コニイ。 マイクル・コニイ

合同会社 コニイ CONNIE LLC OFFCIAL SITE

コニイ

この項は記事の上『』のが 多数ある点をご了承願う。 これより下はで突っ走っていただきたい。 どうせみんないなくなるとは、的な殴り書きである。 なんでこんな概要書いた! 言え! それは『 以下、 』のとして終了後にされた『 以下R 』での出来事である。 多くのが知る通り、ではももそれまでの注度合いすらも問わず次々とがし、同化され、倒れていく(いなくなる)。 当然、にあたるRでは以上に技術や経験、などが不足しており、その致死率はのではなかった(運用及び実戦がない、・共に周りも不全、性も心許い)。 作中ではそんな的状況下の中、やAl職員達が歓談用のの柱に皆を励まし合うを始めた。 これが総ての始まりである。 当初こそ「」「」「次も頑ろう」「良くやった」「生きて帰る」などとても前向きな書き込みであったが、時間が長引く中で一人、また一人と達に同化現が発露し、砕けては飛び散っていく。 達の精も憔悴し始め、次第に件の書き込みの中にも暗い物(「帰りたい」「く両親に」など)が増えていく。 それでもである僚や未はギリギリまで精を保っていたのだが、一件の書き込みが全てを台しにする。 い な く な み ん な る ど う せ 面全体を覆う「 」「まだぁ~?」「 生き残る」「 お願い く」「 く! くく」「 」「 帰りたい」「 は ここに いる」という書き込みの上から、全てを否定するようにこのような殴り書きが行われたのである。 書いたのはの剛。 直後に僚に 『野郎!なんであんな事書いた! 言え!なんでだ!』と昂されるも、剛自身も書いたことを非常に後悔しており、詰め寄られてを流す(既にこの段階では半分の四名にまで減っていた)。 ゆえの恐怖が次第に狂気に変わっていくのである。 そして次の出撃で剛は…… ちなみに、本が具体的にどれだけ的だったかと言うと……• の一部を切り離し、小として機させて外へ脱出。 を引きつけながら航行する事により、への侵攻までの時間を稼ぐという( の切りとえば分かりやすい)。 冒頭で述べたように運用、の経験含めて 総て。 によるとの経験もどい。 ・本の位置をにされる事を回避するため、 期間中、あらゆる外部連絡、からの離脱を禁止。 の運行すらにされた自動操縦で一人知らされていない。 さらに了時間まで帰還禁止(上記の件も合わせてほぼ璧な)。 装備、、人員などの補給などは上一切し(後に封印されていたから時限式になどの補給品が行われる事が判明する)。 このに投入されたは僚と未含めて八人、は四機。 当然これらの補充はできない。 しかし、投入されたはと呼ばれる試作。 中でに使われていたゥンデルとかなりの差がある。 最も大きな特徴は読心対策の・が各機それぞれに搭載されていること。 い話が 同化現が物凄いで進行する(一回ので約15分と言う時間制限付きの制の上で、八人四機を乗り回していたにも関わらず、最初のは二週間ほどで終盤ののような状態に。 一ヶって一人が砕けていなくなった)。 この件もの心身に多大な負荷となっていた。 なお、あまりの苛さと率の低さにであったなどと言い表される事もあるが、発案者の生駒もを承認した皆蔵もあくまで皆の生還を信じてを立てていた(最後の脱出用潜艇の収容人数が参加者と同じ人だった等)。 どれだけ的であっても 当初から特攻などを的としたではなかった事も記載しておく。 上ではこの(もしくはこれをもじったもの)が出ると、「野郎!なんでした!言え!なんでだ!」と返すのがとなっている。 一部、悪などもあるかもしれないが、彼らだってなにもふざけてやっているだけとは限らないのだ。 最後に…… 野郎! なんでこんな記事書いた! 言え! 関連商品はここにある! あんな事書いた結果 我々は、この関連項目を私によって理解した• 余談 昨今、このが多くの作品やで叫ばれる事が多くなったが、前述したようにL計画は最初からのを願って立案され実行されたものである。 の中から生まれた言葉だが、決して意味に命を散らすためでなく、でを守るため、生き残るため、を繋ぐために戦い、いなくなった者たちのなき叫びから生まれた言葉だ。 どうか時にはその生と死の循環の意味を理解して欲しいと筆者は願う。 この記事を見てくれるがいる事を、祈っている。

次の

マイクル・コーニイの気恥ずかしさ

コニイ

この項は記事の上『』のが 多数ある点をご了承願う。 これより下はで突っ走っていただきたい。 どうせみんないなくなるとは、的な殴り書きである。 なんでこんな概要書いた! 言え! それは『 以下、 』のとして終了後にされた『 以下R 』での出来事である。 多くのが知る通り、ではももそれまでの注度合いすらも問わず次々とがし、同化され、倒れていく(いなくなる)。 当然、にあたるRでは以上に技術や経験、などが不足しており、その致死率はのではなかった(運用及び実戦がない、・共に周りも不全、性も心許い)。 作中ではそんな的状況下の中、やAl職員達が歓談用のの柱に皆を励まし合うを始めた。 これが総ての始まりである。 当初こそ「」「」「次も頑ろう」「良くやった」「生きて帰る」などとても前向きな書き込みであったが、時間が長引く中で一人、また一人と達に同化現が発露し、砕けては飛び散っていく。 達の精も憔悴し始め、次第に件の書き込みの中にも暗い物(「帰りたい」「く両親に」など)が増えていく。 それでもである僚や未はギリギリまで精を保っていたのだが、一件の書き込みが全てを台しにする。 い な く な み ん な る ど う せ 面全体を覆う「 」「まだぁ~?」「 生き残る」「 お願い く」「 く! くく」「 」「 帰りたい」「 は ここに いる」という書き込みの上から、全てを否定するようにこのような殴り書きが行われたのである。 書いたのはの剛。 直後に僚に 『野郎!なんであんな事書いた! 言え!なんでだ!』と昂されるも、剛自身も書いたことを非常に後悔しており、詰め寄られてを流す(既にこの段階では半分の四名にまで減っていた)。 ゆえの恐怖が次第に狂気に変わっていくのである。 そして次の出撃で剛は…… ちなみに、本が具体的にどれだけ的だったかと言うと……• の一部を切り離し、小として機させて外へ脱出。 を引きつけながら航行する事により、への侵攻までの時間を稼ぐという( の切りとえば分かりやすい)。 冒頭で述べたように運用、の経験含めて 総て。 によるとの経験もどい。 ・本の位置をにされる事を回避するため、 期間中、あらゆる外部連絡、からの離脱を禁止。 の運行すらにされた自動操縦で一人知らされていない。 さらに了時間まで帰還禁止(上記の件も合わせてほぼ璧な)。 装備、、人員などの補給などは上一切し(後に封印されていたから時限式になどの補給品が行われる事が判明する)。 このに投入されたは僚と未含めて八人、は四機。 当然これらの補充はできない。 しかし、投入されたはと呼ばれる試作。 中でに使われていたゥンデルとかなりの差がある。 最も大きな特徴は読心対策の・が各機それぞれに搭載されていること。 い話が 同化現が物凄いで進行する(一回ので約15分と言う時間制限付きの制の上で、八人四機を乗り回していたにも関わらず、最初のは二週間ほどで終盤ののような状態に。 一ヶって一人が砕けていなくなった)。 この件もの心身に多大な負荷となっていた。 なお、あまりの苛さと率の低さにであったなどと言い表される事もあるが、発案者の生駒もを承認した皆蔵もあくまで皆の生還を信じてを立てていた(最後の脱出用潜艇の収容人数が参加者と同じ人だった等)。 どれだけ的であっても 当初から特攻などを的としたではなかった事も記載しておく。 上ではこの(もしくはこれをもじったもの)が出ると、「野郎!なんでした!言え!なんでだ!」と返すのがとなっている。 一部、悪などもあるかもしれないが、彼らだってなにもふざけてやっているだけとは限らないのだ。 最後に…… 野郎! なんでこんな記事書いた! 言え! 関連商品はここにある! あんな事書いた結果 我々は、この関連項目を私によって理解した• 余談 昨今、このが多くの作品やで叫ばれる事が多くなったが、前述したようにL計画は最初からのを願って立案され実行されたものである。 の中から生まれた言葉だが、決して意味に命を散らすためでなく、でを守るため、生き残るため、を繋ぐために戦い、いなくなった者たちのなき叫びから生まれた言葉だ。 どうか時にはその生と死の循環の意味を理解して欲しいと筆者は願う。 この記事を見てくれるがいる事を、祈っている。

次の

コニイ所属の朝倉あき(あさくら・あき)

コニイ

この項は記事の上『』のが 多数ある点をご了承願う。 これより下はで突っ走っていただきたい。 どうせみんないなくなるとは、的な殴り書きである。 なんでこんな概要書いた! 言え! それは『 以下、 』のとして終了後にされた『 以下R 』での出来事である。 多くのが知る通り、ではももそれまでの注度合いすらも問わず次々とがし、同化され、倒れていく(いなくなる)。 当然、にあたるRでは以上に技術や経験、などが不足しており、その致死率はのではなかった(運用及び実戦がない、・共に周りも不全、性も心許い)。 作中ではそんな的状況下の中、やAl職員達が歓談用のの柱に皆を励まし合うを始めた。 これが総ての始まりである。 当初こそ「」「」「次も頑ろう」「良くやった」「生きて帰る」などとても前向きな書き込みであったが、時間が長引く中で一人、また一人と達に同化現が発露し、砕けては飛び散っていく。 達の精も憔悴し始め、次第に件の書き込みの中にも暗い物(「帰りたい」「く両親に」など)が増えていく。 それでもである僚や未はギリギリまで精を保っていたのだが、一件の書き込みが全てを台しにする。 い な く な み ん な る ど う せ 面全体を覆う「 」「まだぁ~?」「 生き残る」「 お願い く」「 く! くく」「 」「 帰りたい」「 は ここに いる」という書き込みの上から、全てを否定するようにこのような殴り書きが行われたのである。 書いたのはの剛。 直後に僚に 『野郎!なんであんな事書いた! 言え!なんでだ!』と昂されるも、剛自身も書いたことを非常に後悔しており、詰め寄られてを流す(既にこの段階では半分の四名にまで減っていた)。 ゆえの恐怖が次第に狂気に変わっていくのである。 そして次の出撃で剛は…… ちなみに、本が具体的にどれだけ的だったかと言うと……• の一部を切り離し、小として機させて外へ脱出。 を引きつけながら航行する事により、への侵攻までの時間を稼ぐという( の切りとえば分かりやすい)。 冒頭で述べたように運用、の経験含めて 総て。 によるとの経験もどい。 ・本の位置をにされる事を回避するため、 期間中、あらゆる外部連絡、からの離脱を禁止。 の運行すらにされた自動操縦で一人知らされていない。 さらに了時間まで帰還禁止(上記の件も合わせてほぼ璧な)。 装備、、人員などの補給などは上一切し(後に封印されていたから時限式になどの補給品が行われる事が判明する)。 このに投入されたは僚と未含めて八人、は四機。 当然これらの補充はできない。 しかし、投入されたはと呼ばれる試作。 中でに使われていたゥンデルとかなりの差がある。 最も大きな特徴は読心対策の・が各機それぞれに搭載されていること。 い話が 同化現が物凄いで進行する(一回ので約15分と言う時間制限付きの制の上で、八人四機を乗り回していたにも関わらず、最初のは二週間ほどで終盤ののような状態に。 一ヶって一人が砕けていなくなった)。 この件もの心身に多大な負荷となっていた。 なお、あまりの苛さと率の低さにであったなどと言い表される事もあるが、発案者の生駒もを承認した皆蔵もあくまで皆の生還を信じてを立てていた(最後の脱出用潜艇の収容人数が参加者と同じ人だった等)。 どれだけ的であっても 当初から特攻などを的としたではなかった事も記載しておく。 上ではこの(もしくはこれをもじったもの)が出ると、「野郎!なんでした!言え!なんでだ!」と返すのがとなっている。 一部、悪などもあるかもしれないが、彼らだってなにもふざけてやっているだけとは限らないのだ。 最後に…… 野郎! なんでこんな記事書いた! 言え! 関連商品はここにある! あんな事書いた結果 我々は、この関連項目を私によって理解した• 余談 昨今、このが多くの作品やで叫ばれる事が多くなったが、前述したようにL計画は最初からのを願って立案され実行されたものである。 の中から生まれた言葉だが、決して意味に命を散らすためでなく、でを守るため、生き残るため、を繋ぐために戦い、いなくなった者たちのなき叫びから生まれた言葉だ。 どうか時にはその生と死の循環の意味を理解して欲しいと筆者は願う。 この記事を見てくれるがいる事を、祈っている。

次の