うどんこ病 木酢液。 カボチャのうどん粉病には竹酢液。

カボチャのうどん粉病には竹酢液。

うどんこ病 木酢液

木炭は、昔はそのほとんどが暖房用、調理用の燃料用としての需要ばかりでしたが、近年、自然指向の生活の中で、バーベキュー用燃料のほかにその多様な効能が見直されています。 木炭は、材木を炭焼き壺で焼いて炭化させたものです。 この精製段階で材木の水分が蒸発して、その後に微細な孔がたくさんできます。 この孔が非常にすばらしい機能を持っています。 炭1グラム当たりの表面積は、なんと200〜300平方メートルにもなります。 この微細な孔がいろいろな物質を吸着する効果を持っています。 冷蔵庫の臭い消しも、この木炭の吸着性を利用したものですし、水道水のろ過器もこの木炭が微細なごみや臭いを吸い取る機能を利用したものです。 特に水中に微量に溶けている薬品類はつかまて放さない性質があります。 これは、水、空気の浄化に約立ちます。 また、炭は窒素の塊で、空気と水分を豊富に含んだアルカリ性の強い物質で、この炭を土の中に置くと土の中に住みながら生存競争に弱い微生物が、炭の中に逃げ込んできます。 まずやってくるのが空気中の窒素を固定するアゾトバクターという細菌だということです。 窒素といえば、リン酸、カリとともに植物が育つためには、欠かすことのできない大事な物質です。 つまり、炭は土の中にいて植物の成長を助ける微生物に暮らしやすい環境を提出するわけで、優れた土壌改良剤になるわけです。 炭には湿度調節の機能もあります。 家の床下や押入など湿気のこもるところに炭を置くと露ができなし、湿気を取ります。 また、逆に空気が乾燥しすぎると、今度は水分を放出して炭は乾き、空気中の湿度を調節します。 ふつう家庭用の風呂に、木炭の塊、300グラムを布袋に入れ使用します。 使う炭はなるべく硬質で重い炭がよく、ない場合は袋に石と一緒に入れて使います。 湯あかを防ぎ、湯をまろやかにするそうです。 タイ米など臭いの強いご飯を炊くときに炭を入れると臭いがなくなりおいしく炊けます。 このときは硬質の炭で水あらいをしてから使います。 普通の米でもおいしく炊けるそうです。 昔から腹をくだしたときは炭粉を飲むと回復すると言われています。 木炭には有効ミネラルが含まれているので動物は一般に炭が好物だということです。 このときはマツ炭などやわらかい炭がいいです。 野菜や果物を保存するときに、木炭を一緒に入れておくと、木炭がエチレンを吸着して、鮮度が長持ちするそうです。 酸性土を中和するほか、土中の保水性や通気性を高め、カリウムなどの肥料効果もある。 また太陽熱を吸収して、土の表面温度を下げる。 木酢液をまくとネコブセンチュウを殺す効果がある。 連作障害もなくす。 植えるときの穴や植木鉢の底に粉炭をしく。 余分な水は炭の穴や間から流れて、逆に微小な穴に水をためるので水もちもよくなる。 木炭をまとめて網袋に入れて川底や浄化槽に沈める。 不純物を吸着するほか 微生物を育てて有機物の分解を進め、 水をきれいにする。 家畜などに餌と混ぜて食べさせる。 胃腸の調子がよくなり、健康になるほか、糞のにおいが弱まる。 肉や卵の味もよくなる。 木酢液も同様。 木酢液とは、木材炭化の副産物として、煙を冷却することで生成されるこげ臭い茶褐色の液体です。 炭窒木酢液は微粒子の霧のような状態で排煙されます。 その際、冷却装置(竹やステンレス、その他)に導いて空冷または水冷したり、障害物に触れるようにして生成します。 PHは約3で大部分が水分で、その主成分は酢酸です。 他に成分は200種近い微量成分から成ります。 5%、フェノール類0. 1〜0. 5%、その他アセトン、メタノールなど微量成分を含みます。 これら微量要素のために木酢液には、特異な用途があります。 木酢液の特徴は、原液では、殺菌効果が認められ30〜500倍にうすめると微生物の増殖効果があります。 また、植物の成長、阻害や成長促進作用が木酢液成分の中にあり、無公害で理想的な土壌改良剤です。 品目 病害虫名 使用法 ピーマンですが、根の張り方が悪いので追肥をしましたら、雨のためにそれが効きずて、根が黒くなり瀕死の状態になってしまいました。 そこへ100倍の木酢液をひしゃくで1本1本にかけたところ、3日後、白根が出始め木酢液の威力を感じました。 トマト センチュウ 50倍液を株元へ灌水 トマト ウイルス 200倍液を1週間おきに 散布 トマト、キュウリ ネコブセンチュウ 100〜200倍液の株元へ 灌水 私のうちでは、ナスにもトマトにも、木酢液を使いますが、造花のようにばりばりした葉が出るのが特徴です。 硬いから虫にも病気にも強く、食べきれないほど実がなります。 キュウリ うどんこ病、べと病 ニンニク入り木酢液200の葉面散布 キュウリ、ナス うどんこ病、灰色かび病 活性炭+300倍液 ピーマン センチュウ 1,500〜2,000倍液を灌水がわり3回散布 ハクサイ、キャベツ 根こぶ病 木酢入り半生堆肥施用 果物の糖度が上がります。 ナシやモモで2度、ブドウなら3度〜6度も上がるそうです。 リンゴ 腐らん病 50倍液を1週間おきに2回散布 ブドウ うどんこ病、ダニ 50倍液の散布 樹木、観葉植物 カイガラムシ 200倍液を2〜3回配布.

次の

防除剤:苦土石灰上澄み液 : 菜園おじさんのエコ野菜づくり

うどんこ病 木酢液

木酢液 Rose Centifolia Redoute, Pierre Joseph 木酢液 木酢液とは 炭を焼く過程で、煙が出ますが、この煙を冷やして液化した部分(粗木酢液と呼ぶ)を放置しておくと、三つの層に分離します。 一番上層に軽油質、一番下層にタール分が分離されますが、この両層にはさまれた部分が木酢液です。 木酢液は紅茶色をした酸性の液体で、水を除く第一成分は酢酸(約3%)ですが、このほかにも推定200種以上の成分が含まれているといわれています。 現在では、このような炭焼きがまから採取されるもの以外に、製材くず、かんなくず、おがくず、樹皮くず(バーク)、建設廃材などを原料に工業的に製造されるものもあります。 適切な原料は 葉面散布に用いるには、広葉樹を原料にしたものが最も適切だといわれています。 針葉樹を用いると、その精油成分(テルペン類)が、害になることがあります。 また、輸入木材は海水に浸っている時間が長いため、塩素化合物が混入する可能性があり、建築廃材はペンキやシロアリ防虫剤などが混入する危険があります。 私はこれまでに4種類の木酢液を使用しました。 3種類は広葉樹系、ひとつが、おがくず系です。 おがくず系の方が安価ですが、臭いが明らかにきつく、高濃度の葉面散布用には疑問でしたので、これは土壌灌注用に使っています。 使い方 1.葉面散布 殺菌効果を狙うなら、希釈倍率は100倍未満と言われています。 オールドローズでは、もいます。 私も最初は20倍でHTとFLに使っていましたが、これでもうどん粉病、黒点病は十分な制御はできませんでした。 また、このような高濃度では、早朝散布を遵守しないと薬害発生の可能性が高くなります。 一般的には200〜1000倍程度の濃度(つまり殺菌作用のない濃度範囲)で用いるのが安全と考えられます。 しかし、そもそも葉面散布で殺菌作用を期待するのは、無理があるように思えます。 濃度的には上記のように、薬害発生濃度と殺菌効果の現れる濃度が接近していることが、その理由です。 また、経験的には、木酢液単独の散布では、逆にうどん粉病の発生を助長する場合がありました。 私の勝手な推測ですが、木酢液散布後のベタベタで、空中を浮遊するうどん粉病胞子をトラップしやすくし、また木酢液中のアミノ酸と、木酢散布に起因する葉中のアミノ酸濃度上昇が、うどん粉病胞子の発芽を促しているのではないかと思えます。 したがって、木酢液は植物の健康増進をはかるのを主眼に使用し、殺菌・殺虫はほかの物質を混合して用いるのがもっとも効果的ではないかと考えています。 混合する物質は、通常の化学農薬から、天然の殺菌成分まで、酸性液体中でおかしな反応を起こさないものなら、たいていのものが使えるはずです。 混合不可のものは、重曹、カリグリーン、ボルドー液など酸と反応してしまうアルカリ性のものです。 また、 ダコニールもpH5より酸性側では不安定になるので、混ぜないほうが無難です。 なお、油との混合も、どのようなことになるか予想できません。 かえって効果が高まることもあるかもしれませんが... 一部の液肥との混合も、長時間放置後に変色が進む場合があることから、積極的には勧められません。 事前確認が必要です。 私は、 で、良い結果を得ています。 2.土壌施用 植えつけまえの土壌に、殺菌目的で使用する場合は、 20〜30倍程度の希釈率で十分にしみ込ませます。 土壌に施用する場合は、ミミズなどがビックリして飛び出してくるのを目撃できるでしょう(ホントに「飛び出し」てきます)。 施用は、植え込みの1週間以上前に、行っておくこと。 また、生育がおかしいとき100〜200倍に希釈して施すと、株がしゃんとすることがあります。 液肥を与えている場合には、これに混合してやっても良いですが、前述の点に注意。 3.根頭癌腫病の治療 根頭癌腫病は、これまで治療不可能で、罹ったら、株を抜き取って焼却するのが唯一の処置と言われていました。 しかし、最近、根頭癌腫病を治療したという報告がいくつか目につきます(下記)。 癌腫病患部に尿素の粒を置く• (有効成分は桂皮アルデヒド)を患部に塗る これらを眺めていて、ふと、「有機酸を試してみよう」と思いつきました。 ちょうど折よく?(かどうか知りませんが...)癌腫を発見した株が一つありましたので、こいつを実験台に、有機酸の代表である木酢液を試してみました。 原液で患部を洗うようにして20ccほどふりかけて様子を見たところ、数日後には患部の「こぶ」が縮小し始めました。 その後月3回程度の頻度で、原液ふりかけを続けたところ、数カ月後には跡形もなく消滅しました。 通常、癌腫病の患部は、時間とともにボロボロに崩れてくるといわれていますが、それとは異なった変化だと思います。 この株は、その後再発もせず、今年も元気にしています。 その後、数株が癌腫に侵されているのを発見しましたが、そのどれもが、木酢原液により治療できました。 今年もすでに多くのつぼみをつけています。 冬の植えかえ時に発見したときは、上記処置を行うと同時に、根を洗った後で 8倍程度に希釈した木酢液中に20〜30分浸けてから植え込みます。 これはネマトーダ(せん虫)の駆除にも使えます。 散布上の注意(重要) 木酢液を噴霧器で散布する場合には、必ず以下の注意を守ってください。 (1)マスク、保護眼鏡の着用 木酢液中には、多くの有効成分のほかにフェノール、クレゾールなどの有害物質も微量ながら含まれています。 また、十分精製されていない製品にはベンツピレンなどの発がん物質も残っています。 また、フェノール類が含まれているということは、将来、環境ホルモンに指定されるであろう物質も含有されているかもしれないと見るのが安全です。 したがって、この霧を直接吸い込むのは賢明とはいえません。 これらのリスクを軽減するためには、高度精製された木酢液(たとえば入浴用木酢液など)を用いるの手もかもしれませんが、この場合には有効成分も少なくなっているのを覚悟すべきです。 マスクは活性炭入りがベストですが、なければ普通のマスクを水で湿らせて用います。 散布後にはうがいをして目を洗いましょう。 木酢液をバラ栽培で紹介されたことで有名な方が、最近発売されたガーデニングの某有名雑誌に看過できない記事を発表されました。 『木酢液には発ガン性があるのではないかという意見を聞いたことがあります。 本当ですか。 』という問いに対し、 『木酢液に発ガン物質が含まれているおそれがある、と いうのは、粗悪な木材が原料として使われた場合のこと でしょう。 良質の木酢液は、原材料を吟味し、製造過程 をきちんと管理し、醸成期間をおいて精製されています。 信頼できる製品を選ぶことが一番です。 』 だそうです。 冗談じゃありません、呆れました。 発ガン物質抜きの木酢液というのは、徹底して蒸留されて有効成分がトンでしまったものか、色の付いた酢酸液(つまりニセモノ)です。 どちらも園芸用としては使いものにならない代物ですので手を出さないようにしましょう。 最近園芸店でもよくみかける「入浴用」なども、お金の無駄です。 有害成分が除去されているということは、園芸用の有効成分も含まないただの色水だということです。 この方が使用されている製品も、このような気の抜けたものなのでしょうか? だから20倍でも薬害がでないのかもしれません... (2)希釈濃度は原則100倍以上 の影響で、高濃度散布を試して失敗する人が増えています。 私自身20倍希釈で1シーズン試し、一定の効果は見ていますので、注意深く行えば、この濃度でも使えることは間違いではありません。 しかし、 ・早朝散布(朝6時以前) ・散布前(前夜あるいは数時間以上前)の十分な灌水 を厳守しない限り、葉の波打ちや茎の変色等の薬害を経験することがあります。 (3)ベランダで散布する時はコンクリートにかけない コンクリートは酸を嫌います。 コンクリートのアルカリ性を中和するからです。 大量にかからないようにしましょう。 こぼした場合は十分に水洗いしておきます。 アルミサッシなどにかかった場合も、同様に洗浄します。 書籍の選択には注意を要します。 「なんでもかんでも木酢ありがたや!」は避けるようにしましょう。

次の

防除剤:苦土石灰上澄み液 : 菜園おじさんのエコ野菜づくり

うどんこ病 木酢液

トマトの病気のモザイク病(ウイルス病)に対する木酢液の効果 ウイルスが原因で発生するトマトの病気には、モザイク病、黄化葉巻病、黄化えそ病などがあるようですが、下の写真に写っているトマトには葉巻やえそ斑点も見られないので、個人的にはモザイク病ではないかと思っているので、ここではモザイク病と記載しています。 トマトの病気のモザイク病に対する木酢液の効果と使い方 モザイク病などのウイルス病を治療する薬剤や予防する薬剤は、現在のところ市販されていないようですが、トマトがモザイク ウイルスに感染しても木酢液を使用することで、症状の発生をある程度抑える効果が期待できるので紹介します。 今のところ、モザイク病に対して木酢液の効果が期待できますが、薬剤に対して耐性を持った菌が現れるように、木酢液の効果が今後も期待できるとは限らないとも思っています。 使用している木酢液の成分と品質です。 モザイク病の症状を軽くする木酢液の効果 写真はモザイク病で、頂部が叢生状(そうせいじょう)となってしまったトマトです。 このトマトに毎日のように木酢液を散布しているので、萎縮しないで写真に写っているような姿になっているのだと思っています。 このモザイク病のトマトに、毎日のように木酢液を散布して2ヶ月たった頃、正常と思われる脇芽が出てきたので、叢生状の部分を写真に写っている黄色の矢印のところから切り取っています。 (反対側からの写真) モザイク病の発病を抑えるための木酢液の使い方 モザイク病が、トマトに発病してから木酢液を使用しても正常な脇芽が出るまでに、1ヶ月半から2ヶ月以上かかります。 しかし、育苗中からトマトに木酢液を使用することで、モザイク ウイルスに感染しても発病を抑える効果が期待できるので紹介します。 現在、トマトを3年連作していて、10本中1本の割合で奇形の葉をもった少し生育の劣った株ができます。 この奇形の葉のトマトに、毎日のように木酢液を散布することで、1ヶ月たった頃に正常な株に戻る場合があります。 トマトの育苗中の木酢液の使い方 具体的な育苗中の木酢液の使い方としては、以下のように行っています。 日光に十分当てた苗に使用しています。 (日光に十分当てた苗でないと葉焼けの恐れがあるため)• 1回目、木酢液の原液を200倍に薄めた液を苗全体に散布。 2回目以降、木酢液の原液を100倍に薄めた液を苗全体に散布。 木酢液を散布した日と次回散布する日の間隔をある程度あけています。 木酢液の散布は、晴れた日の午前中に行っています。 育苗中、最低3回は木酢液を散布しています。 トマトを定植してからの木酢液の使い方 トマトを定植してからの木酢液の使い方としては、以下のように行っています。 トマトの苗を定植したら根元に水をかけると思いますが、水ではなく木酢液の200倍液をかけています。 トマトの苗を定植してからは、1週間に1回のペースで木酢液の100倍液をトマトの株全体に散布しています。 木酢液を散布する日は、午前中に散布した木酢液が午後には乾くと思われる日に散布しています。 木酢液には疫病を予防する効果はないので、疫病の発病するシーズン前に疫病を予防する薬剤の散布を行ったうえで、木酢液を散布しています。 トマトの実にできる少しへこんだ褐色の斑点(えそ) 外見上は正常に見えてもモザイク ウイルスに感染しているので、下の写真に写っているような褐色の斑点(えそ)がトマトの実に発生しますが、それほど多くの実に発生することはありません。 このトマトの実の褐色の斑点は、しだいに拡大して腐っていきます。 スポンサーリンク.

次の