サッカー まとめ ぬるぽ。 カルチョまとめブログ

カルチョまとめブログ

サッカー まとめ ぬるぽ

写真 サッカー元日本代表MF中田英寿氏 43 がナビゲーターとしてレギュラー出演中のJ-WAVE『VOICES FROM NIHONMONO』 土曜後10・0〜 の13日放送回に、カズことJ1横浜FCの元日本代表FW三浦知良 53 が出演。 このたび、東京・港区の六本木ヒルズにあるJ-WAVEけやき坂スタジオで番組収録が行われた。 中田氏がカズとメディアで語り合うのは2015年にフジテレビ系『ボクらの時代』で同FW前園真聖氏 46 と3人で鼎談して以来、実に5年ぶり。 「先の見えないスポーツ選手が、どういう考えのもとにトレーニングし、メンタルを保っているのか。 すごく疑問に思って、これを聞くならカズさんしかいないと思い、お呼びしました」 日本が世界に誇れる工芸・文化・農業・食などを再発見するプログラム『VOICES FROM NIHONMONO』。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛が段階的に緩和されつつある中、2019年4月の番組開始以来、初めてサッカー選手のゲストとしてカズを招いた理由を、中田氏はこう説明した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によるチームの活動休止中、自宅マンション近くに借りた部屋や、実兄の三浦泰年氏 54 が運営するフットサル場などで自主トレーニングを行っていたというカズ。 苦しい日々を経て迎える7月4日のJ1再開を前に「カズさんがJ1で試合に出て、点を取るシーンを見たい」と中田氏にリクエストされると、10歳上の兄貴分は「頑張りますよ。 そのためだけにやっている」と即答。 ジーコ(鹿島)が持つ41歳3カ月12日のJ1最年長得点記録の更新を約束した。 そんなサッカーへの熱い思いを抱くカズに影響されたように、中田氏の口からは興味深い発言も飛び出した。 「僕も(現役を)やめて、もう14年経ちますけど、最近たまに(サッカーを)やりたいなと思うことがありますね。 自分でもびっくりです」 思わぬ告白に、カズも「やっと? ヒデがサッカーをやりたい気持ちになったのはうれしいね」と反応したほど。 それが、カズにとって13年ぶりのJ1の舞台となった2月23日の神戸との開幕戦(ノエスタ)での1日限定契約でのベンチ入りだ。 中田氏は「J1に上がったら最初の試合のベンチに入れてねと言っていた」と自ら告白。 「でも、オファーが来なかった。 コロナが発生して(計画は)流れてしまいましたけど、一緒に並んでベンチに入りたかったですよね」。 実現していれば、これ以上なく日本スポーツ界が盛り上がる夢の瞬間になったはずだ。 収録では、カズがコロナ禍に苦しむサッカー界の現状を吐露する場面もあった。 中田氏に「これだけ世の中が低迷し、スポンサーも厳しい状況。 無観客開催では入場料収入もない。 選手たちへの(給料の)支払いについて、クラブからは何か話はあったんですか」と問われると、「今のところ、それはない」と説明した。 一方で「これからずっと、サッカーがリスクを考えすぎて無観客でやる状況を続けていけば、お金の話をしてくることは考えられる」との見通しも口にした。 だからこそ「DAZNでの放送など、少しでも付加価値を出していくことが大切。 やらなければ本当にゼロ。 やる努力を続ければ、スポンサーさんたちも納得してくれる」と、先が見えない状況でもトライしていくことが重要であることを強調した。 「J3のオーナーとも話したけど、小さい規模でやっているクラブの方が、まだましという見方もある。 大変は大変だけど、大きなクラブはより人件費もかかる」と現場ならではの実状も明かした。 「日本だけの問題じゃない。 W杯アジア予選も開催できないし」と世界のサッカー界の状況も危惧するカズに、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関で競技規則などを決める国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員を務める中田氏が「聞いた話では、FIFAはW杯の本大会の放映権料で3年間分くらいの利益を出すらしいですよね。 もしW杯がなければ FIFAは つぶれる」と危機感を表す場面もあった。 他にも緊急事態宣言下での生活、プライベートでの意外な交流、今後のプランに話が及ぶなど、ここでしか聞けない内容が盛りだくさん。 日本文化の世界への発信などに取り組む中田氏と、現役アスリートとしての生き方にこだわるカズ。 異なる道を選びながら互いに共感し、リスペクトし合う2人のトークは必聴だ。 セリエA・DF部門で7番目に高額 スイスのサッカー関連調査機関『CIES FOOTBALL OBSERVATORY』が、欧州5大リーグでプレイしている選手の「推定移籍金」をランキング形式で発表。 ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の衝撃の推定移籍金が明らかとなった。 昨夏の移籍市場で、ベルギーのシント・トロイデンからイタリアのボローニャへ移籍した21歳の冨安。 ここまでセリエA20試合に出場しており、早くもチームに欠かせない存在となっている。 主に右サイドバックを務めてきたが、センターバックやサイドハーフも任されるなど、ユーティリティ性も発揮しており、今季セリエAでブレイクを果たした若手のひとりとして注目を浴びている。 こういった活躍もあり、ビッグクラブへのステップアップの噂もチラホラ聞こえてくるが、『CIES FOOTBALL OBSERVATORY』が年齢や残りの契約年数なども含めて様々なアルゴリズムをもとに、冨安の推定移籍金を算出。 その金額は、なんと3320万ユーロ(約40億円)となった。 これはセリエAのDF部門の中で、マタイス・デ・リフト(1億470万ユーロ)、ミラン・シュクリニアル(4970万ユーロ)、ジャンルカ・マンチーニ(4320万ユーロ)、アレックス・サンドロ(3750万ユーロ)、ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(3570万ユーロ)、カリドゥ・クリバリ(3380万ユーロ)に次ぐ7番目だ。 今回の推定移籍金を取り上げた伊『Tutto Bologna Web』も「CIESがトミヤスをセリエAで最高の選手のひとりとして評価した」と綴っている。 サッカー大国のイタリアでも自身の力を証明して見せたが、冨安は現在21歳とサッカー選手としてはまだまだ発展途上。 今後のさらなる成長とステップアップに期待だ。 完璧なはずだった物語の崩壊、増していく恐怖と憎悪 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、およそ3カ月の中断を余儀なくされたラ・リーガ。 それでも11日についに再開を果たし、シーズン終了へ向けて過密日程がいよいよスタートした。 そんな中、現在18位と残留争いに巻き込まれるマジョルカは、13日の再開初戦でホームに首位バルセロナを迎える。 期限付き移籍で加入中の日本代表MF久保建英にとっては、ユース時代を過ごした古巣と2度目の対戦だ。 バルセロナ関係者は、日本の至宝と確かな未来を描いていた。 しかし今、彼は最大の宿敵レアル・マドリー所属の選手として、バルセロナの前に立ちはだかる。 文=フェラン・マルティネス/Ferran Martinez(スペイン『ムンド・デポルティボ』紙) 翻訳=江間慎一郎 約束されたはずだった物語 ラ・マシア時代の久保 まるで映画のような完璧な物語が紡がれるのだと思えた。 久保建英は日本のバルサアカデミーで際立った存在感を放ち、10歳で世界最高の育成組織として名高い同クラブのラ・マシアに入団。 ラ・マシアで過ごした4年間、彼は人間としてもフットボーラーとしてもみるみる成長を果たしていき、バルセロナでの輝かしい未来と固い約束を結んでいった。 しかしながら2015年、FIFAが18歳以下の選手の国際移籍に違反したとしてバルセロナを処分し、それをきっかけとしてすべてが壊れてしまった。 久保は以降、ラ・マシアで練習することも試合に出場することもできず、結局は母親、兄弟とともに日本に帰国することを選択した。 東京で成長を続けて、18歳となる2019年にバルセロナに戻ってくることが、彼とクラブの考えだったのだ。 事実、久保はFC東京でプレーしながらも、バルセロナとの関係を保ち続けていた。 日本のシーズン終了後となる12月と1月にはバルセロナへと赴いて、同世代の選手たち(そこには現在クラブのトップチームでプレーするアンス・ファティや、マンチェスター・シティのエリック・ガルシアも含まれる)と練習を行った。 日本に戻ろうとも彼の進化は止まることなく、バルセロナのコーチたちはその才能が、ラ・マシアの中でも群を抜いていると認めざるを得なかった。 凄まじい敏捷性と技術のほか、考える力や賢さも特筆すべきものであり、限られたスペースの中でも輝きを放てる……それが彼らの久保についての評価だった。 扱う対象が未成年の選手であるために、スペインメディアの間で頻繁に報じられることはなかったが、バルセロナと久保が2019年に再び一緒になることは既定路線だった。 カタルーニャの中心地では、久保が帰ってくることを指折り数えながら待ち続けていたし、その当時は久保本人だって同じ気持ちでいたはずだ。 久保がバルセロナ復帰後に加入するはずだったBチームの責任者の一人、ホセ・マリ・バケロは、その約束の時が訪れる1年前に『ムンド・デポルティボ』のインタビューで次のように語っていた。 「私たちは彼のことを見守り続けている。 試合での様子はしっかりとチェックしているし、スカウティング部門も彼の成長を見守り続けている。 久保については、少し特別な状況と言えるだろう。 私たちは彼の家族とも話しているし、18歳になったとき、ここに戻れるレベルにあるならば、もちろん戻ってくることになる」 その時点では、久保がほかの欧州のクラブに移籍することは誰も想像していなかった。 実際、彼の家族はU-20ワールドカップ終了後にジェラール・ピケ、イヴァン・ラキティッチ、サミュエル・ユムティティらバルセロナの選手たちを顧客とする代理人、アルトゥーロ・カナレスと契約を結んだのだから。 だがしかし、過去や裏でのつながりはともかく、現実的にバルセロナと契約を結んでいるわけではない久保を、欧州のビッグクラブが見逃すわけはなかった。 チェルシー、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(PSG)、そしてレアル・マドリー……。 PSGやレアル・マドリーは久保の家族とも接触したが、提示したオファーに断りを入れられている。 その理由は、カナレスが2018年10月からバルセロナとの交渉を開始していたためだ。 バルセロナ関係者によれば、交渉は基本合意にまで達していた。 両者とも契約条件には納得しており、あとは久保が18歳になるのを待つだけだったのだ。 しかし久保のバルセロナ帰還が果たされようとしていた直前に、状況は一変してしまう。 久保側が代理人を変更し、中村俊輔、長友佑都らを顧客としてスペイン人の代理人マネル・フェレールとも関係を持つロベルト佃と契約を結んだのである。 バルセロナはロベルト佃、マネル・フェレールを相手に久保についての交渉を再度行ったものの、レアル・マドリーが新たに提示したオファーの方が条件が良かった。 レアル・マドリーはバルセロナがそうすることを嫌った、加入後2シーズン目でのトップチーム昇格を約束したのだった。 そこでバルセロナは久保から手を引くことを決断し、永遠のライバルに移籍することを受け入れるほかなかった。 久保のレアル・マドリー移籍は、カタルーニャに大きな動揺と悲嘆をもたらすことになった。 そして今現在、バルセロナのサポーターの大多数が、彼が永遠のライバルで成功をつかむことがないよう祈っている。 久保という選手がこれから大成することは、フットボール界にとっては間違いなく素晴らしいことである。 しかしそれは同時に、バルセロナが白いユニフォームを着る日本人選手に長い間苦しむことを意味するのだ。 バルセロナと久保の完璧だと思えた物語は今や、ホラー映画になりつつある。 バルセロナのサポーターは、ただでさえ心臓が高鳴るクラシコで叫び声をあげなければならない未来を予感して、恐怖に慄いている。 マジョルカでも徐々にそうしているように、彼の才能が本物であることが証明されればされるほど、その恐怖と憎悪はどんどんと増していくのである。 2ch. ペニャロールを率いるディエゴ・フォルラン監督が、将来的な日本復帰に意欲を示した。 現役時代、マンチェスター・ユナイテッドやビジャレアル、アトレティコ・マドリーなどでプレーしたフォルラン監督は、2014年からセレッソ大阪に在籍。 初年度に降格も経験したウルグアイのレジェンドは、約1年半で公式戦51試合に出場して19ゴールをマークした。 2019年8月に現役引退後、現在は母国クラブのペニャロールを率いるフォルラン監督。 ラ・リーガ再開直前に『Goal』のインタビューに応じた同監督は、日本でプレーしていた時期について問われると、「とても良い思い出ばかり。 セレッソ大阪に在籍し、本当に美しい時間だった。 ゴールもいくつか決めることができたし、もう少しいたかったね。 でも、契約が終了することもあって離れなければならなかった」と語り、指導者として日本に戻ってくることに意欲を示した。 「いつか、機会があれば是非とも監督として日本でやってみたい」 「日本の人々やクラブ、ファンの方が自分に良くしてくれたことは本当に良い思い出。 仕事で戻れる機会があれば本当に嬉しい。 でも、そうでなくても子どもを日本に連れて行きたいね」 「私がプレーした時は結婚したばかりだったけど、今は3人も子どもがいる。 子どもたちの成長を待って、日本で長期間の旅行をしたい。 自分たちがどのように生活し、どのように日本を楽しんだか。 知っている場所を全部教えてあげたいな」 なお現在、ウルグアイリーグは新型コロナウイルスの影響で中断中。 フォルラン監督は、「ウルグアイの状況は悪くなく、割と普通の生活ができているよ。 数日以内に練習を再開し、8月にはリーグも再開する見通しだ。 選手たちには自宅練習の宿題を課している。 この日々を無駄なく過ごし、戻りたいね」と、リーグ再開に向けて前を向いていた。 大分トリニータ、鹿屋体育大FW藤本一輝の加入内定を発表。 今季の特別指定選手に承認 J1の大分トリニータが12日、鹿屋体育大学に在学するFW藤本一輝の来季加入内定と今季のJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。 クラブの公式サイトで伝えられている。 藤本はクラブの公式サイトを通して「来シーズンから大分トリニータに加入することとなりました鹿屋体育大学の藤本一輝です。 プロサッカー選手として、常に自覚と責任を持って、お世話になった方々に恩返しできるように頑張ります。 大分トリニータに関わる全ての皆様、よろしくお願いします」とコメントしている。 さらに大分は、藤本が日本サッカー協会(JFA)から今季の特別指定選手として承認されたことを発表。 大学在学中ではあるが、今季の大分の試合に出場することができる。 なお、背番号は33を着用することも発表されている。 2ch. 鹿島DFブエノ、アトレチコ・ミネイロへローン移籍決定的! 鹿島アントラーズ所属のブラジル人DFウェリントン・ダニエル・ブエノがブラジル1部のアトレチコ・ミネイロへローン移籍することが決定的となった。 11日、ブラジル『グローボ』が伝えている。 『グローボ』によると、ブエノは既にアトレチコと合意間近で正式発表も近いとのこと。 同選手は182cmと、身長はあまり高くないが、スピードとパスに長けており、アトレチコのサンパオリ監督が望む特長を持っているようだ。 ブエノはサンパウロ出身の24歳で、高校時代に来日。 千葉国際高校 現在の翔凛 でUAEのシャルージャFCに所属するカイオ・ルーカスとプレーした。 同校卒業後の2014年に清水エスパルスに入団し、ヴィッセル神戸へのローン移籍を経て、2016年に鹿島に完全移籍。 2018年に徳島ヴォルティスにローン移籍し、2019年に鹿島に復帰している。 ブエノはこのまま母国のブラジルでプレーすることになるのだろうか。 2ch. 南野拓実が1ゴール1アシストの活躍! リヴァプール、2部との練習試合で6発快勝 FW南野拓実が所属するリヴァプールは、11日に本拠地『アンフィールド』でブラックバーン(2部)との練習試合を行った。 南野は先発出場を果たし、前半終了までプレーした。 リヴァプールは10分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンが放ったミドルシュートのこぼれ球をサディオ・マネが押し込んで幸先よく先制する。 すると23分、リヴァプールが南野のアシストから追加点を獲得する。 フィルジル・ファン・ダイクのロングフィードをマネが落とし、ジェームズ・ミルナーを経由してボールは左サイドからボックス内に侵入した南野へ。 南野の左足での折り返しにナビ・ケイタが合わせてネットを揺らした。 そして36分、南野に待望のゴールが生まれる。 南野からマネへ送ったボールはゴールライン際まで流れてしまったが、マネは自慢の快速でこれを回収。 マネがタイミングを見計らって中央へとグラウンダークロスを送ると、南野はトラップで足元にボールを置いてから左足でゴール右下隅へと流し込んだ。 3点のリードで後半を迎えたリヴァプールは、68分にマティプのヘディング弾でリードを広げる。 その直後の69分には、18歳のキ・ヤナ・フーフェルがコーナーキックのこぼれ球をゴール左上隅へと流し込む。 さらに84分、18歳のレイトン・クラークソンがブロックに入った相手DFを浮き球でかわすと、GKとの1対1も冷静に制してダメ押しの6点目を挙げた。 試合はこのまま終了。 30年ぶりのトップリーグ優勝まであと2勝に迫るリヴァプールが、順調な仕上がり具合を披露する結果となった。 2ch.

次の

サッカー|ワロタあんてな

サッカー まとめ ぬるぽ

写真 サッカー元日本代表MF中田英寿氏 43 がナビゲーターとしてレギュラー出演中のJ-WAVE『VOICES FROM NIHONMONO』 土曜後10・0~ の13日放送回に、カズことJ1横浜FCの元日本代表FW三浦知良 53 が出演。 このたび、東京・港区の六本木ヒルズにあるJ-WAVEけやき坂スタジオで番組収録が行われた。 中田氏がカズとメディアで語り合うのは2015年にフジテレビ系『ボクらの時代』で同FW前園真聖氏 46 と3人で鼎談して以来、実に5年ぶり。 「先の見えないスポーツ選手が、どういう考えのもとにトレーニングし、メンタルを保っているのか。 すごく疑問に思って、これを聞くならカズさんしかいないと思い、お呼びしました」 日本が世界に誇れる工芸・文化・農業・食などを再発見するプログラム『VOICES FROM NIHONMONO』。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛が段階的に緩和されつつある中、2019年4月の番組開始以来、初めてサッカー選手のゲストとしてカズを招いた理由を、中田氏はこう説明した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によるチームの活動休止中、自宅マンション近くに借りた部屋や、実兄の三浦泰年氏 54 が運営するフットサル場などで自主トレーニングを行っていたというカズ。 苦しい日々を経て迎える7月4日のJ1再開を前に「カズさんがJ1で試合に出て、点を取るシーンを見たい」と中田氏にリクエストされると、10歳上の兄貴分は「頑張りますよ。 そのためだけにやっている」と即答。 ジーコ(鹿島)が持つ41歳3カ月12日のJ1最年長得点記録の更新を約束した。 そんなサッカーへの熱い思いを抱くカズに影響されたように、中田氏の口からは興味深い発言も飛び出した。 「僕も(現役を)やめて、もう14年経ちますけど、最近たまに(サッカーを)やりたいなと思うことがありますね。 自分でもびっくりです」 思わぬ告白に、カズも「やっと? ヒデがサッカーをやりたい気持ちになったのはうれしいね」と反応したほど。 それが、カズにとって13年ぶりのJ1の舞台となった2月23日の神戸との開幕戦(ノエスタ)での1日限定契約でのベンチ入りだ。 中田氏は「J1に上がったら最初の試合のベンチに入れてねと言っていた」と自ら告白。 「でも、オファーが来なかった。 コロナが発生して(計画は)流れてしまいましたけど、一緒に並んでベンチに入りたかったですよね」。 実現していれば、これ以上なく日本スポーツ界が盛り上がる夢の瞬間になったはずだ。 収録では、カズがコロナ禍に苦しむサッカー界の現状を吐露する場面もあった。 中田氏に「これだけ世の中が低迷し、スポンサーも厳しい状況。 無観客開催では入場料収入もない。 選手たちへの(給料の)支払いについて、クラブからは何か話はあったんですか」と問われると、「今のところ、それはない」と説明した。 一方で「これからずっと、サッカーがリスクを考えすぎて無観客でやる状況を続けていけば、お金の話をしてくることは考えられる」との見通しも口にした。 だからこそ「DAZNでの放送など、少しでも付加価値を出していくことが大切。 やらなければ本当にゼロ。 やる努力を続ければ、スポンサーさんたちも納得してくれる」と、先が見えない状況でもトライしていくことが重要であることを強調した。 「J3のオーナーとも話したけど、小さい規模でやっているクラブの方が、まだましという見方もある。 大変は大変だけど、大きなクラブはより人件費もかかる」と現場ならではの実状も明かした。 「日本だけの問題じゃない。 W杯アジア予選も開催できないし」と世界のサッカー界の状況も危惧するカズに、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関で競技規則などを決める国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員を務める中田氏が「聞いた話では、FIFAはW杯の本大会の放映権料で3年間分くらいの利益を出すらしいですよね。 もしW杯がなければ FIFAは つぶれる」と危機感を表す場面もあった。 他にも緊急事態宣言下での生活、プライベートでの意外な交流、今後のプランに話が及ぶなど、ここでしか聞けない内容が盛りだくさん。 日本文化の世界への発信などに取り組む中田氏と、現役アスリートとしての生き方にこだわるカズ。 異なる道を選びながら互いに共感し、リスペクトし合う2人のトークは必聴だ。

次の

サッカー|ヌルポあんてな

サッカー まとめ ぬるぽ

最新記事一覧• 06月13日 11:50• 06月13日 11:42• 06月13日 11:41• 06月13日 11:40• 06月13日 11:40• 06月13日 11:39• 06月13日 11:38• 06月13日 11:33• 06月13日 11:30• 06月13日 11:30• 06月13日 11:30• 06月13日 11:30• 06月13日 11:20• 06月13日 11:19• 06月13日 11:19• 06月13日 11:19• 06月13日 11:18• 06月13日 11:15• 06月13日 11:13• 06月13日 11:12• 06月13日 11:12• 06月13日 11:10• 06月13日 11:10• 06月13日 11:07• 06月13日 11:05• 06月13日 11:05• 06月13日 11:03• 06月13日 11:00• 06月13日 11:00• 06月13日 10:57• 06月13日 10:55• 06月13日 10:55• 06月13日 10:46• 06月13日 10:43• 06月13日 10:40• 06月13日 10:35• 06月13日 10:31• 06月13日 10:30• 06月13日 10:30• 06月13日 10:30• 06月13日 10:30• 06月13日 10:30• 06月13日 10:30• 06月13日 10:26• 06月13日 10:20• 06月13日 10:19• 06月13日 10:12• 06月13日 10:12• 06月13日 10:11• 06月13日 10:10.

次の