カイム グラブル。 【グラブル】 カイム逆位置考察 マグナ編成でも行けるっぽい・・・?

【グラブル】天秤4凸で逆位置カイムティターン編成完成! トライアルで試し

カイム グラブル

使い回しが可能• アビポチが少ない• 制限の影響を受けにくい 1. 使い回しが可能 ディストリームで与えるダメージは、敵が水属性なら土属性、光属性なら闇属性といったように 敵の弱点属性ダメージになります。 また、ディストリームは多段ヒットするダメージアビリティなので、敵が複数体で出現した場合は、 敵全体にダメージを与えることが可能です。 アーカルムでは複数属性の敵が出現し、数も単体・複数とバラバラなので、通常なら敵に合わせてその都度編成を変える必要があります。 ですが、ディストリーム編成なら 同じ編成を使い回すことが可能です。 アビポチが少ない ディストリーム編成をしっかり組めば、 ディストリーム1ポチで敵に数百万のダメージを与えることが可能です。 そのため、少ない手順で効率よくアーカルムを周回できます。 ちなみに、アビリティ1ポチならサラーサの グラウンドゼロを使う選択肢もありますが、難易度EXTREMEでは無属性ダメージが半減されるので、特に単体の敵は1ポチでは倒せません。 ですが、ディストリームは弱点属性多段ヒットなので、単体の敵も1ポチで倒しやすいです。 制限の影響を受けにくい ディストリーム編成は、基本的に主人公のディストリーム1ポチで倒すことが多くなるので、他のPTキャラの影響を受けにくいです。 レアリティ制限にも対処しやすい また、アビリティでダメージを与えるので、奥義封印などのフィールド効果にも関係なく周回できます。 ディストリーム編成の組み方 ディストリームは上でも解説したように、自動的に敵の弱点属性ダメージになるので、 主人公の属性はどの属性でも問題ないです。 ディストリーム編成を組む場合は、 自分がダメージを出しやすい属性で組みましょう。 イクサバを持ってるなら火属性にするなど ジョブは、ディストリームがCW装備時に攻撃回数がアップするので、 グラディエーターか クリュサオル固定です。 編成の組み方ですが、基本的には以下の武器を入れて、残りの枠はイクサバ等の渾身武器や、攻刃値が高い武器 バハ武器・W攻刃武器・ゼノ武器など を入れていきます。 プロキシモ メイン武器• オメガ 終末 武器• 虚空槍• 上限UP武器• 安心と信頼の赤箱御守り プロキシモ ディストリーム編成を組む上で 必須の武器です。 自分が使う属性のプロキシモを作成しましょう。 この武器をメインに装備することで、第一スキルでディストリームの攻撃回数が 14回 CW装備時 に増えて、第二スキルでアビリティダメージを伸ばせます。 プロキシモには、さらに上の段階 ヴァッサーシュパイアー がありますが、プロキシモの方がスキル的にディストリームでの周回に向いてること。 また、グラディエーターでも装備できるメリットがあるので、プロキシモで止めておくことをオススメします。 オメガ・終末武器の第二スキル 上限UP は同枠で重複しないので、 どちらかにアビリティダメージ上限UPが付いてればOKです。 オメガ・終末武器のアビリティダメージ上限UPは、ウシュムガルなどのアビリティダメージ上限UPとは上限枠が別で効果が重複します。 グラディエーター・クリュサオルは得意武器が刀なので、虚空槍のスキル効果を受けられ、ディストリームの与ダメージを伸ばすことができます。 上限UP武器 スキルに ダメージ上限UPが付いた武器を編成に入れることで、ディストリームで与えられるダメージの最大値を伸ばせます。 必要に応じて、以下のような武器を編成に入れましょう。 つまり2本でOK 安心と信頼の赤箱御守り 安心と信頼の赤箱御守りを編成に入れることで、アビリティ封印を無効化できるので、先制攻撃でアビリティ封印を付与してくる 「ヘルボーイ」に対処できます。 ただし、入れると編成の火力は落ちるので、ダメージが足りない場合や、ヘルボーイが出ないポイントを回る場合は外してもOKです。 召喚石 黒麒麟をメインに装備すると全属性攻撃力UPに加えて、アビリティ性能も伸ばせるので、ディストリーム編成での火力を伸ばしやすくなります。 サブ枠はステータスが高い召喚石や、 アーカルム召喚石のような1ターン目に召喚できる召喚ダメージが高い召喚石を装備します。 ダメージが足りない場合に使う あとは、主人公と同属性の 天司石を持ってるなら、上限を伸ばせるので入れておきましょう。 オススメのキャラ ディストリーム編成で周回する場合は、以下のようなキャラを入れておくと便利です。 クリュサオルなら、普段は奥義周回などで使うので、このような振り方はできません。 ですが、グラディエーターなら他に使う場面はないので、LBが余ってるなら上記のように振ってみるのもいいでしょう。 周回が楽に! ディストリーム編成を組むことで、アーカルムを楽に周回できるようになります。 また、アーカルム以外にも、体力が低いボスなら同じようにディストリーム1ポチで周回できるので、余裕があるなら組んでみるといいでしょう。

次の

グラブル攻略

カイム グラブル

「僕はカイム。 タロットカードの大アルカナにある『愚者 THE FOOL 』にあたり、アーカルム石「」と契約している。 旧アーカルムの転世 2016年9月開催 ではナビゲートキャラクターの一人として登場しており、大まかな性格とCVはそのまま引き継がれている。 容姿 ボサボサのに銀色の瞳を持つ細身の少年。 白い服と紺のパンツに賢者たち共通の赤いケープが付いた紺色のローブを羽織っている。 足元は上限解放ポーズから茶色のニーハイブーツを履いている模様。 少年のような無邪気さと底知れぬ知性を武器に、戦況や主人公達を天真爛漫に引っ掻き回す。 アビリティの再使用や模倣、全体バフや内容が変化する自己バフなどとにかく出来る事が多い。 しかし再使用不可や奥義を撃たないと発動できなかったりといつでも発動できる訳ではない為、 今カイムが何ができるのかを把握しておく必要がある。 上手くいけば攻撃・防御・回復・支援とあらゆる役目を果たすことも出来る為、 プレイヤーの腕が問われるキャラクターとなっている。 ・・・と言うのはカイムをフロントメンバーに置く場合の話。 これ以上に注目されているのがサブメンバー配置時に発動する「刑死者の逆位置」の効果。 ダメージ上限UPを含む強力なバフを得られるのだが、 条件として「 装備している武器を全て異なる物にする」ことを満たす必要。 複数並べると強力な「ニーベルン・ホルン」を擁する編成とは相性が悪く、 逆に多種多様な武器を採用できる編成とは相性が良い。 火力と耐久を両立したパーティを編成できるようになるが、 不意の事故でカイムがフロントメンバーになるとバフが消失してしまうことには注意が必要。 逆にという戦術もあるにはある為、どちらを主軸に戦うかは騎空士にゆだねられる。 関連イラスト.

次の

カイム(グラブル) (かいむ)とは【ピクシブ百科事典】

カイム グラブル

土マグナハイランダー編成という可能性 水有利古戦場も終わって落ち着いて来たので、古戦場前に加入してちょっとずつ使いはじめている土属性賢者であるカイムの使用感などをあげてみようと思います。 まずはカイムのアビリティ編成 おそらく使い勝手が良いのは2アビです。 いわゆるコピースキルであり、分かりやすく言うとグラゼロのあとに打つともう一発グラゼロが打てるというようなスキル。 ただ、スキルによってはコピーできないものもあり、剣聖の剣神解放やザ・グローリーのグロリアス・アーツなどはコピーが出来ないようです。 そして、カイムの特徴とも言うべき3アビのブランクフェイス。 スタメンが使ったアビリティによってアビリティの内容が変わるというリミテッドリーシャのブレイブコマンドとちょっと似たアビリティとなります。 ブレイブコマンドはアビリティ使用後に使った種類によってアビリティ内容が変わりますが、ブランクフェイスの方はブランクフェイス状態の時に使われた直前のアビリティによって内容が変わります。 また、ブレイブコマンドの方は号令レベルの高さが非常に重要になりますが、ブランクフェイスの方はランクによって変わるのはカイムにかかる効果だけになるのであまり重要ではない気がします。 そして、ブランクフェイス及び変化した各トリックの再使用ターン数は一応5ターンとなっていますが、奥義を打つごとに各トリックがリセットされ、即ブランクフェイスが使用可になるので奥義回りがいい土属性だと5ターンかからずに打てることが多々ある感じです。 2アビの使用間隔が1ターンなのでダイヤトリックを多用していくことになる感じでしょうか。 カイムも正位置と逆位置のアビリティを持っていますが、カイムのもう1つの特徴とも言うべき刑死者の逆位置のサポートアビリティ、すべて違う武器を並べるといういわゆるハイランダー編成です。 メンバーと召喚石は全く一緒で 装備の方を変えてみました。 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 これで試しに通常マキュラを同じような進行で殴ってみたのですが どちらも両面ユグマグでリロード無し 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 差は少ないもののマグナハイランダー編成の方が強いという結果に・・・ これ以前にも同様にマキュラを殴っているのですが、やはりマグナハイランダーの方が僅かに早い結果でした。 マグナハイランダー編成の方はニーベルンホルンが3本並んでないのでクリティカル確定とはなりませんが、逆位置効果や白虎邪のダメージ上限アップ効果もありマグナハイランダー編成の方に分があるようでした。 通常マグナ編成ダメージ例 マグナハイランダー編成ダメージ例 まぁ、どちらの編成も進行する上で多少のブレはあると思いますが、少なくとも火力的には甲乙つけがたい性能と言えるのではないでしょうか。 また、HPを比べてみると 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 ほぼ変わらず・・・ マグナ編成の方はニーベルンクリンゲをもっと並べてHPを盛るというのもあると思いますが、自分のユグ杖はスキルレベル15までしか上げていなかったのでそれを考慮すると、マグナ編成に勝てないまでもなかなかいい勝負になるのではないかと思います。 そして、やはり本命は両面ティターンによるハイランダー編成・・・ 仮にティターンを引くことができれば違う武器を1本ずつ並べるだけなので比較的容易にティターンでのハイランダー編成を組むこともできます。

次の