ラカンパネラ 難易度。 ピアニストでも大変!リスト「ラ・カンパネラ」難易度と弾き方のコツ!

これで攻略!リスト『ラ・カンパネラ』難易度と弾き方のコツ!

ラカンパネラ 難易度

ヒドイ!!。 とても弾けているとはいえないこのレベル。 ・右手で跳躍して弾く部分が、ずれて隣を叩く。 ・鍵盤を叩いているつもりで叩けていない。 ・指がもつれる。 ・右手が途中で攣りそうになる。 ・弾けもしないのに早く弾こうとする。 ・ペダルがいい加減。 ・・etc きりがない。 全音ピアノピースで、 難易度Eのこの曲。 通常のレッスンでしたら、難易度Aから順にステップアップするのが普通でしょうが、、 まぁ無視です。 好きな曲なら苦手な譜読みも苦にならない!! 訳もなく、 「あー音符が多いなー」とか「すべての音符に指番号振ってくれればいいのに」とか思いつつやっております。 さて、独学でラ・カンパネラが弾きたいけど・・結局の所 スローテンポで確実に弾けるようにして、徐々にスピードアップするしかない。 地道に頑張るしかないですね。 さて一年後は如何に。

次の

ピアノ難易度

ラカンパネラ 難易度

1つは、「 音の多さ」が挙げられるのではないでしょうか。 楽譜を見た瞬間に、音符が多すぎるのを見ると、ああこれは難曲そうだと感じますよね。 さらにテンポが速い曲だと、指の速い動きも要求されてくるのでたくさん練習しなければならない、と思うでしょう。 2つ目に、 音が飛びすぎる曲は難曲である、と感じます。 さらに、オクターブ以上の音域をおさえなければならない曲も弾きづらいですね。 どちらのケースも、手が大きくなければ弾きこなすのに困難です。 最高難度の曲ともなると手が大きくても不可能ではと思える曲もあり、最適な練習方法を見出さなければならない、といったところでしょう。 そして3つ目。 テクニックだけではなく、表現力が求められる楽曲でしょうか。 ピアノにおいて、表現力はいくらテクニックがあっても練習だけではカバーしきれない部分がありますよね。 こちらではこれらのことを元に、超絶技巧のピアノの難易度MAXの難しい曲を10曲選び、ご紹介していきます。 こういった難曲を弾けるようになることには一体どんな価値があってどんなメリットがあるでしょうか。 1つには、やはり自分の技術向上、ということが挙げられます。 難しい曲を弾けるようになることによってさらに自分のテクニックが磨かれ、さらなる上を目指していける、という点ですね。 こういった難曲に挑戦しよう、というからにはある程度テクニック、腕に自信がある方々でしょう。 難易度の高い曲を弾きこなせれば自分にとって明らかにプラスになりますよね。 また、難しい曲を弾ける、ということは単純にかっこいい!ということにもなります。 こういう曲を披露する場というのはある程度人が集まっているようなところ、発表会であったり演奏会であったりするのでしょうが、難しい曲をさらっと弾けたらかっこいい、と絶賛されそうですよね。 ショパンのエチュードは難易度がそこそこ高く、革命のエチュードや木枯らしのエチュードなど、発表会などでも弾いた、という方は多いでしょう。 12の練習曲op10はあのリストでさえ、初見では弾けず練習を要した、と言われるほどです。 しかしこの、ただでさえ難しい曲を、ゴドフスキーがさらに編曲、最高難度とも言われる曲にしてしまったのです。 こちらでご紹介している動画はその中でも第47番「おふざけ」と題された曲ですが、これは黒鍵(op10-5)と蝶々(op25-9)の旋律を同時に弾くアレンジにしている、というまさに「意味不明」、なんていうことをしてくれたんだ、ともいえる超難関な曲へと進化しています。 この曲を弾けたらさぞかしかっこいいのでしょうね。

次の

これで攻略!リスト『ラ・カンパネラ』難易度と弾き方のコツ!

ラカンパネラ 難易度

ヒドイ!!。 とても弾けているとはいえないこのレベル。 ・右手で跳躍して弾く部分が、ずれて隣を叩く。 ・鍵盤を叩いているつもりで叩けていない。 ・指がもつれる。 ・右手が途中で攣りそうになる。 ・弾けもしないのに早く弾こうとする。 ・ペダルがいい加減。 ・・etc きりがない。 全音ピアノピースで、 難易度Eのこの曲。 通常のレッスンでしたら、難易度Aから順にステップアップするのが普通でしょうが、、 まぁ無視です。 好きな曲なら苦手な譜読みも苦にならない!! 訳もなく、 「あー音符が多いなー」とか「すべての音符に指番号振ってくれればいいのに」とか思いつつやっております。 さて、独学でラ・カンパネラが弾きたいけど・・結局の所 スローテンポで確実に弾けるようにして、徐々にスピードアップするしかない。 地道に頑張るしかないですね。 さて一年後は如何に。

次の