ケンタッキー 軽減 税率。 消費税の「軽減税率」のルールをわかりやすく解説!10%に増税後も8%の「軽減税率」が適用される範囲、ケンタッキーなど大手外食チェーンの対応方針も紹介|株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!|ザイ・オンライン

日本KFC、軽減税率導入後も店内・持ち帰り同額 :日本経済新聞

ケンタッキー 軽減 税率

もくじ• 最新情報 ケンタッキーフライドチキン(KFC・ケンタ・ケンチキ)は、「オリジナルチキン」「骨なしケンタッキー」などのチキン商品が人気のファストフード店です。 テイクアウトで利用する人のほうが多いですが、店内でも気軽に食べられるセットメニューも充実しています。 最近は、税込500円の期間限定ランチメニューも人気となっています。 コード決済(スマホ決済) ケンタッキーフライドチキンで使えるコード決済は、以下の通りです。 でコード決済に対応している店舗が確認できます。 対応していないコード決済は、Origami Pay(オリガミペイ)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、ネイバーペイ、などです。 クレジットカード ケンタッキーフライドチキンでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。 WAONには、ごく一部の店舗(イオンモール内店舗など)でのみ対応しています。 ショッピングセンター内店舗などでは、施設に準じた電子マネーにのみ対応していることが多いです。 KFC CARD(KFCカード・プリペイドカード) ケンタッキーフライドチキンでは、独自のプリペイドカードとして、KFC CARD(ケーエフシーカード)が使えます。 主にギフト用として販売されているものですが、自分用に購入することも可能です。 KFC CARDは、チャージして繰り返し使うことも可能です。 500円単位でチャージでき、最大50,000円まで蓄積できます。 チャージできるのは店頭レジで現金のみとなります。 ちなみに、KFC CARDは、というサイトで割安に購入することもできます(タイミングにより販売されていない場合もあり)。 2019年10月22日現在では、KFC CARDの5,000円分が4,750円、10,000円分が9,400円、20,000円分が18,600円で販売されており、クレジットカード払いで購入することができます。 そのほかの支払い方法は? ケンタッキーフライドチキンでは、ジェフグルメカードが使えます。 お釣りも出ます。 日本KFCホールディングスの株主になるともらえる株主優待券も使えます。 お釣りはでません。 クレジットカード会社発行のギフトカード(商品券)は使えません。 ポイントカード ケンタッキーフライドチキンでは、共通ポイントカードのPontaポイントカードに対応しています。 ただし、現金・KFC CARD・株主優待券での支払い時のみポイントが貯まります。 クレジットカード・電子マネー・コード決済での支払い時は、ポイントが貯まりません。 公式スマホアプリ・クーポン ケンタッキーフライドチキン公式スマホアプリを使うと、KFCマイレージプログラムという制度で「チキンマイル」が貯められるようになります。 レジでアプリ内の会員証(バーコード)を提示することでチキンマイルが貯まってステージがアップしていき、ステージによってクーポンがもらえたりします。 公式スマホアプリにPontaポイントカードを連携しておくと、公式アプリ画面を見せるだけで、チキンマイルと同時にPontaポイントも貯められます。 KFC CARDをアプリと連携させれば、アプリで支払いもできるようになります。 ネットオーダー(事前注文) ケンタッキーフライドチキンでは、セット商品などがウェブ上で事前注文ができるサービスがあります。 受け取る店舗・日時を指定して、あらかじめ予約注文して支払いも済ませることで、お店でまたずに商品を受け取ることができます。 デリバリー(宅配) ケンタッキーフライドチキンでは、店舗によりデリバリー(宅配)にも対応しています。 デリバリーの注文は、のほか、やなどのデリバリー注文サービスでも注文できます。 消費税の軽減税率への対応 ケンタッキーフライドチキンでは、2019年10月1日からの消費税率10%引き上げに伴い導入された「軽減税率」への対応は、以下のとおりとなります。 ・「店内飲食」「持ち帰り」にかかわらず、税込価格は統一 ・店頭での価格表示は税込価格を継続。 税込で10円単位の価格も継続。 ・オリジナルチキン単品、サンド単品などの主力商品は税込価格を据え置き(店内飲食では実質値下げ)。 一部商品やセットは税込価格を10円~20円値上げ。 ケンタッキーフライドチキンは、「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」の対象外です。

次の

ケンタッキー、軽減税率導入後も店内と持ち帰り同額 本体価格調整

ケンタッキー 軽減 税率

1.増税後の、外食と持ち帰り(テイクアウト)の区別 1-1.飲食設備があるか? まずは、外食(イートイン)と持ち帰り(テイクアウト)がそれぞれ、どのようなものを指すか見ていきましょう。 外食とは、食品衛生法上の飲食店が、 テーブルや椅子などの飲食設備を設置した場所で飲食を提供することを指します。 この場合、軽減税率は適用されず、消費税率は10%となります。 レストランなどの飲食店はテーブルや椅子などの飲食設備を設置しているので、もちろん外食です。 また、立ち食いソバなど立食形式の飲食店のように椅子などがない場合であっても、外食とみなされます。 これらの例に当てはまらないものが、持ち帰り(テイクアウト)になります。 1-2.イートインスペースで飲食する意思があるか? スーパーやコンビニなどのイートインスペースは、飲食にも利用できますし、単なる休憩にも利用できます。 この場合は、購入時に、そのイートインスペースで飲食する意思があるかどうかを顧客に確認します。 あくまでも、 購入時点の顧客の意思で判断しますので、後で気が変わったとしても、原則としては、税率は変更されません。 1-3.判定フローチャート 外食/持ち帰り(テイクアウト)の判定をフローチャートにしてみました。 (1)ファーストフード店でテイクアウトと言って買ったのに、店内で食べた場合 ファーストフード店の場合、テイクアウトと外食のどちらも扱っています。 購入時の客の意思で判断するので、テイクアウトと言ったら軽減税率8%となります。 ただし、そのようなことが常習化すると店側が税務署から疑われる可能性もありますので、店側としては店内で食べないように客に注意を促すしかないかもしれません。 毎回、すべての客に声をかけるわけにもいきませんので、基本的には、「持ち帰りで購入された方の飲食はご遠慮ください」というような内容の掲示をすることになります。 再度の会計が大変な場合には、次の利用できる割引チケットを渡して、顧客に納得してもらうこともあるかもしれません。 (4)テーブル・椅子のある屋台で、椅子に座らないのでテイクアウトだと客が主張する場合 テーブル・椅子のある屋台であっても、飲食設備を設置しているので外食です。 国税庁の見解では、飲食設備があれば、たとえ、顧客が持ち帰る場合でも、軽減税率の対象にはならないとしています。 顧客が購入する際に、「1つは店内で食べて、もう1つは持ち帰る」ことを申告してもらい、それぞれ別々の税率で計算します。 (6)残った料理を持ち帰りたい 消費税率の判断は、あくまで購入時の意思です。 3.客側の対策方法 ここでは、購入する客側にどんな対策方法、そして節税方法が考えられるかを考察してみます。 (1)購入時にはっきりと意思を決める 店内で食べるのか、持ち帰るのか、購入時にはっきりと意思を決めてから、購入するようにしましょう。 そうすれば、トラブルを防ぐことができます。 もし、緊急の電話がかかってきて持ち帰りになりそうであれば、最初から持ち帰りにしてもらったほうが良いでしょう。 (2)購入前に座席が空いているか確認する カフェやコンビニなどで、購入する前に座席が空いているか必ず確認してから、購入するようにします。 (3)外食を少なくし、テイクアウトを増やす ここからは節税についてですが、飲食における一般的な節税方法としては、外食を少なくしテイクアウトを増やすことになるでしょう。 仕事の外回りなど、ランチを外で食べなければならない場合でも、テイクアウトし、誰でも利用できるベンチで食べれば、軽減税率の対象となります。 ショッピングセンター内でもベンチが置いてあるケースがあるので、利用しましょう。 (4)ピザや寿司など宅配・出前をとる 忙しくて、食事を作る暇がない場合は、外食するよりもピザや寿司などの宅配や出前をとりましょう。 宅配・出前の場合はテイクアウトと同じく軽減税率の対象となります。 税率にこだわりすぎて、楽しむことを忘れずに 軽減税率の適用を利用することで、消費税を2%分節税することができます。 毎日外食する場合は、積もり積もれば大きな金額になります。 自分のライフスタイルに合わせて賢く節税しましょう。 4.店舗の対策方法 次に店舗側の対策方法を考察してみます。 まずは、店舗の負担を減らす対策です。 (1)店内飲食とテイクアウトをはっきり分ける 軽減税率8%と通常税率10%の切り分けは、店側にとっても大きな負担になります。 そこで、店内飲食とテイクアウトをはっきり分ける手段を考える必要があります。 (2)基本は持ち帰りで、客からイートインの申告をしてもらう 消費税率の判断は、あくまで購入時の意思ですが、毎回客に、持ち帰りかイートインかを確認するのは大変です。 【参考サイト】問41 (3)弁当や宅配のサービスを増やす 弁当や宅配のサービスを増やすのも良いでしょう。 外食と弁当や宅配を比べた場合、税率の低い弁当や宅配のサービスを利用するケースが増えることも予想されます。 (4)誰でも座れるベンチを店の近くに設置する 誰でも座れるベンチを店の近くに設置するのも良いでしょう。 テイクアウトし、誰でも座れるベンチで食べる場合は、軽減税率の対象となるためです。 ただし、無許可で歩道にベンチを設置することは、道路法により禁止されているため、あくまで自分の敷地内に設置する必要があります。 (5)あえて飲み物・軽食を持込許可にする 「飲食物を持ち込まないでください」とお願いしている飲食店は多いですが、軽減税率制度では、同じ商品でもお客は外で買ったほうが安いことになります。 そこで、あえて飲食物を持ち込み許可にして他店と差別化し、主力のメニューでお客様に満足してもらう方法もあるでしょう。 増税による軽減税率導入を、販売拡大のチャンスと捉える 増税後の軽減税率の導入は、すべての人に多くの影響を与えます。 しかし、これをチャンスと捉えて、集客のためのサービスや品質を向上させるための対策を行えば売上アップにもつながるでしょう。 現代は飽食の時代であり多くの顧客は良いサービスを求めていますので、増税にはなりますが、最終的には、美味しい料理と丁寧な接客をする飲食店には、お客が集まると思われます。 Ad Exchange.

次の

日本KFC、軽減税率導入後も店内・持ち帰り同額 :日本経済新聞

ケンタッキー 軽減 税率

いよいよ軽減税率が始まる 消費税軽減税率の導入が10月1日に迫ってきた。 煩わしいのがテイクアウト 食品として軽減税率の8% とイートイン(レストランサービスとして標準税率の10%)の区分である。 ケンタッキー(日本KFCホールディングス の値付け 7月20日付の日経新聞朝刊は、「KFC、店内・持ち帰り同額に 軽減税率の対応 方針転換」として、日本KFCホールディングス(HD)が、軽減税率の導入後も、テイクアウトとイートインの税込み価格について、本体価格を調整して税込み価格をそろえることとした。 」旨報道している。 理由は、「持ち帰りと店内飲食で税込み価格が異なることによる従業員や来店客の混乱を防ぐため」である。 英国とドイツの例 消費税の本場、英国とドイツのコンビニやファストフードの例を見てみよう。 英国でもドイツでも、原則テイクアウト 軽減税率 とイートイン(標準税率)は、消費税率が異なるので、価格も別々に表示されている。 図表1 英国のコンビニ 図表2 ドイツのファーストフード店 もっとも、英国では、テイクアウトについてはさらに細かく区分されており、温かい食料品 ホット・フード の場合は、レストランサービスということで、標準税率となる。 そこでマクドナルドのハンバーガーは、すべて20%の標準税率となっている。 スープや温めて食べるパイなどは、ホット・フードコーナーを設置して、消費者にわかりやすくしている。 図表3 英国のホットフード 標準税率) ドイツマクドナルドの例 一方ドイツのマクドナルドでは、テイクアウトでもイートインでも価格は同一に設定されている。 図表4 ドイツマクドナルドのレシート これは、「テイクアウトといって安く買い、その場で食べる」ということを排除するためである。 ただし正確な納税のため、テイクアウトとイートインは消費者に尋ね区分する必要がある。 値付けは店の自由 背景にあるのは、欧州では、店側は、増税分を転嫁するだけでなく、顧客や従業員が混乱しないような値付けをする自由度があるということと、消費税は売上全体として計算・納税されるという認識・理解が進んでいるということである。 すべての商品に同率で一斉に(前日に徹夜して)値上げする傾向の強いわが国とは感覚が異なっている。 わが国の消費税法も、「売り上げ合計に係る消費税額から仕入れ合計にかかる消費税額を差し引いて納税する」こととなっており、個別品目ごとに計算するわけではない。 価格転嫁も全体として出来ていればよいわけだ。 今回の増税に当たっては、わが国の小売りも、より自由度の高い値付けをすることが、消費増税前の駆け込みや反動減を防ぎ、結果として店側のマージンの最大化につながると筆者は考えている。

次の