乳酸 脱水 素 酵素 と は。 LDH(乳酸脱水素酵素)は急性肝炎や肝臓がんなどで上昇します

【LD・LDH】血液検査でわかる乳酸脱水素酵素の数値が高い意味

乳酸 脱水 素 酵素 と は

乳酸脱水素酵素(LDH)|腫瘍マーカー LDHは、乳酸脱水素酵素(lactate dehydrogenase)といい、体内で糖分がエネルギーに転換される嫌気的解糖系の最終段階に働く酵素の一種です。 LDHは、ほとんどの細胞に含まれていますが、特に多く含まれている臓器は、肝臓、腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などです。 血液中のLDH値が高いかを調べる事で、肝臓などの臓器の異常が無いかを調べます。 もし、肝臓などの臓器に異常が起き細胞が死滅などすると血液中にLDHが流れ出して高値を示すようになります。 特に急性肝炎や肝臓がん、あるいは心筋梗塞のときに著しく増加します。 また、慢性肝炎や肝硬変などの肝臓病、腎不全、悪性貧血などの血液病、筋ジストロフィーなどの骨格菌の病気、間質製肺炎、さまざまな臓器のがんなど、多くの病気で血液中に増加するので、これらの病気を発見するスクリーニング(ふるいわけ)検査として用いられています。 貧血、炎症、腫瘍など汎用的なスクリーニング検査として用いられる。 乳酸脱水素酵素(LDH)で何を調べている 乳酸脱水素酵素(LDH)は可溶性分画に属する酵素でほとんどの組織や臓器に広く分布する。 LDHが含まれている臓器が損傷を受けると、その組織からLDHが逸脱し血清中濃度が上昇する。 通常はスクリーニングとして総活性を測定し、高値をみた場合にアイソザイムを測定し損傷臓器を推定します。 このため各種画像診断のほか、推定される臓器に関する腫瘍マーカーの検査を行ないます。 乳酸脱水素酵素(LDH)でわかる病気 癌関連ガラクトース転移酵素(GAT)腫瘍マーカー血液検査結果が適正範囲より大きく乖離している場合には疾患の可能性がありますので、値が乖離した原因を診療機関で医師の診察を受けるようにしてください。 また赤血球中にはLDH(1、2型)が多量に含まれているため、溶血により高値になりやすいです。 【関連項目】 LDHアイソザイム、、m-AST m-GOT ミトコンドリア-GOT 、、、、ALPアイソザイム、LAP ロイシンアミノペプチダーゼ 、TTT チモール混濁反応 、、、乳酸• XXXX 管理人も定期的に血液検査を実施中 血液検査の結果でわかる病気や体質• 血球細胞の種類と特徴• 健康診断など主な血液検査結果• 処方箋なしでコンタクトを安く買える 気になる腫瘍マーカー血液検査• e840. net グループサイト• 当サイトについて• サイト内検索機能 By Yahoo!

次の

乳酸脱水素酵素(LDH) / 血液検査の検査項目

乳酸 脱水 素 酵素 と は

乳酸脱水素酵素(LDH 乳酸脱水素酵素(LDH)は、体内で糖分がエネルギーに転換される嫌気的解糖系の最終段階に働く酵素の一種です。 LDHは、ほとんどの細胞に含まれていますが、特にLDHが多く含まれている臓器は、肝臓、腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などです。 血液中のLDH値が高いかを調べる事で、肝臓などの臓器の異常が無いかを調べます。 もし、肝臓などの臓器に異常が起き細胞が死滅などすると血液中にLDHが流れ出して、LDH値が高い状態を示すようになります。 特に急性肝炎や肝臓がん、あるいは心筋梗塞のときに著しくLDHが増加します。 また、慢性肝炎や肝硬変などの肝臓病、腎不全、悪性貧血などの血液病、筋ジストロフィーなどの骨格菌の病気、間質製肺炎、さまざまな臓器のがんなど、多くの病気で血液中に増加するので、これらの病気を発見するスクリーニング検査として用いられています。 貧血、炎症、腫瘍など汎用的なスクリーニング検査として用いられます。 乳酸脱水素酵素(LDH)は可溶性分画に属する酵素でほとんどの組織や臓器に広く分布します。 LDHが含まれている臓器が損傷を受けると、その組織からLDHが逸脱し血清中濃度が上昇する。 通常はスクリーニングとして総活性を測定し、高値をみた場合にアイソザイムを測定し損傷臓器を推定します。 このため各種画像診断のほか、推定される臓器に関する腫瘍マーカーの検査を行ないます。 また赤血球中にはLDH(1、2型)が多量に含まれているため、溶血により高値を示しやすくなります。 【関連項目】 、、、、、、、 、、、、、、、、、、 乳酸脱水素酵素LDHと悪性腫瘍(がん) LDH(乳酸脱水素酵素)検査で異常が判明した時、体内に悪性腫瘍(がん)が発生しているかもしれないと疑う必要があります。 悪性腫瘍(がん)が原因でLDL検査結果が上昇する事がわかっております。 LDL検査は、腫瘍マーカーとして使用しております。 しかし、LDH検査は、すべての悪性腫瘍(がん)に反応するわけではありません。 特定の悪性腫瘍に対して特異的な反応しますので注意が必要です。 健康診断でLDHだけ高いときには、全身のその他のくわしい検査を受けることをお勧めします。 乳酸脱水素酵素(LDH)検査基準値と結果の判定 LDHの基準値は、測定法(ほかにUV法、PL反応法など)によって異なるので注意が必要です。 男女の差によるLDH値の変化はありませんが、妊娠後半期にLDHが急上昇し、出産前は基準値の2倍近くになります。 血清中のLDHが低値なら問題ありませんが、上昇するのは損傷した臓器の細胞からLDHが漏れ出ていることを意味しています。 LDHの基準値の4~5倍も高値を示す場合は急性肝炎や心筋梗塞、肝臓がんが疑われ、高値でも軽度の場合は全身の色々な病気が考えられます。 LDH検査だけで病気を特定することはできませんので、次に述べるアイソザイム検査を行なって詳しく調べていきます。 乳酸脱水素酵素(LDH)検査で異常な数値がでたら LDHは、心筋梗塞、心不全、悪性貧血、白血病、急性肝炎、肝臓がん、胃がん、すい臓がん、大腸がんなどで増加します。 異常値が出たら、どの臓器の病気かを知るためにアイソザイム検査が行なわれます。 アイソザイムとは、同じはたらきをするが分子構造は異なる酵素群のことで、LDHの場合は、さらに分析するとLDH1~LDH5の5つに分けられます。 肝臓の病気の場合、現在進行中の肝細胞障害の度合いを示しています。 急性肝炎の初期にはLDH5が著しく増加します。 肝臓がん(とくに転移性がん)でも増えます。 しかし、慢性肝炎、肝硬変では数値はあまり上がりません。 心筋梗塞や溶血性貧血ではLDH1が非常に高くなります。 筋ジストロフィーではLDH2が、大腸がんではLDH3が、肺梗塞と慢性骨髄性白血病ではLDH2とLDH3が、それぞれ増加します。 肝臓の病気とわかれば、GOT・GPT、ALP、コリンエステラーゼ ChE 、腹腔鏡検査、肝生検などの検査や、臨床症状を合わせて総合的に判断され、治療が行なわれます。

次の

LDH Cytotoxicity Detection Kit|タカラバイオ株式会社

乳酸 脱水 素 酵素 と は

総コレステロール 高脂血症や動脈硬化の指標としてよく知られていますが、肝機能の指標でもあります。 血清コレステロールは、その約90%が肝臓で合成されます。 したがって、慢性肝炎や肝硬変などにより肝機能が低下すると、総コレステロールの合成能力が低下して、血清総コレステロールが低下します。 また、胆石などにより胆汁の流れが障害される(胆汁うっ滞)と、胆汁中のコレステロールが体外に排出されなくなり、血液中の総コレステロールは上昇します。 黄疸の原因には、肝臓に障害がある場合と、胆汁うっ滞による場合があるので、黄疸のある患者さんの総コレステロールを調べることにより、どちらの原因によるものかが判断できます。 コリンエステラーゼ(ChE) 肝臓や血液中に存在し、アセチルコリンなどのコリンエステルと呼ばれる物質を分解する働きをしている酵素です。 ChEは肝臓で合成されて血液中に流れていくため、血清中のChEの値により、肝実質細胞の機能がわかります。 ChEが低いときは、血清アルブミンも低い値を示すことが知られており、肝臓でのたんぱく合成能の指標として用いられます。 乳酸脱水素酵素(LDH) 糖分を分解してエネルギーを作る、解糖系という代謝経路に関わっている酵素で、正常な方では、血液中にはごく微量しか含まれません。 急性肝炎が起こって肝細胞が壊れると、肝細胞から血液中に多量のLDHが流れ出るため、血液中のLDH値が上昇します。 LDHは体内に広く分布し、肝臓以外にも腎臓、心筋、骨格筋、赤血球、がん細胞に多く含まれます。 肝臓の障害だけではなく、各臓器の障害や悪性腫瘍、また運動などによっても上昇するため、たとえ血液中のLDHが上昇していても、肝臓に障害があるとは限りません。 あくまでも、肝臓に異常がある可能性があるかどうかをチェックするための検査で、ほかの検査と組み合わせて、総合的に判断する必要があります。

次の