天王寺 アポロ シネマ。 あべのアポロシネマ|上映時間・スケジュール

あべのアポロシネマ

天王寺 アポロ シネマ

2020. 26 NEW アポロビル1F「BrandCity」店は5月25日 月 をもちまして営業を終了いたしました。 長らくのご愛顧ありがとうございました。 2020. 6階トイレをご利用いただきますようお願いいたします。 2020. 16 NEW アポロビルトイレリニューアル工事のお知らせ 6階トイレの工事が完成し、2020年5月16日 土 より利用を開始いたしました。 2020. 15 NEW アポロビル12F「秋しぐれ/星の奏」店は5月15日 金 をもちまして営業を終了いたしました。 長らくのご愛顧ありがとうございました。 2020. 16 NEW ルシアスビル16F「夜景とフォンデュ BOLERO ~ボレロ~」店は4月15日 水 をもちまして営業を終了いたしました。 長らくのご愛顧ありがとうございました。 2019. 16 アポロビルトイレリニューアル工事のお知らせ 地下3階トイレの工事が完成し、2019年12月9日 月 より利用を開始いたしました。 2019. 02 アポロビルトイレリニューアル工事のお知らせ 地下2階トイレは工事が完了し、2019年11月30日 土 より利用を開始いたしました。 2017. 27 ホームページに多言語対応ページを開設しました。 2017. 19 アポロビル45周年を記念しまして 6月19日サイトリニューアル! アポロビル10F『肉匠 かど家』で打ち上げ!! 近い将来統合する両大学の学生の交流を深めること、両大学の知名度向上、そして学生の力で阿倍野を中心とした街の地域活性化を目指しております。 売れないデスメタルバンドのボーカルをしている彼女は、ライブで「一度死んでくれ!」と父への不満をシャウトするのが日常だった。 そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが。 実は計が経営する製薬会社で発明された「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。 ところが、計を亡き者にしようとするライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに…! 大嫌いだったはずの父の、絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている計の秘書・松岡とともに、父を救うため立ち上がることに! 火葬までのタイムリミットは2日間。 はたして七瀬は無事、父を生き返らせることができるのか!?.

次の

天王寺『あべのアポロシネマ8』で映画を平日1100円で観る方法

天王寺 アポロ シネマ

概要 [ ] に開館した「アポロ座」がアポロビルの前身で、アポロビルもアポロ座同様にが設計し、開業当初はの壁画が話題を呼んだ。 アポロ座の名称は、アメリカの「」とは直接関係はない。 ただ、アポロビル開業3年前(1969年)のによる月面着陸成功に影響を受けたのか、ビルの外観はロケットの形を模しているようにも見える。 またビルの床面積は、そのロケットの主翼デザインが途切れる、9F以上は半分程に狭くなっており、その段差を利用して9F南側にはテラスが用意されている。 現在のアポロビルは、アポロ座の流れを汲む(あべのアポロシネマ)を核テナントとし、書店や飲食店、などが入居している。 隣接する再開発ビル「」とは連絡通路で複数階が繋がっており、が両ビルを一体運営している。 とも連絡通路で地下1階・地下2階が繋がっているほか、とは道路を挟んで接している。 エレベーターは営業用が4機&業務用が2機あり、エスカレーターは地下2F~地上4F間は昇降2機運用で、4F~5Fは昇りのみの1機運用となっている。 バリアフリー化に関しては、創業当時の構造を多く残したままで進んでおらず、エレベーターは狭小ながら付き添い1人と何とか乗り込めるが、主施設が集中する4階のルシアス連絡通路には、高低差の影響でエスカレーターが挟まれており、車椅子移動は出来ない。 ビル正面には行きの乗り場が設置されている。 駐車場は地下に備えられ、1998年まではアポロビル1Fが入口となっていたが、隣接するルシアス開業で併合され、入口もそちらに移動している。 商品搬入口&廃棄物搬出口も同様である。 沿革 [ ]• (25年) - 株式会社近畿映画劇場(現・株式会社きんえい)が当地に映画館「アポロ座」を開館• (昭和31年) - と近畿映画劇場の共同出資で「近映興業株式会社」を設立• (昭和32年) - アポロ座を拡張し、「阿倍野セントラル」「あべの劇場」「阿倍野シネマ」を併設した「アポロ会館」となる• (昭和34年) - アポロ会館に隣接していた映画館「近映座」を「食堂ビル ニューアポロ」に業態変更• (昭和43年) - アポロ会館南側の映画館「あべの名画座」(後の「アポロシネマ8プラス1」)を「新名画ビル」に建替え、あべの名画座は地下に移転する• (昭和45年) - 株式会社近畿映画劇場が近映興業株式会社を合併。 アポロ会館と食堂ビル ニューアポロを解体し、建物を一体化した総合ビル建設に着手• (昭和47年)7月 - 「 近映レジャービル アポロ」として開業。 館内に映画館「アポログリーン」「アポロローズ」(現・「あべのアポロシネマ」のスクリーン1・2)を開設• (昭和52年) - 食堂・喫茶部門の経営を、新たに設立した「近映産業株式会社」に委託する• (昭和63年) - 近映産業株式会社が解散。 食堂・喫茶部門の経営を「キンエイサービス株式会社」に委託• (8年) - アポロビル低層階をリニューアル• (平成10年)12月 - 開業。 従来の「アポログリーン」「アポロローズ」に6スクリーンを追加したシネマコンプレックス「アポロシネマ8」開設(8スクリーン)。 (それと同時期に、株式会社近畿映画劇場が「株式会社きんえい」に社名変更)• (平成11年) - あべの名画座を「アポロシネマ8プラス1」に名称変更• (平成18年) - キンエイサービス株式会社が解散。 食堂・喫茶部門の経営を「アポロサービス」に委託• (平成19年) - アポロシネマ8プラス1がに伴い閉館(現在はの一部)• (平成22年) - アポロシネマ8にを導入(最初の3D上映作品は「」)• (平成25年) - アポロシネマ8が、劇場名称を「あべのアポロシネマ」に改称• (平成29年) - 「あべのアポロシネマ」に9番目のスクリーン「プラスワン」が9年半振りに(館内に)復活し、全9スクリーンとなる(プラスワンが新設される場所に元々あった「シネマサロン」はあべのルシアス15階に移転) 主なテナント [ ]• - 夏季限定でテラスにてビアガーデンを開設• 過去に出店していたテナント [ ]• - に移管。 - 2Fの喜久屋書店の場所にあった。 閉店後にやブックスオオトリが入居したが撤退。 旭屋時代は2F南半分で営業していた。 - に移転。 ASPA - 1994年頃まではゲームセンターと称される施設は「ASPA 6」の店名で6Fにあり、運営は現:と地元企業が担っていたが、その後セガワールドは「ASPA 3」として3Fに、地元企業は「ASPA 4」として4Fに移転し、後者は2012年に現タイトーFステーションに移管。 アポロホール - 6Fのカラオケ店「コート・ダジュール」の場所にあり、大阪映画センター主催の上映会「カルチャー・シネサロン」や、らが出演する「あべの寄席」などの会場として利用されていた。 ホール自体はのレッスン場を流用したものであった。 あべのアポロシネマ [ ] あべのアポロシネマ 情報 正式名称 あべのアポロシネマ 旧名称 アポロシネマ8 アポログリーン・アポロローズ 完成 開館 収容人員 (9スクリーン)1859人 用途 映画上映 運営 株式会社 所在地 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号 あべのアポロビル4階 4階 アクセス 各線・・から徒歩約5分 外部リンク 概要 [ ] 座席数 [ ]• スクリーン1 - 300席 +(車椅子席:2席)• スクリーン2 - 188席 +(2席)• スクリーン3 - 214席 +(2席)• スクリーン4 - 294席 +(2席)• スクリーン5 - 185席 +(2席)• スクリーン6 - 229席 +(2席)• スクリーン7 - 210席 +(2席)• スクリーン8 - 181席 +(2席)• スクリーンプラスワン - 41席 +(1席) 交通 [ ] とは地下通路で繋がっており、徒歩5分ほど。 ・とも同様に地下通路で直結している。 天王寺 きんえいアポロビル 脚注・出典 [ ] [].

次の

あべのアポロシネマ|上映時間・スケジュール

天王寺 アポロ シネマ

概要 [ ] に開館した「アポロ座」がアポロビルの前身で、アポロビルもアポロ座同様にが設計し、開業当初はの壁画が話題を呼んだ。 アポロ座の名称は、アメリカの「」とは直接関係はない。 ただ、アポロビル開業3年前(1969年)のによる月面着陸成功に影響を受けたのか、ビルの外観はロケットの形を模しているようにも見える。 またビルの床面積は、そのロケットの主翼デザインが途切れる、9F以上は半分程に狭くなっており、その段差を利用して9F南側にはテラスが用意されている。 現在のアポロビルは、アポロ座の流れを汲む(あべのアポロシネマ)を核テナントとし、書店や飲食店、などが入居している。 隣接する再開発ビル「」とは連絡通路で複数階が繋がっており、が両ビルを一体運営している。 とも連絡通路で地下1階・地下2階が繋がっているほか、とは道路を挟んで接している。 エレベーターは営業用が4機&業務用が2機あり、エスカレーターは地下2F~地上4F間は昇降2機運用で、4F~5Fは昇りのみの1機運用となっている。 バリアフリー化に関しては、創業当時の構造を多く残したままで進んでおらず、エレベーターは狭小ながら付き添い1人と何とか乗り込めるが、主施設が集中する4階のルシアス連絡通路には、高低差の影響でエスカレーターが挟まれており、車椅子移動は出来ない。 ビル正面には行きの乗り場が設置されている。 駐車場は地下に備えられ、1998年まではアポロビル1Fが入口となっていたが、隣接するルシアス開業で併合され、入口もそちらに移動している。 商品搬入口&廃棄物搬出口も同様である。 沿革 [ ]• (25年) - 株式会社近畿映画劇場(現・株式会社きんえい)が当地に映画館「アポロ座」を開館• (昭和31年) - と近畿映画劇場の共同出資で「近映興業株式会社」を設立• (昭和32年) - アポロ座を拡張し、「阿倍野セントラル」「あべの劇場」「阿倍野シネマ」を併設した「アポロ会館」となる• (昭和34年) - アポロ会館に隣接していた映画館「近映座」を「食堂ビル ニューアポロ」に業態変更• (昭和43年) - アポロ会館南側の映画館「あべの名画座」(後の「アポロシネマ8プラス1」)を「新名画ビル」に建替え、あべの名画座は地下に移転する• (昭和45年) - 株式会社近畿映画劇場が近映興業株式会社を合併。 アポロ会館と食堂ビル ニューアポロを解体し、建物を一体化した総合ビル建設に着手• (昭和47年)7月 - 「 近映レジャービル アポロ」として開業。 館内に映画館「アポログリーン」「アポロローズ」(現・「あべのアポロシネマ」のスクリーン1・2)を開設• (昭和52年) - 食堂・喫茶部門の経営を、新たに設立した「近映産業株式会社」に委託する• (昭和63年) - 近映産業株式会社が解散。 食堂・喫茶部門の経営を「キンエイサービス株式会社」に委託• (8年) - アポロビル低層階をリニューアル• (平成10年)12月 - 開業。 従来の「アポログリーン」「アポロローズ」に6スクリーンを追加したシネマコンプレックス「アポロシネマ8」開設(8スクリーン)。 (それと同時期に、株式会社近畿映画劇場が「株式会社きんえい」に社名変更)• (平成11年) - あべの名画座を「アポロシネマ8プラス1」に名称変更• (平成18年) - キンエイサービス株式会社が解散。 食堂・喫茶部門の経営を「アポロサービス」に委託• (平成19年) - アポロシネマ8プラス1がに伴い閉館(現在はの一部)• (平成22年) - アポロシネマ8にを導入(最初の3D上映作品は「」)• (平成25年) - アポロシネマ8が、劇場名称を「あべのアポロシネマ」に改称• (平成29年) - 「あべのアポロシネマ」に9番目のスクリーン「プラスワン」が9年半振りに(館内に)復活し、全9スクリーンとなる(プラスワンが新設される場所に元々あった「シネマサロン」はあべのルシアス15階に移転) 主なテナント [ ]• - 夏季限定でテラスにてビアガーデンを開設• 過去に出店していたテナント [ ]• - に移管。 - 2Fの喜久屋書店の場所にあった。 閉店後にやブックスオオトリが入居したが撤退。 旭屋時代は2F南半分で営業していた。 - に移転。 ASPA - 1994年頃まではゲームセンターと称される施設は「ASPA 6」の店名で6Fにあり、運営は現:と地元企業が担っていたが、その後セガワールドは「ASPA 3」として3Fに、地元企業は「ASPA 4」として4Fに移転し、後者は2012年に現タイトーFステーションに移管。 アポロホール - 6Fのカラオケ店「コート・ダジュール」の場所にあり、大阪映画センター主催の上映会「カルチャー・シネサロン」や、らが出演する「あべの寄席」などの会場として利用されていた。 ホール自体はのレッスン場を流用したものであった。 あべのアポロシネマ [ ] あべのアポロシネマ 情報 正式名称 あべのアポロシネマ 旧名称 アポロシネマ8 アポログリーン・アポロローズ 完成 開館 収容人員 (9スクリーン)1859人 用途 映画上映 運営 株式会社 所在地 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号 あべのアポロビル4階 4階 アクセス 各線・・から徒歩約5分 外部リンク 概要 [ ] 座席数 [ ]• スクリーン1 - 300席 +(車椅子席:2席)• スクリーン2 - 188席 +(2席)• スクリーン3 - 214席 +(2席)• スクリーン4 - 294席 +(2席)• スクリーン5 - 185席 +(2席)• スクリーン6 - 229席 +(2席)• スクリーン7 - 210席 +(2席)• スクリーン8 - 181席 +(2席)• スクリーンプラスワン - 41席 +(1席) 交通 [ ] とは地下通路で繋がっており、徒歩5分ほど。 ・とも同様に地下通路で直結している。 天王寺 きんえいアポロビル 脚注・出典 [ ] [].

次の