太陽系 惑星 英語。 惑星の英語の読み方

惑星の英語の読み方

太陽系 惑星 英語

ここでは、太陽系の8つの惑星と英語表現を一覧で紹介します。 それぞれの惑星の名前は、ローマ神話の神が由来になっています。 その由来もあわせてご紹介します。 「水星(Mercury)」 「水星」は英語で 「Mercury」です。 商人や旅人の守護神。 惑星の「Mercury」は頭文字が大文字ですが、「水銀」という意味で使う場合、小文字の「mercury」となります。 「金星(Venus)」 「金星」は英語で 「Venus」です。 美と愛の女神。 「地球(Earth)」 「地球」は英語で 「Earth」です。 古英語では「eorthe」で、この単語が「earth(地球)」の直接的な語源となっています。 また、8つの惑星で唯一、ローマ神話の神に由来しておらず、小文字の「earth」は「大地」や「土」という意味で使われます。 それと、太陽(sun)や月(moon)は、惑星には含まれません。 太陽の英語は『』、月の英語は『』で詳しく解説しています。 地球などの話題を話すときによく出てくる表現なので、この機会に合わせてチェックしましょう。 「火星(Mars)」 「火星」は英語で 「Mars」です。 由来は、ローマ神話の神「マールス mars 」(ギリシャ神話のアレス)です。 戦いと農耕の神。 「木星(Jupiter)」 「木星」は英語で 「Jupiter」です。 木星は、8つの中で一番大きな惑星なので、主神の名がつけられたと言われています。 「土星(Saturn)」 「土星」は英語で 「Saturn」です。 農耕の神。 「天王星(Uranus)」 「天王星」は英語で 「Uranus」です。 銀河系がちりばめられた宇宙を身にまとう天空の神。 「海王星(Neptune)」 「海王星」は 「Neptune」です。 海の神で、川や泉など水全般を司る。 また、 「冥王星(Pluto)」も2006年まで惑星でしたが、今は準惑星(dwarf planet)に分類されています。 「Pluto」ローマ神話が由来していて、冥界の神「プルートー pluto 」が語源です。 3.惑星の英語表記は大文字にする?冠詞は? 「Mercury(水星)」や「Venus(金星)」など惑星名は固有名詞なので、頭文字が大文字になります。 基本的に「a」や「the」などの冠詞はつきません。 「地球」は「大地」、「土」など、惑星以外の意味もあり「earth」は固有名詞ではありません。 そのため、「earth」の頭文字は小文字で表記するのが一般的ですが、他の惑星と表示などする天体の場合の「地球」は、大文字の「Earth」を使うのが一般的です。 尚、太陽と月は、小文字表記で「the」を付けて「the sun(太陽)」「the moon(月)」となります。 「地上(自分たちが住んでいる地球)」という場合の「地球」の英語は「 the earth」と小文字になります。 4.「惑星」の英語の覚え方 神に由来する英語の惑星の名前。 ネイティブの子供たちも覚えるのが大変なようで、ゴロで覚えたり、惑星の歌を歌って覚えたりします。 4-1.惑星の英語を「語呂」で覚える 日本語では、太陽系の惑星の名前を太陽から近い順に「水金地火木土天海冥(すい・きん・ち・か・もく・ど・てん・かい・めい)」と言って覚えますよね。 これと同じような覚え方が英語にもあります。 英語では、意味のある文章を作って語呂で惑星の名前を覚えます。 惑星を覚える文章はいくつかありますが、特に有名なものが下記の文章です。 英語: My very excellent mother just served us nine pizzas. 日本語:私の素晴らしい母は、9枚のピザを私たちに送ってくれただけだった。 日本語の語呂を覚える文のように、意味はそれほど重要ではなくリズムで覚えるための文章です。 下記のように、それぞれの単語の頭文字が惑星の頭文字と一致しています。 4-2.惑星の英語を「歌」で覚える 子供向けの英語の惑星の歌もあり、YouTubeではアニメーション付きで観ることができます。 子供向けなので簡単な単語が使われていて、覚えやすいリズムで、何度か聞いていると自然に覚えてしまいます。 音楽が好きな方や、子供と一緒に英語を勉強している方には特におすすめです。 5.惑星の関連英語 惑星について英語で話すときに使う、天体や宇宙に関する表現をまとめてみました。 惑星系:planetary system• 大惑星:major planets• 惑星の動き:planetary motion• 惑星探査機:planetary probe• 自転:rotation• 公転:revolution• 軌道:orbit• 天体:heavenly body• 天体望遠鏡:astronomical telescope• 天文台:observatory• 衛星:satellite• 人工衛星:artificial satellite• 隕石:meteor• 彗星(すいせい):comet• ビッグバン:big bang• ブラックホール:black hole• 宇宙:the universe• 宇宙空間:space• 宇宙人:alien• 宇宙船:space craft• 宇宙飛行士:astronaut• 宇宙学:cosmology• 天文学:astronomy まとめ:惑星の英語は少しずつ暗記せずに覚えよう! 惑星の英語は、ネイティブの子供たちでも、覚えるのにちょっと時間がかかってしまう単語です。 そのため、文章を使った語呂で覚える方法や、歌などもあります。 意味やリズムなどをセットで覚えると、一度覚えた後に忘れてしまっても、記憶を引き出しやすいです。 歌で覚える場合は、声にだしたり、歌詞を見ながら歌ったりすると、五感をフルに使うのが長期記憶に残りやすいです。 勉強と思って一気に暗記するのではなく、少しずつ慌てずに自然に覚えていきましょう!• 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

惑星や星の名前、英語では?

太陽系 惑星 英語

まず簡単に太陽系惑星の英語名・読み方・由来をまとめたものが下になります。 冥王星は位置的には太陽系惑星の中で最も外側に存在します。 (太陽から最も遠い位置にある) さて太陽系惑星の英語名・読み方・由来について、それぞれ順番に詳しく見ていきましょう。 つまり万物(この世のすべてのもの)は、5種類の元素(火・水・木・金・土)から構成されていると考えられていました。 というのは、水星や地球などの惑星は太陽の周りを移動(公転)していますが、 当時はそれらの惑星の中でも水星の公転速度は最も速いということが分かっていました。 地球では太陽の周りを1周するのに約365日かかっていますが、 水星が太陽の周りを1周するのには約88日しかかかりません。 次に水星の英語名がマーキュリーとなった由来を見ていきましょう。 英語にはラテン語を起源とした単語がかなり多いので、 それぞれのラテン語と英語の綴(つづ)りが似ているのも分かりますよね。 そしてローマ神話におけるメルクリウスは、ギリシャ神話におけるヘルメース(またはヘルメス)に相当しており、ギリシャ神話ではヘルメースは商業・牧畜・旅人・盗みなどを司っている神とされています。 ヘルメースは神々の使者であり、宵(夜)と明け方(朝)の空を素早く行き来する様子から、 すばしこい伝令神ヘルメースと結びつけられています。 水星は他の惑星に比べて太陽の周りを公転するのが速いので、ギリシャ語ではその様子からすばしこい伝令神であるヘルメースの名前が水星には付けられています。 ですので 水星はラテン語(ローマにおける言語)ではメルクリウス、ギリシャ語(ギリシャにおける言語)ではヘルメース、英語ではマーキュリーと呼ばれているんですね。 もともとローマ神話とギリシャ神話はそれほど似てはいませんでしたが、 あるとき古代ローマにギリシャ神話が伝わり、ローマ人はローマ神話にギリシャ神話の物語をたくさん取り入れました。 それによりローマ神話とギリシャ神話では似通った部分も多いです。 ですが ローマ神話とギリシャ神話では神々の名前は異なっており、 ローマ神話でのメルクリウスは、ギリシャ神話におけるヘルメースに相当しているというわけです。 というのは、 金星は明けの明星・宵の明星というように太陽と月に次いで明るく輝いており、 太陽と月を除いた太陽系惑星の中では最も明るく光り輝いています。 次に金星の英語名がヴィーナスとなった由来を見ていきましょう。 金星は明けの明星や宵の明星というように、太陽系の惑星の中で最も明るく光り輝いている星になります。 金星(日本語)=ヴィーナス(英語)=ウェヌス(ラテン語)=アプロディーテー(ギリシャ語)です。 地球はかなり昔から「球体ではないのか?」と推測はされていましたが、 地球が球体であるということは証明されていませんでした。 実際に地球が球体であることが証明されたのは1520年頃で、 マゼランとエルカーノが世界一周したことによって証明されています。 次に火星の英語名がマーズとなった由来を見ていきましょう。 そしてローマ神話におけるマルスは、ギリシャ神話におけるアレースに相当しており、 ギリシャ神話においてもアレースは戦を司っている神とされています。 火星の表面が赤っぽい色の見た目をしていることから、 それが戦火や血の色のようだと考えられ、火星はマルスやアレース、マーズと名付けられています。 火星(日本語)=マーズ(英語)=マルス(ラテン語)=アレース(ギリシャ語)です。 というのは、五行思想では5種類の元素(火・水・木・金・土)がありますが、 先に木を除いた4種類の元素が他の惑星の特徴と合っていたために割り当てられました。 次に木星の英語名がジュピターとなった由来を見ていきましょう。 そしてローマ神話におけるユーピテルは、ギリシャ神話におけるゼウスに相当しており、 ギリシャ神話ではゼウスは主神であり、全宇宙や天候を支配する全知全能の天空神とされています。 木星はその王様のごとく、どっしりとした落ち着いた輝きから、 ユーピテルやゼウス、ジュピターと名付けられています。 木星(日本語)=ジュピター(英語)=ユーピテル(ラテン語)=ゼウス(ギリシャ語)です。 次に土星の英語名がサターンとなった由来を見ていきましょう。 そしてローマ神話におけるサトゥルヌスは、ギリシャ神話におけるクロノスに相当しており、 ギリシャ神話ではクロノスは大地と農耕を司っている神とされています。 土星はそのくすんだ黄色の光が土をイメージさせることから、 農耕の神であるクロノスやサトゥルヌス、サターンと名付けられています。 土星(日本語)=サターン(英語)=サトゥルヌス(ラテン語)=クロノス(ギリシャ語)です。 ちなみに時を司る神にもクロノスという名前の神が存在していて、 ここでのクロノスという神は名前は同じですが時の神とはまた別の神になります。 天王星はきれいな水色の見た目をしており、その青空のような見た目から、 ローマ神話における天空の神であるウラヌス(ラテン語)と名付けられました。 ちなみにローマ神話における天空の神はウラヌスですが、 これに相当する神がギリシャ神話における天空の神ウラノスになります。 なのでどの言語で天王星と呼ぶのかでその呼び方も変わり、 それぞれ天王星(日本語)=ユラナス(英語)=ウラヌス(ラテン語)=ウラノス(ギリシャ語)と呼ばれています。 海王星はきれいな青色の見た目をしており、その海のような見た目から、 ローマ神話における海の神であるネプトゥーヌス(ラテン語)と名付けられました。 ちなみにローマ神話における海の神はネプトゥーヌスですが、 これに相当する神がギリシャ神話における海と地震を司る神ポセイドーン(ポセイドンのこと)になります。 なのでどの言語で海王星と呼ぶのかでその呼び方も変わり、 それぞれ海王星(日本語)=ネプチューン(英語)=ネプトゥーヌス(ラテン語)=ポセイドーン(ギリシャ語)と呼ばれます。 冥王星は太陽系惑星(2006年まで)の中で最も薄暗い外側を移動していたことから、 ローマ神話における冥界を司る神であるプルートー(ラテン語)と名付けられました。 冥界(めいかい)とは死後の世界のことなので、プルートーは死後の世界を支配しているということです。 またローマ神話における冥界の神はプルートーですが、 これに相当する神がギリシャ神話における冥府の神ハーデース(ハデスのこと)になります。 そして 冥府は地下に存在するとされるようになっていたことから、 ハーデースは地下の鉱物資源の守護神ともされ、別名プルートーン(富める者)と呼ばれていました。 なのでどの言語で冥王星と呼ぶのかでその呼び方も変わり、 それぞれ冥王星(日本語)=プルートゥ(英語)=プルートー(ラテン語)=プルートーン(ギリシャ語)と呼ばれます。 スポンサーリンク• こちらもお勧め! 関連ページ.

次の

星・惑星・宇宙・天文学の英語

太陽系 惑星 英語

まず簡単に太陽系惑星の英語名・読み方・由来をまとめたものが下になります。 冥王星は位置的には太陽系惑星の中で最も外側に存在します。 (太陽から最も遠い位置にある) さて太陽系惑星の英語名・読み方・由来について、それぞれ順番に詳しく見ていきましょう。 つまり万物(この世のすべてのもの)は、5種類の元素(火・水・木・金・土)から構成されていると考えられていました。 というのは、水星や地球などの惑星は太陽の周りを移動(公転)していますが、 当時はそれらの惑星の中でも水星の公転速度は最も速いということが分かっていました。 地球では太陽の周りを1周するのに約365日かかっていますが、 水星が太陽の周りを1周するのには約88日しかかかりません。 次に水星の英語名がマーキュリーとなった由来を見ていきましょう。 英語にはラテン語を起源とした単語がかなり多いので、 それぞれのラテン語と英語の綴(つづ)りが似ているのも分かりますよね。 そしてローマ神話におけるメルクリウスは、ギリシャ神話におけるヘルメース(またはヘルメス)に相当しており、ギリシャ神話ではヘルメースは商業・牧畜・旅人・盗みなどを司っている神とされています。 ヘルメースは神々の使者であり、宵(夜)と明け方(朝)の空を素早く行き来する様子から、 すばしこい伝令神ヘルメースと結びつけられています。 水星は他の惑星に比べて太陽の周りを公転するのが速いので、ギリシャ語ではその様子からすばしこい伝令神であるヘルメースの名前が水星には付けられています。 ですので 水星はラテン語(ローマにおける言語)ではメルクリウス、ギリシャ語(ギリシャにおける言語)ではヘルメース、英語ではマーキュリーと呼ばれているんですね。 もともとローマ神話とギリシャ神話はそれほど似てはいませんでしたが、 あるとき古代ローマにギリシャ神話が伝わり、ローマ人はローマ神話にギリシャ神話の物語をたくさん取り入れました。 それによりローマ神話とギリシャ神話では似通った部分も多いです。 ですが ローマ神話とギリシャ神話では神々の名前は異なっており、 ローマ神話でのメルクリウスは、ギリシャ神話におけるヘルメースに相当しているというわけです。 というのは、 金星は明けの明星・宵の明星というように太陽と月に次いで明るく輝いており、 太陽と月を除いた太陽系惑星の中では最も明るく光り輝いています。 次に金星の英語名がヴィーナスとなった由来を見ていきましょう。 金星は明けの明星や宵の明星というように、太陽系の惑星の中で最も明るく光り輝いている星になります。 金星(日本語)=ヴィーナス(英語)=ウェヌス(ラテン語)=アプロディーテー(ギリシャ語)です。 地球はかなり昔から「球体ではないのか?」と推測はされていましたが、 地球が球体であるということは証明されていませんでした。 実際に地球が球体であることが証明されたのは1520年頃で、 マゼランとエルカーノが世界一周したことによって証明されています。 次に火星の英語名がマーズとなった由来を見ていきましょう。 そしてローマ神話におけるマルスは、ギリシャ神話におけるアレースに相当しており、 ギリシャ神話においてもアレースは戦を司っている神とされています。 火星の表面が赤っぽい色の見た目をしていることから、 それが戦火や血の色のようだと考えられ、火星はマルスやアレース、マーズと名付けられています。 火星(日本語)=マーズ(英語)=マルス(ラテン語)=アレース(ギリシャ語)です。 というのは、五行思想では5種類の元素(火・水・木・金・土)がありますが、 先に木を除いた4種類の元素が他の惑星の特徴と合っていたために割り当てられました。 次に木星の英語名がジュピターとなった由来を見ていきましょう。 そしてローマ神話におけるユーピテルは、ギリシャ神話におけるゼウスに相当しており、 ギリシャ神話ではゼウスは主神であり、全宇宙や天候を支配する全知全能の天空神とされています。 木星はその王様のごとく、どっしりとした落ち着いた輝きから、 ユーピテルやゼウス、ジュピターと名付けられています。 木星(日本語)=ジュピター(英語)=ユーピテル(ラテン語)=ゼウス(ギリシャ語)です。 次に土星の英語名がサターンとなった由来を見ていきましょう。 そしてローマ神話におけるサトゥルヌスは、ギリシャ神話におけるクロノスに相当しており、 ギリシャ神話ではクロノスは大地と農耕を司っている神とされています。 土星はそのくすんだ黄色の光が土をイメージさせることから、 農耕の神であるクロノスやサトゥルヌス、サターンと名付けられています。 土星(日本語)=サターン(英語)=サトゥルヌス(ラテン語)=クロノス(ギリシャ語)です。 ちなみに時を司る神にもクロノスという名前の神が存在していて、 ここでのクロノスという神は名前は同じですが時の神とはまた別の神になります。 天王星はきれいな水色の見た目をしており、その青空のような見た目から、 ローマ神話における天空の神であるウラヌス(ラテン語)と名付けられました。 ちなみにローマ神話における天空の神はウラヌスですが、 これに相当する神がギリシャ神話における天空の神ウラノスになります。 なのでどの言語で天王星と呼ぶのかでその呼び方も変わり、 それぞれ天王星(日本語)=ユラナス(英語)=ウラヌス(ラテン語)=ウラノス(ギリシャ語)と呼ばれています。 海王星はきれいな青色の見た目をしており、その海のような見た目から、 ローマ神話における海の神であるネプトゥーヌス(ラテン語)と名付けられました。 ちなみにローマ神話における海の神はネプトゥーヌスですが、 これに相当する神がギリシャ神話における海と地震を司る神ポセイドーン(ポセイドンのこと)になります。 なのでどの言語で海王星と呼ぶのかでその呼び方も変わり、 それぞれ海王星(日本語)=ネプチューン(英語)=ネプトゥーヌス(ラテン語)=ポセイドーン(ギリシャ語)と呼ばれます。 冥王星は太陽系惑星(2006年まで)の中で最も薄暗い外側を移動していたことから、 ローマ神話における冥界を司る神であるプルートー(ラテン語)と名付けられました。 冥界(めいかい)とは死後の世界のことなので、プルートーは死後の世界を支配しているということです。 またローマ神話における冥界の神はプルートーですが、 これに相当する神がギリシャ神話における冥府の神ハーデース(ハデスのこと)になります。 そして 冥府は地下に存在するとされるようになっていたことから、 ハーデースは地下の鉱物資源の守護神ともされ、別名プルートーン(富める者)と呼ばれていました。 なのでどの言語で冥王星と呼ぶのかでその呼び方も変わり、 それぞれ冥王星(日本語)=プルートゥ(英語)=プルートー(ラテン語)=プルートーン(ギリシャ語)と呼ばれます。 スポンサーリンク• こちらもお勧め! 関連ページ.

次の