銀行コード ゆうちょ。 我孫子市の東栄信用金

Google Adsense

銀行コード ゆうちょ

口座開設がしやすいため、外国籍顧客からも人気のゆうちょ銀行。 日本全国どこでもATMすぐ見つかるという点も便利です。 ゆうちょ口座を持っている人はご存知だと思いますが、ゆうちょ銀行とその他の一般銀行とは口座番号の仕組みが違います。 ゆうちょ口座間だけで資金のやりとりをするだけなら問題ないのですが、一般銀行からゆうちょ口座へ資金移動するには、ちょっとした手間がかかるのです。 ゆうちょ口座と一般銀行口座の違い 一般的な銀行口座は4桁の「金融機関コード」、3桁の「店番号」、口座種別と7桁の「口座番号」で表します。 一方、ゆうちょ口座は5桁の「記号」と8桁の「番号」が使用されており、その他の銀行の口座とは全く異なります。 これは、ゆうちょ銀行がその前身である郵便貯金の口座情報をそのまま引き継いて管理しているからです。 そのため、一般の銀行口座からゆうちょ口座へ送金する時は、この「記号・番号」の組み合わせを「金融機関コード・店番号・口座種別・口座番号」の組み合わせに変換する必要があるのです。 記号・番号の変換方法その1:ゆうちょ銀行のウェブサイトで調べる ゆうちょ口座の金融機関コード、店番号、口座種別、7桁の口座番号は、通帳の中に記載されています。 振込先が自分名義だったり、振込相手に直接確認できる状況の時は、通帳を確認するのがもっとも簡単な方法です。 通帳が手元にないなどの理由で確認ができない場合でも、記号と番号がわかればゆうちょ銀行のウェブサイト上で公開されているツールを使って変換することができます。 ゆうちょ銀行ウェブサイトのトップページ「個人のお客様」のタブから、「送金・支払・海外関連」のクリック 2. 「ゆうちょ口座と他の金融機関口座間の送金」をクリック 3. 次画面の下方にある緑のボタン「記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号を調べる」をクリック 4. 3つある白いボックスのうち左端のボックスに記号、右端のボックスに番号を入力して「入力内容の確認」をクリック 5. 記号・番号が正しく入力されているのを確認したら「OK」をクリック 6. 記号・番号が他銀行からの振込用に変換されます。 下記のフリーダイヤルへ電話をすると、記号・番号を他銀行からの振込用に変換したものを教えてくれます。 ゆうちょ銀行振込お問合せセンター:0120-253811 記号・番号の変換方法その3:自分で変換する 電話もインターネットも使えない!という時には、最後の手段として「自分で考える」という手もあります。 ゆうちょ口座の記号・番号の変換は次のような決まりに従って行われているので、自分で変換することも可能です。 まず銀行名は「ゆうちょ銀行」、金融機関コードは「9900」になります。 記号が12345の場合、店番号は「238」、店名は「二三八支店(ニサンハチしてん)」となります。 記号が01234の場合、店番号は「129」、店名は「一二九支店(イチニキュウしてん)」となります。 ゆうちょへ送金しようとしたらできなかった!という人も多いのではないでしょうか。 実は他銀行からゆうちょ銀行へ送金するには、記号・番号を振込用に変換しなくてはいけなかったんですね。 ただし、変換自体はウェブサイトや電話で簡単にできるので心配ありません。 ゆうちょ銀行の口座番号は、一般の金融機関のそれとは異なっているということだけ覚えておきましょう。 関連記事.

次の

金融機関コード・銀行コード検索

銀行コード ゆうちょ

ゆうちょ銀行支店コード一覧 支店コードは、各金融機関が独自に定める店番です。 一般的には3桁でコードが割り振られています。 ゆうちょ銀行の統一金融機関コードは「9900」になります。 統一金融機関コードは、全国銀行協会内の金融機関共同コード管理委員会から付与される金融機関毎の4桁の識別番号です。 統一金融機関コードは、金融機関コード・銀行コードなどとも呼ばれており、全国の各銀行の支店にも支店コードが割り振られています。 割り振られている金融機関は、日本銀行をはじめ都市銀行・地方銀行・信託銀行・信用金庫・ゆうちょ銀行など様々で0001番~0032番は都市銀行といったように区分けされています。 金融機関コード・銀行コードは、日本国内の金融機関同士が為替取引を行う全国銀行データ通信システムで活用されており、コードから金融機関名または支店名を照合します。 これらは、銀行振り込みおよび口座振替などで利用されます。 その他にも銀行間の国際決済にも利用されるSWIFTコード(8文字あるいは11文字)の中で一部にも金融機関コードおよび支店コードが利用されています。 ゆうちょ銀行の番号について ゆうちょ銀行は、他の金融機関のような支店ごとにある支店コードというものがありません。 代わりにゆうちょ銀行の通帳 通常貯金・通常貯蓄貯金 やキャッシュカード、振替口座開設通知書に記載のある「記号 5桁 」「番号 最大8桁 」というものがあります。 また、振込時には「店名」「預金種目」「口座番号」「名義 カナ 」が利用されるなど少し複雑になっています。 ゆうちょ銀行の口座間で送金させる場合は、「記号」「番号」があれば、郵便振替で可能ですが、他の銀行口座へ送信させる場合は、「店名 3桁 」「口座番号 最大7桁 」が必要となります。 ゆうちょ銀行の番号変換法則 「記号」「番号」から振込用の「店名」「預金種目」「口座番号」への変換には法則があります。 総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金 総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合は、番号が8桁あるいは7桁以下のものがあります。 番号が8桁の場合は、記号5桁のうち2~3桁の数の最後に「8」をつけると店番になります。 例えば記号が「11940」であれば、店番は19に8をくっつけた「198」が振込用の口座番号の店番になります。 更に店名は店番を漢数字に変換するだけですので、店番が「198」であれば店名が「一九八店 イチキュウハチ店 」となります。 次に口座番号については、桁数に限らず右側末尾の「1」の数字を除いた番号が口座番号となります。 こちらも例に挙げるとゆうちょ銀行の番号が「12345671」であれば振込用の口座番号は「1234567」となります。 7桁以下の場合は、店番・店名の変換は8桁と同様ですが、口座番号については、「1234561」の場合で末尾の「1」を除くと6桁になってしまいますが、6桁のまま利用できます。 ただし、受付の金融機関によっては頭に「0」をつけて「0123456」とする場合もありますので、受付の金融機関へご確認ください。 振替口座 振替口座の場合は、番号が6桁あるいは6桁以下のものがあります。 番号が6桁の場合は、下1桁の数字は一切使いません。 店番に変換する場合は2~3桁の数の最後に「9」をつけると店番になります。 例えば記号が「019401」であれば、店番は19に9をくっつけた「199」が振込用の口座番号の店番になります。 更に店名は店番を漢数字に変換するだけですので、店番が「199」であれば店名が「一九九店 イチキュウキュウ店 」となります。 次に口座番号については、そのままの番号が口座番号となります。 「123456」であればそれが口座番号です。 こちらも総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合と同様に受付の金融機関によっては頭に「0」をつけて「0123456」とする場合もありますので、受付の金融機関へご確認ください。 5桁以下の場合は、店番・店名の変換は6桁と同様で、口座番号についてもそのままの番号が口座番号となります。 、受付の金融機関によっては頭に「0」を2つつけて「0012345」とする場合もありますので、こちらも金融機関へご確認ください。

次の

ゆうちょ銀行松阪店

銀行コード ゆうちょ

ゆうちょ銀行支店コード一覧 支店コードは、各金融機関が独自に定める店番です。 一般的には3桁でコードが割り振られています。 ゆうちょ銀行の統一金融機関コードは「9900」になります。 統一金融機関コードは、全国銀行協会内の金融機関共同コード管理委員会から付与される金融機関毎の4桁の識別番号です。 統一金融機関コードは、金融機関コード・銀行コードなどとも呼ばれており、全国の各銀行の支店にも支店コードが割り振られています。 割り振られている金融機関は、日本銀行をはじめ都市銀行・地方銀行・信託銀行・信用金庫・ゆうちょ銀行など様々で0001番~0032番は都市銀行といったように区分けされています。 金融機関コード・銀行コードは、日本国内の金融機関同士が為替取引を行う全国銀行データ通信システムで活用されており、コードから金融機関名または支店名を照合します。 これらは、銀行振り込みおよび口座振替などで利用されます。 その他にも銀行間の国際決済にも利用されるSWIFTコード(8文字あるいは11文字)の中で一部にも金融機関コードおよび支店コードが利用されています。 ゆうちょ銀行の番号について ゆうちょ銀行は、他の金融機関のような支店ごとにある支店コードというものがありません。 代わりにゆうちょ銀行の通帳 通常貯金・通常貯蓄貯金 やキャッシュカード、振替口座開設通知書に記載のある「記号 5桁 」「番号 最大8桁 」というものがあります。 また、振込時には「店名」「預金種目」「口座番号」「名義 カナ 」が利用されるなど少し複雑になっています。 ゆうちょ銀行の口座間で送金させる場合は、「記号」「番号」があれば、郵便振替で可能ですが、他の銀行口座へ送信させる場合は、「店名 3桁 」「口座番号 最大7桁 」が必要となります。 ゆうちょ銀行の番号変換法則 「記号」「番号」から振込用の「店名」「預金種目」「口座番号」への変換には法則があります。 総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金 総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合は、番号が8桁あるいは7桁以下のものがあります。 番号が8桁の場合は、記号5桁のうち2~3桁の数の最後に「8」をつけると店番になります。 例えば記号が「11940」であれば、店番は19に8をくっつけた「198」が振込用の口座番号の店番になります。 更に店名は店番を漢数字に変換するだけですので、店番が「198」であれば店名が「一九八店 イチキュウハチ店 」となります。 次に口座番号については、桁数に限らず右側末尾の「1」の数字を除いた番号が口座番号となります。 こちらも例に挙げるとゆうちょ銀行の番号が「12345671」であれば振込用の口座番号は「1234567」となります。 7桁以下の場合は、店番・店名の変換は8桁と同様ですが、口座番号については、「1234561」の場合で末尾の「1」を除くと6桁になってしまいますが、6桁のまま利用できます。 ただし、受付の金融機関によっては頭に「0」をつけて「0123456」とする場合もありますので、受付の金融機関へご確認ください。 振替口座 振替口座の場合は、番号が6桁あるいは6桁以下のものがあります。 番号が6桁の場合は、下1桁の数字は一切使いません。 店番に変換する場合は2~3桁の数の最後に「9」をつけると店番になります。 例えば記号が「019401」であれば、店番は19に9をくっつけた「199」が振込用の口座番号の店番になります。 更に店名は店番を漢数字に変換するだけですので、店番が「199」であれば店名が「一九九店 イチキュウキュウ店 」となります。 次に口座番号については、そのままの番号が口座番号となります。 「123456」であればそれが口座番号です。 こちらも総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合と同様に受付の金融機関によっては頭に「0」をつけて「0123456」とする場合もありますので、受付の金融機関へご確認ください。 5桁以下の場合は、店番・店名の変換は6桁と同様で、口座番号についてもそのままの番号が口座番号となります。 、受付の金融機関によっては頭に「0」を2つつけて「0012345」とする場合もありますので、こちらも金融機関へご確認ください。

次の