いみ じき 意味。 「いみじくも」の意味と使い方!漢字、語源・由来とは?類語、英語表現も解説

いみじとは

いみ じき 意味

第五十四段 御室に、いみじき児のありけるを、• 御室に、いみじき児(ちご)のありけるを、いかでさそひ出(いだ)して遊ばんとたくむ法師どもありて、能あるあそび法師どもなどかたらひて、風流の破子(わりご)やうのもの、ねんごろに営み出でて、箱風情の物にしたため入れて、双 ならび の岡の便よき所に埋みおきて、紅葉散らしかけなど、思ひよらぬさまして、御所へ参りて、児(ちご)をそそのかし出でにけり。 うれしと思ひて、ここかしこ遊びめぐりて、ありつる苔のむしろに並(な)みゐて、「いたうこそこうじにたれ」、「あはれ紅葉をたかん人もがな」、「験(げん)あらん僧達、祈り試みられよ」など言ひしろひて、埋みつる木のもとに向きて、数珠(ずず)おしすり、印ことごとしく結び出でなどして、いらなくふるまひて、木の葉をかきのけたれど、つやつや物も見えず。 所の違ひたるにやとて、掘らぬ所もなく山をあされどもなかりけり。 埋みけるを人の見おきて、御所へまゐりたる間(ま)に盗めるなりけり。 法師ども、言の葉なくて、聞きにくくいさかひ、腹立ちて帰りにけり。 あまりに興あらんとする事は、必ずあいなきものなり。 口語訳 仁和寺に、すばらしい児(ちご)があったのを、どうにかして誘い出して遊ぼうとたくらむ法師たちがあって、芸の達者な遊行僧たちなどを仲間に引き入れて、優美な破子のようなものを、心をこめて作り上げて、箱のような物に調え収めて、双の岡の都合のいい所に埋めておいて、紅葉を散りかけたりして、人に気づかれないようにしておいて、仁和寺の法親王の御所に参って、稚児をさそって外出した。 うれしく思って、ここあそこと遊びめぐって、前もって仕掛けをした、苔がむしろのように広がっている所に並び座って、 「ああすごく疲れた」 「風流に紅葉をたく人がほしいなあ」 「霊験ある僧達よ、祈り試されよ」 など言い合って、宝を埋めていた木のもとで向かい合って、数珠をすり、印を大げさに結び出しなどして、大仰にふるまって、木の葉をかきのけたけれど、まったく物も見えない。 場所が違ったのかと、掘らない所はもう無いというくらい、山を探索したが、無かった。 埋めているのを人が見ておいて、御所へ参上した間に盗んだのだった。 法師たちは言葉もなくて、聞き苦しく言い合い、腹を立てて帰ってしまった。 あまりに面白くしようとすると、必ず面白くない結果になるものだ。 宇多法皇が仁和寺内に設けた御所の名から、後には仁和寺そのものを指すようになった。 南北に三つの丘が連なり、それぞれ「一の丘」「二の丘」「三の丘」という。 和歌によく見られる表現。 疲れた。 悟りの内容を象徴する。

次の

徒然草 現代語訳つき朗読|第五十四段 御室に、いみじき児のありけるを、

いみ じき 意味

「いみじき」の意味は? 「いみじき」の意味は、 「程度が甚だしい様子」「並々でない様子」 などがあります。 好ましいものか好ましくないものかに関係なく、 程度が甚だしい時に使う事ができます。 具体的な内容を表すような言葉がない場合は、 好ましい意味にするか 好ましくない意味にするかを 前後の文脈から判断しなければいけません。 好ましい内容の場合は 「素晴らしい」「優れている」 「立派である」「嬉しい」 好ましくない内容の場合は 「ひどい」「辛い」「悲しい」「恐ろしい」 などがあります。 例えば、 「いみじき人」という表現がされている場合、 前後の文脈が好ましい内容であれば 「とても素晴らしい人」「立派な人」 好ましくない内容であれば 「ひどい人」「恐ろしい人」 という意味になります。 「いみじき」の語源、由来とは? 「いみじき」は、 古語の形容詞である「いみじ」の連体形です。 「いみじ」は穢れ(けがれ)を祓う事や 穢れを避ける事を意味する 「忌み(いみ)」が語源になります。 その由来として、 忌むべき程ひどい という事から程度が甚だしい事を 意味するようになりました。 「いみじき」「いみじくも」の違いとは? 「いみじ」の連用形である「いみじく」は、 現在でも「いみじくも」という形で 使われる事があります。 しかし、 「いみじくも」を使う上で 「いみじき」との違いについて 注意しなければいけない事があります。 「いみじ」や「いみじき」は 好ましい事にも好ましくない事にも 使う事ができますが、 「いみじくも」は「適切に」「上手く」 のように好ましい内容として使われます。 これは現在までの長い時間使われてきた中で、 言葉の意味や使われ方が変わってきたためです。 「いみじき」はあまり馴染みのない 言葉のためによく意味を間違えられます。 特に、文脈によって意味が変わる事には 注意しなければいけません。 現在では使う事がない言葉かもしれませんが、 同じ「いみじ」を語源としていて 現在も使われる「いみじくも」 という言葉との違いも覚えておきましょう。 「いみじくも」という言葉も 気になる人はこちらで解説しています。

次の

『玉勝間』の「いみしき」は「いみじき」??

いみ じき 意味

「このことは確かな証拠がないので判断し難い。 しかし、(袋の持ち主と夫は)どちらとも正直な者と思える。 夫婦(の供述)はやはり違いはない。 持ち主の言うことも正しく聞こえるので、持ち主は、(自分が落としたという)七つあるという軟挺(が入った袋)を探して取るのがよい。 これは(軟挺が)六つあるので、別の人のものであろう。 」 と言って、六つすべてを夫婦にお与えになりました。 宋の国の人たちは、すばらしい成敗だといって、広く大声をあげて褒めました。 心が正しければ、自然と天の与えた宝を手に入れます。 心の邪悪な者は、神仏が責めて、財産を失います。 この道理を決して違えるべきではありません。 重ね重ね心は潔白で素直であるべきものです。

次の