横浜 市 青葉 区 市ヶ尾 町。 青葉区 (横浜市)

『地蔵堂(横浜市青葉区市ヶ尾町)』港北・長津田・青葉(神奈川県)の旅行記・ブログ by ドクターキムルさん【フォートラベル】

横浜 市 青葉 区 市ヶ尾 町

神奈川県横浜市青葉区から絞り込み• 青葉台 0• あかね台 0• あざみ野 0• あざみ野南 0• 美しが丘 0• 美しが丘西 0• 梅が丘 0• 荏子田 0• 荏田北 0• 荏田町 0• 荏田西 0• 榎が丘 0• 大場町 0• 恩田町 0• 柿の木台 0• 桂台 0• 上谷本町 0• 鴨志田町 0• 鉄町 0• 黒須田 0• 桜台 0• さつきが丘 0• 寺家町 0• 下谷本町 0• しらとり台 0• 新石川 0• すすき野 0• すみよし台 0• たちばな台 0• 田奈町 0• 千草台 0• つつじが丘 0• 奈良町 0• 成合町 0• 藤が丘 0• 松風台 0• みたけ台 0• 緑山 0• もえぎ野 0• 元石川町 0• もみの木台 0• 若草台 0• みすずが丘 0• 奈良 0.

次の

横浜市青葉区市ヶ尾の内科・呼吸器科・アレルギー科

横浜 市 青葉 区 市ヶ尾 町

市ケ尾杉山神社|市ケ尾村の総鎮守 市ケ尾杉山神社の概要 市ケ尾杉山神社は、横浜市青葉区市ヶ尾町にある神社です。 市ケ尾杉山神社の創建年代等は不詳ながら、江戸時代初期の創建と考えられるといい、市ケ尾村の総鎮守だったといいます。 市ケ尾杉山神社の概要 社号 杉山神社 祭神 五十猛命 相殿 - 境内社 稲荷社 住所 横浜市青葉区市ヶ尾町641 祭日 例大祭10月5日 備考 -• 市ケ尾杉山神社の由緒 市ケ尾杉山神社の創建年代等は不詳ながら、江戸時代初期の創建と考えられるといい、市ケ尾村の総鎮守だったといいます。 新編武蔵風土記稿による市ケ尾杉山神社の由緒 (市ヶ尾村)杉山社 除地、五畝許、村の南の方にあり、覆屋三間半四方、内に小祠を置、南向なり、木の鳥居をたつ、例祭は年々なれども月日を定めず、神體は丸き鏡にて径り八寸ばかり、胎蔵界の大日の像を刻す、村の惣鎮守なり、持、以下三社(稲荷社・第六天社・三嶽社)ともをなじ社なり。 (新編武蔵風土記稿より) 「神奈川県神社誌」による市ケ尾杉山神社の由緒 創立年代不詳であるが、徳川初期と思われる。 新編武蔵風土記稿に記載されている。 明治初年氏子中の寄進により社殿改築、市ケ尾町総鎮守として篤く崇敬されている。 (「神奈川県神社誌」より)  市ケ尾杉山神社の周辺図 市ケ尾杉山神社 参考資料• 新編武蔵風土記稿• 神奈川県神社誌 •

次の

総合格闘技ジムmove

横浜 市 青葉 区 市ヶ尾 町

4,112,395アクセス• 横浜市青葉区市ヶ尾町にある地蔵堂は千日の托鉢によって建立されたために「千日堂」ともいう。 毎年11月30日には、「お十夜講」が行われ、鉦や太鼓を打ち鳴らしながら念仏を唱える双盤念仏が伝わっている。 この双盤念仏は江戸時代中期から始まったといわれ、横浜市の無形文化財に指定されている。 旧大山街道を下って行くと庚申塚が見える。 5体2列に並んでお地蔵さまと庚申塔が建っている。 全てが赤い前掛けや赤い頭巾を被った10体(基)が見えるが、お地蔵さまが7体あり、七地蔵である。 六地蔵と1体のお地蔵さまかとも思ったが、供養六十六部や寒中巡行念仏などが成就して建てられた碑にお地蔵さまを彫ったものであろうか。 建立年がばらばらであり、地蔵堂前に奉納されたお地蔵さまが7体になっただけであろう。 うち、3体は最近になって建立されたものであるが、台座は古いものである。 他に、後列には庚申塔(享保10年(1725年)銘)と石仏(慶應3年(1867年)銘)、前列には庚申塔がある。 前列端の庚申塔には不動明王像が彫られ、向かって左には「大山みち」、右には「江戸みち」と彫られており、道標にもなっている。 しかし、不動明王像の足元に三猿が彫られているので庚申塔である。 17世紀に建立されたお地蔵さまと19世紀に建立された石仏があるが、それ以外は18世紀に最初に建立されたものであり、この地に地蔵堂が建てられたのは双盤念仏が始まったとされる江戸時代中期が妥当なところだろう。 (表紙写真は庚申塚と地蔵堂).

次の