札幌 コロナ。 新型コロナウイルス感染症について/札幌市

コロナ下、札幌で建設中のホテルは13棟2000室超

札幌 コロナ

札幌市の繁華街、すすきの地区の近くにある「札幌第一ホテル」は、来月20日で閉館し、廃業します。 このホテルは客室数が70ほどの中規模な施設ですが、昭和27年に開業した札幌市内では老舗のホテルです。 しかし、新型コロナウイルスの影響でことし3月ごろから売り上げが去年の同じ時期の1割ほどに落ち込んでいました。 会社ではこのまま営業を続けても資金繰りが厳しくなると見込まれ、およそ100人の従業員の退職金に充てる資金を確保できる今のうちに閉館することにしたと説明しています。 札幌市内の主要ホテルが加盟する協議会によりますと、加盟しているホテルの廃業は初めてだということです。 札幌第一ホテルの米澤佳晃社長は「これ以上経営を続けると従業員や取引先に多大な迷惑をかけてしまうので廃業することにした。 残りの1か月で、客や取引先に68年間の感謝の思いを伝えるとともに閉館することをおわびしたい」と話しています。 緊急事態宣言が北海道で継続されたことを受けて、札幌市の飲食店からは窮状を訴える声が出ています。 このうち、札幌市中央区にある「SOUPCURRYGARAKU」は、席を減らして客どうしの間隔を確保するなど感染防止の対策を強化し、昼に限定して営業を継続していますが、4月以降は売り上げが去年の時期と比べて9割以上、減っているということです。 北海道で政府の緊急事態宣言が継続されたことについて、店長代理の山口武之さんは、「解除の基準に達していないため宣言が継続されたことは理解はできるが、現場の感覚からすると本当に厳しく、真綿で首を絞められているようだ」と話しました。 そのうえで「店としては早く緊急事態宣言を解除してもらい、通常どおりの営業に戻したい。 このままではウイルスによる直接的な被害以上に、経済的な被害が出てしまうのではないかと危惧している」と訴えました。 北海道で緊急事態宣言が続く中、函館市ではホテルの休業が相次ぎ、取引先のクリーニング会社も厳しい経営を迫られています。 函館市に工場があるクリーニング会社では市内にあるホテルから注文を受け、シーツや枕カバー、タオルのクリーニングを行っています。 北海道新幹線の開業や好調なインバウンド需要を受けて、去年6月におよそ8億円をかけ、工場に大規模な設備投資を行ったばかりでした。 しかし、新型コロナウイルスの影響で取引先の14のホテルのうち9つが休業してしまい、工場の稼働を4日に1度に減らす対応を余儀なくされています。 道南トリニティの奈良傳三社長は「緊急事態宣言で観光客が来ない状況が長引いている。 多くのホテルが休業を余儀なくされ、関連の産業にも深刻な影響が出ているのが実態で、非常に厳しい状況だ」と話していました。

次の

新型コロナ:道内の発生状況 | 保健福祉部健康安全局地域保健課

札幌 コロナ

札幌のライブハウスCOLONYが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月末で閉店することを発表し、かつてステージに立ったアーティストたちから残念がるコメントが相次いでいる。 COLONYは2001年に開業して以来、多くのアーティストの成長を見届けてきた。 ファーストサマーウイカ(29)はBiS、BILLIE IDLE両グループ在籍時、何度もライブをした思い出の場所だという。 自身のツイッターで12日、「札幌COLONY、何度もお世話になりました。 ステージが高くて縦長で音が良くって楽屋が年季入ってていつもウェルカムボード書いてくれてスタッフさんも優しい方ばかりで、本当に素敵なライブハウス」と振り返った。 その言葉通り、ツイートに添えられたスタッフの手書きとみられるボードの写真には、「今回は全国15都市ツアーという事ですが、体調は崩してませんか…?!」と、メンバーを気遣うコメントが書かれている。 閉店の知らせにウイカは「悔しいし寂しいけど、最高の思い出は一生残ります、忘れません。 COLORY、ありがとうございました」と感謝の言葉をツイートした。 ロックバンド「サカナクション」の山口一郎(39)は「僕らを育ててくれた札幌すすきののライブハウスの一つです。 悔しい」とツイート。 音楽ユニットGLIM SPANKYの松尾レミ(28)もツイッターで、自身がデザインしたCOLONYの14周年Tシャツを着た写真を掲載。 「コラボTシャツは大事な思い出 本当に残念でなりません、大変お世話になりました」とつぶやいた。 COLONYは新型コロナウイルスの感染拡大後、開催予定だったライブやイベントの多くが中止、延期となっていた。 閉店に際し、公式ツイッターで「現在の事態が終息しライブハウスが楽しい場所に戻ること願っています」とコメントしている。

次の

札幌市内、新型コロナ経路不明5人 1カ月前と同水準:北海道新聞 どうしん電子版

札幌 コロナ

札幌市は6月14日、市内で新型コロナウイルスの患者7人を新たに確認したと発表しました。 確認された7人は以下の通りです。 40代女性と70代男性は、6月11日に陽性が確認された70代女性の家族です。 札幌市内では喫茶店などで食事やカラオケを楽しむ「昼カラ」での感染者が相次いでいますが、今回の7人の中に「昼カラ」利用者はいませんでした。 ただ、これまでに公表した感染者の中に新たに3人「昼カラ」での感染者を確認したということです。 うち1人はクラスター化している「昼カラ」の利用者で、ここでの感染者は31人に。 「昼カラ」全体での感染者は計49人となりました。 札幌市によりますと市内249人にPCR検査を行い陽性者は7人。 陽性率は2. 8%でした。 これで道内の新型コロナの感染者は延べ1170例となります。

次の