも悲しんでいることとか どうしよ どうしよ どうしよ 明日も明後日も目が覚めれば 朝はやってくるというのに 人混みの中で君は何を考えてる 高層ビルに押しつぶされそうになっている 満員電車に身を任せてさ 自分のことも忘れてしまってさ 君がいなくなってどれくらいがたった 君がいなくなってどれくらいがたった 朝目が覚めると君が隣にいないことも 忘れられていることも 高層ビルに押しつぶされそうになっている 満員電車に身を任せてさ 自分のことも忘れてしまってさ• Verse1 Hey 集まりな お嬢さん 冗談じゃなくてこれは本番 踊れない だなんて言語道断 昨日が無理でも今夜はどうなん 男子もDancin yo 半信半疑 でもいいからこっちに貸してみ耳 ビビっと来たなら comin now 音のflow 今ここで掴みな やなことありますか? ありやす ならここで飛ばしますか ばします 体揺らしてストレス発散 明日は仲間と笑顔で whats up? 音は止まない エンドレス 世界共通 もはや言語です あとはたった1つ約束だけ 合言葉が全部繋ぐんだぜ Hook Hey Come on… All the night Verse2 終わらないで 終わらせないぜ music 聴いてるか 遥か彼方宇宙人 あいつらもきっと今 moving クセになって毎日のルーティーン 誰しもが生まれ持った本能 リズムが出れば自然と反応 日々微かなことも響かすかな ビート乗せりゃ全部意味為すから right? 素晴らしい文化文明 まだ味わい足りない八分目 as you like 遊び方はお好みでどうぞ もちろんあの約束だけは hold on どんどんハマる オーバードーズ 次はオリジナルな音鳴らそう 他の誰かがやる そうじゃない 今夜は俺らがオーガナイズ• 抱きしめていたいの 朝日のぼるまで眠らないであなたみつめてる 頭なでられて目を閉じて夢の中へ 離れたくはないの 起きていることできればヨダレたらしちゃうこともないしね 睡魔襲来して私連れ去るのよ 意識は落ちる そんな想いもあなたは知るよしもなく 最良の寝心地追いもとめて進化してゆく最新商品 最高の夜を感じたい あなたに包まれて感じたい 寝たくない いま何時まわったかな? 振り向かすことできないけど あなたをおいて寝ちゃうんだけど できることならあくびすらも見せたくない そばにいてほしいの 夢見てるときも眠ってもあなたを想ってる 頭なでられてキスをする 夢の中で___ そんな想いはあなたは知るよしもなく 最高の寝心地追い求めてぐーzzz あなたを私に引きよせて まっくらくらあなたに夢中 大好きな私のa relaxing time 寝返りしてあなたを感じてる 吸保湿性通気性全て揃ってるあなただから落ちつけるの 最高の夜におぼれるtime まるでりんご食ってsleep某国のお姫のように まるで屍のように 夢の中じゃやさしくないの 寝心地の良いまくらじゃないの can't make you love, can't make you love まくらが好き• オニさんこちら手の鳴る方へ 震える右手を隠して誤魔化した オニさんこちら手の鳴る方へ 造りモノの笑顔で はぐれないように笑った オニさんこちら手の鳴る方へ 赤く染まる夕陽が不気味に沈んだ オニさんこちら手の鳴る方へ 今、鴉がきっと夜を迎えに来たんだ 見ないふり 払った手 ゲームは終わるの? 今、始まりの鐘が鳴って ゲームがまた始まる 誰かのためじゃなく これは 自分の為 迷わないで 時間はないさ その手で掴むんだ 未来への鍵は、 そう 今 その手の中 オニさんこちら手の鳴る方へ 震える右手を誰かが握った オニさんこちら手の鳴る方へ 流れた涙の理由は解らなかった 廻る世界 払った手 このゲームは終わるの? 星降る夜に描いた想像 星降る夜に描いた想像 星降る夜に描いた想像 叶えたいんだ 今、始まりの鐘が鳴って ゲームがまた始まる 誰かのためじゃなく これは 自分の為 迷わないで 時間はないさ その手で掴むんだ 未来への鍵は そう 今 その手の中だ オニさんこちら手の鳴る方へ オニさんこちら手の鳴る方へ ミライはその手の中だ• 契約を交わして共犯者になりましょう 過去の痛みも 共に背負うから 秘密を持ち寄って固く結びましょう 赦してくれたのは あなただけだったんだ 多数決で決まる正義の下では 弾き出された者は人に非ず 僕らが生まれ持った信念や愛情は 裁かれるべき悪だった やましさの理由もわからないまま 月の光にさえ 怯えているなら 契約を交わして共犯者になりましょう 全てさらけ出して大丈夫だから 秘密を持ち寄って固く結びましょう 誓いあえたなら 何もいらないよ いつかどこかで気づかないうちに 誰かを傷つけてなどいませんか? 希望的観測など持てやしないよ 償うべきは誰にですか 夜のしじまに浮かぶ明かりを あなたの手だと 思ってもいいかな 生まれてきた奇跡を歌えるような 大義名分は一つあればいい 契約を交わして共犯者になりましょう 過去の痛みも 共に背負うから 秘密を持ち寄って固く結びましょう 赦してくれたのは あなただけだったんだ あなただけだったんだ•

次の

(削除)

あなたといたいしわくちゃに何年経っても 曲名

90 ID:zuAfQj770. net はいこれですね。 70 ID:DHM7YFWCO. net あ!ありがとうございます!! これです! もう20年以上ずっと気になってた曲です! ずっとYouTubeで、曲名で探していました… アクエアという製品だったことは完全に忘れていました。 84 ID:iiEWme590. net うわーすごい。 71 ID:zuAfQj770. net のCMに出てくる男性モデルの伊藤治は、1980年代にモデルから俳優の伊藤敏八に転向し、 1980年代初期の森永ビヒダスのCMで、プレーンヨーグルトに生のキャベツやトマトをつけて ガブリとかじっていました。 とても濃い顔の人です。 顔を見れば思い出す人がいるかも? 2007年に59歳で他界。 47 ID:zuAfQj770. net 私自身はそんな詳しくないです。 いろんな角度から検索していけば、結構出てくるもんですよ。 資生堂CM集のDVDが出ているそうで、 それの曲名リストから中本マリさんの曲を探して行ったら、 商品名が判明したので、youtubeで検索したら一発で出てきましたよ。 「水の都のベニスを回り・・」で検索してみたら、すぐに商品名が出てきましたよ。 34 ID:p4spcxCGO. net 初めてプレーンヨーグルトを食べたのは1979年ぐらい、まだ牛乳パックと同じ紙容器の頃。 当時はあまりに酸っぱ過ぎて、ジャムや砂糖をたくさん混ぜないと私は食べられなかった。 当時の岸部四郎一家(最初の奥さん、二人の子供)が明治ブルガリアヨーグルトのCMに出てたはず。 蓋のあるオープン容器になってから、取り出しやすくなったわ。 67 ID:p4spcxCGO. net そういえば雪印ナチュレの歌覚えてる。 67 ID:ptPfxUIQ0. 75 ID:zA72gh7h0. 05 ID:s6V1bMdj0. net 小学校同級生の家が化粧品屋さんで、 カトリオーナ・マッコールのベルサイユのばらキャンペーンの時、 終了と同じに等身大の立て看オスカル様から何から全部頂いたw 今あれがあったら超お宝なのに! あと資生堂の広告冊子『花椿』をいつも貰ってた。 36 ID:DHM7YFWCO. net 親に怒られるときや親が夫婦喧嘩してるとき よく「馬鹿も休み休み」ってフレーズ使われてたんだけど 平成になってあんま聞かない気がする。 11 ID:DHM7YFWCO. net そういうのいっぱいあるわ。 98 ID:V3ANV9PJ0. net 聞かなくなったのは へたな歌を聞いた時の 『糠みそが腐る』ってフレーズ。 98 ID:nLIXpdUU0. 76 ID:nLIXpdUU0. net 「糠みそくさい女房」が、平成生まれ世代に通じなかった。 本当に糠漬けをつけていて手がくさい奥さんのことだと思ってる。 net 昭和のドラマのセリフで 『私が貸した100万円、耳を揃えて返して下さい!』 この、耳を揃えて、っていうのが意味がわからなかった。 何故、耳なのか?と。 net 朝ドラのマッサンのエリーの台詞「あんぽんたん」 実況スレの若い世代が意味わからなくて、昭和世代が教えてあげてた。 28 ID:bfj3QexJ0. 63 ID:aMqGcmtMO. net 「不良少女とよばれて」の伊藤かずえは「コーヒーで顔洗って出直して来な」 余談だが伊藤かずえは相当の笑い上戸でこの台詞を言った後テーブルに突っ伏して声を殺して笑っていたが、 かずえの笑い顔がテーブルに映っているので次の台詞を言う伊藤麻衣子はつられて笑いそうで難儀したとか。 78 ID:SJs2nOp20. 25 ID:SJs2nOp20. 45 ID:Co2adn8pO. 77 ID:0A0OWWFH0. 00 ID:uM7BsFsU0. 81 ID:Co2adn8pO. 99 ID:uM7BsFsU0. net オカチメンコはサザエさんの漫画の方でしか 見たことない。 サザエさんといえば、いつまでもマスオさんが20代にもかかわらず 「キミ〜ナントカしたまえよ〜」って言ってるのがおかしいw 「したまえよ」って。。 51 ID:Co2adn8pO. net ドラえもんもサザエさんも昭和の世界なんだよね 作者は戦前生まれでしょ したまえよ、は昔の邦画にでてくる 失敬!とか やっこさん、 簡単にいうと、「あいつ」 とか同様、古い時代の男性の言葉。 72 ID:0A0OWWFH0. 96 ID:4FAvR9cZ0. 76 ID:uM7BsFsU0. 42 ID:rJ6k70h70. 60 ID:dIuf02Rz0. net ハッスルするってのもあったわ。 クルクルパーとか、「このわからんちんが〜」って昔のセリフにあった気がする。 ジャジャ馬とか、ナインペタンとか。 小4の娘に、そこの八百屋さんで待ってるよと言ったら八百屋さんが通じなかったわよ。 今の子は買い物っていうとスーパーだもんね。 71 ID:rJ6k70h70. net やっこさん をTVで最期に聞いたのは 麻原逮捕の時 オウム被害者の 「やっこさんも往生しろっての」てなコメント。 子供たちに「やっこっさんて何?」と聞かれ 「人を小馬鹿にした呼び方だよ」と解説しつつ もう死語なんだなあ、と。 24 ID:aMqGcmtMO. net ポンキッキの歌で「ハッスルばあちゃん」っていうのがあったわ。 レコード持ってた。 69 ID:rJ6k70h70. 16 ID:gpDVhi9V0. net 彦根ギャグに笑ってはならぬ、と思いつつも爆笑させて頂きました。 都会の下町のほうがまだ小売店残ってる。 田舎行くと悲惨を通り越して無惨な商店街だ。 26 ID:nLIXpdUU0. net スパイダースの「エレクトリックおばあちゃん」とかもあった。 NETの1970年代子供番組とびだせパンポロリンでは、 マッハ文朱が「ハッスルおばあちゃん」を歌ってた。 ポンキッキの「ハッスルばあちゃん」は、のこいのこの歌だよね。 最近聞いたハッスルは、格闘技の小川直也の台詞。 48 ID:LdN5EklU0. 40 ID:0A0OWWFH0. 01 ID:nLIXpdUU0. 76 ID:nLIXpdUU0. net ブスは「おかちめんこ」以外に「おたふく」「おかめ」もあった。 63 ID:nLIXpdUU0. net 話それて申し訳ないけど、転勤で20年ぶりに関西に戻ったら 近商ストアでは未だに、のこいのこ「今日もこの街」がかかってるのね。 神奈川の相鉄ローゼンでは、未だにチェリッシュの「今日も歩くこの道」だけど・・・ 彼らの声の若さからして、1970年代からなの? 私が知ってるのは1990年代以降だけど。 23 ID:HhNE9EW50. 37 ID:JVuKuhPcO. 87 ID:nLIXpdUU0. net 小津映画で原節子とかが「ます(です)わよ」をよく使ってた。 昭和20年代30年代のおしとやかな美人女優さん達の台詞によくあったよ。 昭和40年代ドラマだと、いいところの上品な美しい奥さま(河内桃子など)の 台詞に出てきた。 いわゆる山の手言葉なんだろうね。 今でも美智子皇后は使ってるよ。 天皇皇后の地方訪問で、地元の人らと会話する美智子様の声が ワイドショーで時々聞こえてきたりするけど、 「ます(です)わよ」「ですのよ」と言ってる。 11 ID:0A0OWWFH0. 05 ID:rJ6k70h70. net 宮崎駿は昔を敏感に描写している。 堀越二郎に電車の時間を聞かれた上司夫人は 軽く目礼してから柱時計を見る。 会話中勝手に時計を見るのは無礼な行為だったのだ。 茶の間にバスや電車の時刻表貼る ってのも昭和だな。 これが日本の凄さなのだ と言われ納得。 net オホホホ…という笑い声と共に脳内再生された。 90 ID:nLIXpdUU0. net 「あたい」も聞かなくなったね。 昔の素行不良娘が「私」を指す言葉。 96 ID:Co2adn8pO. 26 ID:Co2adn8pO. net です、と、だ、の違いでしょ。 ですわ…普通、丁寧 だわ…ちょっとカジュアル 文章でも です、ます、は敬体。 〜だ、は常体。 52 ID:rJ6k70h70. net スチルをカメラ ムービーをキャメラ と言ったが 今キャメラと言うと笑われる。 88 ID:aMqGcmtMO. net 所謂「てだわよ言葉」は花魁の間で流行ってたのを女学生が真似て女学生間でも流行った言葉だから、 最初は大人は眉を潜めたらしい。 09 ID:Co2adn8pO. 63 ID:LLM0drg70. 08 ID:rJ6k70h70. net 相手の事を「自分」と呼ぶのも 元々大阪の一部だけだった。 ザ・マンザイ以降吉本芸人がTVで広めたんだな。 79 ID:Co2adn8pO. net 二人称自分は広まってはいない 使われてない でしょ。 11 ID:cIGdrt160. 17 ID:rp2hAtre0. net 自分なは関西でも女の子限定と思う。 寧ろ男が3人称をツレの方がメジャー。 66 ID:uM7BsFsU0. 47 ID:7hxCJzTT0. 46 ID:LLM0drg70. 65 ID:Co2adn8pO. 51 ID:4Lxk53Gv0. 62 ID:APASIGW00. net 「ねさよ言葉」をやめましょう。 いつ頃かな。 〜でね、〜でさ、〜よ、大人から見たら眉をひそめる言葉だった時代もあったとか。 昭和38年のドラマ「男嫌い」で岸田今日子らが遣った 「かもね」「そのようよ」も顰蹙を買ったというのを新聞か何かの記事で読んだ。 34 ID:rJ6k70h70. net たけしが出て来た頃は言葉遣いに本気で怒っていた老俳優とか居たよ。 生放送でたけしに「トットト帰って下さい」 と言われた西村晃が本気で怒っていた。 昔「トットト帰って下さい」は相当失礼なモノ言いだった。 言語学者がゼミ女学生に「先生カワイイ」と言われ屈辱と衝撃を受け カワイイの語源調べたら 太古はソレで案外正しい使い方だったとか。 net 語尾等の話し方が丁寧に聞こえるかどうかは 話し手の気持ちに悪意が無いかどうかのような気もしますね。 文語文が廃れていなければ、どんなに話し言葉が変化し乱れようと 基本の位置に戻ることができたみたいだけど。 伝聞系の曖昧な言い方でぼかさずに、はっきり自分の意見を話しなさいという時期もあったように思います。 「〜〜です」じゃなく、「〜〜と思います」という若者が増えたと 森繁さんの番組で聞いた記憶がある。 90年前後かな?「ファジイな時代」なんていうのもあった。 06 ID:ovDDzLpO0. net ざっくばらんに…というのは会社では結構使いますよ、今でも。 「接待の席で、ざっくばらんにお客様と会話が出来た」とか。 60 ID:ovDDzLpO0. 05 ID:ovDDzLpO0. 12 ID:Q1nRmqFD0. 21 ID:3pdZezlF0. net 上岡龍太郎が言っていたけど笑福亭鶴瓶と明石家さんまはアマチュア芸の最高峰だと。 つまり、既成の芸人はきれいな師系図の中に組み込まれて、素人と違う独特の節回しとか 間の取り方が「型」としてあったんだけど、鶴瓶とさんまはその枠で捉えきれず、 「型」がないっていうことらしい。 youtubeとかで昭和40年代くらいまでのタレントさんを見ると言葉遣いの美しさにほれぼれする。 あれも「型」だよね。 浅草で修業していたとはいえ、たけしにも「型」がないところがあると思う。 ドリフなんかはキートンとかジェリールイスとかエノケンとかのリズムや間を感じるんだけど たけしは衝動的に相手をケーキに突っこんだり、メチャクチャな間で熱湯に落とすみたいな。 あれ、時代自体がメチャクチャで物事の筋道もへったくれもなかったバブルの頃は凄くウケたんだよね。 13 ID:APASIGW00. net たけし、浅草演芸だとエノケンの影響も大きかったのかな。 森茉莉のエッセイにエノケンに会う話があるけど、 話が途切れると 「じゃあ、顔つくりますんで」といって化粧し出したってところが好きだわ。 ちびまる子の漫画にあって、 ああそういえば小学生の頃使ってたなと読んでいて思い出した。 net アラフィフだけど、その二つの慣用句初めて聞いた。 85 ID:V3ANV9PJ0. 13 ID:LLM0drg70. 16 ID:4FAvR9cZ0. 06 ID:4FAvR9cZ0. 42 ID:aMqGcmtMO. 08 ID:0A0OWWFH0. 64 ID:V3ANV9PJ0. 60 ID:aMqGcmtMO. 49 ID:o5sseMntO. 22 ID:em3JoVnd0. 39 ID:Wd36mXAg0. 40 ID:vap8Ui770. 84 ID:8af65Gd9O. 12 ID:WHw3upnv0. net ハゲと言えば毛が3本オバケのQ太郎。 初代モノクロのオバケのQ太郎はリアルタイム世代ではないけれども再放送で見た時にQ太郎が育毛剤を振りかけて、 ビートルズみたいな頭にしたいなと、 言ってたの今でもはっきり覚えてる。 93 ID:NGNElCBZ0. 65 ID:vap8Ui770. 95 ID:UmHr7gr10. net その手は桑名の焼き蛤は、京塚昌子の「肝っ玉母さん」か水前寺清子の「ありがとう」かで 知った。 平岩弓枝先生 おそれ入谷の鬼子母神は、石立鉄男ドラマで知った。 「パパと呼ばないで」「雑居時代」「水もれ甲介」「気まぐれ天使」のどれか。 17 ID:Py96oVS10. net モダンチョキチョキズカバーしてた。 52 ID:Wcpp4QOD0. 76 ID:Wcpp4QOD0. 86 ID:qzQodQX30. net ソノシート!何枚もあったわ! 童謡のソノシートに入ってたジャンケン歌 「一かけ二かけ三かけて〜 中略 私は九州鹿児島の西郷隆盛娘です、 切腹なされた父様のお墓参りに参ります…」 って歌、 セップクって何?と母に聞いたら、 手術したのよ、と返されたのをはっきり覚えてる。 ソノシートは「てんとう虫」でかけたんじゃなかったかな。 net モノクロのオバケのQ太郎のほうは、 1965年昭和40年から1967昭和42年まで カラーの新オバケのQ太郎のほうは、 1971昭和46年から1972昭和47年だから 4年しか違わないけどやはり前者白黒、 後者カラーということが大きいかと。 あと前者のモノクロのオバQのほうは、 前半技術的な理由だったのかオバQの、 絵が安定しなかったことがあるかも。 関西では何故か両方再放送されてたが 1978年を最後に放送されなくなったし CSでも昔のオバQは全く放送されないし DVD化も一切されないの実に残念だ。 22 ID:WRvGAvNs0. 52 ID:vap8Ui770. net ソウルトレインか。 子供アニメらしからぬリズムだよね 植木等の「遺憾に存じます」という曲は イントロと間奏をビートルズに似せて そこだけカッコよく、コミックバンドらしい仕上がり。 34 ID:NGNElCBZ0. 52 ID:0JFENZXT0. net 当時ではかなりの高額なシロモノだった 「飛び出す絵本」を持っていた。 親にかなり無理言って買ってもらった。 当時600円くらいだったと思う。 85 ID:3hkkrqi30. net 「飛び出す絵本」発案者はCX横澤彪Pなんだよね。 石川進・キューピーちゃんは後に恐喝で逮捕され強面だとバレた。 25 ID:Z3eq8FSh0. net 「3年目の浮気」ヒロシ&キーボーのキーボーさん、水切りワイパーで殴られけが 父親(82)を逮捕 静岡県警浜松中央署は2日、浜松市中区、無職の男(82)を傷害の疑いで現行犯逮捕した。 同署の発表によると、男は2日午後3時50分頃、同居する娘で歌手の山田喜代子さん(58)の顔面を 清掃用具の「水切りワイパー」で殴り、左まぶたに切り傷の軽傷を負わせた疑い。 掃除中に口論になったという。 喜代子さんは、1980年代に大ヒットしたデュエット曲「3年目の浮気」で知られる「ヒロシ&キーボー」。 36 ID:UmHr7gr10. net ソノシート付きの飛び出す絵本を祖母に買ってもらった。 仮面ライダー(藤岡弘) 魔法のマコちゃん、魔法使いチャッピー 笛吹童子(岡村清太郎、内田喜郎) キカイダー01 笛吹童子のナレーションの「時は戦国時代・・・」のバックに ホラ貝が「ブォーン」と鳴ってたのは、なんとなく覚えてる。 それと、ソノシートに入ってる主題歌は、テレビ版より長いバージョンだった。 96 ID:p03ygOk90. net すごいなぁー。 アニメ板でオバQの話になるとみんなカラー版のことだと思うけど、 ここの奥様方はみんな白黒の方なんだねw 怪物くんも白黒の方だよね。 83 ID:9o48lU470. net なつかしい。 万創の飛び出す絵本。 シンデレラと白雪姫、アリス持ってた。 弟が、引っ張って破けて号泣したの覚えてるなー わが子(S61生まれ)にも買いたかったけど、無かった。 最近はまた売ってるらしい。 91 ID:Z3eq8FSh0. 38 ID:WRvGAvNs0. 67 ID:Z3eq8FSh0. 09 ID:3hkkrqi30. 53 ID:du2uAQrh0. net 3年目の浮気のキーボーの父親逮捕だって、 でもあの父親痴呆症だとトしちゃんの番組で告白してたよ。 49 ID:3hkkrqi30. net 杏里の実父も家に放火 車で暴走橋からダイヴ死 と言う見事な朝鮮火病っぷりだった。 新幹線焼身自殺は日本高齢パンクの序曲だな。 老化が私をパンクにさせる・・・ フライデー記者にドロップキックの明菜母 咥えタバコでモップ棒振り回す明菜父 あのシャシンは日本のシド&ナンシーであった。 26 ID:du2uAQrh0. 34 ID:3hkkrqi30. net 再放送が減ったからだよね。 昭和は夕方再放送だらけだった。 49 ID:8af65Gd9O. 91 ID:3hkkrqi30. net 天地総子も芳村真理も インチキ医療に関わって消えた。 91 ID:ehD98cdW0. net 私はテレビがまだ普及していない時代の子どもでしたから、 現在の天皇皇后両陛下のご結婚の実況テレビは、 友人に誘ってもらって、近所のお医者さん宅で観ました。 近所の方10名以上集まって観せていただきました。 当時、少女雑誌付録の美智子さまのご婚約会見のソノシートは、今でも持っていますよ。 20 ID:3hkkrqi30. 66 ID:du2uAQrh0. net よく覚えてるなwどっちも知ってるがコロっと忘れてたw ってか石川っすすむ?ていう男性じゃなかった?? あれは歌ってた人か、 ところでオバQの漫画は消えたらしいね、 複数の漫画家が加わっていたから権利問題で消えたらしい。 10 ID:UmHr7gr10. 92 ID:8af65Gd9O. 飛び出す絵本 ロンパールームで、みどり先生が読んでいたね。 私も欲しかった。 02 ID:UmHr7gr10. net 昭和40年生まれ 母によると、私は白黒時代のオバQを見ていたそうだけど 全く記憶が無い 2歳ごろ) 実家の納戸の奥に、初代怪物くんの幼稚園バッグ(兄用)と 初代パーマンの絵柄のパジャマ(私が着ていた)が、つい先日まであったけど、 幼稚園バッグは処分し、パーマンパジャマは母が切り刻んで雑巾にしてしまった。 02 ID:ehD98cdW0. net 小学校5年生だから10歳ですね。 44 ID:Q8T2hqRY0. net 同じく40年生まれ。 小学校1年のとき、小学1年生の付録の谷ゆき子のシールをテレビに貼ってしまった思い出。 小学生と未就学児が母をたずねて東京まで旅をするなんて今ではありえない展開w はぐれた妹を親切な人が勝手に家に連れ帰ったりと突っ込みどころ満載だ。 それでも当時ははらはらしながら読んでいたんだよねえ。 96 ID:NGNElCBZ0. 11 ID:DfWXDCbT0. 57 ID:p03ygOk90. net そういうのオークションで間違いなく高値つきますよ。 残存率の少ない物ほど高価に。 11 ID:DfWXDCbT0. net 「かあさん星」のあらすじを改めて読んできたら大映テレビドラマそのものw 赤いシリーズを見ていた少女達には小学生の時からその世界を受け入れる素地があったのかなあと思った。 昭和30年代の漫画はリアルタイムで読んでいないけど「母もの」というジャンルがあったようね。 89 ID:8af65Gd9O. 38 ID:8af65Gd9O. 29 ID:UmHr7gr10. net 同学年ですね。 私の時代は「バレリーナの星」でした。 うちの母はネットの世界を知らないので、古い時代の物を欲しがってるマニアの存在を 知らないわけです。 老後に向けての不用品処分で、そういった昔のグッズを処分しちゃってる高齢者が 世の中には、たぶんおおぜいいることでしょう。 私は、昭和40年代の小学館の学習図鑑「家庭科」と、昭和40年代の育児絵本「おみせやさん」を どうしても入手したくて、全国のネット通販古書店を必死で探しましたが、 売り切れちゃってて、残念に思っています。 アマゾン古書で、昭和40年代小学館の学習図鑑全巻が出てますが9万8千円もするので手がでません。 03 ID:plWnUmZEO. net いえいえ、私もオバQはカラー世代です。 76 ID:x89MZHGn0. net ツナギって「エンカン服」って言ってたよね。 63 ID:plWnUmZEO. net 曽我町子と言えばオバQよりも5年3組魔法組の魔女のイメージが強い。 あれ見て5年生になったら3組になりたかったが4組だったのでがっかりした思い出。 55 ID:70TCRF3S0. 32 ID:UmHr7gr10. net で字を間違えちゃってましたね。 すみませんでした。 43 ID:8af65Gd9O. 46 ID:p03ygOk90. net 廃品業者に出すと、今の業者は古本・古雑誌・お宝は区別してちゃんと選別するのが多いんですよ。 その方がお金になるから。 でも自宅で裁断処分しちゃうのは本当に惜しい。 けど、それはそれでお母さんの愛情なので許す。 29 ID:UmHr7gr10. net なるほど・・・・ ちなみに私が欲しい絵本「おみせやさん」はこのタイプです。 おみせやさん絵本の画像 何年かかってでも、入手したいと思ってます。 キンダーブックなどの「おみせやさん 昭和30〜40年代)」も取り寄せてみましたが、これじゃない感。 79 ID:du2uAQrh0. net >「エンカン服」 >初めて聞きました わたしもで〜すw 普通にうなぎじゃなくつなぎって言ってましたね。 今の廃品業者はトイレットペパーもくれないし下手したら お金を請求されることもあるので接触しませんわ。 46 ID:o6ShupyNO. net 東京の国立国会図書館で閲覧可能。 遠方の人は、利用者登録をして、複写申し込み(有料)をすればコピーを郵送してくれる。 33 ID:NGNElCBZ0. 55 ID:73T4BvEC0. 10 ID:3hkkrqi30. 78 ID:tYWD6L8J0. 01 ID:RWtC5fw20. 28 ID:UmHr7gr10. 懐かしいです! 昔の絵本って、絵が丁寧なんですよね。 それと私は、一冊に何人かの偉人のエピが入った本も好きでした。 小学2年の頃読んだ偉人本には、 「天照大神、オオクニヌシノミコト、古代の相撲(たいまのけはやvsのみのすくね) 空海、松下禅尼、一休、太田道灌、上杉鷹山、白瀬 矗」のエピが 書いてありました。 47 ID:tYWD6L8J0. 67 ID:PQi7AiPH0. net エンカン服って、久しぶりに聞いたw 父親がダウンタウン・ブギウギ・バンドを見て 「エンカン服でテレビに出てるぞ」と言ってた。 あれは「つなぎ」って言うんだよと教えた昭和の思い出。 46 ID:my5UkLcC0. 00 ID:PQi7AiPH0. net 「サインはV」の主題歌のB面は、ドラマの音声だったような思い出。 そのシートは雑誌の付録であったっけ。 「ウメ星デンカ」とか持ってた。 歌じゃなくて、何かのストーリー仕立てだった。 02 ID:0JFENZXT0. net アタックナンバーワンのソノシート持ってたのを思い出した。 B面はアニメの音声が入ってた。 おそらく第一回放送の一部と思うんだけど よく覚えてる。 鮎原こずえが静岡に静養のために転校してくるんだけど 授業中に寝てるんだよね、なぜかw で、教師が「そんなに眠いんだったら医務室行って来い!」って怒鳴るんだけど こずえが眠そうに「ふあ〜い」って教室出て行くんだよね。 小学校低学年の私にはそれがめちゃくちゃかっこよく思えてw 確かそれで不良たちに一目置かれるようになったんじゃなかったっけ? チームメイトに「親分」って呼ぶ子が何人かいたよね。 84 ID:du2uAQrh0. net オバQは中の人が居たようだ、漫画の中で中の人を見せろと 半分まで上を服を脱がされたことを覚えてるw 必死に抵抗して見られなかったけど。 net オバQは服? 46 ID:8af65Gd9O. 75 ID:xciphcor0. 56 ID:A0OYEN9F0. net 私が見てたサインはVは、昭和48年版の坂口良子だったわ。 チームメイトに、大原麗子そっくりのロングヘアーの女優さんがいたのだけど、 もちろん別人だよねえ。 02 ID:cejVj7Bs0. net 岡田可愛の実写版を見ていました。 范文雀が黒塗りしてジュン・サンダース役、西野バレエ団の岸ユキがキャプテン。 ライバルチームレインボー ユニチカがモデル? スター選手は中山麻里でした。 44 ID:jpyKlRhg0. 09 ID:oqGzuT0cO. net 小学校時代にファンだったベイシティローラーズのおかげで、 Saturdayのスペルは完璧だったわ。 ていうか、洋楽ファンだったので中学に入る前から英語は得意で、 中学生になったら定期テストは毎回95〜100点だったわ。 42 ID:3GpAPykC0. 00 ID:3GpAPykC0. 65 ID:cejVj7Bs0. 44 ID:x2LmKKi60. net なかよしとちゃおを姉妹で買ってた。 91 ID:SsCJiDSj0. net それはアニメでもあったな。 76 ID:JC2AEuEn0. net 少年漫画ばっかり読んでたから、OLの時にお昼休みに たまに少女漫画の話になったんだけどまったく「???」で辛かったw しかし、昭和9年と11年生まれの父母は「漫画なんて読んでたら バカになる」って世代だったなぁ。 漫画読むの嫌がったわ。 うちの娘が高校生なんだけど、イマドキは先生が 「@@全巻コンプリート!」とか言うらしいよw まあ、アラサーの先生だけど。 12 ID:SsCJiDSj0. 85 ID:x2LmKKi60. net スマン 漫画スレと間違えてもーた そんなオチだったっけ。 いかん、覚えてない アニメはリアルタイムでは見られなかったけど、あまり原作の感じがいかされてない感じがした ちゃおはその頃なんだかチョットハイティーン向け? 01 ID:SsCJiDSj0. 96 ID:iSgCf1BK0. net CSで「七色仮面」の映画を見ていたら、刑事が乞食の変装をして 路上にむしろ敷いて張り込んでる、という描写があった。 昭和でも30年代前半までくらいかな。 今だったらすぐに通報されて追い出されちゃうよね。 物乞いする乞食もいなくなって今はホームレスになった。 13 ID:JC2AEuEn0. net すみません、先生は男性ですorz コンプリートしたっていうのもジャンプ連載中のもので 少年ジャンプ全盛期になるのかな? 娘も私に似て少年漫画好きでこの前チャンピオン買ってきたけど 随分毛色が変わってたな、ドカベン連載中なのは驚いたけど。 今そんなに漫画売れないのか。 65 ID:A0OYEN9F0. net 通行人が、欠けた茶碗に5円玉や10円玉が入れると むしろに座った乞食が「おありがとうございます」とイスラム教徒みたいなおじぎするシーンは、 昭和40年代のアニメ、ドラマでも見たような気がする。 net サインはV、私も岡田可愛版を見てた。 鉄の入った靴履いてジャンプ力つけたり、木にボールをつけてアタックの演習して、 そのボールに付けた赤い線を変な回転つけて打つとか(それで白いボールが真っ赤に見える) 自主練してたよね。 当時友達と遊びでバレーボールする時は、サーブは後向きで打ったり、 肩が痛い振りしてガシッと肩を掴んで顔をゆがめたり、結構まねしてたなぁ。 31 ID:x2LmKKi60. 57 ID:tceaXyo40. 15 ID:oqGzuT0cO. net エリザベスサンダースホーム出身なんだから黒人米兵と日本人女性のハーフでしょ。 89 ID:oqGzuT0cO. 15 ID:mx68cEHk0. 02 ID:nc8iIeib0. 10 ID:bXrePmgN0. net 衣笠がハーフだっていうのは ここ何年かで知った。 27 ID:dNYwhTci0. net オバQの仲間でアメリカから来たオーちゃんって言う子が居たような気がする。 32 ID:W5snNEHA0. 26 ID:MHDI3KDS0. net アメリカから来たのはドロンパだな。 しかも何故かテキサス州出身の設定。 OちゃんことO次郎はQ太郎の弟だが、 モノクロオバケのQ太郎に出演せず妹の P子がモノクロ時代は凄い人気オバケの P子日記が小学館少女コミックにいわばスピンオフ的に連載な位人気だった。 95 ID:MHDI3KDS0. 10 ID:NKYSdbi20. net サインはV 岡田版と坂口版 記憶が混同しちまってる。 岡田可愛・在日 中山麻理・ハーフ 范文雀・台湾 全員日本人じゃ無い。 范文雀が寺尾聡の嫁だったなんてもう誰も覚えて無い。 42 ID:n9Wzhms70. 01 ID:oqGzuT0cO. net 昔のドラマや映画って、ポルノ女優じゃない普通の女優さん達が普通に裸になってたと思う。 ベッドシーンはもちろん、全裸で海に入ったりシャワー浴びたり 上半身裸で部屋の姿見鏡を見たり。 それでも、40代後半の八千草薫がドラマ源氏物語での沢田研二との濡れ場で 乳房を出した時はさすがに驚いたわ。 76 ID:3GpAPykC0. 89 ID:A0OYEN9F0. net 1969年の映画「鬼の棲む館」では、新珠三千代が佐藤慶の前で 着物をはだけて脚を広げて立って、乳房を出してたよ。 坂口良子なんて、ドラマで脱ぎまくりだったじゃん。 49 ID:NKYSdbi20. 02 ID:A0OYEN9F0. net 乙羽信子さんも、新藤作品では何度も裸になってる。 題名わすれたけど、乙羽さんが遊郭の女郎役だった映画で、 乙羽さんが上半身裸で腰巻一枚だけで、お茶漬けをすするシーンがあった。 でも、全然ポルノ映画じゃなくて文芸作品の映画。 傷天での中山麻里のストリッパー役なんて、当時は全然衝撃でもなんでもない役だった。 31 ID:NKYSdbi20. net 音羽信子なんてガチで少年フェラチオしてまっせー コレが微笑ましい描写だったのですよ当時は。 96 ID:QjlDg2mXO. れっきとした嵐。 53 ID:QjlDg2mXO. net 今、貴女の意見が聞きたい。 85 ID:vpbezTLx0 彦根なんて居ないよ、私も彦根だって騒がれただから。 あの人が基地外なだけ、相手にするな。 れっきとした嵐。 1にも今度から書き込むな。 net 私はアタックNo. 58 ID:oqGzuT0cO. net お嫁さんにしたい女優No. 1だった竹下景子のモモコシリーズってのもあった。 竹下景子がトルコ嬢(後にソープランド嬢)を演じたドラマ。 石鹸の泡まみれで客の体を洗ったり、ベッド上での行為のシーンもありましたわ。 net モモコシリーズ見てた。 モモコは年増のソープ嬢で売れてないんだけど情が深くて 気の毒だと思った男に簡単に体を許すから 桃井かおりが演じてた結婚詐欺師の女に「あんたまたやったの〜」って言われてた。 たまにCSで放送してるね。 11 ID:qBk89FNg0. net 高度成長期の日本社会が野蛮で不幸すぎるとの告発 本当にこんなに酷かったの?教えて嫌儲じいさん [転載禁止]c2ch. 35 ID:iSgCf1BK0. net 「仮面の忍者 赤影」は台湾でも放送されて好評で、出演者はプロモーションで台湾に 出向いたが、当時まだ小学生だった青影は楽屋で台湾女性タレントに 筆下ろしをされた、と本人が語っていた。 77 ID:bE4lBtye0. net 竹下景子がそんな役をやっていたなんて知らなかった。 あと、高橋惠子が日活ロマンポルノに出た女優さんだったこと、 10代の時から脱ぐ仕事が多かったっていうのも衝撃的だった。 54 ID:QjlDg2mXO. net 田中美佐子が92年頃出したエッセイ本で、「25歳 想い出つくり」だっけ、で脱いだ経緯を書いていた。 あの頃はハタチ過ぎてたら脱がないと、役をもらえなかったとかなんとか。 竹下景子のトルコ嬢は初耳だけど、再放送の2時間ドラマで、市毛良枝がベビードール姿で ランジェリーパブで働いているのは見たことがある。 失礼だけど、全然似合っていなかった。 35 ID:3tpbWC9t0. 61 ID:iSgCf1BK0. net 高橋恵子は女優業には執着なかったけど、たしか気が強くてデビュー作の脱ぐ役で 負けず嫌いの勢いで脱いだみたいなことを本人が回顧していた。 週刊誌のグラビアでもカメラマンたち前に前張りなしですっぽんぽんになって写真 撮らせてたので、当時見た覚えがある週刊誌グラビアは前がぼかしてあった。 24 ID:h8q5iA4B0. 51 ID:OEj1niVn0. net 大島渚の「夏の妹」で、冒頭からりりィが風呂でおっぱい出していたので少し驚いた。 あの頃の映画には必然性のない裸や性的シーンが多いね。 32 ID:3GpAPykC0. 70 ID:XKZbjSDK0. 88 ID:NKYSdbi20. net 芸能人水泳大会 騎馬戦でポロリ要員が本気でキャットファイトしていたのは ヌードモデルに在日が多く 実家や事務所が総連と民団に分かれて本気で喧嘩していたから。 85 ID:KZ7bsPUx0. 20 ID:3ZTEjedr0. 27 ID:MBdBR2Je0. 03 ID:3ZTEjedr0. 22 ID:iSgCf1BK0. net 私、ロンドン在住時にぼかしのない「愛のコリーダ」観ました。 イギリスはハードコアポルノ禁止なのでそのものずばりはいけないのですが、 この作品に限っては芸術作品ということでインディペンデント系の劇場で 上映されたので観ました。 普段、ポルノが観られないイギリス人も興味津々なのか 大勢観に来てました。 99 ID:oqGzuT0cO. net 昭和映画で裸の男女のシーンが多かったのは 五社、今村、大島、新藤だな。 激しいセックスシーン満載。 net そう言う映画のワンシーン週刊誌で見た記憶がある。 15 ID:vnryFAVf0. net 「9時になりました。 小さなお子さまはお休みしましょう。 」 テレビでこんなアナウンスが流れたわ たぶん民放 父から「お休みしましょう。 」と言われた。 「セイコーの時計が7時をお知らせします」もあった。 60 ID:ekOhCHFg0. net 脱ぐ=女優としてやっていく覚悟があるとみなされる構図はどうかと思うなあ。 芸術だから文芸作品だからとかは口実で、脱いだらその時点で女優というのとは違ってくると思う。 そういうシーンが公然と増えたから、子供連れの観客が減って どんどんエログロ、ドンパチ映画が増えて、結果衰退したというか。 憧れの女優さんには脱ぐとか、本当はキスシーンもおおっぴらに写すのも止めて欲しい位。 ちゃんとした女優と、少しの露出OKな女優もどき、完全ポルノの担当、と 3段階位に分ければよかったのに。 net コリーダは欧州各国で普通に無修正でTV放映されて 藤起つ也の小チンコが物笑いになり イジメられた帰国子女も多い。 藤起つ也はカンヌでC・カルディナーレからは 「味のあるチンコね」と褒められたらしいが。 70 ID:GDgq8crW0. net ヒコネおっさん、ナイナイw でも一時期の藤竜也の人気は凄かったな。 硬派といえば藤竜也だったわ。 私は女子高生だったけど、周りに必ずファンいたわ。 今、愛のコリーダの松田英子のWiki見たら既に鬼籍とは。 なんだか彼女も阿部定のような謎の人生歩んでいたのね。 47 ID:fWtyI32T0. 65 ID:YOd1jQ6uO. net 徹子の部屋第一回は森繁で オープニングがら森繁は無言で徹子に詰め寄り 「ああ・・・これこれ・・・これです」と胸揉むんだよな。 中村京子と言う国立大出のヌードモデルは バカ殿のオッパイ要員でCX廊下歩いてたら 竹脇無我に「アンタ、エロ本とかの人だよね!コッチコッチ!」 と腕引っ張られ森繁の楽屋に。 「オヤジさん、オッパイ来たよ!」 「ああ・・・これこれ・・・これです」と揉まれた。 56 ID:Q82gdkAlO. net 1984年頃のドリフ大爆笑で 志村が演じるエロ馬鹿医者に受診しに来た巨乳女が 心音検査で上半身全て脱いで乳房をあらわにしてた。 今は深夜1時や2時の放送でさえ乳首は出さないよね。 せいぜいビキニの谷間。 52 ID:4qTHwmND0. net 女のビーチクは立派な性感帯だからね。 男でいったらペニスの先っぽのようなもん。 そんなものTVに出しちゃダメ。 41 ID:Sv8eznix0. 62 ID:eoHCuCRW0. net の非核三原則に笑ったw コリーダの時は小学生だったけど、高校生の時は 私も藤竜也の大ファンだったよ。 47 ID:5jYiRygp0. net お下劣路線「裏番組をぶっとばせ! 野球拳」、「ウィークエンダー」、「TVジョッキー」 全部細野邦彦がP 皆同じ匂いがするでしょう。 02 ID:5jYiRygp0. net AMラジオ聴いてた奥様いるかしら 昔流れていた謎のCMがつべにあげられてて笑った ガムのCMだったなんて 何言ってるかわかんないし合間に入る女性コーラスがビューティー! youtube. 36 ID:hVaS4xVkO. net よかった。 小学生の頃の夏休みにたまたま夜更かししてTVのチャンネルいじっててうっかり見た、 NHKの放送終了時のはためく日の丸が何となく怖くて。 うちは夜型の家庭だったから、ちびまる子が「子供は寝る時間だ〜」と言った時間にプロポーズ大作戦とか見てたし、 ザ・ベストテンの放送も始まって普段は10時、日によっては11時が最終ラインだったから、 夏休みに最終ライン突破するしてちょっとドキドキした結果が上記。 中学生になってラジオの初めて深夜放送聞いた時はすごく大人になった気分がした。 中学の修学旅行の時、夜になるにつれ皆が「今夜は11PMが見れる」と少しずつハイテンションかつギラギラし出したのが面白かった。 TVの放送時間は昔のままでいいは同意。 TVの放送は一度電源落とすと電源入れて放送可能な状態になるまで時間がかかるらしいので、 今は事件・災害時等に備えてとりあえず何か流しているのだとか。 それなら放送終了後はNHKみたいに環境映像みたいなの流したり、それこそ台風接近時みたいに天気予報の映像でも流してたらいいのに。 58 ID:4qTHwmND0. net 「愛のコリーダ 画像」でググったらふとんの上で下半身血まみれになった 本物の写真見ちゃったよ。 定吉とかペンで書かれてるから当時の現場検証写真かな。 こんなもんまで流出するんだね。 22 ID:5jYiRygp0. 11 ID:ZQo0hLIl0. net 高橋お伝の陰部 軍医校の「お宝」として大切に保管されていたフォルマリン漬は、戦後間もなく 浅草の松屋デパートで公開された。 ここに当時のデパートが出したビラを公開する。 ・・・明治の毒婦・高橋お伝 昭和の浅草に正体を現わす!! 毒婦として高橋お伝の名前を知らぬ者はないでしょうが、お伝の毒婦たる所以を知る人は 少ないでしょう----。 絶賛にこたえ、再度会期を延長中の浅草松屋七階で開催されている 『若き人々に送る性生活展覧会』 は会場の模様替えで面目を一新すると同時に、幾多の貴 重な学術標本を新たに増加しました。 なかんずく明治の毒婦高橋お伝の生身の標本は学術 の殿堂深く、門外不出、絶対非公開の下、多年神秘の陰に隠されていたもので、今般、当 展覧会の意義に協賛せられ特に出展を許可されたものであります。 これは、決して見せものではありません。 冷厳な科学的資料で、この機会を逃したら今後は 絶対に見ることが出来ない超貴重品であります。 ・・・・まさに百聞は一見に如かず そして、お伝の毒婦たる所以と諒解せられよ!! 25 ID:7EsvfxgL0. 59 ID:ckTLGhgN0. net 白黒のやつかな。 あまりグロくないけど、あの字が阿部定の情念を感じさせて怖いね。 いまさらだけど阿部サダヲって阿部定からとったんだよね? 趣味悪い。 net オリンピックで何時も応援してるあの日の丸爺さんは 「学生時代 出所後の阿部定を買春した」と言って居る。 自慢のツモリらしい。 95 ID:UgOkhIvN0. net TVショッピングもだろうけどやはり、 深夜アニメはいらないだろうと思う。 01 ID:UgOkhIvN0. net テロップもだがイラストが怖かった。 96 ID:ySrftj3eO. れっきとした嵐。 86 ID:UgOkhIvN0. net 5時に夢中P元日テレの人だったんだ。 57 ID:lboPUFST0. 37 ID:lboPUFST0. 64 ID:4qTHwmND0. 82 ID:UgOkhIvN0. 38 ID:YOd1jQ6uO. 85 ID:bGelB6uH0. 43 ID:UgOkhIvN0. 74 ID:YOd1jQ6uO. 44 ID:4qTHwmND0. net 「愛のコリーダ」の原題 El imperio de los sentidos でググったら そのものずばりの本編見れちゃうんだね。 久しぶりに藤竜也の赤黒いの見た。 84 ID:E296BArT0. ・ひと粒で2度おいしい(江崎グリコ・アーモンドグリコ) このキャッチコピーの知名度は非常に高く、日常生活においても普通に使用される。 そもそも、ジャンケンしながら遊んだ「グリコ」って何なのよ! パーはパイナップル、 チョキならチョコレイトはわかるが、なんで グーはグリコなのさ。 88 ID:xsTNubxl0. net 「愛のコリーダ」、ロンドンで観たけど蛇の目傘で若い娘さんに意地悪するシーン、 愛し合っている者同士の驕った部分をうまく表現していると思った。 13 ID:E296BArT0. そして今なお、バージョンアップしつつも、 そのオリジナリティは変わりない不朽の名作といえよう。 ・くりくり三角小さなドロップ(ヴィックス) 楠 トシエが歌う「ヴィックスの唄」を覚えている人も多いだろう。 軽快な歌なので、一度聞く頭の中で何度もリフレインされる。 ヴィックスから胸に塗る「のまない かぜ薬」のヴェポラップなんていうのもあった。 憎いくらいにうまいんだ〜、 歌うはエノケン。 92 ID:E296BArT0. ・弘田三枝子の歌ったレナウン「ワンサカ娘」もこの年に登場。 ちなみに当時のCMソング四天王は、楠木トシエ、天地総子、中村メイ子、弘田三枝子 といったところでしょう。 97 ID:GDgq8crW0. net 楠トシエはCD買ったよ、上手だよね。 三木鶏郎グループは天才同士の集まりだね、 お互いの才能をこれでもかって全力で出し合って、且つそれが力みじゃなくて余裕まで感じられる。 net 三木鶏朗は名前だけしか知らないけど 弟の三木鮎朗は、スター千一夜やレコード大賞の司会してたから、知ってる 背が高くて知的でお洒落な雰囲気だった。 38 ID:jhvIwTWW0. 87 ID:YOd1jQ6uO. net ミツワ石鹸のお人形CM 3人の女性が輪をもって踊る が好きだったわ。 子供の時はいろんな人形劇があった気がするけど、 今はどうなのかしら…。 66 ID:UgOkhIvN0. net 正解!と言うか平成それも最近だね。 83 ID:XRQqBExv0. 23 ID:cbFGOkCe0. 91 ID:YOd1jQ6uO. net あら、そうなんですか!? さんくすです。 53 ID:UgOkhIvN0. net 映画番組多分中島貞夫の邦画指定席のモノクロシーンで流れていたと思う。 これだけ見たら熊さんイラストだけどモノクロのしかも格闘のシーンとかでこれが入ると結構インパクトあった。 それにしても京都は東映撮影所あるし文句が入らなかったかの方が不思議。 06 ID:TAv5lHwO0. net 私にとって楠トシエさんといえば、映画「猿の惑星」のジーラ博士。 チンパンジー夫が近石真介で。 楠さんの声の「証拠があります。 人形が」っていう台詞がものすごく印象的。 今の放送でも猿の惑星吹き替え版は、楠トシエ&近石真介バージョンですね。 46 ID:YOd1jQ6uO. net >弘田三枝子の歌ったレナウン「ワンサカ娘」もこの年に登場。 あの頃、日本はおフランスブームで弘田三枝子もフランス人風に整形してもらったのよね。 69 ID:YOd1jQ6uO. net そうでしたw wikiを見てきましたわ。 1965〜1972 石川進 楠トシエ ビンちゃん 愛川 ロバくん・着ぐるみ 天地総子も何曜日かにでていたらしいのだけど記憶にないわ。 78 ID:2r21W7MXO. net 私もそう思ってたけど、弘田三枝子のもあるらしい。 88 ID:lAiScTzR0. 12 ID:QJr03m400. net その歌、キャンプに行ったときのお世話係のお姉さんたちが歌ってたわ。 今思うとなんというかお花畑なかんじのお姉さんたちだった。 net 昭和も後期になると2時頃まで深夜も再放送のドラマとか流していたよね。 近藤正臣の時代劇とか青い瞳の聖ライフとか。 ほぼ一日中放送するようになったのはコンビニ等の発展も関係あるかな。 47 ID:gHP1hiNo0. net 中村メイコが母親役のホームドラマ、 子供が何人かいて、うち一人がジュディ・オングだった記憶 中高生役?。 昭和40年代始め頃かな… あの頃は30分のドラマ番組が割とあったように思う。 87 ID:grmQviS30. net 白黒ドラマ江利チエミサザエさんも。 リアルタイム記憶にないが再放送で。 13 ID:pEeGG6gW0. net おはよう子供ショーのロバくんの話から、木馬座のケロヨンも思い出した。 小学生の頃日本武道館での公演を見に行った記憶があるんだけど、演目が確かヤマタノオロチの話で 結構怖い感じの舞台だった。 最後にみんなでケロヨンの歌を歌ったような・・・。 12 ID:7u9MfKUb0. 81 ID:EKKppHUt0. net 藤竜也の赤黒いの、見れました。 69 ID:RJQcuwUx0. 70 ID:msU6PO5SO. net それと昔はドラマは2クールがデフォだったし脚本重視だからじっくり話が作れたんだろうな。 net 楠トシエ ビンちゃん は おはよう子供ショーの為に日テレ近くにマンション買って頑張ったのに スタッフに裏切られて全部持ち逃げされたとかやの ダークな話をしていた記憶。 94 ID:dRTQohAp0. 06 ID:dRTQohAp0. 61 ID:uORDWmUK0. net トゥナイトで野沢直子のコーナーだけすっごく好きで見てた。 今で言うなら謎のマニアな趣味の人や無人島に住んでいる?人訪ねたりで面白かった。 彼女もレポートするの忘れて笑い転げてばかりだったんだよね。 83 ID:TF5yr06m0. 90 ID:msU6PO5SO. net 関西なんで土曜深夜の深夜番組はばんばひろふみ司会の「エンドレスナイト」だったんだけど、 一度だけオールナイトフジと中継してコラボ企画したことがあった。 58 ID:2r21W7MXO. net 「プレステージ」 のADたったのが テレ朝にコネ入社の松野頼久 大物政治家がホイホイ出ていたのはこういうカラクリ。 二時半から20分間JTのCM番組で中断するので コンビニに出かけると 同じ理由で出て来た客だらけだった。 雑誌も毎夜入荷で読み切れなかった。 74 ID:tU0ugjna0. net 木馬座のケロヨン懐かしい〜 ぐるぐるパットンパットントン 大人になっても忘れない〜 って歌が流れるたび 「んなこと歌っても大人になったらきっと忘れちゃうよ…そういうもんだよ…」 と子供心に荒んだ気持ちになったのはよ〜く覚えてる。 91 ID:2r21W7MXO. net 木馬座 私も公演見に行ったことある。 66 ID:1znfVHps0. net テレ東がその日の放送終了になると バニーガールが画面分割でいっぱいでてきて 「楽しさ12ヶ月、東京12チャンネルでぇ〜す」 と言っていた。 net 丸ちゃぶ台も金ダライも普通の生活用品だったのにもう使わない。 ちゃぶ台ひっくり返したり金ダライが頭から落ちてきたりと 「コント小道具」に。 バニーガールもさんまのお待ち娘辺りから コント小道具枠になってしまった。 68 ID:6dlYTI6n0. net くるくる かっぽん かっぽんぽん ですよ。 52 ID:tU0ugjna0. net 拙い記憶だけで書いてしまいました。 大変失礼しました。 56 ID:qATE7ZFgO. net まだコンビニや夜遅いスーパーが無かった時代の映画やドラマで、 飲んで来た顔の赤いお父さんが千鳥足で寿司屋に入って 家へのお土産の折り詰めを買って帰る。 11 ID:2r21W7MXO. net 寿司折りはナマのお寿司の場合もあると思いますよ。 注文に応じて。 ところで 木馬座公演で覚えてるのは、 子供たちが舞台の真下まで押し寄せて大混乱になったことくらい… 演目についてはほとんど記憶にない。 93 ID:XtDrZPRV0. net コンビニに便乗。 昭和61年だったかな、コンビニを舞台にした「深夜にようこそ」というドラマがあった。 コンビニ店員が松田洋治、松田が憧れる女性客が名取裕子だった。 山田太一の脚本だったような。 net 先日CSでやってたので思わず見入ってしまった。 千葉真一とか出てたよね。 みんな若い! リアルタイムは見逃してたドラマだわ。 09 ID:GXUUsxbl0. net 山崎努じゃなかったっけ? コンビニオーナーとしていろいろ仕掛けるも、ことごとく本部から否定されてたような…。 今では当たり前のミニストップのイートインとかもドラマの中では否定されてたな。 45 ID:5WoZiTcm0. 20 ID:PHoi0HoL0. net そんな話を向田邦子さんが書いてたな、お寿司の折り詰めのお土産。 更に昔の時代だったから、生物は危ないので、お婆さんやお母さんが 子どもに食べさせたくなかったとか。 net 向田邦子のお父さんの手土産で思い出したけど、彼女自身が持たされた手土産の話が面白かったわ。 エッセイだった気がするけど、仕事絡みだったかで、議員の宴会に混ざる。 下っ端の裸踊りやらなんやら。 帰り間際だかに、大物議員が折詰もたせてくれたって話。 93 ID:lAiScTzR0. 06 ID:qATE7ZFgO. 07 ID:2TieLaJZ0. 29 ID:FaKOI0NE0. net 私の町にはじめてコンビニが出来たのが昭和52年頃だった。 セブンイレブンだったんだけど、なぜか数年で潰れてた。 それから数年たって別の場所にできたセブンイレブンは長く続いてる。 81 ID:j6pymwsSO. ちなみに上記のエンドレスナイトとオールナイトフジのコラボを見たのも昭和59年頃。 03 ID:yDvYv1MxO. net 中古レコードの『ハンター』のCMも深夜枠だったな。 地方ローカル番組でザ・昭和後期といえば千葉テレビのジャガーさん。 なぜか食い入るように見てしまっていたわ、あの5分番組。 うちはテレビ神奈川だったので放送時間が夜中だったな。 ジャガーさん、現在もご活躍とのことで頑張ってくださいだわ。 90 ID:D3MEeSSmO. 58 ID:yDvYv1MxO. net 朝まで生テレビ 始まった頃は電話オペレーター が意見を受け付け。 93 ID:rBeKqA3x0. net 昭和59年と言えばグリコ森永事件とかロス疑惑とか世の中は混沌としてたが女子大生ブームは時代のあだ花かも。 昭和39年生まれの奥様あたりなのか? そう言えば青春18きっぷ発売されたの 1982年昭和57年ということになり昭和 39年生まれの奥様は生まれたのが前の東京オリンピック新幹線開業年であり 薬師丸ひろ子のメインテーマの歌詞の 20年も生きてきたのにねの歌詞といい時代象徴リアルタイムは興味深く昭和 58年は39年生まれ大学入学年である。 44 ID:yDvYv1MxO. net それから昭和の終わり頃、ラジオに投稿したりすると景品としてテレホンカードを何度かもらったことがある。 一時は随分コレクションしてたけど、いつの間にか少なくなってしまった。 あの頃はまだ公衆電話もそこかしこにあった。 52 ID:8xJ8T4MM0. net 39年生まれで58年に女子大生になったけど あまりそんなブーム感じなかったかな?w でも高校の同級生が鶴瓶と花の女子大生出たり、 ラブアタックに出たりと、女子大生満喫してた人もいた。 ハイヒールモモコが39年生まれ(学年は上)で、リンゴが3歳年上 で、「女子大生と元スケバン」で売り出したらしい(知らなかったw) だからやっぱ女子大生って当時はブランドだったのかもね。 ちなみにバブル前夜に入社、でもやはりバブル絶頂期は 当然「そんなもん」と思ってた。 57 ID:fZydl7fX0. 64 ID:7R0wkUdO0. 96 ID:Qsje1DMH0. net 山城新伍が、数十人の首都圏の女子大生達とトークする番組が 昭和59年ごろにあったよね(今の恋のから騒ぎっぽい番組)。 早慶、上智、トン女、ポン女、お茶大、津田女、フェリス、白百合、聖心などの 女子大生が高そうなお洋服で、バッチリメイクして出てた。 その中に、ものっすごい不細工でださい服装の女子大生が1人いて いわゆる日東駒専の人なんだけど、 「私の大学はイモ大学。 将来就職できるかどうかわからない」とか毎週自虐的な発言ばかりしてて、 山城新吾にいじられ。 他の女子大生達からはなんか小馬鹿にされてるような冷ややかな目で見られてた。 こういうふうに、女子大生達の偏差値やネームバリューの高い低いを わざわざテレビで全国に発信するテレビ局の意図は、どこにあったのかな? その当時は、とんねるずの「どうせ俺たち高卒」発言や ABブラザース(中山秀征ともう1人)が「とんねるずは高卒だけど 俺たちなんか中卒だよ。 どうしたらいいんだよ」発言等もあって、 学歴ピラミッドをテレビが煽ってた気がする。 そういうことをテレビがわーわー煽ってて、一昔の永山則夫じゃないけど 世の中にいるであろう学歴コンプを持つ人達に、何か悪影響及ぼしてないかなと 思ってたよ。 ていうか、あの番組は山城新伍が毎回気に入った女の子を お持ち帰りするのが裏目的だったようだけどね。 36 ID:PK7JMpcO0. net 今にして思うと、エア女子大生もたくさんいたんだろね。 ほんとに大学生だったとしても、 大学名は番組スタッフに指示されたのを名乗ったり。 72 ID:rBeKqA3x0. 79 ID:Qsje1DMH0. net 私自身は昭和40年生まれ地方出身で、昭和59年に上京して都内の私立短大に進学。 東京の女子大生ってね、みんないかがわしいバイトしてるんだって。 うちの娘にはそういう不良娘になって欲しくないから、絶対東京になんかやらない」とか 言われてしまった。 私は、都会を知らない田舎のおばちゃん連中の発言なんか気にしなかったけど、 自分自身の郷里の人らがいかに井の中の蛙であるか思い知った。 テレビで1人の不良女子学生を見ただけで、「東京に進学する=不良になる」と思い込んでるんだもの。 でも、地元に残ったそれらのおばちゃん達の娘のほうが 結果的に水商売したり、未婚の母、何度も離婚とかしてるんだけどね。 47 ID:Qsje1DMH0. net そうだったんだー。 なるほどエア女子大生ねえ。 タレント志望の女の子に、衣装を貸し出してメイクもしてあげて 嘘の大学の名札をつけさせてたってことね。 91 ID:xRvXbu3h0. 37 ID:Yk67XCmW0. 91 ID:rBeKqA3x0. net と言うか女子大生ブームのころだと、 女の子はよっぽど勉強できない限り、 短大の方がメジャーだった気がする。 net 1984〜ってJJ表紙に上智大の河野景子や小牧ユカが出てた時代だよね。 河野、小牧は本物の上智大生だったけど JJの大学特集で、その月ごとに白百合、聖心、日本女子とかの学生が 「パパに買ってもらったたソアラ」の横にブランド物のバッグとか持って立ってた。 82 ID:lotTdos10. net 土曜深夜に音楽番組を打って失敗したCX石田Pに 日枝が 「タレント事務所の女子大生集めて兎に角馬鹿やらせろ。 社会問題になったらコッチのモンだ。 」 と言う企画がオールナイトフジ コレが後におニャン子 AKBに繋がる。 日枝 秋元 石田 は TVで同じ事を繰り返せば 毎度新しい馬鹿 カモ が湧いて来る と言う事に気付いた。 32 ID:yDvYv1MxO. 52 ID:0VFefu4o0. net 今はどうか知らないけど、大学キャンパスなんて誰でも学内に入れたし、 へたすりゃ授業料なんて払わなくても自由に講義会場に入って授業聞くことができた。 大体、本物の学生がアルバイトで忙しくて友達に「代返」させたり、出席を取るための カードを複数くすねておいて休む日に友達に提出委託してたり。 講師も色違いのカードを持っててそれに対抗してた。 99 ID:yDvYv1MxO. net 雑誌の場合 大学名は本当で 私物アイテムは編集部側が用意したものでしょう、だいたい。 テレビは相当ヤラセがあると思う。 83 ID:rBeKqA3x0. net そうそう。 じいさんの犬の散歩とかねw 一般的にレベルの高い大学程そういうフリーパスだったし高校も然りだね。 今は流石にそうは行かないだろうが。 61 ID:kEkWOJZI0. 91 ID:j6pymwsSO. net そう言えば子供の頃、グリコのCMに出てくるような赤い格子の電話ボックスに憧れた。 公衆電話そのものがあまり見かけなくなってしまったよね。 携帯の普及で需要はかなり減っただろうけどあると便利な物なんだけどな。 4大だと卒業時の年齢が上がる分就職が不利になると言われて短大選ぶ子が多かったね。 私もそのクチ。 26 ID:8xJ8T4MM0. net この前携帯忘れて、どうしても連絡取らなきゃならなかったとき 仕方なく駅前の公衆電話使ったけど、もう気持ち悪くて泣きそうだった。 あまり潔癖症ではないんだけど、人の使った公衆電話とか、 昔よく普通に使ってたなぁと感心した。 あと、会社でデスクの電話を当番制で拭き掃除してたなって思い出した。 99 ID:rBeKqA3x0. net 新幹線のビュッフェに公衆電話あってそこに電話がかかって来て車内放送で呼び出されるのステイタスだったね。 13 ID:HnDLlVuH0. 41 ID:7l5QBmMj0. 34 ID:lotTdos10. net 夕暮れ族主宰だと言う女が聖心在学中ってのも大嘘で 江戸川区のクリーニング屋の娘で中卒だった。 04 ID:Qsje1DMH0. net 筒見待子だよね。 定時制高校時代の卒アルがワイドショーに出てた。 個人写真以外に、集合写真、行事でのスナップ写真など。 そのスナップ写真が、いかにもDQN丸出しで、斜にかまえて腕組みして上目遣いで にらんでた。 集合写真で筒見と一緒に映ってた同級生らまで、テレビに映って気の毒だった。 今ならモザイク) 【日刊ゲンダイ 愛人バンク「夕ぐれ族」筒見待子の転落人生 1部上場商社の役員だったはずの父親は小さなクリーニング屋の店主。 小学校から大学まで一貫教育の女学校に通っていたというのも、まったくの詐称。 地元の女子高を1年足らずで中退して、定時制高校に編入し卒業した。 47 ID:Qsje1DMH0. 37 ID:lotTdos10. net 実刑喰らってる様な人間が 中卒であろうが高校中退定時制卒であろうが どうでもいいよな正味の話。 48 ID:emQ4eKht0. 88 ID:rBeKqA3x0. net 最近の例の白百合OG事件じゃないけど 事件犯罪と学歴とは関係ないからね。 明らかにスレチだけどココ結構重要。 20 ID:j6pymwsSO. net 彦根とキャンディは毎日出没してるからとを参考に文体や得意分野で判断してスルーしましょう。 55 ID:IprwwhFQ0. net わかる、公衆電話は長い間触ってない 喫茶店なんかの電話はまだしも、駅の公衆電話とかは無理。 でも昔は皆普通に使っていたのよねえ それと、たまたまよそのお宅にお邪魔してる時 自宅などに緊急に連絡する場合、その家の電話を借りる、そして、「すいません」と言って10円を電話代として置いたりした。 11 ID:rBeKqA3x0. net 公衆電話もだけど掲示板もだと思う。 昭和どころか平成になっても多分平成 7年頃まではあったんじゃないのかな? 今では個人情報保護法でありえない。 81 ID:yDvYv1MxO. net まだホームページとかファンサイトがない時代、 あるプロ野球球団のファンダイヤルみたいなのがあった。 そこに電話してファンが自由にメッセージを吹き込み、他の人もそれを聞くことができるというシステム。 11 ID:lotTdos10. net 家庭用Vデッキが無い頃 歌手やタレントが移動中近所の家テキトーに選んで 私の出る番組チェックしたいのでお宅でTV見せてくれ と幾らか包んで見せてもらう と言うのは普通だったらしい。 欽ちゃんも日常的にやっていたとか。 予告も無くTVの本人が突然家のTV見に来る と言うのも凄い経験だ。 65 ID:yDvYv1MxO. net 野球選手の富田勝氏は歌手の白川奈美と結婚していたのよね。 昔、平日の午後、桂三枝司会の「爆笑夫婦」 ? っていうクイズ番組にでていたわ。 白川奈美は「遠く離れて子守唄」がヒットした歌手。 net 子供の頃、ケータイやパソコンがなくてよかったわ〜 自分は絶対毎日オンラインゲームやってるし ケータイいじりも。 net 今は仕事してるからやらないけど、 子どもだったら学校帰ってスマホゲーやりまくったり、 宿題の合間にまとめとか見て全然すすまなそう。 72 ID:lCC8llUh0. 59 ID:lCC8llUh0. 24 ID:lCC8llUh0. 56 ID:lCC8llUh0. 65 ID:lR1o7fwl0. net の補足 1968年昭和43年水俣病イタイイタイ病公害病として認定が厳密には正しい。 79 ID:lR1o7fwl0. net 建国記念日もね。 昔は祝日が少なく振り替え休日もなく土曜日も休みでなかったというわけ。 24 ID:brur9wbG0. net 小1の夏休みに、お昼のワイドショー(青島幸男、中山千夏、八代英太)のあなたの知らない世界で 耳なし芳一の再現フィルムをやって、解説コーナーで下関市の赤間神宮にまつられてる芳一像の映像。 その芳一像が、今にも動き出しそうな表情をしていて怖かった。 そのとき親に質問したら「これは本当にあったことなんだよ」と言ったため、 6歳だった私は夜眠れない日々が続き、 その後、2〜3年は耳なし芳一の話を実話と思い込んでいた。 あとから聞いたら、親が言いたかったのは、源平合戦の壇ノ浦の戦いは実際の出来事と いう意味だったのだが。 初めて耳なし芳一の話を知ってから40年経った今でも、 「壇ノ浦」とか「耳なし芳一」という言葉に背筋がゾクゾクッと来る。 43 ID:ItZXQS7SO. net 子供の頃うなされたのはエクソシスト。 各局情報番組で連日宣伝しまくってたし、 リーガンのグロ形相画像満載な少年チャンピオンを学校に持って来た男子がいた。 1980年頃の(たぶん日テレ)小泉八雲特集も怖かった。 「破約」で、後妻をころしに来た前妻幽霊の顔が恐すぎて恐すぎて。 63 ID:A9yNE0D40. 99 ID:ADvaKQgk0. net 怖い映画で思いだすのは グレートハンティング。 ライオンに襲われる男の人や 伝染病で笑い死にして次々に亡くなって行く奇病とか。 自分にうつったらどうしよう!と本気で恐怖した。 25 ID:8gQSsF8D0. net 最も古い記憶の映画は「妖怪大戦争」かな? 一番記憶にあるのは「ボクは五才」 小学校一年の時に見たんだけど、印象的で忘れられなかった。 28 ID:2TkDCKDyO. 33 ID:PlNKEh2a0. net シネコンはインターロック 客数によって箱を変える 掛けるから基本立ち見は無い。 18 ID:PMNz2vTR0. 34 ID:ntHebvrf0. net そうなんですよ川崎さんいやちょっと待ってください山本さんのコーナーねw アフタヌーンショーと言えば放送時間 12時から放送されていたのごく一部で 14時や15時から遅れねっとほとんど。 67 ID:ntHebvrf0. 55 ID:7VOxiblg0. net ジャンボ宝くじ、昔は往復はがきで引換券?を申し込んでたよね。 net グレートハンティングもエグかったけど、 「カタストロフ 世界の大惨事」というのもそうとうエグかった。 別にこんな映画観たくもなかったんだけど、当時流行っていたブルース・リーの 映画と同時上映だったのでいやいや見る羽目に。 ビル火災で飛び降りる人たちや車にはねられる人、レース事故などの 記録映画。 もう嫌ってかんじだった。 55 ID:PlNKEh2a0. net そう言う「モンド映画」では 浅草のマムシ料理屋が出て居て 日本人は蛇が主食 とアフリカでは今も本気で 信じられている。 72 ID:ntHebvrf0. net あれ確かにものすごい違和感あった。 鳥取に臨海学校で行った時に鳥取には BSS山陰放送テレビNKT日本海テレビ、 TSK山陰中央テレビ3局民放地域なのに BSS山陰放送テレビNKT日本海テレビの 2局でアフタヌーンショー放送ししかも 14時から遅れネットなのは不可思議。 net お昼のワイドショーよく見てた 自分の記憶だと あの番組期間中に、中山千夏が 『停まらない汽車』か『あなたの心に』を歌ってヒットしたと思う。 また同じ頃、作曲家佐藤允彦と電撃結婚した。 74 ID:UtUSQ6OL0. net お昼のワイドショーの続き… それと思いだすのは、当時和田式9品目健康法という美容法 ダイエット が流行っていて、 その和田所長が出演したこと。 それから行方不明 家出 の家族を探すコーナーがあって、毎週いろんな家族が登場した。 03 ID:ADvaKQgk0. net その番組に家出した私のおばさん家族が出た事がある。 当時ビデオも無く、平日の放送だったので 観られなかったんだけど。 テレビ観てたおばさんが家族に連絡して数日後に帰って来た。 61 ID:aYVah9Gc0. net 家族の人、よかったね。 73 ID:Bdo9qusp0. 55 ID:O8SgFXBdO. 回答者が数人いて、今も活躍中の大澤弁護士とか、海老名香葉子さんとかが出演してた。 78 ID:a6YDeDgk0. net 劇団の人だったのかな? 人生相談の回答者の中に瀬戸内寂聴みたいな老人がいて 女性の相談にその人はいつも「そんな男とは別れなはれ別れなはれ」って言うんで 母がこの人好きだわと気持ちいいと言って見ていた。 母も別れたがっているんだな でも離婚したらお金なくなるから嫌だなって思いながら聞いていた。 net カバゴンとか菅原洋一とか まだ生きてるのな。 00 ID:3bMR4OYuO. 95 ID:1GSUfky00. 90 ID:LO2J4JY00. net アフタヌーンショーといえばやはり、 やらせリンチ事件打ち切りだろうが、 やらせ体質は随分前からあった訳かorz 木曜日の女性何でも相談室だったな。 99 ID:FdY4xBcq0. net 日テレの朝のワイドショー(番組名忘れた)で、夏休み中に心霊特集やってたけど、 どこかのお寺に寄贈された幽霊の絵の掛け軸、目が閉じてるはずなのに生放送中に 目が開いたって大騒ぎになったの、覚えてる。 視聴者からの電話が殺到して、すぐVTRを確認して目を開ける瞬間を放送してた。 自分もVTRを見たけど、何も細工しているようには思えなかった。 net 「ルックルックこんにちは」ですね。 net 昭和50年前後のアフタヌーンショーン。 家出してよその男に走った主婦から夫に連絡が来て、 男から暴力を振るわれ軟禁状態で外に自由に出られないとか言ってきて、 夫が男の家の屋根に上がって窓から妻を救出するっていう映像を流したのだけど、 どうせヤラセなんだろうね。 夫じゃなくて警察に連絡すればいいんだからさ。 16 ID:UApmMKQKO. net ルックルックこんにちはの前の前ぐらいに 「ル・マタンあなたのワイドショー」ていうのをやってた、昭和48〜51年頃。 一般人の夫婦が、スタジオで口喧嘩(夫の浮気や暴力や借金)して 弁護士やタレントが仲裁してアドバイスするの。 ちょうどその頃、うちの父は女遊びが激しくて母が悩んでたから ルマタンにハガキを出そうかと思った当時小学四年の私。 ああいうのに出た人達って謝礼目的とか、テレビに出たくて応募してたのかしらね。 テレビで妻が「うちの夫は浮気暴力夫です」とか公言して夫を罵ったりしたら、 解決するどころかますます夫婦仲が険悪になると思う。 そういえば、1970年代初期〜半ばの3時のあなたにも、一般人の親子喧嘩、夫婦喧嘩のコーナーがあった。 14 ID:isriGjWH0. net この時期になると思い出すのが 横溝正史シリーズ、夏休みにクーラー(死語)の部屋で 家族揃って見たなぁ。 と思って調べてみたら 1977年の4月から10月に放送してた。 なぜか夏休みだけって思ってたけど、6ヶ月もやってたんだ。 net >>1970年代初期〜半ばの3時のあなたにも、一般人の親子喧嘩、夫婦喧嘩のコーナー 昭和52年の3時のあなたに、自称進駐軍将校の未亡人(どうせパンパン)金髪お蝶夫人かつらをかぶった50歳ぐらいの派手派手オバチャンが スカーレットオハラ風ドレス着て、ハーフの娘と喧嘩してた。 赤ちゃんだった娘を紐でおんぶして進駐軍のパーティに出ただの、将校夫が亡くなってから苦労して育てたとか言って。 成人した娘はトルコ嬢なんだけど、「本当はこんな仕事はやめたい。 でも自分と母が食べていくためには仕方が無い」 でも母の言い分は「娘は男相手の仕事を楽しんでる。 娘が勝手にトルコ嬢になった。 生活費は私が英会話塾を経営して稼いでいる」 翌週には、過去に孤児院をしていた外国人の神父さんが出てきて、 「幼い頃の娘さんが、よその家の犬のえさを頬張っていたところを私が保護した」(つまりネグレクト) この親子喧嘩を3回にわたって放送したのだけど、3回目は見なかったのでどういう結論になったのかは 私は知らない。 小学生も見るような時間帯の午後3時に、やるような内容じゃなかったなと 今になって思う。 03 ID:LO2J4JY00. net ルックルックで 貴女もヌードに と言うコーナー 主婦がヌードに成ると言うヤラセなのだが ガキ使のパンチパーマのおばちゃんがヌードに成っていた。 あんな昔からTV出ていたのだ。 11 ID:BBQkF5Re0. net 私も横溝正史シリーズを夢中で見てたわ! 主題歌「まぼろしの人」のレコードも買いました。 14 ID:TZ0M4yOt0. net 1980年代なんて30年前の話で 昭和20年の話が昭和50年では通じないのは当たり前 と言われ得心した。 88 ID:KUdtbR8B0. net ヒコネおっさん、たまには目覚めていいこと書き込むのねw。 先日、こち亀の1980年代に初版だった辺りを読んでいたら、 まさに両津勘吉が奥様ワイドショーの家出捜索人見なきゃ、というセリフがあったわ。 61 ID:mzffJdfI0. net >紐でおんぶして進駐軍のパーティに出た うそ臭いねw赤ん坊は預けて出席するものじゃないの? 44 ID:0YojJVpx0. 86 ID:tMCHpVBf0. 平日の真昼間から、それこそ 勃てボッキッキ ですよね。 71 ID:1GSUfky00. 46 ID:UApmMKQKO. net ルックルックで一般人のヌードやってたっけ? メイクと衣装で変身させる「あなたもトップレディー」なら記憶にあるけど。 一般人ヌードといえば同じ日本テレビの青島幸男「お昼のワイドショー」1970年代、 先日亡くなった写真家大竹省二が主婦やOLを写す「美しき裸像の思い出」コーナーなら覚えてる。 ヌードといっても腰周りや乳首を葡萄や花で隠しまくりだったけど。 25 ID:UApmMKQKO. net 「美しき裸像の思い出」・・・ それだったかも。 兎に角。 ガキ使のパンチババアが脱いでいたのは確か。 話題に成らないが大竹省二も数日前95で死んだ。 66 ID:O8SgFXBdO. net ルックルック司会は 岸部シローと上岡龍太郎が競ったそうだ。 カメラテストで上岡が 「岸部も僕も京都だが在所の格が違う」と言い放ち Pが「こんな奴TV出しちゃイケナイ」と岸部に決まった。 97 ID:O8SgFXBdO. 04 ID:O8SgFXBdO. net 例の子守唄というのは 赤い鳥の『竹田の子守唄』ね。 の上岡の発言 言葉 は特に問題ないと思う。 だけど、竹田の子守唄の問題から、誤解が広まっている。 99 ID:nE1Ix5lo0. 35 ID:1GSUfky00. 48 ID:isriGjWH0. net すごい、レコード買ったんだw 私は「あざみの如く棘あれば」が好き。 茶木みやこさんの独特の声があのドラマにあってたね。 横溝作品て犯人とか殺し方とかしっかり覚えてるんだけど なんとなく動機が弱くて、いつも「なんで殺したんだ?」ってなるw 犬神家はわかりやすい遺産争いだけどね。 93 ID:OuzhZykp0. 37 ID:fBXvDpzo0. コロナの製品。 今みたいなエアコンでなく、クーラーだけ、縦型で小さいタイプ。 net ヘレンカーチス美容顧問とかいうオカマの小父さんが カマむき出しの言葉で美容やらオサレを語るんだけど 顔がどうみても大工の棟梁みたいないかついオッサンで大好きだった。 25 ID:LO2J4JY00. 41 ID:STtCJb2N0. net 二槽式洗濯機は便利だった。 64 ID:vUcfOWtt0. net アンネナプキンとは、 27歳の社長、坂井泰子率いるアンネ株式会社(東京都中央区銀座)が 昭和36年(1961)11月11日に発売した革命的と称された生理用品。 当初の発売は10月を予定していましたが、 生産が遅れ発売を一か月以上延期する事態となり波乱のスタートでした。 にもかかわらず、瞬く間に普及し生理のことをアンネと呼ぶほど 多くの女性に浸透し、受け入れられました。 アンネナプキンの登場で使い捨て生理用品の開発が急速に進み 生理用品の発展に繋がっています。 アンネナプキンの開発が始まった昭和30年代の主な生理処置方法は 月経帯(サニタリーショーツにあたるもの)で 脱脂綿(ナプキンにあたるもの)を押さえる方法などでした。 月経帯はゴムでコーティングされゴワついていて通気性が悪く、 ムレる、ズレる、かぶれる、ただれると不快なものだったそうです。 そういう生理処置を行っていた時代にアンネナプキンは誕生しました。 35 ID:1GSUfky00. net うろ覚えの記憶・・・ 昭和43〜44年ごろ、うちの冷蔵庫は1ドアで、 冷蔵庫内の上部に製氷皿しか入らないような狭い冷凍スペースがあった。 ハウスシャービックのcmではその狭い冷凍スペースで作ってたけど、 うちの冷蔵庫の冷凍スペースではうまく固まらなかった。 昭和47年頃に冷凍スペースが少しだけ広い1ドアに買い替え、 昭和50年代からやっと2ドア。 冷凍食品の普及とともに、家庭用冷蔵庫の冷凍室が拡大していったんだろうね。 26 ID:fBXvDpzo0. net そうでしたね。 昔の製氷室ではアイスクリームはとけてしまって、保存できなかった。 09 ID:UApmMKQKO. エプロン姿の今陽子(モデル男性と新婚ほやほや)が 「下ごしらえはいりません。 揚げるだけで出来るから簡単便利です」 と言ってた。 でも今の時代は揚げるのも不要で、電子レンジでチンだもんねー。 23 ID:iwNqzRxN0. net 冷食のクリームコロッケは油の温度が低いと衣がはがれてしまい、中身が飛び出て悲惨な事になる、 簡単便利だとはいえなかったな。 冷食のピザはオーブントースターがなかったので、フライパンにアルミホイルを敷いて蓋をして 調理した、火加減を間違えると焦げてしまったりチーズが溶けてなかったり… 今みたいにレンジでチンみたいにお手軽ではなかったね。 70 ID:oeTRmw4x0. 00 ID:fBXvDpzo0. 77 ID:tXn7uhD90. 38 ID:yqUu1QVH0. 94 ID:tkReDka50. net ロス五輪日本代表が まず一番驚いたのが選手村の食べ物が総て美味しい!と言う事だったらしい。 今思えばあの頃の日本の食品は外食の種類も少なく未だ貧弱だった。 今外国人が 日本の食品は無茶苦茶美味い!と言うから 相当向上してるんだよな多分。 コンビニの洋菓子でもコーヒーでも凄い進化してる。 net 「アメリカに追いつけ追い越せ」は間違った感覚で 戦争前の日本はとても豊かだったみたいですよ。 それを焼き尽くされたわけで。 ロス五輪の頃ってバブル間近だしそんな貧弱じゃ無かったと思うけど。 進化しているように見えるけど、人工甘味料だなんだとどんどん 本物の食物から離れていっているだけでは。 14 ID:1GSUfky00. 46 ID:fBXvDpzo0. net ロス五輪て森末慎二の時なのね。 87 ID:LO2J4JY00.

次の

◆奥様が語る昭和の思い出54◆

あなたといたいしわくちゃに何年経っても 曲名

アメルは千波の胎内の中で十七歳だった。 セーラー服も着てなければ黒いソックスも履いていない。 胸まで伸びた長い黒髪に裸の姿。 日焼けを知らない白い肌で、左の乳房の下にホクロがある。 胸は彼女の掌で包んでしまえるほどの大きさ。 へその緒はまだついたまま。 胎内はお湯を張った浴槽だった。 その中で背中を丸くして膝を抱え、その格好のまま横に倒れ込んでいる。 アメルは浴槽のぬるま湯の向こうにゆらゆらと揺れる蝋燭のような灯りがあるのを知っていた。 アメルはそれに手を伸ばすが、届かない。 浴槽の湯から手を出すことができなかった。 まるで風船の中から弾力のあるそれを押したような感触が跳ねっ返ってくるだけ。 灯りはオレンジ色でプールの中から雲に隠れた太陽を見つけた時みたいに揺らめいていた。 胎内は温かい。 羊水はぬるい。 寝れるほど居心地がいい。 大概は眠くてアメルはほとんどの時間眠っている。 眠りながら両親の過去の夢を見た。 それは十数年前、アメルの父親になる北風 きたかぜ が音楽雑誌の「お友だち募集コーナー」で千波の名前を見つけて手紙を出したこと。 そこに書いてあったメッセージは「ナンバーガールが好きなお友だちを探しています! 手紙が好きです。 文通してくれる人いませんかー?」。 そこから始まった手紙のやり取り。 メールがまだそれほど当たり前ではなかった頃。 初めてのやり取りでお互いに興味を持ち、それからお互いの手紙を待ちわびた。 手紙が届くとその日のうちに返事を書いて、次の日にはそれをポストに投函していた。 百を優に超える手紙を書き綴って、一年経った頃に電話番号の交換をし、文通開始から約二年後に初めて会うことになる。 池袋メトロポリタンプラザのHMV、ナンバーガールの棚の前で待ち合わせた。 北風はまだケータイを持っていなくて会えるかどうか不安だったけれど、約束していたナンバーガールのCDコーナー付近で商品を手に取っていたその姿を見て〈千波ちゃん〉だと確信し、声を掛けた。 アワビ顔の警察官は千波の頭部を飲み込むと、そこからはつるっと千波の身体をひと飲みした。 「あびーー」と叫び声を上げて、その場で腰を抜かした。 ピクピクとアワビの襞が痙攣する。 アワビ顔の警察官は一瞬意識が飛んだ。 びちゃびちゃっと勢いよく潮を吹く。 それは玄関のマットや床を濡らした。 アワビ顔の警察官は我を失ってぺたりと尻をついて玄関に座り込んでいたが、数分後、何もなかったかのように立ち上がり、ズボンについた砂を手で払って部屋を出ていった。 部屋に静寂が訪れる。 アパートの下の公園で遊ぶ子どもらの声も響かない。 どこかで野良猫がにゃあと鳴いた。 けれどそれは三階の部屋までは届かなかった。 相変わらず陽光がキッチンのシンクできらきら揺れている。 不倫女と舌を絡めあっていた男がそれを中断して訊いた。 女は右手の人差し指を立てて男の唇に押し付ける。 首筋、鎖骨、乳首へと段々下降して接吻をしていった。 押し付けていた右手の指で男の肉厚な唇を弄ぶ。 女の唇が男の下半身の森に達する。 男がため息を吐きながら女のショートカットの髪を撫でた。 女は上目遣いで男を見る。 男は目を瞑って女の愛撫に酔っていた。 そんな時、また私に着信。 「さっきから何度も鳴ってる。 恋人からじゃないの?」という男の言葉を無視して女は続けた。 男は我慢できなくなり「座ってしようか?」と女に訊いた。 コンドームを着け、対面座位で繋がる二人。 また私は女を呼び出したが、愛し合う二人を離れさせることなど出来はしなかった。 そんなこと、わかっていた。 それでも鳴かないといけない。 鳴くことが重要な私のアイデンティティ。 彼女は文学部に通う大学生、二十一歳。 将来は作家になりたいと思っているイタい女子。 それを本人も自覚しているし、彼女より優れた小説を書く人物はまわりにたくさんいたから、仲の良い友達にしかそれを公言していない。 最近書いた小説は四百字詰め原稿用紙に換算して五十枚くらいの短編。 日航機墜落事故が自衛隊の誤射であるという噂を、主人公の妻がパート先の喫茶店で聞いたことから物語は始まる。 新婚である妻と夫はインターネットでその事件について調べるけれど、やっぱりガセだと思い直し、何気ない日常生活を過ごす。 なんでもない普通の日々に幸せを感じる二人。 幸福に毎日が過ぎ去っていく。 そんな二人だったが公園でピクニックをしているところを、何者かに銃撃されて突然死んでストーリーは終わる。 そんな話。 女は太宰治を好んで読む。 Slowdiveというバンドが好きだ。 今まで観た中で一番好きな映画は「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」。 歩いて飲み物を飲めない。 タバコは吸わない。 お酒は甘いカクテルなら飲める。 高校の時は文化系かと思いきや、意外にも柔道部だった。 だから体育会系である。 猫のぬいぐるみを抱いてじゃないと眠れない。 コンタクトレンズをしている。 初恋は中学三年生の夏休み。 十年振りに会った従兄弟を好きになった。 彼は女の家に両親と三泊したけれど、まともに話せなかったし、目も合わせられなかった。 帰り際、別れの握手を求めたことが彼女にできた精一杯のアプローチ。 従兄弟の手は骨っぽいゴツゴツとした男の手だった。 その手の感触を最近は忘れてしまった。 付き合っている彼氏がいる。 同じ大学に通う一歳年上の先輩。 彼氏は女が不倫していることを知っている。 それでも別れる気はない様子で、女には彼氏がなぜそこまで自分に執着するのかわからなかった。 だから執念のようなものを感じて怖く思っている様子だった。 ストーカーされたこともある。 或る日、女しか知り得ない内容のメールが、私を介して彼氏から女に届いた。 彼女しか知り得ない内容とは何かって? その日の夕方、ローソンでプレミアムロールケーキを二個も買ったこととか、ソルティライチという飲み物を毎日買っていたのに、パタリと買うのを止めてしまったこととか、雑誌の[ターザン]のダイエット特集号を立ち読みしたとか、そういうこと。 それを読んだ女は「何で知ってるの!」と叫ぶように言って気持ち悪がり、私をベッドに放り投げた。 女は薄気味悪さのあまり途方に暮れているようだった。 彼女はしばらく床に女の子座りで座り込んで何かを考えていたけれど、何かを思いついて私に手を伸ばしメールを打ち始めた。 不倫相手にSOSを発信したのだ。 女は半信半疑で男を待った。 三十分後、男からの電話で私は女をまた呼ぶ。 待ち構えていた女はすぐにその電話に出た。 男は「今、きみんちのドアの前にいる。 開けてくれないか?」と言った。 女は電話を切らないで私を持ったまま玄関の鍵を開けた。 すると本当に男がそこにいて、ドアが開くなり女を抱き締めた。 電話は切らずに通話中のまま。 男は「大丈夫。 大丈夫だから」と耳元で囁き、女の頭を撫でた。 抱き合ってたのは一分間くらいからだったかな? 男は「じゃあ、仕事に戻る。 ごめんね」と去っていった。 女は抱き締められて安心したようで、「ホントにありがとう」と男に伝えた。 男が去り際に残していった「好きだよ」のひと言に感激して、女はベッドに身体を突っ伏して泣いた。 静かに嗚咽した。 彼女は泣き虫な女だった。 千波が小さな土鍋で北風のためにおかゆを作っている。 寝坊した日曜日の昼過ぎ。 昨晩、二人は宅配ピザを注文して、北風はそれにたっぷりタバスコをかけて食べた。 胃の調子が良くないのは間違いなくタバスコをかけすぎたのと、缶ビールを飲みすぎたせいだ。 北風は洗わずに放ってあったグラスや皿を洗いながら、それを後悔する。 リビングから音楽が聴こえて来ている。 ナンバーガールの九十九年のアルバム[School Girl Distortional Addict]。 千波は「どっか出掛けない?」と土鍋の蓋を少しだけ開けて煮え具合を確認する。 北風はそれには答えず、食器洗剤の泡がたっぷりついた両腕をだらりと垂らして、千波の項 うなじ に鼻を押し付け、大きく息を吸った。 おかゆを食べてから二人は出掛ける。 スーパーの入口で柴犬がきちんと座って飼い主を待っていた。 りりしい顔のその柴犬は、舌を出して忙しなく息をしている。 柴犬を、まだ歩くのも覚束ない女の子が触ろうとしたら、お母さんがダメよと手を引っ張った。 それでも尚、女の子は柴犬を触ろうとする。 北風と千波はその横を通ってスーパーの中に入る。 千波は夕ご飯のカレーの材料を買った。 カレー粉と少しの福神漬けに牛乳。 野菜は家にあるので買わなかった。 研修中のバッジをつけたレジの女の子がきれいで北風はその口元のホクロに一瞬見惚れた。 でも千波が「二円ある?」と北風を見て訊くので、財布の中身を調べなくてはいけなかった。 買った物を袋に入れている時、千波が「レジの人きれいだったね」と言う。 レジの女の子に見惚れていたのに千波は気づいたのかもしれないと、北風は思い「そうだった?」とわざと素っ気なく知らんふりして答えた。 スーパーを出るとまだ柴犬がいた。 千波がそこでカレーに入れる肉を買い忘れたのに気がつく。 「ちょっとここで待ってて」と言った千波を、北風は柴犬を撫でながら待った。 柴犬は頭を撫でられると気持ち良さそうに目を瞑る。 北風の実家ではずっと前、北風が中学生の頃、雑種犬を飼っていたことがあって、北風は雄犬だった彼のことを思い出した。 その犬は白くてちょっとおバカさんでご飯をたくさん食べる犬だった。 彼は母と散歩中、突然走り出して母の手から紐を振り解き、大通りを横断しようとして車に撥ねられた。 何十メートルも道路を転がり対向車線を走っていた車にまた撥ねられて死んだ。 それを目の当りにした母はしばらく頭がおかしくなった。 それから両親が犬を飼ったことは一度もない。 北風が父と最後にキャッチボールしたのは中学三年生の夏休みのある日のことで、飼っていた犬が死んで母がノイローゼ気味だった頃。 北風と父は近所のろう 、、 学校のグラウンドでキャッチボールをした。 鉄棒で小さな男の子が一人で逆上がりの練習をしていた。 お姉ちゃんのおさがりと思われるピンクの自転車に乗っていた。 補助輪だけが新しかった。 彼のほかには誰もいなかった。 グラウンドの隅で雑草が揺れていた。 父の投げるボールは速くて、うまく取らないと掌が痛い。 父にも同じ思いをさせようと思いっきりボールを投げた。 でも父になんなくそれを捌かれる。 北風は全部全力投球しているせいで、すぐに疲れてしまった。 そのせいで大暴投を連発してしまう。 父は広いグラウンドの向こうまでボールを何回も取りに行った。 文句も言わずにボールを取りに行く疲れた父の後ろ姿を思い出すと愛しくて仕方ない。 鬼になった俺は死んだ月美の身体を俯せにしてその部分を三口噛み千切って食べた。 うまくもなければまずくもなく、パサパサとした食感だった。 ほんのり甘く感じたのはおそらく血の味だ。 月美の血の色は蛍光ペンのそれのようなピンク色だった。 灯りの消えた寝室で血は蓄光し、血まみれのタオルケットや敷きふとんが鈍く光を放った。 俺は月美の肉を食べた後、風呂でシャワーを浴び血を落そうとしたが、なかなか落ちなかった。 口のまわりや両手をボディ・ソープのついたスポンジで強く擦った。 それはまるで月美の俺への恨みかのように執念深くこびりついていた。 一通り血を落とすのに一時間程度かかった。 身体をバスタオルで拭き、寝室へ戻る。 隙間の開いた窓から一台の車が走り去る音が聞こえた。 暗闇に光るピンク色の血飛沫が、桜の花びらが散っているみたいで見惚れた。 だが、しばらくして頭頂部が切開されるような激しい痛みに苛まれる。 今思うと角の生え初めだった。 それはじわりと襲ってきて、十分後ゆっくり去っていった。 かすかな偏頭痛を以後、ずっと持つことになる。 俺は明け方まで月美に寄り添っていたが、外が明るくなり始め玄関のポストに新聞が投函される頃、家を出ようと荷物をまとめた。 出掛ける直前に目に入ってきたのは長い間弾いていないアコースティック・ギターだった。 心の底から諦めと憎悪が湧き上がって来て俺はそれを壁に打ち付けずにはいられなかった。 ギターはネックの根元からへし折れた。 弦が四本切れた。 俺はただの粗大ごみと化したそれを、床に叩き捨て部屋を出る。 ギターの不協和音が背中に向かって鳴っていた。 俺は振り向かない。 外の光が寝不足と鈍い頭痛を抱えた俺の目には眩しすぎた。 その言葉を言い終わる前に、アワビ男はセーフをコールした。 コールを告げた後の主審は元の顔に戻っていた。 俺は立ち尽くしていた。 茫然とする。 そんな俺にベンチから親父たちが歓声を上げて集まってくる。 「代打屋、よく走ったな」と言う声。 俺の呼吸は荒い。 整列して試合終了が告げられる。 対戦チームの選手と握手をしてベンチへ戻る。 その最中に俺を胸が詰まるような苦しみが襲った。 心臓を握り潰されるような痛みだった。 俺は歩くことができなくなって、ベンチまで五メートルのファウル・ゾーンで跪く ひざまず。 「どうしました?」と主審をしていたおっさんが声を掛けてくれたが返事ができない。 ちらりと目の横隅で見たその時の主審のおっさんは、やはりアワビ顔だった。 また不審に思うが、しかしそれどころではなかった。 北風たちは公園内をぐるりと歩いた。 といっても五分も歩けば、公園の全体像をつかめてしまうほどの広さだ。 公園のほとんどは木で占められており、たくさんの木に名前の書かれた看板がつけてあるが、北風にはどれも同じ木にしか見えなかった。 千波はそんな北風に「信じられない」と言ったが、千波は千波で外国映画を見ると主役も脇役もみんな似たような顔で見分けがつかないと言うのだった。 人工の小川沿いを下る。 下った先では子どもが肌寒いのに川に入って遊んでいた。 砂場や滑り台で遊んでいる子どもらもいる。 お母さんたちはそれを見守りつつ世間話に興じていた。 それはどこにでもある風景。 北風と千波はその風景に入り込んでみる。 しかし、ジャングルジムは千波にも小さすぎた。 中に入り込めない。 滑り台も北風が滑れそうなサイズではなく、シーソーはなかった。 そこは二人の場所ではなかった。 白に黒斑のパンダのような半野良猫はあたしだ。 ここは新宿歌舞伎町。 人間にとってもそうであるように、あたしら猫にとっても容赦ない街だった。 あたしの左目は抉れている。 ある夜、突然三匹のギャング猫に襲われて負傷した。 ひどい痛みに襲われたけれど、どうすることもできなかった。 雑居ビルの間に横たわって痛みを耐え忍んだ。 猛烈な飢餓感も目の痛みの前では翳 かす んだ。 じゅくじゅくと腐っていくのがわかった。 でも腐って目玉がボトリと落ちるなんて考えもしなかった。 目玉は落ちた勢いで腐った柿みたいにぐじゅっと半分潰れたんだ。 不思議なことに目玉が落ちると痛みはまるでなくなった。 あたしは空腹感に苛まれて彷徨ったものの、まともな食べ物には有り付けなかった。 あたしはラーメン屋と居酒屋の裏口に面した生ゴミ臭くて、脂でにちゃにちゃと湿った狭い路地で、丸くなってじっとしていた。 人間一人がようやく通れる幅の狭い路地。 あたしは待っていた。 助けてくれる人間か、穏やかな死を。 どちらを待っていたのかわからない。 ただ何も考えず待った。 両親は彼女が中学生を卒業する直前に離婚して父親が親権を持ったらしい。 お母さんの不倫が原因だったんだって。 そんなわけで父親に育てられることになったんだけど、離婚裁判で熱心に「責任を持って私が娘を育てます」と豪語したのに蓋を開けたら、父親には彼女の面倒を見る気はさらさらなくて、新しくできた女と遊んで真夜中に帰ってきたり、二日も三日も帰宅しないくらいだった。 彼女は高校でも孤立していた。 仲の良い友だちもいなかった。 彼女は孤独だった。 だから彼氏を作った。 そんなに好きじゃなかったけれど、彼が自分に気があるのを知っていたからそれとなくアプローチして彼に告白してもらった。 セックスした初めての相手はその彼だった。 一度目は緊張してわからなかったけれど、二回目からセックスの快楽にハマっていって、学校が終わると彼氏を自宅に呼んで日常的にセックスするようになった。 父親は毎日午前様だったからね。 長い放課後を彼女たちは満喫した。 でもそれも長くは続かなかった。 ある日の夕方、すべてが終わってベッドに二人、裸で寝ているところを気まぐれに帰って来た父親に見つかってしまった。 父親は怒り狂って彼氏を裸のまま部屋から追い出して、彼女を平手打ちにした。 何度も何度も叩かれたんだって。 「出て行け」、「お前の面倒なんてみられない」と罵られ、信じられないことに父親は彼女が一人で住むための部屋を用意した。 しかも治安の悪い新宿歌舞伎町に。 なんていう親だろう。 家賃も自分で払えって言うし、そんな話を聞いてどんだけ極道なんだとあたしは思った。 兎に角、彼女は生活費の一切を父親に払ってもらえなくなって、自分で稼がなきゃいけなくなった。 高校も辞めたくなかった。 母親に相談することも考えたみたい。 でも母親は不倫相手と幸せに暮らしていて子どももできた様子だったから、迷惑は掛けられないと彼女は思ったんだって。 さすがの彼女も途方に暮れていた。 そんな矢先にホストの男に声を掛けられた。 学校が終わり、家に向かって新宿歌舞伎町を歩いていた時に。 最初、「きみは大人っぽいから年齢を誤魔化してキャバクラ嬢でもやらない?」って言われたんだけど彼女は「小遣い稼ぎじゃダメなの。 もっと稼げる仕事がいい」って言った。 それでデリヘル嬢の仕事を紹介されたみたい。 彼女の本当の名前が光 ひかり だと知ったのは、男がそう彼女を呼んでいたからだ。 あたしは光のことは好きだったけれど、その男のことは好きではなかった。 嫌いだった、はっきり言って。 尻尾を引っ張ったり、寝ているところを抱き上げられて壁に投げつけられたこともあった。 許せないのは光にも暴力を振るうところ。 光の場合には手を上げるんじゃなくて、言葉の暴力で傷つけた。 男は光の身体が自分の金になることを知っていたから、決して傷つけたりはしなかった。 だから言葉でいじめた。 しょっちゅう恫喝して光を怯えさせた。 彼女が鬱っぽくなるほどに。 ひどい男だった。 でも彼女が男から逃げなかったのは、単純に逃げる場所がなかったから。 あと男が、光が逃げないよう「てめえの居場所はここしかないんだ」と彼女を脅すように洗脳していたから。 光は囚われの身で、神様に見放された存在だった。 そんな彼女だから、あたしと死ぬまで一緒にいるものだと思っていた。 でもある日突然光は逃げ出したの。 別れの予感も、言葉もなく。 客の誰かと駆け落ちしたのか、それとも一人で逃げたのか。 それはわからない。 置手紙すらなかった。 あたしはショックだったけれど、それはホスト男にとっても同じだったみたい。 いや、あたしなんかよりももっとショックのようだった。 激しく怒ったのは光を愛していた証拠。 その怒りを鎮める方法をホスト男は知らなかった。 光がいなくなってから三日が経った夜、テレビを持ち上げて床に叩き落としたリ、ノート・パソコンを逆に開いて破壊したり、食器棚のグラスや皿を荒らしたりした。 それでもホスト男の怒りは消えず、とうとうそれはあたしに跳ねっ返ってきた。 怒りの捌け口があたしに向かった。 その時、ホスト男の殺気を感じて部屋を逃げ回ったけれど、テレビの裏に追い込まれていよいよ捕まった。 噛み付いて抵抗したものの男は厚手のスウェットにスノーボード用の手袋をしていたから無意味だった。 首根っこを掴まれて、あたしは為す術なく大人しくするしかなくなった。 ホスト男はポケットからアーミーナイフを取り出して、その刃をあたしの目に突き刺したわ。 あっと思う間もなかった。 海女さんが牡蠣の身を取るように何の躊躇いもなくあたしの右目を抉ったんだ。 初めのうちは痛みを感じなかった。 右目からどろどろと血が流れ出る感覚はあったけれど。 それよりも両目が見えなくなったことが嘘であってと願った。 だけれども、それは覆らない現実だった。 あたしは覚悟できなかった。 何も見えない世界で生きていくことを。 すると痛みが、空襲のように次々とやって来て、気を失った。 でもその間、イミテーションのブラック・パールの義眼に突然見えるようになったものがある。 ホテルの或る一室の味気ない壁、しわくちゃになったベッドのシーツ、ユニットバスの赤いタイルの床、丸めたティッシュペーパーと使い終わったコンドーム、妻を殺して逃亡していた男が死んだという報道番組、その男は鬼だったと興奮気味に話すアナウンサー、そして全身鏡に映る裸の光の憔悴した顔。 茫然と鏡を見つめる彼女と目が合った。 でも光にはあたしが見えていなかった様子だった。 もしかしたら生きていると感じるのは気のせいで本当は死んでいるのかもしれない。 むしろそれを願った。 でも顔面を痛みが襲ったし、四本の足が動くのも確認できた。 そういえば地面に落ちたその感触はグニャッとしていた。 ゴミの生臭い匂いがする。 あたしを取り囲む袋の中のゴミがクッション代わりになって、あたしは奇跡的に生きているのかもしれないと予測した。 兎も角、袋の中から出たい。 このまま死にたくなかった。 爪を立てて袋に穴を開ける。 袋はビニールだとわかった。 あたしは弱り切っていたから、なかなか出られなかった。 さらにあたしを萎えさせたのは、ゴミ袋が二重になっていたのと、やはりほかのゴミと一緒に、さらに大きなゴミ袋に入れられているらしいこと。 まあ、そのおかげで助かったようだけれど。 二重になったビニール袋を突破して、ほかのゴミの群れをかき分け最後の袋に爪を立てる。 そこにはピンクチラシ、コンビニ弁当のフタ、剥いたりんごの皮、公共料金の請求書が入っていた封筒、ポテトチップの袋らしき物たちが詰め込まれていたと思われる。 そして、なんとかあたしは袋を出た。 だからと言って視界が開けたわけでもない。 だってあたしは盲目の野良猫になったんだから。 見えるのは闇だけで夜なのか昼なのかわからなくなった。 ここは眠らない街、新宿歌舞伎町だ。 元々昼も夜もないのかもしれない。 でも、あたしはこの街に三年暮らしていた。 視力がなくても街のざわつきや風の匂いで昼なのか、夜なのか、いやそれどころじゃない、朝なのか、夕方なのかも感じることができるはずだ。 あたしは痛みを堪えて、束の間だけ神経をヒゲに集中させる。 するとすぐにビビーンと来るものがあった。 そこは夕方だった。 夜が来るのを人々が期待している雰囲気、夜の店に出勤する女たちのアスファルトをカツカツと鳴らす足音、それに街行く人たちの声はまだ酔っ払っていない。 間違いないとあたしは思う。 落ちた場所は空き缶や古雑誌で散らかったマンションとビルの間だろう。 部屋に窓は三ヶ所にあったけれど、ゴミのようなあたしを捨てるには、ビルに面した窓が好都合だったに違いない。 そこには人が通れるような幅もない、ゴミ捨て場と化していたし。 そこから路地へ出て斜向かいの建物の脇を入って行けば、光に初めて会った場所に行ける気がした。 それくらい感覚が冴えていた。 そこまでどうしても行きたかった。 勘で歩き出す。 自分でもよたよたしてるのがわかった。 塀や電信柱にぶつかりながらも歩いた。 人にはぶつからなかった。 多分、汚らしくてみんな目を背けて避けていったんだと思う。 あたしはラーメン屋と居酒屋の裏口に面した生ゴミ臭くて、脂でにちゃにちゃと湿った狭い路地に辿り着く。 なんとかそこまでやってきたけれど、やっぱりあたしは死の淵を彷徨っているみたいだった。 右目の痛みに耐えるのでやっとで、丸くなってじっとしていた。 人間一人がようやく通れる幅の狭い路地。 あたしは待っていた。 助けてくれる人間か、穏やかな死を。 バスケ部の中学最後の大会を目前にした練習試合でのこと。 千波はチームのキャプテンでエースだった。 毎試合、先発出場し、チーム一の得点力を誇った。 だが、その日の練習試合で突然、パスがもらえなくなる。 声を出しても、どんなにフリーになっても仲間からパスがもらえなかった。 始まる前から仲間の接し方がおかしいとは感じていた。 チームメイトに話し掛けると歯切れの悪い答えしか返ってこなかったし、あからさまに無視する仲間もいた。 試合開始直前、「声出していくよー」とチームに発破を掛けコートに出るが弱々しく「おぅ」と数名が呟いただけだった。 試合が始まる。 千波はコートを駆ける。 だがチーム随一の点取り屋にパスが集まらない。 誰もパスをくれない。 千波は半信半疑でプレイを続けたが、速攻でコートの先頭を走っていてもパスが出なかったときにようやく、無視されていることを認識する。 スクリーン・プレイをして仲間を助けようとするが、それも無視された。 リバウンドに飛びつきながら、誰が指示したのかを考える。 思い当たる節はあった。 三十代のヘッド・コーチ碇 いか 谷 りや だ。 前日、体育教員室に呼ばれ、セクハラを受けた。 それを千波は突き飛ばし「やめて下さい!」と反抗したのだった。 碇谷はニタリと笑って、壁に立て掛けてあった竹刀を取り出し、剣先をいやらしく撫で回す。 千波はその竹刀で叩かれるのを覚悟したが、碇谷は「もういいよ。 帰れ」と微笑んだだけだった。 おそらく練習試合当日、副キャプテンを呼んで千波には絶対パスを出すなと伝え、チームに周知させたのだろう。 仲間たちは碇谷を恐れて、その命令を守っているのだ。 彼女らを憎んだりはしなかった。 むしろかわいそうだなと思った。 勘良くリバウンドを奪った千波はゴール下の密集地帯からドリブルで抜け出しながら、そんなことを考える。 一人で戦わねばならないことを悟る。 ならばパス・カットやリバウンドで自らボールを奪って得点するのみだ。 そう決意したら、なんだか燃えてきた。 集中力が研ぎ澄まされた。 スリー・ポイント・ラインまで戻って、もう一度ドライブ・インするフェイントを入れて、レッグ・スルーからシュートを放つ。 美しい弧を描いてそれはリングに収まった。 だがコートは元よりベンチや観客席の部員からも歓声は上がらない。 碇谷は腕組みをしてベンチに堂々と座っていた。 千波は気にせずプレイに徹する。 オフェンスでは常に動き回り、マークを振り切って何度もフリーになった。 それでもパスはもらえない。 めげずにディフェンスを頑張る。 声を張り上げて足を動かした。 鬼気迫る集中力でプレイするが、疲労は蓄積されていく。 だが交代してもらえる気配はない。 それも碇谷の嫌がらせだった。 千波は負けず嫌いだったから、弱音など吐かない。 むしろ反骨精神が湧き起った。 相手チームは明らかに格下だったが、エースの千波がオフェンスで機能しないから接戦だった。 ロー・コアで前半を終える。 後半も追いつき追いつかれを繰り返す。 千波は後半終了間際までに十得点しかできずにいた。 いつもならその倍は得点しているが頑張っている方だった。 一点ビハインドで残り時間五十秒を切る。 「ディフェンス!」と千波は叫ぶ。 ここで得点を許すわけにはいかなかった。 相手チームは時間をかけてパスをまわし、ディフェンスの隊形が崩れるのを見計らっている。 残り二十秒になろうとする時だった。 千波はパスを読んでスティール。 そのまま速攻に持ち込もうとするが相手チームが早く戻り、阻まれる。 残り時間が着々と過ぎていく。 逆転するにはワン・チャンスをものにするしかなかった。 千波は自分で決めるつもりだった。 果敢に相手チームのディフェンス内に切り込んで行く。 相手選手が三人、千波のドリブルを阻んだ。 視界の隅にノー・マークになった味方を二人も見つけた。 でもそこでパスは選択しなかった。 碇谷を自分の実力で悔しがらせたかったからだ。 無理やりレイアップ・シュートを敢行。 だが無謀すぎた。 あっさり三人の相手プレイヤーにブロックされ、試合終了のブザーが鳴り響く。 千波は唇を噛んで悔しがった。 立ち尽くす。 千波に声を掛ける者は誰もいなかった。 車窓の景色とゆっくりすれ違っていく。 対向車線の車たち、自転車に乗った中年女性の背中、閑静な住宅街、路地を抜けてから広がる大通り、葉を茂らせた街路樹、スーパーの赤い看板、中学校のグラウンドと建て替え中の校舎……。 コンビニの青いロゴが見えて右にウインカーを出す。 数台の車が通り過ぎるのを待つと、車の流れが途切れた。 コンビニの駐車場に入る。 車を停める。 ため息をつく。 それは覚悟のため息。 母親になる実感をようやく持ち始めていた。 反面、子どもを産むことに怖さがあった。 分娩の苦しみに耐えられるか不安だったし、良い母親になれる自信もなかった。 この世界は不条理だから、出産することを躊躇う思いもあった。 子どもを産んだら自分が泣いたり怯えたりすることもあるだろうけれど、全身全霊で守ってあげたい。 強い子に育てようと心に決めた。 即興朗読詩人は小生だ。 駅前の交差点で、ビルの壁面に設置されたオーロラビジョンにジミ・ヘンドリクスの演奏が映し出されている。 ウッドストックでの[Foxy Lady]である。 小生は地下鉄へと続く地下道の入口で木製のカウンター・チェアを置き、その上に立って詩とも小説とも言えない物語を叫んでいる。 立ち止まる者はいない。 それでも小生は構わず叫び続ける。 メッセージは特にない。 あったとしても道行く人には届かないだろう。 誰かはこの行為を小生のマスターベーションだというかもしれない。 それでも構わないと思っている。 自分を満たしたい。 生きていることを自分に知らしめたい。 朗読をすることでしか小生は自分を証明できない。 小生には妻もいなければ、子どももいなかった。 いや、正確に言えば、いた。 妻とは離婚してしまったのである。 不幸は立て続けに襲ってくるもので、それとほぼ同時期に突然会社をリストラされた。 それは四十歳になった時で、その歳ではなかなか就職先も見つからず、ある出来事もあって、たった二ヶ月で就職活動に嫌気が差してしまった。 それから約十年、実家に引き籠り、両親が老後生活のために貯えた金を食い潰している小生だ。 小生の実家に無神経にもマスコミが取材に来た。 かつて愛していた人間が同時に二人も死んで小生も両親も神経がすり減っていたのに、報道陣は構わず玄関のインターホンを鳴らしまくった。 誹謗中傷の手紙もたくさん来た。 あとどこで調べたのかわからないが嫌がらせの電話も小生たちを苦しめた。 実家の我々は参ってしまい、インターホンにも電話にも反応しなくなった。 手紙の封を切ることもすぐにやめた。 息を潜めてひっそり暮らした。 二週間ほどで報道陣が家の前にいることはなくなったが、電話は鳴ったし手紙もしばらくは途切れなかった。 そのせいで小生に至ってはノイローゼになる始末。 生きているのが辛かった。 だけれど痛いのが怖くて死ぬ勇気もなかった。 味覚がなくなり、出される食事は泥や砂を食べているようだった。 当然、食事が喉を通るはずはなく、三ヶ月で十五キロ痩せた。 睡眠もろくに摂れなかった。 脳が疲弊して神経がおかしくなり、オーバーヒートしてエンジン・ルームから煙を出した車みたいに過剰に興奮しっぱなしだった。 アワビの顔をした男が話し掛けてきたり、義眼を嵌めた半野良猫とじゃれ合ったりした。 これらは幻覚なんかじゃない。 本当のことだ。 実際に体験したことである。 そう思った時に後ろで何かがブルブルと鳴った。 振り向くとドアの前にストレート・タイプのガラケーが置いてあり着信中だった。 小生は電話に出る。 鬼が気になって窓側を向いたが、もうそこに鬼の姿はなかった。 電話口で『清子、お前、今どこにいるんだ?』と男が言う。 『清子などと言う女は知らない』と伝えると男は激怒した。 小生が清子という女の不倫相手だと思ったらしい。 『これから貴様を殺しに行く』と言って電話が切れた。 と同時にドアをガンガン蹴る激しい音。 男が小生を殺してくれるようだと嬉々としたが、痛いのは嫌だと思う小生もいた。 だが、すぐにドアを蹴る音は止み、真っ暗闇のような静けさが訪れる。 気になってドアの覗き窓からドアの向こうを見ようと覗き込む。 なんとそこには小生が立っていた。 すると何か言った。 声は聞こえなかったが、唇の動きでなんと言ったのかわかった。 小生は朗読するのを続けた。 オーロラビジョンでは [Hey Joe]が流れていたが、ジミヘンがバンド・メンバーに不敵に笑ったところで映像は静止。 だが信号待ちする人々は相変わらず小生に対する態度同様、それに何も関心を示さず、信号が青に変わるのを待っている。 再びジミヘンが歌いだした時に、一人の男が小生に近づいてきた。 片手には昼間っから缶ビール。 酔っ払いのように見えたので絡まれたら面倒だなと思ったが、小生は朗読を続ける。 男が小生に近づく。 その時だった。 脇腹に鋭い痛みが走った。 何が起こったのかわからず、酔っ払いの男を見ると血の滴ったサバイバルナイフを持っていた。 その血は小生のものだった。 あ、と思う間もなく再び刺される。 酔っ払った男はサバイバルナイフを刺したまま、それをぐりぐり回転させた。 それが致命傷で、小生は痛みのあまり倒れるように蹲る。 何の躊躇いもなく、今度は背中を刺された。 ようやく街行く人たちも異変に気が付き、小生が血を流しているのを見ると女が悲鳴を上げた。 酔っ払い男はその女に襲い掛かる。 それを止めようとスーツ姿のサラリーマンや大学生風の若者二人が酔っ払った男を止めに入った。 その際、誰かがサバイバルナイフで切られたようだったが、小生にとってはそれどころではなかった。 死にそうになった経験はそれが初めてだったが、間違いなく自分が死ぬことを悟った。 死は突然やって来る。 なのに小生はなんて無駄に日々を過ごしてしまったのだろうかと後悔する。 事件のせいにするのは簡単だが、殻を打ち破ってもっと前向きに生きれば良かった。 お父さん、お母さんごめんなさい。 小生は血の海になったアスファルトに俯せになりながら謝った。 でもそれは年老いた両親には届かなかった。 北風はその言葉を聞いて安心したのか、ため息をひとつ吐いて看護師を呼びに出て行く。 その間に枕元に置いた目覚まし時計で時刻を確認すると午前九時すぎだった。 程なくして北風が看護師を連れて戻って来た。 スリッパを履き、ベッドから立ち上がろうとする千波に北風は肩を貸す。 起き上がると強烈な嘔吐感に襲われた。 「これに吐く?」と看護師は風呂桶を一回り小さくしたような銀色の容器を差し出したが、千波はそれを断った。 北風に吐く姿を見られて心配をかけたくなかったからだ。 病室を出て、よちよちと、一歩一歩進む。 廊下の手すりに伝いに歩く。 トイレまで数十歩もないのに果てしなく遠くに感じた。 吐き気は治まらない。 今にも吐きそうだ。 北風の「大丈夫か?」の言葉に首を縦に振って答えることしかできない。 トイレの入口まで来ると北風と交代して看護師が肩を貸してくれた。 トイレに入ると堪え切れない嘔吐感が襲ってきて、千波は洋式便器に齧り付くようにうずくまって胃液を吐いた。 昨日の夜から何も食べていないせいでほかには何も出なかった。 看護師が背中を擦ってくれる。 酸っぱい胃液が喉を刺激した。 確かにそれは繋がる。 その二年後だった。 アパート下の公園のベンチで手作り弁当を北風と千波は食べていた。 傍らにベビーカーに乗った乳児。 女の子だった。 名前は光。 北風と千波は幸福だった。 千波は特にその思いが強く、彼女は鼻唄を歌う。 うまいとはお世辞でも言えない。 「最近、ヤセ子見ないね」と話し掛ける北風を無視して千波は歌い続けた。 ヤセ子とはその名前の通り痩せている、白に黒斑の野良猫のことだ。 野良猫のくせに人間によく甘える。 しょっちゅう人が座った公園のベンチの端に鎮座している姿を見かけたし、学校帰りの小学生たちに身体を触らせてやったりしていた。 だが最近見かけないので北風は心配していたのだった。 北風も歌う千波に構わず話し続ける。 だがそれは長く続かなかった。 終わりは突然。 まず千波が頭を撃ち抜かれて死んだ。 北風は何が起こったのかわからない。 振り向くと全身黒服で屈強そうな男が銃を北風に向けていた。 男の顔はのっぺらぼうだった。 状況を理解する前に北風も頭を撃ち抜かれる。 弾丸が脳天を通過する短い時間に北風は思った。 千波が話していた日航機墜落事故の話は本当なのかもしれないと。 それは国家機密だから、知ってしまった自分たちはこんな目に遭うのだと。 それか、もしかしたら福山雅治の事務所が手配した殺し屋に殺された? 智子から千波が秘密を聞いたことを何かしらの方法で知って雇ったのかもと思った。 いずれにしろ、殺されたことに違いはない。 自分の人生の結末がこんなものになろうとは予想もしていなかった。 そんな北風が最期に見たのは青い空と飛行機。 ベビーカーで光がぐずって泣いた。 子どもが遊ぶ玩具の家があった。 その家には外壁がないが、それ以外は精巧にできている。 キッチンのガスコンロや冷蔵庫、寝室のベッドやウォークインクローゼットまでも忠実に作ってあった。 視点は浴室にズーム・インする。 浴槽内のお湯はとろみがあり、黄色く濁っている。 その中でアメルは眠っていた。 夢も見ないほど深く。 だが突然、巨大なトングに身体を挟まれて浴槽から出された。 トングの持ち主には身体がなかった。 トングを持つ右手手首だけが宙に浮いて、アメルを浴槽の横にぼとんと落とした。 それからいつの間にかトングはハサミへと持ち替えられていて、それがアメルのへその緒をじょぎりと切った。 その後、ハサミと右手首は共に存在が透けていき、フェード・アウトして消えていった。 アメルは少しずつ呼吸をゆっくりしていく。 彼女の肺はその環境に慣れようとしていた。 音はない。 だからアメルの息遣いの荒さが際立っている。 浴室の床に寝転んでいたアメルは立ち上がろうとする。 だが浴槽の中でずっと丸くなっていたせいで関節という関節が硬い。 痛みがある。 それでもアメルは立ち上がった。 少し眩暈がして浴槽の縁を掴んで身体を支えた。 鏡を見る。 そこにはお湯にふやけた白い皮膚の彼女がいた。 シャワーでどろどろの液体を流そうとするが、水しか出ない。 構わずシャワーを浴びた。 するとふやけた皮膚も剥がれ落ち、まるで腐り果てた生ける屍のようなアメルが鏡にいた。 骨が見えている部分もある。 痛みはない。 神経まで流れ落ちてしまったようだ。 変わり果てた自分の姿に落胆したが、不思議と諦めのような開き直りもあった。 自分の命はもう僅かだと悟った。 もしかするとすでに死んでいるのかもしれないとも思った。 視点は俯瞰する。 アメルの遺体からズーム・アウトしていく。 上空十メートルから百メートルへ、そしてもっと先へ。 時計が敷き詰められた地面から離れていく。 玩具の家はあっという間に豆粒になり見えなくなった。 そして雲を突きぬけて、大気圏を通過。 宇宙から見た地球は、中学校の教室にあるような丸くて薄っぺらの掛け時計だった。 漆黒の闇に包まれた宇宙空間に時計がぶら下がっている。 時計を吊るす紐の先はいくら見上げても見えない。 時計はゆっくりと右回転していた。 時刻は十二時を指している。 午前か午後かわからない。 秒針は動いている。 時計のガラス面に陽光が反射して眩しい。 そのきらきらは目に刺さるようだ。 やがて時計は半回転し、秒針や長針が動く面は闇に隠れる。 半回転した時計の裏側は月だった。 回転しながら月は満ちていく。 しばらくしないうちに月は真っ白な満月になる。 それは透明感がある肌の、艶っぽい乳房にも見えた。 北風と千波の住むアパートの下の公園。 見上げると真昼の月が見える。 ベビーカーで光がぐずって泣いている。 わたくしは何もできない。 ただここに在るだけ。 北風はベンチで千波に膝枕をしてもらう格好で横になり、千波は頭を垂れて動かなかった。 寄り添っていたから、仲良く居眠りをしているようにも見えただろう。 だが相変わらず公園には誰もいなくて、忙しなく鳩が群れている。 公園の前を、マフラーを改造した原付バイクが甲高いエンジン音を残して走り去っていく。 鳩がその音に驚いてバサバサと飛び立つ。 砂埃が舞い上がる。 風が吹いて砂埃が千波の長い睫に降り積もる。 鳩は上空十メートルから糞を落として、それが北風の髪の毛を汚した。 原付バイクの騒音がまだ遠くに聞こえる。 北風と千波の額からどろりと血が流れ出る。 千波の白いワンピースは真っ赤な花に染まった。 地面には頭を撃ち抜かれた際に飛散した赤黒い血。 返り血を全身に浴びた蟻たちが混乱して巣穴を出たり入ったりしている。 鳩が再び公園に降りてくるが一人の少年がサッカー・ボールを蹴りながら公園にやってきたので、また飛び去ってしまった。 ユニフォーム姿の少年は練習帰りなのか、砂まみれだった。 少年の視界はベンチの北風と千波の姿を捉えるが、それほど注意深く見たわけではない。 仲良く寄り添って眠っているように見えたからだ。 ただ、その横でぐずっている赤ん坊の存在は気になった。 昼間の月の美しさに驚嘆して、思わず声になった。 少年はしばらくそれに見入っていたが、リフティング百回に挑戦中だということを思い出して、立ち上がる。 リフティングを始める。 一、二、三、四、五……。 順調な滑り出し。 その後も安定してリフティングは続き、五十回を超えた頃、失敗する気がしなくなる。 七十回を迎えた時もそんな気分だった。 そしてついにその壁を破る。 だが百回に近づくにつれプレッシャーが生じる。 九十回目のリフティングでボール・コントロールが乱れた。 なんとか立て直そうとするが九十七回目でボールを落としてしまった。 ベンチに向かって転がっていくサッカー・ボール。 少年は残念な気持ちと悔しい思いを抱えつつ、ボールの行き先を見つめた。 ボールは北風の足元で跳ね返って弱々しく止まる。 北風に反応はない。 少年は言葉にしようがない奇妙な違和感を持って北風に近づく。 ボールを拾うと血が付いていた。 はっとして目の前の男と女を凝視する。 少年はボールを落として、そのまま家に向かって走り出す。 早く両親に知らせねばと思い、走り去った。 沈黙する公園の景色。 原付バイクの耳障りな音は聞こえない。 あまりの静けさに光も泣き止む。 鳩が鳴く声が聞こえなかった。 上空の飛行機の轟音も届かない。 そこへ足音も立てず白に黒斑のパンダ猫がやって来て、ベンチで俯く千波の隣に座った。 それはヤセ子だった。 大きな欠伸をする、目を瞑る。 そして、しばらく眠った。 だがそれも束の間だった。 再び光が泣いた。 ヤセ子は迷惑そうに光の方を見つめる。 さきほどのサッカー少年が両親と、ベンチの前に立っていた。 彼らの目の前には頭を撃ち抜かれた北風と千波。 サッカー少年の父親が携帯電話で警察に電話している。 その足にしがみ付くサッカー少年。 サッカー少年の母は泣く光をあやして抱き上げた。 地面に映る光の影。 女性アナウンサーの顔は悲しみを表し、その美貌が台無しになっている。 夜はそのニュースを全裸で立ちながら見た。 右腕を伸ばしてテレビにリモコンを向けたままの体勢で眺めた。 できるだけ感情移入しないように。 三十秒ほど固まって見ていたが、点いたり消えたりする部屋の照明がうざったくてスイッチを切った。 テレビの前に戻ると再び突っ立ってそれを見る。 二、三分して秀憲が戻って来た。 「二次会の途中だって言っといた」と何かを隠した表情で言う。 だがそれに夜は気付かない。 テレビに夢中になっている。 テレビの光線が夜の裸体を七色に照らす。 左乳房の下に幼い頃に行なった手術痕があるが、長い黒髪の陰になってそれはわからない。 女性にしては背が高くて、肩幅の広いボディは、壁にその影を伸ばして揺れている。 夜の陰部には深い樹木が覆い茂っている。 夜の胸の膨らみとお尻の曲線がきれいだから、秀憲は思わずそれに見惚れた。 黙って見ていると、夜が悲しそうにぽつりと言ったのだった。 夜の父親は路線バスの運転手だった。 夜が高校二年生だった冬に父親は客が一人も乗っていないバスを停留所に乗り捨ててそれっきりいなくなった。 夜は父親が突然いなくなったことで精神的な支えを失くし、喪失感から心のバランスが崩れ、さらに父親がいなくなったのは自分のせいでないかと自責の念に駆られた。 体調や気持ちが不安定になり、学校も休みがちになった。 病院には行かなかったので当時は鬱病だとは気付かなかった。 鬱病が今よりも認知されていない頃だったから病院に行くなどということは残された家族も思いつかなかった。 母親も弟も生きることに必死で、夜は学校に行かなくてはという使命感でなんとか単位を落とさないように通学した。 だが、就職や進学する心の余裕はなかった。 高校卒業とともに家に閉じ籠り、自問自答する日が続く。 まったく家から出なかった。 一年で一度たりとも。 母親や弟ともろくに会話しなかった。 食欲も湧かなかったし、よく眠れなかった。 身長一六五センチの夜の体重は見る見るうちに減少し、四十キロ代前半まで落ちた。 母親もいよいよおかしいと思い、総合病院の精神科を受診させた。 夜は激しく抵抗したが弱々しい彼女にそんな体力はなく、弟にあっさり羽交い絞めにされて、車に押し込まれた。 受診すると鬱病だと診断される。 抗鬱薬を服薬するよう指示され、一週間に一度通院するように言われた。 だけれど、夜は事務的に診察する主治医を信用できず、抗鬱薬を飲まなかった。 薬漬けにされることにも抵抗があった。 もちろん母親や弟にバレないように、細工した。 「その連載がきっかけで頻繁にライブに招待されたり、インタビューもさせてもらったりした。 当時一番密に会うアーティストだったから俺にとってサイハンは特別な存在になった。 純粋に成功してほしいなという思いがあった。 恋愛感情もなかったわけじゃない。 だけどもう俺は結婚してたしね、ささやかな想いでしかなかった。 だけど彼女にとっても俺はただの〈仕事で会う人〉じゃなかったみたい。 ある夜のライブの打ち上げに行った時、原稿書きがあったから途中で退席したんだけど、店を出たら追いかけてきた彼女から声を掛けられて、メールアドレスを書いたメモを渡されたんだ。 『今度、連載のことで相談したいことがあるから飲みに行きませんか』って言われて。 俺は嬉しくて飛び上がりそうなのを必死に堪えて平然とした顔で『うん、もちろん』と答えた」 「俺はあろうことか、サイハンを疑ったよ。 俺との関係に嫌気がさして自作自演したのではないかとね。 何度もメールしそうになった。 今でも愛してる、やり直したいとメールを書いて送る寸前でやっぱり送らずに何度も消去することを繰り返した。 携帯電話の電話帳を開いて、サイハンの番号を押しそうになったことも幾度となくある。 離れてしまったことでサイハンが余計恋しかった。 辛くて仕方がなかった。 一目会って抱き締めたかった。 ただそれだけで良かった。 三十を越えてそんな恋をするとは思っていなかったな。 奥さんのことは好きだったよ。 サイハンとどちらを愛していたかと問われたら困ってしまうけれど。 多分きっと、サイハンを選んだんだろうな」 「そんな理由でサイハンの取材はこれから断ろうかと思っていた矢先だった。 俺の親父が死んだ。 お母さんが一人で暮らすことになるのは寂しすぎるから、俺は東京からこっちに戻ってくることを決断した。 サイハンにそのことを伝えたかったが、連絡する術がない。 もう会えなくなるのは嫌だった。 いけないことだとは承知で彼女のマンションまで行った。 部屋の明かりは点いていなかったから、まだ帰っていないんだろうと思って、目立たないところに隠れてサイハンを待った。 一時間くらい待っただろうか。 サイハンが現れた。 声を掛けようと思ったけれどマネージャーと一緒だった。 そして確かに見たんだ。 彼女とマネージャーが手を繋いでマンションのエントランスに入っていくのを。 そういうことかと思ったけれど、認めたくない自分の方が強かった。 あんな光景を見たのにも関わらずサイハンを信じてた。 バカだよね」 すでに午後十一時を過ぎている。 ベッドの中の夜は家に帰る終電をすでに失っていた。 二人が抱き合うラブホテルは駅前から徒歩五分の場所にある。 寂れた地方都市の駅前は土曜日だというのに閑散としている。 駅前のロータリーで三台のタクシーが、来ない客を待っている。 道路を走る車も少ない。 酔っ払った青年が中央分離帯の植え込みにダイブして仲間の爆笑を誘っている。 こんな田舎町で健気に二十四時間営業するハンバーガー・ショップでは大学生たちがくだらない会話に終始しながら時間を浪費している。 酔い覚ましにコーヒーを飲んでいる中年サラリーマンはその無駄な馬鹿騒ぎを大学生であることの特典だと羨ましそうに見つめていた。 彼の終電はもうすぐだ。 店を出ていく。 テナントビルの飲食店はそのハンバーガー・ショップ以外閉店しており、唯一明かりの点いたその店の赤い看板が夜中の街に滲んでいる。 風は生暖かい。 日中の暑さがまだ残っている。 その日の昼は摂氏三十五度をゆうに超える猛暑日だった。 駅前のデパートの外壁に取り付けられた電光掲示板が下から上に文字を流していく。 それはその日、あまりの暑さに熱中症で病院に搬送された人が県内で一八五人に達したというニュースだった。 だが、それを見ている者は誰もいない。 終電を逃すまいと信号を無視して走る女性や、高速バス乗り場で大阪まで夜行運転するバスを、スマートフォンをいじりながら待つ男、「あばらが痛え」と笑う植木にダイブした酔っ払いが自分の世界を生きている。 そんな駅前から歩いてすぐの一室に秀憲と夜はいた。 一九九五年十二月十四日、日付が変わったばかりの午前〇時に、自室にてウイスキーの水割りで貯えていた抗鬱薬と睡眠薬を一時間かけて少しずつ飲み下した。 寂しさを紛らわすために流していたラジオはクリスマス・ソング特集を組んでいて、ジョン・レノンの『Happy Xmas War Is Over 』や山下達郎の『クリスマス・イブ』が流れていたのを覚えている。 ポール・マッカートニー&ウイングスの『Wonderful Christmas Time』を聴きながらクリスマスを人生で一度も恋人と過ごせなかったことを寂しく思った。 処女のままで死ぬことを悔いる気持ちがある一方で、純潔を守った自分を誇らしく思う自分もいた。 高校時代に好きだった男子は今頃どうしてるかなと薄れつつある意識の中で思い出した。 「とにかく私は生き延びた。 病院を再び変えた。 また勝手に通院を止めたりしないように毎回、お母さんか弟がついて来て、うざかった。 でも今思うとなんて愛情かしらって思うよ。 本当に私を愛してくれていたんだな。 なのに、私の気持ちは不安定でその後も何度か死のうとした。 特急が通過する駅でホームから飛び込もうという考えが頭に浮かんだり、原付バイクで無茶苦茶なスピードを出したり、首の頸動脈に包丁の刃を当てたりね。 でも決まってそれを決行しようとする直前や最中に「生きたい」って気持ちが湧いてくるの。 だから死ねなかった。 それらは家族にバレなかった。 今でも知らないと思う。 二十六、二十九、三十の時だね。 かといって生きる覚悟もできなかった。 神様に飼い殺しにされているような気分だった。 誰かに私を殺して欲しかった。 実際、夜中に夢で『殺して!』と叫んで目を覚ましたこともあったんだ」 三十一歳の時、通っていた精神病院のデイケアでその男と夜は出会う。 彼も鬱病だった。 デイケアのお菓子作りや折り紙教室、ヨガ、ガーデニングなどを通じて男と親しくなるようになった。 夜にとって印象的だったのはコミュニケーション能力を高めることを目的としたSSTという訓練で、身振り手振りを加えて、髪の毛を掻き毟りながら一生懸命自分の気持ちや考えを伝えようとしていた彼の姿だ。 そんな不器用なところに惹かれた。 三十二歳で彼と付き合うようになり身体を重ねた。 世の中と隔離した生活を送って来た夜にとって、初めての男だった。 彼と一緒にいるとずっと幸せが続くものだと思えた。 生きる喜びを得た。 心が安らいだ。 だがその反動で不安感にも襲われた。 彼を失うのがどうしようもなく怖かった。 またしても夜は不安定になる。 自分なんかが愛されちゃいけないという気持ちも生まれて、それが愛されたいという気持ちと混在した。 毎日がそんな心境のせめぎ合いだった。 いつバランスを崩してもおかしくない日々が続く。 男に会うことで安心感を得たが、離れるとそれは押し戻された。 それの繰り返しで、日ごとに精神は疲弊していく。 三十五歳の時、東日本大震災があった。 それがきっかけでついに心のバランスが崩れ、夜は遺書を残して携帯電話も持たず真夜中に家を出る。 飛び降り自殺するつもりだった。 実はいつかそんな日が来るんじゃないかと、飛び降りられそうなマンションをいつも探していた。 目星を付けていたマンションがあった。 線路沿いの十五階建てのマンションだ。 そこから飛び降りることに決めた。 エレベーターがあったが自分の足で階段を登った。 「きみなんて死ねば良かったのにね」というあの日の幻聴がまた聞こえた。 だが結局、飛び降りることはできなかった。 飛び降りようとした直前、マンションの屋上の淵から見下ろした真っ暗な闇に、街灯に照らされた彼女自身の死体を見たのである。 赤い薔薇の花びらが隙間なく敷き詰められていた。 頭が崩れた豆腐のようにぐしゃりと潰れているのが見えた。 液状化した黄土色の脳味噌と思われる物体が飛び散っている。 手足が有り得ない方向に曲がっていた。 十五階からそれらは見えるわけはないのだが、その顔はどう見ても後悔している死に顔だった。 家に帰りたかったがもう遺書を発見されているかもと考えると、どんな顔で戻ったらいいのかわからなかった。 寝静まった家を出て来たから気付いてない可能性もあったが、勘が良い母親たちだ、すでに遺書を見つけて大事になっているかもしれない。 気持ちの整理もつかなかった。 彼氏に助けを求めたかったが携帯電話に入ってる男の電話番号を覚えているわけもなく、寒い真夜中の街を徘徊した。 コンビニで飲めもしない缶ビールを買って、一気に飲み干した。 もう後戻りはできないと心を決め、午前四時に再び先ほどのマンションまで歩き出す。 その途中だった。 「こんばんは」と自転車に乗った警察官に職務質問された。 恰幅の良いその警察官は柔和な表情で夜に話し掛けた。 すると夜は突然泣き出してしまう。 (助かった、死ななくてもいい)という気持ちが心の底から湧き上がったのである。 号泣する夜に警察官は戸惑いもせず、泣いた子どもに接するように、優しく夜に「どうしたの、お姉さん」と言って事情を訊いた。 「しばらくしてベテランのお巡りさんと私よりもずっと年下そうな若手のお巡りさんを乗せたパトカーがやってきて、私をパトカーに乗せた。 若手のお巡りさんが自転車に乗って交番に戻っていった。 運転はベテランのお巡りさんがして、恰幅の良いお巡りさんが私と一緒に後部座席に座ったわ。 パトカーに乗りながら、家族と恋人のことを思った。 ごめんなさいって気持ちだった。 パトカーに乗ることなんて人生であるかどうかのことくらいだと思うんだけど、そんなわけで景色とか乗り心地とか何も覚えてない。 もう明け方だったかなってことをかすかに覚えてる。 家に着くと案の上電気が付いていて、家族が遺書を読んだことを思うとまたさらに申し訳ない気分になったよ。 お巡りさんが玄関をピンポンしにいってる間、私はパトカーで待ってたんだけど、最低なことに逃げ出したい気持ちに駆られたんだ。 でも運転席のベテランお巡りさんが「ご家族はきっと温かく迎えてくれるから大丈夫」と言った。 多分、私の気持ちをわかっていたんだと思う。 そんなわけで私はお母さんと弟と再会するわけだけど、二人とも優しかったな。 お母さんは『帰って来てくれてありがとう』と言って、弟は『危なっかしい姉さんだ』と笑った。 自然と涙が落ちてひと筋、頬を伝った」 秀憲はなんて言っていいかわからなかった。 どうしてあげるのがいいのかもわからなかった。 そんな情けない秀憲に夜は涙声で「抱き締めろ」と憤った。 ふわりと秀憲はやさしく夜を抱き締める。 夜は反対に力の限り、秀憲に抱き付いた。 秀憲は抱き締められて少し痛かったけれど我慢した。 夜はどうやら泣くのを堪えているようだったから。 そんな夜に秀憲は「辛い経験だったね」と言うのが精一杯だ。 夜はしばらく涙をこぼさないように黙っていた。 数分してようやく夜は話す。 「辛い経験と言えばそうだけど、一週間くらいで私、立ち直ったんだ。 彼の分も生きなきゃって思って。 なんで自殺の兆候に気が付かなかったんだろうって自責の念に駆られる自分もいたよ。 でもそれを押し殺して毎日を過ごした。 今はようやく自分を責めずに生きられるようになってきた」。 「そうだねえ。 でも当時は俺のせいで後輩を苦しめてるって思っていたよ。 自分で言うのもなんだけど、真面目だったからね。 実力でやつらを見返してやろうと思った。 でも全然大したことなかった。 三年になってから自己ベストすら更新できなくなってたし。 だもんだから、いじめはエスカレートしていってさ。 勝手にロッカーから弁当を持ち出されて、目の前でプールサイドに中身をひっくり返されたこともある。 あと試合の当日に水着を隠されたり、タバコの火を腕に押し付けられたりね。 『殺すぞ』って言われることもあったし、制服姿のままプールに突き落とされたりもした。 自主練の時、数人がかりで頭を水中で押し付けられて溺れそうになったこともあったな」 で、話は最初に戻るんだけど、いつか俺をいじめたやつを見返したいとずっと思ってるんだ。 そんな思いで書いたって面白い小説書けないってことはわかってる。 あと、ちやほやされたいとか、賞金欲しいとか思っちゃってる時点でダメだよね。 小説もそうだけど、芸術というものはそれでしか生きていけないとか、そうしなくてはいられない人が触れて良いものだと思うんだ。 今の俺はライターで食っていけるし、プチ有名人になりたいって欲求があるから、まだまだだな。 でも書かずにはいられない自分もいることは確か。 本業が忙しいのに一日四百字くらいは書く時間を作ってるからね。 その気持ちが抑えきれない衝動に変わったり、純粋であると判断できたりしたら、ライター辞めて小説家目指す。 今は忙しくてろくに新聞も本も読めてないけど、奥さんを説得してそんなことにも時間を費やせる生活をする。 いつかデビューして細々とでいいから小説で食えていけたらなー。 それが俺の最終的な夢」 こぼれる街灯の光が水面の一部をきらきらと照らす。 そんな中、秀憲の脳裏に夜が延々と平泳ぎしている光景が広がっていた。 ほかの部員が帰って行く帰宅時間に、夜はよく一人で遠泳していた。 ある暑い日、部室で制服に着替え終わった秀憲はプールサイドで立ち尽くして、ポケットに手を突っ込み、泳ぐ夜を見ていた。 なぜかその姿は秀憲を惹き付けた。 淡々と泳ぐ姿が魅力的だった。 泳ぐことを強要されているような感じはしなかった。 泳ぐのが好きなんだろうなと感じさせる泳ぎだった。 秀憲は真面目に部活に出ていたし、泳ぐこと自体は嫌いではなかったが、練習は嫌々とさせられていた。 だから魚のように嬉々として泳ぐ夜を羨ましく思った。 いつまでも見つめていたかったが、「行こうぜ」と部室から出て来た部員に言われ、プールに背を向けた。 秀憲の夜に対する思い出といえばその姿に尽きる。 トラウマが蘇らないのはそんな記憶のおかげかもしれない。 あははと笑った夜だが、それは今だから笑えるエピソードだった。 夜が一人で泳いでいるプールに雷が落ちたのだ。 もちろん夜は感電して意識を失った。 顧問の桜井が雷が危ないからと注意しに来た直後だった。 ちょうど帰り支度をしようと部室で秀憲たちが着替えている時、轟音が鳴り、びっくりして外に出ると、脱力してぷかりと水面に俯せになって浮かんでいる夜がいた。 その後のことはあまりよく覚えていない。 断片的な記憶があるだけ。 「今井、職員室行って救急車呼んでもらえ!」と桜井から言われ、慌てて走った。 着替えている途中だったので、Yシャツにトランクス姿だった。 でも恥ずかしいとは思わないほど必死だった。 職員室へ飛び込むなり、居合わせた教師たちに「先生、救急車!」と叫んだ。 「何があったんだ」と一一九に電話した教師に問い詰められたが、混乱してうまく話せない。 「雷にプールが……」などと頓珍漢なことしか言えなかった。 夜は死んでしまったと思った。 だが、プールへ戻ると信じられないことに、何事もなかったかのように夜がプールサイドを歩いていた。 桜井の「寝ていろ」と言う言葉も聞かず、自力で歩いて部室に入っていった。 救急車が到着した頃、部室から出て来た彼女は制服に着替えて、帰り支度を済ませていた。 ストレッチャーを運んできた救急隊員の中年男性二人も驚いていた。 「せっかくだから救急車に乗っておこうかしら」と言ってストレッチャーに寝そべった夜を鮮明に覚えている。 「奥さんとの関係のことだけど、娘が大きくなるにつれて、愛情が娘に注がれていくようになった。 俺がどんな服を着てるとか、どんな音楽を今聴いているのか、そんな些細なことが大事なのに、彼女は興味を持たなくなったんだ。 まあ俺も人のことは言えないけれどね。 実はさ、去年、二人目の子どもを流産してるんだ。 それからなんとなく身体を重ねなくなった。 そんなことじゃいけないとアプローチしようとするんだけど、どうしたらいいのかわからない。 キスはおろか、手を繋ぐことすら照れ臭くてしなくなったな。 結婚当初に『お互いを好きじゃなくなる日が来るのかやー』だなんて言っていたけれど、知らない間に好きじゃなくなってた。 夕日がいつの間にか暮れるのと同じようにそうなっていたんだ」 それは高校の時、いじめられて頭を水中に押し付けられたあれと同じだった。 記憶がフラッシュバックする。 風景が放課後の水中に変わる。 「やめろ!」と叫ぶ声はもがいた際の泡と一緒になって水中を上がっていく。 相手は何人だかわからないが、一人じゃないということだけはわかる。 腕をバタつかせて抵抗する。 一人に腕を絞り上げられる。 息ができない。 水を飲みこむ。 苦しい、苦しい。 このままでは死んでしまうと思った直後、抑える腕の力が緩む。 必死で顔を上げる。 息を吸う。 しかし、一呼吸した直後にまた水中に頭を押し込まれた。 誰がそんなことをしているのか確かめる余裕はない。 今すぐに解放してほしいと思いながらもがいた。 死ぬのは嫌だった。 陽光が水中で乱反射している。 その光が目に刺さる。 今までの短い人生の記憶の断片が蘇り、「これが走馬灯のようにってことか」と、死を覚悟した。 幼児だった頃に仏壇が怖くて母親に泣き付いたこと、撮られるのが嫌だと言ってカメラを構える父親から必死になって逃げ回った小学校低学年頃のこと、小学五年生の時に初めて人を好きになったこと、中学から初めて水泳を始めた時のこと、中学三年生の時好きだった女子に告白したら断られたこと、高校でも水泳部に入って初日から先輩にシメられたこと、試合の度に自己ベストを更新した高校二年の頃のこと、部内ミーティングで顧問の先生から部長をやるようにと指名された瞬間の高揚感のこと、部長になってしばらくして部員たちから村八分にされたこと、日を追うごとにいじめが酷くなっていったこと、誰も助けてくれなかったこと、泳ぎ続けることを諦めたこと……。 何がどうなったのかはわからないが、どうやら自分はまだ生きているようだ。 安心した。 身体を起こそうとすると、なかなかうまく力が入らない。 ようやく上半身を起こすことができたものの、視界がグラグラする。 「G、水飲め」と勧められるがままにそれを口にする。 少しの吐き気と激烈な尿意に襲われて、立ち上がる。 「ちょっとトイレ」と言うがふらついていて危なっかしい。 自分でも大丈夫かと思う。 元クラスメイトが肩を貸してくれた。 それが誰なのかもわからず、「ありがとな、今度奢るからさあ、許して」などと呟いて歩いた。 かなり酒臭い。 「G、一人で小便できるのかよ」と肩を貸してくれた友人が言う。 「大丈夫、大丈夫」と言ってその彼を追い払い、一人トイレに入る。 ズボンのチャックを下ろす。 だが、夜の独特のアニメ声が耳に貼り付いていたし、裸で抱きしめた時の肌の感触が残っている。 ふと鼓膜に違和感が走って頭を傾けて叩くと水がだらりと流れ出た。 確かに夜と抱き合って、その後、母校のプールに忍びこんだのだ。 夜に突き飛ばされて落ちたプールの心地良い冷たさが甦る。 断片的に記憶が再生される。 頭を抑えられた思い出がフラッシュバックした。 それでパニックになって溺れた。 溺れている秀憲を夜が後ろから抱き締めた。 「落ち着いて!」と何度も言われた。 「足つくでしょ」とも言われたが意味がわからなかった。 十回目くらいの「落ち着いて!」でようやく足がプールの底に着くことに気がついた。 「大丈夫? 水たくさん飲んだ?」と夜が秀憲の顔に掌を当てながら言ったのを覚えている。 その時の感触が生々しい。 咳き込みながらプールをゾンビみたいに歩いて、まるでアザラシのようにしてプールサイドに這い上がった。 「ごめん、私がいきなり突き落としたのがいけなかった」と涙目で言った。 街灯の光がその瞳を照らしている。 「大丈夫。 パニくった自分が恥ずかしい」と秀憲は本当に自分が情けなくて、それを隠すように夜に抱き付いた。 そう言った秀憲に男子たちから非難の声が上がったが、秀憲は気にしなかった。 一刻も早く確かめたいことがあったからだ。 皆、席を立ち始め、ぞろぞろと店を出て行く。 秀憲は立ち上がった時こそ、貧血気味にクラッと来たが、意外と歩けた。 ふらふらするけれど、先ほどのように肩を貸してもらうほどではない。 夜がいないという現実と濡れたトランクスのビニール越しの冷たい感触が、強烈な酔い覚ましになったことは間違いなかった。 アーケードと路地が交錯する角の店を出ると、雨がざーざー降り、アーケードの屋根を打ち付けていた。 結構な雨足だ。 傘なしでは濡れるだろう。 ゴキが会計を済ませて店を出て来る。 「あれ、雨、結構降ってんじゃん。 天気予報の降水確率は三十%だったのにな」と呟いた。 「まあ、いいや。 二次会の店、ここから二十秒で行けるから走ろうぜ。 G、国立を任せた。 じゃあな」。 後ろめたい気持ちは秀憲にない。 それは確かに彼の自転車だったから。 だが嫌な予感がする。 飲酒運転してるせい? それともほかに何か要因があるのだろうか。 「あなたの名前と住所を教えてください」と訊いてから、警察官は自転車に貼ってある防犯登録のシールを確認して、駐在している交番の警察官に無線で確認を取る。 その間、秀憲は空を仰いで小降りの雨を顔面に浴びた。 まだ夢は覚めないなと思う。 いつまで続くんだ、この夢は。 無線でやり取りをしている警察官は自分と同じくらいの年だろうと見当する。 柔道をやっているのか、耳が変形している。 身体も秀憲より大きかった。

次の