膵臓 癌 ブログ。 闘病: 膵臓癌ステージ4b

膵臓癌

膵臓 癌 ブログ

久し振りにブログ更新をします。 初めましての方、粘着して頂いている皆様、また宜しくお願い致します。 いきなり唐突ですが、これからラストスパートを走る事になりそうです。 前回のTwitter更新後の11月13日に退院をしましたが11月26日に再入院となりました。 理由は胆管辺りからの出血で血液量 主にヘモグロビン が減り、立ち上がるだけで全力疾走後のような状態になった為です。 同じ症状で病院に搬送が4回となりました。 また、2015年12月01日21時頃から22日3時頃まで自力で呼吸と意識を保つ事が難しくなり、これからを自分の力で生きていく事は正直なところ厳しいと感じました。 Twitterで細々と報告兼記録をしようとおもっておりましたが、私がブログを始めた理由と何か違う事に気が付き、今後はブログで再発信していく事に決めました。 特にデータを残す事と肝性脳症への対応等、予備知識として欲しくてもなかなか知り得ない部分を中心に、経験者だからこそ綴れる形で、応対や残ったダメージ等を残していこうと思います。 病を患ってからある意味で特殊なブログ及び関連文献に目を通してきましたが、自身が滅びる事を受け止め、どのような過程で死を迎えるのか、という記述がなかなか見当たりません。 弱輩者ですが、34歳の私がどの様な思考で死を迎えて行くかを残し、いずれその時が来る方々へ何かしらのメッセージになればブログ冥利に尽きるというものですw 正式な病を伝えられた後に少しでも時間を伸ばしたいと藻掻き続けた代償が何だったのか。 その先に何が待っているのか。 他にどの様な選択肢が他にあったのか。 私が一番大切にしていた治療が何なのか。 一日数行かもしれません。 まもなく4歳になる娘に私を少しでも知ってほしい。 娘の為に私の好きなリズムを残したい。 後続者が寄り道をする事なく、残された時間を大切にできる為の道標になってほしい。 今迄の経験を残していきます。 今迄とは違う姿勢でブログを綴る事により、私がここまで生き延びて来れたかロジックを探るツールに成り得るかもしれません。 おセンチな再開だって? 今では焼かないで墓に埋葬された人を掘り起こしてきたような見た目になったorz 2Lのペットボトルを持つ事も精一杯で、排便だけは自力でトイレに行けているが、尿は床で済ませる事が増えてきた。 もう死ぬのか、 まだ維持を張って頑張るのか? 、まだ頑張るのか? 、等と考える方は沢山いらっしゃる事でしょう。 pんpn!! 待っていますサンタさん ASAP!!!!!!! くらえ私節!! があるので、応援してくれる方は バナークリックをお願いします!

次の

TOBYO : すい臓がんの闘病記・ブログ 552件

膵臓 癌 ブログ

これまでの経緯 膵臓癌が見つかりました! しかし、あと30年は前向きに生きるつもりです。 腫瘍縮小の経緯 2015年4月8日の腫瘍発見時 膵臓尾部に4. 3センチの腫瘍あり肝臓にも転移しておりステージ4bで手術不可 7月28日フォルフィリノックス4回投与後:4. 0センチ 9月26日フォルフィリノックスを止め、ジェムザール5回投与後:3. 0センチ 2016年1月5日のCT検査結果では 大幅悪化! 膵臓尾部の腫瘍は2. 5センチと5ミリ縮小していたが 肝転移していた数ミリ程度の4つの腫瘍が それぞれ、1センチ、2. 5センチ、3センチ、4センチとかなり増大していた 私のプロフィール 姓名:石本 広喜 生年月日:昭和27年6月26日生 現住所:〒3890207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1508-31 Eメール:kaizenluky yahoo. jp 私のガン治療の取り組みを体験を通して綴ります。 ガンは生活習慣病です。 生活習慣を改めればガンは治るとの信念で生きます。 癌治療で最も大切なことは笑う事だそうです。 ガン宣告を受けて気持ちが落ち込めば 免疫力が下がりガンが増殖するそうです。 楽しく無くて嘘笑いでも、笑えば免疫力が上がり 癌細胞が縮小するそうです。 ガンになって笑える人はいないと思いますが それでも笑いましょう。 このブログを読めば 本当に心の底から笑える日が来るかもしれません。 まずは、このブログを立ち上げた心情を綴った記事 「」 をご覧ください。 記事を読んでコメントを頂ければ嬉しいです。 宜しければ、遊びにも来て下さい 尚、このブログに書いてある事を試される方は 自己責任でお願いします.

次の

膵臓癌が発覚した当時の心境はどうだった?|癌ニモマケズ

膵臓 癌 ブログ

すい臓の基礎知識 〜役割と病気〜 すい臓はその役割などがあまり知られていない臓器ですが、私たちにとって非常に大切な働きをしています。 まずはすい臓の役割について知ってみましょう。 膵臓癌とはどんな癌? 〜原因と生存率〜 膵臓癌は死亡率が高く非常に恐ろしい癌の1つです。 リスクを減らすためにも、膵臓癌の原因やステージ分類、生存率について知っておきましょう。 膵臓癌の症状 〜初期症状から末期まで〜 膵臓癌は特有の症状がほとんどないことが、発見を遅らせる原因になっています。 思い当たる自覚症状がある場合は速やかに診察を受けましょう。 膵臓癌の検査 〜早期発見するには〜 膵臓癌は早期発見できなければ生存率は著しく低下するため、初期の段階で見つけられる適切な検査を受ける必要があります。 膵臓癌の検査方法について知っておきましょう。 膵臓癌の治療 〜外科手術・放射線・抗がん剤〜 膵臓癌の治療法は進行度と患者さんの状態によって判断され、根治が期待できる外科手術のほか、放射線や抗がん剤などによって治療が進められます。 納得して癌治療を受けるには 〜治療前に確認すべきこと〜 よりよいがん治療を受けるためには、信頼できる主治医を見つけるのはもちろんの事、しっかりと説明を受け、十分に納得した上で治療を受ける事が大切です。 癌患者が抱える痛みと症状 〜癌性疼痛とそれ以外の症状〜 癌が進行すると、多くの場合で持続する強い痛みを感じるようになります。 また、食欲減退や不眠といった身体的苦痛、不安や恐怖による精神的苦痛を伴う事もあります。 すい臓の病気 急性膵炎 急性膵炎は膵臓が分泌した消化液によって膵臓自体を消化してしまう病気です。 発症すると、飲食の数時間後に突然激しい腹痛や背中の痛み、嘔吐、発熱などが起こります。 なぜ急性膵炎が起こるのか知っておきましょう。 すい臓の病気 慢性膵炎 慢性膵炎は長年の飲酒などによって膵臓が徐々に破壊されていく病気です。 破壊された細胞は繊維化し、すい臓の機能が回復することはありません。 また、慢性膵炎患者は高い確率で膵臓癌を発症する事がわかっています。

次の