メルペイ 銀行振込。 メルペイは個人間送金できるの?

メルペイについて(メルカリの売り上げをiDやQRコード決済で利用できる)

メルペイ 銀行振込

ポイントは「手数料」と「利便性」 LINE Payでは2019年12月9日から、口座番号か電話番号、もしくはメールアドレスを入力すれば、残高を銀行口座に直接振り込めるようになった。 振込先口座は、個人法人を問わない。 振込手数料は1回176円(税込)で、1日10万円を上限に利用できる。 新サービスのポイントは、金銭面と利便性にある。 まずは振込手数料(176円)の価格設定だが、これは3大メガバンクのネットバンキング(他行あて、3万円以上)より、150~250円ほど安価に設定された。 LINE Payの発表文でも「金融機関のインターネットバンキングに比べて、曜日時間帯によって変動しないシンプルかつ日常的にお使いいただきやすい料金」を特長のひとつに掲げている。 ただ、住信SBIネット銀行やGMOあおぞらネット銀行(いずれも157円/回)といったネット専業銀行と比較すると、そこまで優位に立っているわけではない。 利便性は、なんと言っても、コミュニケーションアプリ「LINE」の中で、銀行振込が行えることにある(iPhone版は近日対応予定)。 スマホによるネットバンキングでは、ログインパスワードとは別に、「取引パスワード」や暗証番号を入力したうえで、メールやアプリで受け取ったワンタイムパスワードによる二段階認証を行うのが一般的だ。 その点、LINE Pay振込では、6ケタの専用パスワードを入力するだけ。 事前に行うアカウントの本人確認でセキュリティを確保する。 もっともこれを「便利」と取るか、「不安」と感じるかは、ユーザーによってわかれそうだ。 「スーパーアプリ」を彩る振込機能 デジタルを介した送金サービス自体は、とくに目新しいものではない。 イーバンク銀行(現:楽天銀行)が02年に開始した「メルマネ」は、受取人が必ずしも同行の口座を持っている必要はなく、メールアドレスと名前を入力するだけで送金できる。 他行宛の手数料は、1回168円と、LINE Payより若干安価に設定されている。 ただLINE・ヤフー連合は、ひとつのアプリ内で、幅広いサービスを利用できる「スーパーアプリ」を目指している。 その戦略から考えると、銀行振込そのもので勝負をかけるというよりも、あくまで「使い慣れたLINEで振り込みもできるよ」といった付加価値を目指しているのかもしれない。 仮に、LINEそのものの価値を高める目的なのであれば、ライバルはキャッシュレス決済ではない。 メールや電話といったコミュニケーションツールや、各種ニュースサイト、ソーシャルゲーム...... LINEのスーパーアプリ化が進めば進むほど、競合は増えていく。 今回の新機能は、その中の調味料的な役割になりそうだ。 (J-CASTニュース編集部 城戸譲).

次の

メルカリ売上金の利用方法とメルペイ後払いについて解説

メルペイ 銀行振込

チャージ手数料0円で銀行口座からの支払いが可能• メルカリの売り上げに関する振込申請期限が無くなる• ポイントを購入する必要もなくなる• 「メルペイあと払い」も利用する事ができるようになる チャージ手数料0円で銀行口座からの支払いが可能 メルペイに銀行口座の登録をすれば、 メルペイ残高から直接お金をチャージしてそのまま支払いに利用する事ができます。 なので、「元々メルカリを利用していなかった人」や「メルカリでの売り上げがあまり無かった人」も、メルペイの「コード払い」や「iD払い」を使って気軽にスマホ決済に利用でき、 わざわざコンビニのATMに行って現金を出金する必要も無くなります。 メルカリの売り上げに関する振込申請期限が無くなる メルペイにお支払い用の銀行口座を登録すれば、 メルカリで得た売上金の振込申請期限 180日間 が無くなります。 今までなら、メルカリで得た売り上げを出金して利用する場合に「180日間の申請期限」が設けられていましたが、銀行口座に登録しておけば、 売上金の振込申請期間を気にせず残高を利用する事ができるようになります。 ポイントを購入する必要もなくなる お支払い用銀行口座を登録すれば、メルカリでの売上金をポイントに交換することなく支払いできるようになります。 通常、メルカリで得た売り上げは、メルカリ内で使えるポイントに交換してはじめて利用できる仕組みとなっていましたが、銀行口座を登録すれば直接メルペイ残高にチャージされるので、 ポイントに交換する手間を省いてそのまま支払いに利用できます。 「メルペイスマート払い 後払い 」も利用する事ができるようになる また、メルペイで「お支払い用銀行口座の登録」または「アプリによる本人確認」を完了させていれば、 お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いする事ができる「メルペイスマート払い 後払い 」を利用する事が可能となります。 メルペイスマート払いを利用すれば、当月に何度買い物をしても支払いを翌月の一回切りで済ませられる上、 月に何度使っても手数料は毎月の精算時に300円となっています。 気になる方は、以下のリンクから確認してみて下さい! メルペイに対応している銀行口座 金融機関 の一覧表 2020年3月現在、メルペイに対応している銀行口座は以下の一覧表の通りです。 都市銀行• 三菱UFJ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行 あ行• あおぞら銀行• イオン銀行• 愛知銀行• 青森銀行• 秋田銀行• 足利銀行• 阿波銀行• 池田泉州銀行• 伊予銀行• 岩手銀行• SBJ銀行• 愛媛銀行• 大垣共立銀行• 沖縄銀行 か行• 香川銀行• 神奈川銀行• 北九州銀行• 北日本銀行• きらやか銀行• 紀陽銀行• 熊本銀行• 京都銀行• 群馬銀行• 京葉銀行• 高知銀行 さ行• 滋賀銀行• 佐賀銀行• 七十七銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 清水銀行• 十六銀行• じぶん銀行• ジャパンネット銀行• 常陽銀行• 親和銀行• スルガ銀行• 仙台銀行• 荘内銀行 た行• 大光銀行• 第三銀行• 第四銀行• 大東銀行• 筑邦銀行• 千葉銀行• 千葉興業銀行• 中京銀行• 中国銀行• 筑波銀行• 東邦銀行• 東和銀行• 徳島銀行• 栃木銀行• 東北銀行• 鳥取銀行• トマト銀行• 富山銀行 な行• 長野銀行• 南都銀行• 西日本シティ銀行 は行• 八十二銀行• 肥後銀行• 百十四銀行• 広島銀行• 福岡銀行• 福井銀行• 福島銀行• 福邦銀行• 北陸銀行• 北都銀行• 北洋銀行• 北海道銀行 ま行• 三重銀行• みちのく銀行• 武蔵野銀行• もみじ銀行 や行• 山口銀行• 山形銀行• 山梨中央銀行• ゆうちょ銀行• 横浜銀行 ら行• 楽天銀行• 琉球銀行 信用金庫• おかやま信用金庫• 東榮信用金庫• 花巻信用金庫• 備前日生信用金庫• ひまわり信用金庫• 富士信用金庫• 水戸信用金庫• は毎月最初の1回は入出金共に0円となってますが、2回目以降も3万円以上の入出金であれば、 いつでも何回でも手数料無料です。 なので、ある程度まとまった入出金をしていれば、 コンビニのATMでも24時間手数料無料で便利に使っていけます! そしてさらに、今ならのVisaデビット機能を3回以上使えば、 もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です! なお、はメルペイ以外にもLINE PayやPayPayへのチャージにも対応しているので、複数のスマホ決済を活用している方であれば、 そのチャージは 一つで一元管理もできちゃいます! なのでこの機会に是非、お得で便利なネットバンクので口座開設してみてください。 もちろん発行手数料は無料で、最短5日でカードが届きます! メルペイは住信SBIネット銀行には未対応… これでメルペイに対応する主要なネット銀行はと、じぶん銀行、イオン銀行となりましたが、 住信SBIネット銀行にはまだ未対応です。 筆者も普段は住信SBIネット銀行のヘビーユーザーで、できればメルペイにも住信SBIを登録したいところですが、 現状住信SBIネット銀行はメルペイで登録できません。 メルペイで銀行口座を登録する方法 まだメルペイアプリをお持ちでない方は、こちらからメルカリアプリをダウンロードしてください。 メルペイでお支払い用銀行口座を登録する方法ですが、まずはメルカリを開いて「メルペイ」をタップし、以下の赤枠内にある「お支払い用銀行口座の登録」を選択した後、次の画面では「銀行口座を登録する」をタップしましょう。 次に自身の登録したい金融機関を選択し、同意をした後はフォーマットに沿って必要事項を記入して下さい。 なお、その後は各金融機関のサイトにて本人確認等の手続きを行う必要があります。 本人確認の手続きを済ませると登録が完了します。 また、登録が完了すると4桁のパスコードの作成が求められますが、作成後はTouchIDやFaceIDに変更する事ができます。 メルペイで銀行口座からチャージする方法 自身の登録した銀行口座を使ってメルペイへとチャージする場合、以下の3ステップで行って下さい。 登録後チャージ可能になるまでに2営業日必要な銀行• 青森銀行• 足利銀行• 岩手銀行• 京都銀行• 京葉銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 第四銀行• 千葉興業銀行• 鳥取銀行• 西日本シティ銀行• 福井銀行 登録後チャージ可能になるまでに3営業日必要な銀行• その後は申請内容を入力し、「振込申請をする」をタップすれば完了です。 メルペイの銀行口座に関するまとめ• メルペイにて銀行口座の登録を済ませば、メルペイ残高から直接お金をチャージして決済できる• メルカリポイントの購入も不要となり、メルペイあと払いが利用可能になる メルペイを今後本格的に利用していきたい人にとって、 今回紹介したお支払い用銀行口座の登録は必須だと言えるでしょう。 なお、メルカリを利用していないユーザーでも、メルペイならと連携してiD支払い可能です。 また、あなたが今後継続的にメルペイの残高へチャージして支払いに使っていきたいのであれば、3万円以上の入出金が完全無料となるを使うと良いでしょう。 はメルペイ以外にもPayPayやLINE Payでも使えるスマホ決済に万能なネット銀行なので、各決済サービスの資金管理もまとめられて便利です!.

次の

メルペイとは|設定方法や銀行口座登録方法、使い方を詳しく解説

メルペイ 銀行振込

無料で振込する裏技 今回はメルカリの新サービス「メルペイ」を使って 手数料0円で銀行口座間送金を行う裏技についてご紹介します。 メルペイとは メルペイはメルカリが2月から提供を開始した決済サービスです。 銀行口座からのチャージ、売上金の振込申請、コンビニ等での決済などを全てメルカリのアプリ内から行うことができます。 今までメルカリの売上金はアプリ内の商品購入に使うか振込申請をして銀行に振り込むことしか出来ませんでしたが、メルペイを使えば売上金をそのまま決済に利用できます。 本題 今回の本題はメルペイの紹介ではなく 手数料無料で銀行間送金をする方法です。 同じ銀行間における振込手数料を無料にしている金融機関はいくつかありますが、どうしても他の銀行に送金する際は手数料がかかります。 しかし、今回の方法を使えば 手数料を0円に出来ます。 結論から言うと、 A銀行からチャージした1万円以上のお金をB銀行に振込申請することで手数料無料の送金を実現します。 2019年4月23日のシステム変更に伴い、この方法は使えなくなりました。 mercari. これは少し言い過ぎですが、メルペイが導入されたことによって実際にそのような現象が起きています。 メルペイでは、 従来の売上金と チャージされた金額を合わせて メルペイ残高としてカウントしています。 メルカリは昔から一万円以上の売上金振込申請にかかる手数料は0円です。 「一万円を貯めるまで振込申請はしない!」とアイテムを売りさばいてきた方も多いのではないでしょうか。 しかし、現在のメルペイの仕組みを使えば、この問題は解決できます。 登録済みの銀行口座から一万円に届かない分の金額をチャージすればいいからです。 足りない分は銀行からチャージして、振込申請手数料が無料になる一万円まで売上金を増やす そうすれば 一万円分の売上金が溜まる前に端数を調整して手数料を無料にすることができます。 これはメルペイを使って手数料無料て銀行間送金を行うための重要な要素になります。 銀行間送金に応用 メルペイにお金をチャージをするためには銀行口座を登録しなければなりません。 仮にA銀行をチャージ用口座として登録したとしましょう。 この時点のメルペイ残高は売上金とチャージ額を合わせて0円です。 そして、1万円をチャージしてメルペイ残高を1万円以上にします。 現在のメルペイの仕様ではチャージ用口座からチャージされたお金と売上金は同じものとして残高に表示されています。 つまり、先程チャージして一万円にしたメルペイ残高はチャージしたお金でもあり売上金でもあるのです。 これを別のB銀行に向けて振込申請することで、実質手数料無料でA銀行からB銀行にお金を動かすことが出来ます。 チャージは手数料無料であり一万円以上の振込申請は無料だから この方法はありなのか? A銀行からチャージしたお金をB銀行に移動させる?あれ? 確か電子マネーの類って一旦チャージしたら現金に戻せないんじゃなかったっけ? こんな方法がなぜできてしまうのでしょうか? メルカリのヘルプ 疑問に思ったのでメルカリ公式アプリのヘルプを確認してみた所「チャージした残高を振り込み申請したい」と言う質問に対し、 「 メルペイ残高を現金で受け取るためには振り込み申請を行ってください」 と回答されていました。 これはつまり、チャージした金額を 振り込み申請で現金化することは可能だと言っているようなものです。 だから少なくとも今のシステムでは、A銀行からチャージしたお金をB銀行に振り込むのは可能です。 もちろんルールの厳格化などによって今後規制される可能性もあります。 実際にやってみた とはいえ実際にやってみなければ、本当にできるかわかりません。 と言うことで私は実際に 自分の口座から別の銀行の口座に振り込み申請をしてみました。 結果 この時すでに売上金が3000円ほどあったので、チャージ用講座として登録したA銀行から7000円をチャージし、メルペイ残高を1万円にしてから振り込み申請をしてみました。 普通に手数料無料でできました。 実際にこの方法は使えると言うことですね。 最後に 今回はメルカリの新サービス「メルペイ」を使って 手数料0円で銀行口座間送金を行う裏技についてご紹介しました。 メルペイはまだ始まってまもないサービスなので今後システムが変わってしまうかもしれませんが、現時点では使える仕組みです。 個人的にメルペイの仕組みはとても便利だと思うので、今回ご紹介した裏技以外にも是非メルペイを活用してみてください。

次の