害悪パーティ 剣盾。 【ポケモン剣盾】害悪?究極の補助型エルフーンの育成論【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】みがわりの入手方法・効果・貫通(対策)について

害悪パーティ 剣盾

【ポケモン剣盾】ペリッパーの育成論と対策【雨パの起点!世界3位も使用】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はペリッパーの育成論と対策を考えていきたいと思います。 も使っていたポケモンですね。 ペリッパーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ペリッパーの特徴1】特性あめふらし ペリッパーの一番の特徴はなんといっても剣盾唯一の特性あめふらしでしょう。 ニョロトノやカイオーガは剣盾ではいないので、ペリッパーの希少性が上がりました。 このことから、ペリッパー=雨パの起点としてのポケモンとして活躍します。 夢特性ではなく通常特性なので、厳選も比較的ラクでしょう。 また、ペリッパーはおいかぜも覚えるので過剰なまでの素早さを作り出すこともできます。 参考: 【ペリッパーの特徴2】そこそこ高い防御と特攻 初手に出して雨を降らして使い捨て、、、という使われ方をしやすいポケモンですが、実は防御種族値100,特攻種族値95とそこそこの性能を持っています。 耐久に振ってとんぼ返りを覚えさせればあめふらし+後攻とんぼ返りで後続の雨パエースを安全に着地させられますし、逆に火力に特化すれば雨をふらしつつもタイプ一致+雨によるハイドロポンプで大ダメージを与えたり、雨だとぼうふうが必中になるので高火力で混乱を狙っていくこともできます。 ちなみに僕は暴風ペリッパーに何度かやられました。 ペリッパーの育成論と戦い方 基本的には雨パの天候展開要員として使われます。 ただ、火力特化型と耐久特化型にわかれます。 【ペリッパーの育成論】雨パ起点ペリッパー• 特性:あめふらし• 個体値:AS抜け4V• もちもの:しめったいわ• わざ:とんぼがえり・ぼうふう・はねやすめ・はたきおとす 特徴 雨パエースの前段に出して雨をふらした後に後攻とんぼ返りで安全に着地を狙います。 耐久に振っているので、中盤以降にエースが倒された後、再度雨展開を狙っていくときにも出しやすく、後半にははねやすめで回復しながら暴風で削っていくこともできるでしょう。 もちものが強力な相手にははたきおとすを使います。 一緒に組むのは物理エースのカジリガメ、特殊エースのガマゲロゲなどがおすすめです。 ちなみに3位のなごしさんのペリッパーは最遅ではなく、ずぶといS20振りによって無振りアーマーガア・ランターン、及び65族抜き抜きになっています。 火傷にできればはねやすめや起点作成要員としての性能も上がります。 後半の詰めにも使えるでしょう。 型が違うもののなごしさんが動画を上げていたのではっておきますね。 S5にシーズン変わったタイミングの動画なのでハイパーボール級ですがパーティは3位のときと同じようです。 火力特化型だとペリノラゴンや ペリアントなんかでも使われています ペリッパーの対策 天候要員がいれば出していくのがいいでしょう。 カバルドン• バンギラス• コータス ペリッパーよりも素早さが低いので、雨を上書きできます。 ただ、ペリッパーのタイプ一致水技が弱点になってしまうためすぐに受け出しで交換できるように水を半減以下で受けられるポケモンと一緒に選出するのがいいでしょう。 (ただしここで火力特化のメガネペリッパーだった場合に結構削られるのは想定して立ち回りましょう。 ) ダイマックスで天候を変えるのもありです。 今作はダイマックスで簡単に天候操作ができるようになったので、相手の雨パエースが出てくるタイミングでダメージを入れつつ天候を書き換えられれば有利に立ち回れるでしょう。 ただ、ダイマックスを切るタイミングが早すぎると不利になってしまうため読みを決めていきましょう。 水ロトムもおすすめです。 ペリッパーのタイプ一致の水・飛行を両方半減できつつ、雨を活かしながら戦うことができる上に弱点をつけます。 水ロトム自体採用率が高いポケモンなので、特に対策せずともすでに入っているパーティも多いでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ペリッパーの育成論と対策【雨パの起点!世界3位も使用】 いかがでしたでしょうか。 雨パといえばペリッパーですが、今作はダイマックスで自分で天候を変えられるので使ったことがないトレーナーも多いのではないでしょうか。 ダイマックスの1ターンを使わずに水技の1. 5倍補正+上から殴ることができるというアドがあるので、• ガマゲロゲ(すいすい)()• カジリガメ(すいすい)()• ルンパッパ(すいすい)() なんかと一緒に組んで遊んでみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング|使用率まとめ【鎧の孤島】|ゲームエイト

害悪パーティ 剣盾

【ポケモン剣盾】ペリッパーの育成論と対策【雨パの起点!世界3位も使用】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はペリッパーの育成論と対策を考えていきたいと思います。 も使っていたポケモンですね。 ペリッパーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ペリッパーの特徴1】特性あめふらし ペリッパーの一番の特徴はなんといっても剣盾唯一の特性あめふらしでしょう。 ニョロトノやカイオーガは剣盾ではいないので、ペリッパーの希少性が上がりました。 このことから、ペリッパー=雨パの起点としてのポケモンとして活躍します。 夢特性ではなく通常特性なので、厳選も比較的ラクでしょう。 また、ペリッパーはおいかぜも覚えるので過剰なまでの素早さを作り出すこともできます。 参考: 【ペリッパーの特徴2】そこそこ高い防御と特攻 初手に出して雨を降らして使い捨て、、、という使われ方をしやすいポケモンですが、実は防御種族値100,特攻種族値95とそこそこの性能を持っています。 耐久に振ってとんぼ返りを覚えさせればあめふらし+後攻とんぼ返りで後続の雨パエースを安全に着地させられますし、逆に火力に特化すれば雨をふらしつつもタイプ一致+雨によるハイドロポンプで大ダメージを与えたり、雨だとぼうふうが必中になるので高火力で混乱を狙っていくこともできます。 ちなみに僕は暴風ペリッパーに何度かやられました。 ペリッパーの育成論と戦い方 基本的には雨パの天候展開要員として使われます。 ただ、火力特化型と耐久特化型にわかれます。 【ペリッパーの育成論】雨パ起点ペリッパー• 特性:あめふらし• 個体値:AS抜け4V• もちもの:しめったいわ• わざ:とんぼがえり・ぼうふう・はねやすめ・はたきおとす 特徴 雨パエースの前段に出して雨をふらした後に後攻とんぼ返りで安全に着地を狙います。 耐久に振っているので、中盤以降にエースが倒された後、再度雨展開を狙っていくときにも出しやすく、後半にははねやすめで回復しながら暴風で削っていくこともできるでしょう。 もちものが強力な相手にははたきおとすを使います。 一緒に組むのは物理エースのカジリガメ、特殊エースのガマゲロゲなどがおすすめです。 ちなみに3位のなごしさんのペリッパーは最遅ではなく、ずぶといS20振りによって無振りアーマーガア・ランターン、及び65族抜き抜きになっています。 火傷にできればはねやすめや起点作成要員としての性能も上がります。 後半の詰めにも使えるでしょう。 型が違うもののなごしさんが動画を上げていたのではっておきますね。 S5にシーズン変わったタイミングの動画なのでハイパーボール級ですがパーティは3位のときと同じようです。 火力特化型だとペリノラゴンや ペリアントなんかでも使われています ペリッパーの対策 天候要員がいれば出していくのがいいでしょう。 カバルドン• バンギラス• コータス ペリッパーよりも素早さが低いので、雨を上書きできます。 ただ、ペリッパーのタイプ一致水技が弱点になってしまうためすぐに受け出しで交換できるように水を半減以下で受けられるポケモンと一緒に選出するのがいいでしょう。 (ただしここで火力特化のメガネペリッパーだった場合に結構削られるのは想定して立ち回りましょう。 ) ダイマックスで天候を変えるのもありです。 今作はダイマックスで簡単に天候操作ができるようになったので、相手の雨パエースが出てくるタイミングでダメージを入れつつ天候を書き換えられれば有利に立ち回れるでしょう。 ただ、ダイマックスを切るタイミングが早すぎると不利になってしまうため読みを決めていきましょう。 水ロトムもおすすめです。 ペリッパーのタイプ一致の水・飛行を両方半減できつつ、雨を活かしながら戦うことができる上に弱点をつけます。 水ロトム自体採用率が高いポケモンなので、特に対策せずともすでに入っているパーティも多いでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ペリッパーの育成論と対策【雨パの起点!世界3位も使用】 いかがでしたでしょうか。 雨パといえばペリッパーですが、今作はダイマックスで自分で天候を変えられるので使ったことがないトレーナーも多いのではないでしょうか。 ダイマックスの1ターンを使わずに水技の1. 5倍補正+上から殴ることができるというアドがあるので、• ガマゲロゲ(すいすい)()• カジリガメ(すいすい)()• ルンパッパ(すいすい)() なんかと一緒に組んで遊んでみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ポケモン剣盾のシルヴァディ育成論や考察!オススメの型はどれ?

害悪パーティ 剣盾

害悪エルフーンの育成論 エルフーンが流行り始めた件。 先日まで害悪トゲキッスが環境に沢山いて、凄いことになっていましたが、今回はそのトゲキッスの影響か、エルフーンが流行り始めた気がするのでこの記事を書いています。 エルフーンって強いの? エルフーンって強いの?って疑問をお持ちの皆様。 安心してください。 このエルフーンもトゲキッスと同様、それ以上に過去作では害悪の限りを尽くしたポケモンの中の1匹です。 とくせい「いたずらごころ」 エルフーンの持つ、とくせい「いたずらごころ」は悪タイプ以外に補助技が優先度プラス1で打てるようになる。 つまり先制技と言われる。 優先度プラス2の技以外全て先制で補助技が打てる。 「エルフーン」は覚える補助技の種類も豊富で、このとくせいを使ってやりたい放題。 本当にやりたい放題してきた歴史がある。 エルフーンの種族値 種族値 HP 60 攻撃 67 防御 85 特攻 77 特防 75 素早さ 116 合計種族値 480 「すばやさ」が高く、他の種族値はごく一般的。 高いすばやさはこの際、関係あることもあるが、関係ない事も多い。 高いすばやさは関係ない事も多い。 とにかく「いたずらごころ」が害悪。 とにかく「いたずらごころ」が害悪。 とにかく「いたずらごころ」が害悪。 エルフーンの覚える技 エルフーンの豊富な補助技たち ここでエルフーンが害悪たる所以。 豊富な補助技を紹介しましょう。 みがわり みがわりを使えるポケモンは数多いですが、「いたずらごころ」を持つポケモンがこの技を使うと、その害悪さは計り知れない。 必ず先に「みがわり」が貼れるため、まず「みがわり」が割れない受けポケモン達は、対面した時点で詰む。 エルフーンを相手にとにかく「みがわり」を置かれた時点で相当アドバンテージがとられているのでもう相当辛い。 不利対面でもこの「みがわり」のせいで引くことが出来ない。 それがエルフーン戦である。 やどりぎのたね 相手のHPを8分の1吸収する種を植え付ける。 「みがわり」とセットになるともう信じられないくらいめちゃくちゃ強力になる。 もちもの「たべのこし」とこの「やどりぎのたね」で信じられないくらい回復する。 具体的に言うと16分の3である。 みがわりは16分の4で張れるので、害悪である。 悪タイプやくさタイプを出せば効かないが、効かないなら効かないで別の事をしてくる。 おいかぜ 4ターンの間素早さが2倍になる風を起こす。 後続のサポートとして使う技で、自分にかけるためあくタイプにも打てる。 トゲキッスやギャラドスなどの抜きエースに繋ぐ。 トリックルーム 5ターンの間すばやさの遅いポケモンから行動できる おいかぜとは真逆の選択肢。 パーティ次第で選択。 大体次のターンはおきみやげで退場する。 でんじは 9割の確率で相手をまひ状態にする。 自分は外すが、相手は外してこない。 そんな技。 古来から伝わる害悪戦法「まひるみ」などのための起点づくり。 と素早さダウン目的。 かの有名実況者はまひの事をバグと言った。 私もそう思う。 ちょうはつ 3ターン相手にこうげき技しか打てなくする。 「アンコール」と選択。 もともと相手はアンコールの恐怖で補助技が打てないためあんまり有用ではなさそう。 おきみやげ 相手のこうげきととくこうを2段階下げて自主退場する。 おいかぜをした後にこの技を打つ事で、最大限おいかぜやトリックルームのターンを生かして攻撃できる。 コットンガード ぼうぎょ耐久を3段階上げる。 先制技以外の全ての上をとれるため、物理を絶対通さない。 「やどりぎのたね」「みがわり」と組む事で物理ポケモン絶対殺すマンになれる。 3段階という信じられない上昇値のため、努力値はとくぼうに振ってOKだ。 アンコール 3ターン同じ技しか出せなくする。 エルフーンの前で補助技を絶対に打ってはいけない。 先制アンコールで縛られてしまうからだ。 過去から害悪と恐れられた原因のひとつがこれである。 今作からダイマックスすればアンコールを無視して行動できるが、逆に言えば交代かダイマックスしかなくなるという事。 エルフーンのこうげき技 こんなに補助技が豊富にあるエルフーンだが、攻撃技はどうだろうか。 「エナジーボール」「マジカルシャイン」「サイコキネシス」「シャドーボール」とそこそこあるが、エルフーンの攻撃技で、対戦で見かけるのはほぼ「ムーンフォース」1種類のみである。 採用されている理由は無効タイプもなく、威力も追加効果も一番優秀だからだろう。 技構成を補助技のみにしていると「ちょうはつ」で何もできなくし、相手のきあいのタスキを削るなどの役割も持てるため、3つの補助技にムーンフォースの技構成が使いやすい。 エルフーンの型紹介 技を紹介し終えたところで、次は型を紹介しよう。 「みがわり」「やどりぎのたね」型 俗に言う「やどみが」戦法。 3つ目の技には、「まもる」が入る。 一度「やどりぎのたね」を当ててしまえば、あとは「まもる」「みがわり」の連打でOK。 やどりぎの回復量がみがわりの消費HPと同じになりシャレにならない。 音技やとくせい「すりぬけ」で対策されていない限りかなり強い。 余ったひと枠には大体「ムーンフォース」が入っているが、「アンコール」の場合もある。 お好みで。 持ち物は「たべのこし」などの回復アイテム 物理絶対通さない型 「コットンガード」で守りを固める 物理耐久3段階上昇の「コットンガード」を入れることで、物理ポケモンに無限の役割を持たせた型。 相手の体力を削りながら回復できる、「やどりぎのたね」が必須で入る。 くさ・あくタイプへの打点に「ムーンフォース」もあった方が良い。 残り1枠は「みがわり」にすれば、やどみが型も可能だし、「アンコール」「でんじは」で起点作りも出来るので、とくしゅポケモンにも役割は十分持てる。 持ち物は「ゴツゴツメット」か「たべのこし」などの回復アイテム 起点作り型 「おいかぜ」や「トリックルーム」で起点を作るための型 「おいかぜ」「トリル」以外に速やか自主退場する為に「おきみやげ」が確定枠で入る。 3枠目は同じように「でんじは」や「アンコール」など、後続のための起点づくりになるものが多く、起点を作らせまいと頑張ってもこれらの技を駆使して、何かしらの嫌がらせを怠らない。 最後の枠はやはり「ムーンフォース」になることが多い。 殴らない相手には「アンコール」で起点を作り、殴る相手には有利ポケモンを後出しできる。 「おきみやげ」型と違ってエルフーンが生きているので、一度ターンを凌がれても再展開が可能なのが利点だが、 エルフーンの耐久は高くないので、一撃で落とされてしまう場合もあり、「おきみやげ」型の方が安定する。 エルフーンまとめ どの型もよく見かける。 どの型もとても凶悪であり害悪ということが伝わっただろうか… 今作はダイマックス技の「ダイウォール」で、おいかぜターンを枯らされる場合もある為、「起点作り」型はあまり見かけないかとも思ったが、 おいかぜターン中に「ダイジェット」で自らのすばやさを上げておけば「おいかぜ」が切れても無限に上から叩けるので、特に関係がないようだ。 相手の「トゲキッス」に対し「でんじは」や「おきみやげ」を入れておけば、自分の「トゲキッス」が展開しやすくなると思ったが、 そんなポケモンバトルに夢はあるのだろうか。 みんなが活躍できる、楽しくて平和な対戦環境がいつの日か戻ってきますように。

次の