モンハンアイスボーン序盤太刀。 【アイスボーン】金色の太刀毒【レア6/太刀】の性能とおすすめカスタム

【モンハンワールド】アイスボーンで強いおすすめの太刀とテンプレ装備

モンハンアイスボーン序盤太刀

(ワールドまでと防御力の基礎値が違いすぎる) 私がおすすめするのは EXタロス装備で、探索でマスターランクの 瘴気の谷に行き、 カンタロスの素材を集めるだけで簡単に作成可能です。 (達人珠II【4】は序盤で貰えます) アイスボーンでは各種属性やられ、毒、防御力DOWNなどに苦しめられることが多いため、 モンスターに合わせて耐性系の装飾品を入れ替えて対応するのがおすすめです。 また、武器については 鉄刀【神威】Iが簡単に作成できておすすめで、最終強化(鉄刀【神威】III)まですればストーリークリアまで十分使えます。 中でも ナルガクルガの防具なら3部位装備するとシリーズスキルで「真・業物/弾丸節約」が発動し、 切れ味の消費がかなり抑えられるのでおすすめです。 尚、上記の装備については、 護石と装飾品を変えればライトボウガンでもおすすめの装備になっています。 ただストーリークリア後のエンドコンテンツをスムーズに進めていくなら、 ストーリークリア前にイヴェルカーナの装備を作っておくのもおすすめです。 上記の例では 災禍転福(Lv3で効果発動中、基礎攻撃力+18、属性値に+90、状態異常の蓄積値を1. イヴェルカーナの防具はシリーズスキルで 会心撃【属性】と 冰気錬成が発動し、 属性武器や抜刀攻撃におすすめのスキルになっています。 冰気錬成が発動すると専用ゲージが表示されます。 冰気錬成ゲージがない場合のダメージ例は上記の通りです。 連続攻撃する時間が長いほどダメージ効率は落ちますが、 アイスボーンからは太刀でも新アクションの居合抜刀斬りをよく使うため、相性はそこそこ良いです。 導きの地の森林地帯Lv2でジンオウガ、Lv3でイャンガルルガ、瘴気地帯Lv6でティガレックス亜種に出会えるので、それぞれ狩猟しましょう。 また、ワールドまではスキル構成に渾身を入れるのが主流でしたが、アイスボーンからは弱体化されたのと、 クラッチクローを使うのが前提(モンスターが怒り状態になりやすい)の仕様に変更されているため、スキル構成として 挑戦者を入れるのが主流になりそうです。 12時点の最強装備としては上記の通りで、 高い会心率とシリーズスキルの達人芸により、ある程度長めの白ゲージ武器を使えば匠や業物は不要で 切れ味がほぼ落ちない(例えばモンスターがエリア移動するまで余裕)ので非常に優秀です。 上記の例では主にワールドまでで入手可能な装飾品を使っていますが、 アイスボーンから追加された装飾品次第でさらに強化可能なため、この装備が完成した後はひたすら装飾品集めを行うことになるでしょう・・ また、武器に関しては 導きの地で入手可能な素材からカスタム強化が可能になり、 REAR11の武器なら回復能力付与と会心率強化を同時に付けられるため、天上天下天地無双刀がおすすめです。 尚、挑戦者などの火力系スキルを落とせば、 護石と装飾品で耳栓Lv5や風圧耐性Lv5も付けられるため、対策装備も組みやすいのがメリットです。 野良マルチでヘルフレアで溶ける人がめちゃめちゃ多い・・ Ver. 01で追加されたラージャン装備によって組めるようになった構成ですが、 性能的にはVer. 12の装備と同等なので、持っている装飾品次第でどちらでもOKです。 そのほか、 Ver. Ver. 01からの武器 Ver. 01からは防具関連に変更はありませんが、 武器のカスタム強化枠が追加されたため、 レア11の武器に攻撃力強化I、会心率強化I、回復能力付与Iの3種類を付けれるようになり、再び 天上天下天地無双刀が最強武器候補になりました。 尚、カスタム強化に関しては以下の関連記事にまとめているので参考にどうぞ。 赤龍の封印[3](龍脈覚醒) 抜刀中に属性、状態異常値、会心率が上昇。 攻撃時にダメージを受けるが、攻撃し続けると自動回復効果を得る。 尚、覚醒武器には斬れ味強化を付けると紫ゲージを出せますが、 火力を重視するなら上の図のように攻撃力強化を一つでも多く付けた方が強い(白ゲージの維持は必須)ようです。 00からの最強装備 Ver. 00から猛り爆ぜるブラキディオスと激昂したラージャンの装備が追加され、組める装備の幅が広がり、より火力を出せるようになりました。 例えば 覚醒武器に炎王龍の武技が付いている場合は次の装備がおすすめです。 そのほか、ムフェト・ジーヴァ戦など 弱点特効があまり効果的でない相手の場合は、激昂したラージャンの装備で渾身を付けるのがおすすめです。 00からの属性特化装備 Ver. 00からアルバトリオンの装備が追加され、主に 属性特化装備に関して幅が広がりました。 特に今回追加された アルバトリオンは物理よりも属性ダメージが重要で、そういったモンスターに対しては既存の防具だとムフェト装備一式が最適です。 ただし、 近接攻撃が空振りしやすいモンスターに対しては、ムフェト装備を使うのは相性が悪い(自滅するリスクが高い)ので注意しましょう。 そのような場合については、 今回追加されたアルバトリオン装備を使うことで、特に近接向けの属性特化装備を組むことが可能です。 例えば アルバトリオンの太刀(龍属性)を使う場合は次の装備がおすすめです。 斬れ味はすぐ落ちるため、砥石使用高速化や剛刃研磨は付けた方がよい。 斬れ味はすぐ落ちるため、砥石使用高速化や剛刃研磨は付けた方がよい。 最後に 今回はモンスターハンターワールド:アイスボーンにおけるおすすめ太刀装備をご紹介しました。 ストーリークリアまでならナルガクルガの装備があれば十分ですが、エンドコンテンツもやり込んで装備を集めるなら、達人芸の装備が非常に快適なのでおすすめですよ! これから太刀装備を作成する人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

次の

【MHWアイスボーン】太刀の派生と強化先一覧【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハンアイスボーン序盤太刀

(ワールドまでと防御力の基礎値が違いすぎる) 私がおすすめするのは EXタロス装備で、探索でマスターランクの 瘴気の谷に行き、 カンタロスの素材を集めるだけで簡単に作成可能です。 (達人珠II【4】は序盤で貰えます) アイスボーンでは各種属性やられ、毒、防御力DOWNなどに苦しめられることが多いため、 モンスターに合わせて耐性系の装飾品を入れ替えて対応するのがおすすめです。 また、武器については 鉄刀【神威】Iが簡単に作成できておすすめで、最終強化(鉄刀【神威】III)まですればストーリークリアまで十分使えます。 中でも ナルガクルガの防具なら3部位装備するとシリーズスキルで「真・業物/弾丸節約」が発動し、 切れ味の消費がかなり抑えられるのでおすすめです。 尚、上記の装備については、 護石と装飾品を変えればライトボウガンでもおすすめの装備になっています。 ただストーリークリア後のエンドコンテンツをスムーズに進めていくなら、 ストーリークリア前にイヴェルカーナの装備を作っておくのもおすすめです。 上記の例では 災禍転福(Lv3で効果発動中、基礎攻撃力+18、属性値に+90、状態異常の蓄積値を1. イヴェルカーナの防具はシリーズスキルで 会心撃【属性】と 冰気錬成が発動し、 属性武器や抜刀攻撃におすすめのスキルになっています。 冰気錬成が発動すると専用ゲージが表示されます。 冰気錬成ゲージがない場合のダメージ例は上記の通りです。 連続攻撃する時間が長いほどダメージ効率は落ちますが、 アイスボーンからは太刀でも新アクションの居合抜刀斬りをよく使うため、相性はそこそこ良いです。 導きの地の森林地帯Lv2でジンオウガ、Lv3でイャンガルルガ、瘴気地帯Lv6でティガレックス亜種に出会えるので、それぞれ狩猟しましょう。 また、ワールドまではスキル構成に渾身を入れるのが主流でしたが、アイスボーンからは弱体化されたのと、 クラッチクローを使うのが前提(モンスターが怒り状態になりやすい)の仕様に変更されているため、スキル構成として 挑戦者を入れるのが主流になりそうです。 12時点の最強装備としては上記の通りで、 高い会心率とシリーズスキルの達人芸により、ある程度長めの白ゲージ武器を使えば匠や業物は不要で 切れ味がほぼ落ちない(例えばモンスターがエリア移動するまで余裕)ので非常に優秀です。 上記の例では主にワールドまでで入手可能な装飾品を使っていますが、 アイスボーンから追加された装飾品次第でさらに強化可能なため、この装備が完成した後はひたすら装飾品集めを行うことになるでしょう・・ また、武器に関しては 導きの地で入手可能な素材からカスタム強化が可能になり、 REAR11の武器なら回復能力付与と会心率強化を同時に付けられるため、天上天下天地無双刀がおすすめです。 尚、挑戦者などの火力系スキルを落とせば、 護石と装飾品で耳栓Lv5や風圧耐性Lv5も付けられるため、対策装備も組みやすいのがメリットです。 野良マルチでヘルフレアで溶ける人がめちゃめちゃ多い・・ Ver. 01で追加されたラージャン装備によって組めるようになった構成ですが、 性能的にはVer. 12の装備と同等なので、持っている装飾品次第でどちらでもOKです。 そのほか、 Ver. Ver. 01からの武器 Ver. 01からは防具関連に変更はありませんが、 武器のカスタム強化枠が追加されたため、 レア11の武器に攻撃力強化I、会心率強化I、回復能力付与Iの3種類を付けれるようになり、再び 天上天下天地無双刀が最強武器候補になりました。 尚、カスタム強化に関しては以下の関連記事にまとめているので参考にどうぞ。 赤龍の封印[3](龍脈覚醒) 抜刀中に属性、状態異常値、会心率が上昇。 攻撃時にダメージを受けるが、攻撃し続けると自動回復効果を得る。 尚、覚醒武器には斬れ味強化を付けると紫ゲージを出せますが、 火力を重視するなら上の図のように攻撃力強化を一つでも多く付けた方が強い(白ゲージの維持は必須)ようです。 00からの最強装備 Ver. 00から猛り爆ぜるブラキディオスと激昂したラージャンの装備が追加され、組める装備の幅が広がり、より火力を出せるようになりました。 例えば 覚醒武器に炎王龍の武技が付いている場合は次の装備がおすすめです。 そのほか、ムフェト・ジーヴァ戦など 弱点特効があまり効果的でない相手の場合は、激昂したラージャンの装備で渾身を付けるのがおすすめです。 00からの属性特化装備 Ver. 00からアルバトリオンの装備が追加され、主に 属性特化装備に関して幅が広がりました。 特に今回追加された アルバトリオンは物理よりも属性ダメージが重要で、そういったモンスターに対しては既存の防具だとムフェト装備一式が最適です。 ただし、 近接攻撃が空振りしやすいモンスターに対しては、ムフェト装備を使うのは相性が悪い(自滅するリスクが高い)ので注意しましょう。 そのような場合については、 今回追加されたアルバトリオン装備を使うことで、特に近接向けの属性特化装備を組むことが可能です。 例えば アルバトリオンの太刀(龍属性)を使う場合は次の装備がおすすめです。 斬れ味はすぐ落ちるため、砥石使用高速化や剛刃研磨は付けた方がよい。 斬れ味はすぐ落ちるため、砥石使用高速化や剛刃研磨は付けた方がよい。 最後に 今回はモンスターハンターワールド:アイスボーンにおけるおすすめ太刀装備をご紹介しました。 ストーリークリアまでならナルガクルガの装備があれば十分ですが、エンドコンテンツもやり込んで装備を集めるなら、達人芸の装備が非常に快適なのでおすすめですよ! これから太刀装備を作成する人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

次の

【MHWアイスボーン】太刀のストーリー攻略装備まとめ【モンハンワールド】

モンハンアイスボーン序盤太刀

スキル「 属性開放 Lv3」を発動させれば水属性600が発動するので(これがまた強い)、水属性が弱点のディノバルドやウラガンキン、ドスギルオス、テオテスカトル、パオブルムー亜種などに対して有効。 そこら辺の属性大剣より下手したら強い。 レア度は10で攻撃力759、切れ味ゲージ白、会心率15%、雷属性510と 雷属性の太刀としては序盤の最強候補の一角。 強化素材として「 惨爪竜の強硬筋」が必要になるが、探索で瘴気の谷のオドガロン(マスターランク)を狩猟すれば序盤からでも作れるようになる。 会心率が最初から15%あるのでドラケン装備の達人芸とも相性が良く、雷属性の利きやすいモンスターに対しては絶大な効果を発揮する。 トビカガチ亜種は最初は麻痺と毒で苦戦する厄介な相手かもしれないが、免疫の装衣を用意するなど、慣れてくると簡単に狩れるようになるので装備を作りやすい相手。 強化素材としてナルガクルガの「迅竜の重牙」が必要になるが、序盤から簡単に生産できる武器にしては破格の攻撃力を持ち、会心率が25%あるのでドラケン装備の達人芸との相性も良い。 作っておいて損はない。 このハンマーの強いところは高い攻撃力と会心率、そして麻痺蓄積地の高さである。 元々麻痺とハンマーの相性は良かったのだが、アイスボーンで追加された新アクション「クラッチクロー」のおかげで、アンジャナフなど 頭部の位置が高いモンスター相手でもスタンがとりやくすなったので、アイスボーンではハンマーが本当に強くなった。 今作ではベリオロスやナルガクルガなど素早く縦横無尽に動き回るモンスターも多いなか、麻痺とスタンで長時間モンスターを拘束できる麻痺ハンマーは特にマルチプレイで大活躍する。 レア度10の武器なので終盤で「 カスタム回復」を付けやすいのも評価点が高い。 ストーリークリア後の「導きの地」でも余裕で使える最強ハンマーの一つ。 【おすすめランス】トゥースランス(氷属性) トゥースランスはマスターランク6の任務クエスト「 凍てつく国の白い騎士」で登場する ベリオロスの素材から生産できる氷属性のランス。 トゥースランスのレア度は10で攻撃力は506、切れ味ゲージは白、会心率は25%で氷属性が330。 氷属性は オドガロンや ブラキディオス、 テオ・テスカトル、 アンジャナフ亜種などに有効で、特にランスとの相性が良い「 ディアブロス」や「 ディアブロス亜種」と戦うときに大活躍する。 最終強化先の「 セイバートゥース」もかなり強く、セイバートゥースは素の会心率が30%で、これに 見切り Lv7や カスタム会心を付ければ会心率が85%まで上昇する。 ベリオロスの素材から生産できるランスは終盤まで使える武器の一つなので、ランス使いならトゥースランスを一本持っておくことをおすすめします。 毒の有用性は攻撃を当ててなくても継続ダメージを入れることができること。 ランスにとって素早く動き回るベリオやナルガクルガが苦手な相手だが、毒状態にして継続ダメージを与える戦法が狙える。 空を飛ぶ頻度が多いレイギエナに対しても毒の攻撃が有効である。 毒属性武器のデメリットは部位破壊を狙うなら普通に弱点属性の武器で殴った方が早いこと。

次の