ゴルフ スイング 左足。 ゴルフスイングで重要な左足の壁とは左足の踏ん張りで作る

左足下がりのショットの打ち方。ボールの位置や構え方も

ゴルフ スイング 左足

ゴルフにおける左足の重要性とは ゴルフスイングとは体全体をバランス良く使うのですが、その中でも左足の役目とは非常に重要です。 その左足の役割は飛距離と方向性です。 ゴルフショットにおいてどちらも重要な要素ですね。 その左足に踏ん張りが無く、ブレたり動いたりしてしまうと回転軸がずれてしまい、飛距離も出ず、思った方向へボールを飛ばすこともできません。 「左足=軸」と考えると良いでしょう。 またゴルフスイングでは力強いショットをするために体重移動が必要です。 インパクトを迎える直前に左足へ重心がほとんど乗るイメージでダウンスイングをするのです。 ここで右足に重心が残っているとスライスのミスが出たり、インパクト前に力が抜けてしまうスイングになってしまいます。 左足の踏ん張り一つでダフリやトップ、スライスなどゴルフの定番とも言えるミスショットを減らすことができるのです。 左足の正しい使い方は重要ですが、もちろんそれだけができてもゴルフスイングが完璧になるわけではありません。 ただ改善の一つのポイントとして左足の使い方を見直す必要があるのです。 スイング中に左足の踏ん張りがゴルフにおいて大事なワケ ゴルフスイングで左足の踏ん張りが大事なのは、ゴルフスイングの勢いに乗って体が左に流れてしまうのを防ぐからです。 体が左へ流れてしまうことをゴルフでは「スエーする」と表現します。 スエーしてしまうことで当然ゴルフスイングはブレてしまいます。 そうなるとバックスイングとダウンスイングでの捻転差で作った力を台無しにしてしまいます。 多くのゴルファーはプロゴルファーのスイング動画等でイメージトレーニングをしているので、左足の踏ん張りをどのようにするのかと言うイメージは持っているでしょう。 ただそのイメージ通りに体を動かすのが難しいのです。 実際に左側に壁があるようにイメージしながらスイングすることで左足で軸を作り、しっかりと踏ん張ることができます。 それでも難しい人は実際に左側に壁が来るように構え、左足を踏ん張らざるを得ない状況で左の壁を体感する練習をするのも有効でしょう。 そうして左足の踏ん張りを身につけることができたら、捻転差で生まれた力を余すことなくボールに伝えることができ、驚くほど飛距離が伸びるでしょう。 左足を踏ん張るコツは足の裏の内側 ゴルフスイングで左足の踏ん張りのコツは、体重移動の際に足の裏の内側を意識することです。 ゴルフスイングでの体重移動はトップで体重を右へ、そしてフィニッシュでは体重が完全に左へ乗らなければなりません。 左を踏ん張り、フィニッシュで完全に左足に体重を乗せると考えると、なんだか頭がゴチャゴチャになってしまうかもしれません。 しかし足の裏側を意識することで左足で踏ん張りつつ、体重移動をスムーズに行うことができます。 足の裏側の親指の下の部分を「母指球」と呼びます。 左足を少し内股にし、この母指球で踏ん張ります。 ボールを打った後に、内側にキュッと止まる感じがしたら、それが踏ん張れている証拠です。 どうしても母指球でキュッと踏ん張る感じが掴めない人は、左足の外側にティーやスニーカーなどを挟んでスイングをしてみると感覚を掴みやすくなるでしょう。 アドレスからトップ、ダウンスイングからインパクト、その直後まで重心が移動しつつも常に足の裏の内側を意識するようにしてください。 左足の踏ん張りが身につく「べた足スイング」 近年韓国女子プロゴルファーの活躍もあり、「べた足スイング」が注目を浴びています。 べた足スイングをすることで左足の踏ん張りはよりしっかりとします。 ただし、人によってべた足スイングが向いていない人もいるので気をつけてください。 あまり柔軟性のない人にとっては腰の回転が不足し、窮屈な感じを持つかもしれません。 しかし逆に窮屈なため、コンパクトになったスイングによって再現性の高いショットができるようにもなります。 話は戻りますが、左足の踏ん張りを身につける練習ドリルで、べた足スイングの練習にもなる方法を紹介します。 とてもシンプルな方法なのですが、とてもためになる練習です。 そのときはコインやマーカーなどを使います。 左足親指の付け根にそのコインやマーカーを置いて素振りをするのです。 ただし「フィニッシュまで落とさないように」と言うのがポイントです。 しっかりと踏ん張ることができていればコインやマーカーは落ちません。 しかしフィニッシュ前に左足が踏ん張れずめくれたしまったら、当然落ちてしまいます。 左足親指の付け根に乗せることで、終始意識がそこにあると言うのがこの練習ドリルの大事なポイントです。 左足をティーアップして踏ん張りを習得 次に紹介するゴルフスイングで左足の踏ん張りを身につける練習ドリルは、左足をティーアップするドリルです。 打ちっぱなし練習場のように足元が人工芝やゴム等である所ではできません。 ドライビングレンジのように芝打ちできるような練習場でのみ可能です。 まずショートティーを地面に少し浮かせるくらいに差し込みます。 このティーの上に左足の外側を乗せます。 当然左足は若干浮いた状態になるのですが、そのままの状態でアドレスを取りバックスイングをします。 そしてダウンスイング始動と同時に差し込んだティーを地面に向かって踏みつけてください。 すると少し浮いた状態だったティーが地面にグッと刺さります。 この動作により左へしっかりと体重移動ができ、左足をしっかりと踏ん張ることができるのです。 足の下にティーがあることで違和感があるかもしれませんが、その違和感が意識へと変わり、左足の体重移動や踏ん張りをより意識しながら行うことができます。 ゴルフスイングで左足の踏ん張りに必要な股関節のストレッチ 左足の踏ん張りと言われると、どうしても足の筋力が必要なように感じるかもしれません。 実は筋力よりも柔軟性の方が左足の踏ん張りには必要です。 もっと言うとゴルフスイング自体、筋力よりも柔軟性の方が重要なのです。 ゴルフのために筋トレを行っている人もいるでしょう。 合わせて毎日のストレッチを行うとよりゴルフのための体作りができます。 それでは、両足のつま先を外に向けて肩幅より少し広めに足を広げてください。 膝を直角に曲げて腰を落とし、両手は両膝の上に置きます。 両手で膝を外側に押すようしながら肩を前に出し、腰を左右に捻ります。 30秒くらい息を吐きながらゆっくりとストレッチをしていきます。 これが基本の形とはなりますが、人によって柔軟性は違うので、無理の無い範囲で行うようにしてください。 このストレッチでは股関節周りの筋肉をほぐす効果があります。 柔軟性があまり無い人や腰痛持ちの人は、椅子に座った状態で行っても同じ効果があるので椅子を使って行ってください。 イメージと意識、そして繰り返しの練習が一番 あれこれと文章を読んで理解することも大切ですが、実践するのが一番効果はあります。 その際に正しいイメージを持つことも必要ですし、そのために意識することも大事です。 しかし自分で意識するのには限界があるので、どう意識させるか工夫して練習しなければなりません。 後はそれらを反復練習し体に覚え込ませることで初めて、ラウンドで使えるゴルフスイングとなるでしょう。

次の

左足を踏み込んでからスイングは始まる!スイングにおける左足の重要性とは?

ゴルフ スイング 左足

ヒールアップとは? ゴルフスイングでいうところのヒールアップというのは、打つときに踵を上げる打ち方のことです。 踵を上げることで、スイングのタイミングを掴んでいたり、捻転を深くすることができます。 ゴルフスイングでヒールアップする? ゴルフスイングで単純な疑問のひとつ。 左足の踵は上げるのかどうか? つまりヒールアップをしたほうが良いのかどうかということですね。 私は、今現在の自分のドライバーがスライスしてしまう原因が捻転不足だということを感じていますので、もうすこし深く捻転できるような方法を考えているなかで、左足の踵を上げる ( ヒールアップ )をしてみようということを思い付きました。 左足の踵を上げる つまり ヒールアップについて少し追求をしていこうと思います。 左足の踵を上げるということは、インパクト時には踵を元の位置に戻すという動作が必要になりますので、自然と脚を使う、下半身を使うということにつながるように感じます。 そして、左足の踵を下ろすことがキッカケとなり腰が回転するということになります。 ヒールアップのデメリット ヒールアップした場合のデメリットとしては、左足の踵を下ろすという動作がひとつ入ります。 故に身体が上下したり、アドレスの位置とは違う場所に左足が置かれてしまうことがあります。 ヒールアップするタイミング テイクバックを開始して、体重を右側にシフトさせていくときに、少しずつ踵をあげていくと良いです。 いっきに踵を上げる必要はありません。 ほんのすこし踵が浮く状態でも大丈夫です。 ヒールアップの仕方としては、爪先はしっかりと踏みつけたままで、踵だけを少し浮かせる感じです。 右脚に体重移動し難いという人の場合は、アドレスの時点から、左脚の踵を上げて、爪先だけで立つようにすると良いです。 右脚はベタ足で大丈夫です。 そうすると、最初から右側に体重を乗せておくことができますので、テイクバックしやすくなります。 ヒールアップの効果 ヒールアップしたスイングは、身体の硬い人、捻転が浅くなってしまう人、股関節の回旋が浅い人に向いています。 踵を上げることで、右側に体重を乗せきって、スイングパワーに変換することができます。 左脚の踵を上げることで、右側に体重をシフトさせることができるので、腰の回旋、肩の回旋がしやすくなります。 非力なゴルファー、女性ゴルファーに向いている打ち方です。 ダウンスイングでタイミングがとりやすい ヒールアップすることで、ダウンスイングのタイミングがとりやすくなります。 トップスイングを作って、ダウンスイングを開始する時に、左脚の踵を下して、踏み込むことで、ダウンスイングのタイミングを掴むことができます。 また、左脚を踏み込むことで、左の壁が自然と作られて、軸がズレにくいスイングで打つことができます。 ヒールアップで踏み込みのコツを掴む ヒールアップをすることで、トップスイングからダウンスイングの切り返しのキッカケを掴むことがことができますし、左足を踏み込んで、左の壁をつくるためのタイミングにもなります。 ヒールアップしたアイアンショット ヒールアップは、アイアンショットにも効果的です。 パワフルに打ちたいときなどは、ヒールアップをして、力強くアイアンクラブを振ることができます。 とくには、ラフのときなどは、アイアンクラブのヘッドがラフに絡まってしまって抜け難くなることがあります。 そのようなときなは、ヒールアップしたスイングで力強くアイアンクラブを振ると良いです。 自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 Amebaトップブロガーとして、アメブロの方でも記事を書き始めましたので、こちらもよろしくお願いいたします。 1年くらい前にトップブロガーとして、ブログやりませんかとお声掛けを頂いたのですが、私のマイペースな性格ゆえに、最近スタートしたブログです。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 動画の投稿数が少ないですが、これから少しずつ充実していくつもりですので、チャンネル登録お願いいたします。 最近の投稿記事• 2020年6月26日• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月17日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月11日.

次の

ゴルフスイングを安定させる左足の使い方。飛距離アップへ。

ゴルフ スイング 左足

ダウンスイングで「左足を踏み込む」というレッスンがある。 この教え、大きな落とし穴がある。 踏み込んで打つアマチュアの悲劇 ダウンスイングで「左足を踏み込む」というレッスンは、すなわち左足に体重を移動させるということ、と伝わる。 しかし、体重移動を行ってうまく打てるかというと、ほとんどのアマチュアは打てないはずだ。 実は、体重移動すると背骨の軸がブレるために骨盤をさせることができないため、うまく打てないのは当たり前なのだが、「踏み込め」と言う言葉を誤解して、一生懸命体重移動して打とうとしてしまう。 悲劇だ。 踏み込め、と言われた場合、ほとんどのアマチュアは、次のいずれかの動作をとる。 一つは、右足に体重を残しつつ、左足をつっかえ棒のようにして踏み込む動作。 もう一つは、左に思いきり体重移動させ、背骨の軸ごとスライドさせてしまう動作。 やってみるとわかるが、いずれも骨盤を回転させることは難しい。 回転しているつもりかもしれないが、不十分だ。 体重移動という教えはもはや過去の遺物 骨盤の回転が主体であり体重移動はその結果、というのが真実なのだが、それがわかるまでは迷路に迷い込んでしまう。 体重移動というレッスンがあまりにもメジャーだからだ。 しかし、海外の選手や韓国選手、さらに松山選手などのスイングを見てもわかるように、体重移動が正しい、というレッスンはもはや過去のものだ。 もし、体重移動を得意とする日本人選手が海外のメジャーで優勝でもしようものなら、体重移動の正しさも証明できるのかもしれないが、そんな日は絶対に来ない。 ゴルフはただの物理現象だ。 よって、物理学に支配される。 物理学的に、もっともボールが飛ばせるのは、背骨を中心とした体の回転だ。 踏み込むときの体重移動の意識はすっぱり捨てる。 何の損もない。 最近の投稿• カテゴリー• 7 アーカイブ• 14 人気記事• 80,460件のビュー• 71,615件のビュー• 49,133件のビュー• 35,426件のビュー• 33,929件のビュー• 25,935件のビュー• 25,151件のビュー• 25,003件のビュー• 23,275件のビュー• 21,743件のビュー 最近のコメント• に hiro より• に より• に hiro より• に ダッファー より• に ナカハラシゲオ より リンク.

次の