荒川 弘。 銀の匙の休載理由と連載終了(完結)の原因は作者・荒川弘の介護の噂

【鋼の錬金術師】荒川弘先生流ネームの描き方!【漫画の描き方】【アルスラーン戦記】【絵コンテ】comic manga drawing

荒川 弘

概要 [ ] 北海道でとを営む農家に生まれ、卒業からマンガ家になるまでの七年間を、農業に従事していた 作者の実体験に基づいた。 『』を家訓に掲げている、作者・荒川弘の実家「荒川農園」(仮称)が主な舞台。 幼少期から目の当たりにしていた農家の日常を紹介するとともに、酪農や耕作の実態や荒川の家族の事を主に日本の農業を笑いや薀蓄、仮説を織り交ぜて描かれている。 荒川は本作と並行してを舞台とした『』()を2011年から連載しており、本作と共通する話題が描かれることもある。 主な登場人物 [ ] 荒川をはじめ、荒川の両親や姉弟が多く登場する。 荒川の自画像がを模した牛人間であるため、親族も倣って牛人間の姿をしており、体色や模様、装飾品などで描き分けられる。 他に友人や知人、担当者なども登場するがその多くは普通の人間として描かれている。 一部の友人は動物を模した姿の場合もある。 また、人物ではないが、荒川農園で飼育されている動物の中にも個性的な行動をするものがいるため、それらも併せて描かれている。 進行 [ ] 荒川弘 容姿は『』など他の連載作品でも使われている自画像である、をかけた 白黒斑模様の人間。 作者の荒川本人で荒川家の四女。 暗闇の倉庫の中、と勘違いして脱走した親牛に咄嗟に草刈り鎌で立ち向かおうとしたり、「飢えたくなければ、でベコ(牛)飼え。 を耕せ」など、血の気の多い農民気質の偏った言動で、たびたび担当のイシイを怒らせたり度肝を抜いたりする。 イシイ 本作を担当する女性編集者。 農業に関しては全くの素人で、荒川の偏った常識や桁外れな話に困惑したり、突っ込みを入れたりしているが、連載が進むにつれ、農業やそれらに関連する知識も身につけており、荒川の嘘には簡単に騙されなくなっている。 口癖は「農家の常識は社会の非常識」。 元アシスタントであるのエッセイ漫画にも、同一人物らしき担当編集が登場している。 荒川家 [ ] 親父殿 容姿は白黒斑模様の牛人間。 首にはいつもタオルを巻いている。 子供のころ農耕馬に蹴られて顎を骨折した際に出来た傷跡が左顎に残っている。 他にも農作業中に起きた事故などで大怪我をした際に付いた傷が身体のあちこちに残っている。 荒川の実父。 実子達ですら驚くような型破りな言動と行動が多く、エピソードに事欠かない。 読者アンケートにおいても「人気がすごい」とのこと。 作中では死に至りかねない事態に陥ることが多く、その度に一命をとりとめては家畜(特に牛)がするため、「親父殿の身代わり」と思われている。 おかん 容姿は頭頂部にのような巻き毛を生やし、「おかん」と書かれたエプロンを着けた牛人間。 荒川の実母。 荒川農園専務。 農繁期の手伝いから逃れたい荒川に対し、荒川を妊娠中に農繁期を迎え「陣痛が来るまでトラクターに乗っていた」事を明かして、荒川の反論を封じた(後に聞いたところ、「陣痛が来てから自分で車の運転をして病院に行き、ぷりっと産んだ」と語るほどの安産だったという)。 また、家事や育児と並行して農作業や家畜の世話、荒川農園の経理や営業、じいちゃんの介護、さらに自分の趣味の園芸に至るまであらゆる仕事をこなすという八面六臂の仕事ぶりに驚かれているが、おかんは「何でもできるんじゃなくて、何でも やらされるのよ! 」と反論している。 じいちゃん 容姿はほっかむりをした、茶色い体の牛人間。 荒川の父方の祖父。 何事にも動じない(鈍い?)性格。 高齢にも関わらず木に登り作業中に転落、肋骨を折るも全く動じずにいたことから、「親父殿のやんちゃな気質はここから来ている」と思われている。 入浴中にに遭ったことがあるが、それにも全く動じず湯船に浸かっていた。 晩年にはを患い、寝たきりの状態になった。 ばあさん 容姿は頭に手拭いを巻き、着物を着た牛人間。 荒川の父方の祖母。 「百姓の女は何でもやるべきだ」という考えの持ち主で、荒川家に自転車が導入されると40代にして自転車の乗り方を覚え、トラクターが導入された時には間際にしてトラクターの運転を覚えたという、非常にアクティブな人物。 なお、晩年は老齢のために体調も思わしくなくなり、最期は仕事に行くおかん(嫁)に一言だけ礼を言って息を引き取ったが、農閑期に合わせたかのように亡くなった事や、に使えそうな写真をさりげなく用意してあったことから、亡くなってなお「ほんとに迷惑かけないばあさんだな!! 」と家族に驚かれていた。 また、生前に毎食後欠かさず牛乳を飲んでいたこともあり、火葬後の遺骨は火葬業者に絶賛されるほど綺麗に残っていた。 ひいじいちゃん 容姿は着物とを着た白い牛人間。 明治時代に生きた荒川の曽祖父。 親父殿から伝え聞いた話によると、明治時代、と一緒にを闘い、警官隊に果敢に腕力で立ち向かった武勇伝を持つ。 それが原因で逮捕状が出てしまい、群馬県から北海道へと入植してきた。 荒川曰く「犯罪者かよ!! 」「ひいじいさんがやんちゃキングだった」。 この件に関しては親父殿が「(当時の)北海道は、そんなの(犯罪者)も受け入れちゃう位おおらかだった」とフォローしている。 荒川の長姉。 幼少時に「畑に連れて行って迷子になっても困る」と思った親父殿に、苦肉の策として「おんぶヒモで自宅の机の足に繋がれていた」ことがある。 ナスビ頭の公務員と結婚しており、娘も登場している。 特技は妹のサインの真似ができる。 荒川の次姉。 学生の頃に農機具に指を挟んで切断寸前になったが、親父殿の自家流の治療により、1ヶ月で完治した。 元バレー部で、セッターを務めていた。 荒川の三姉。 親父殿について聞いたところ、悩んだ末に「(色々な事があるので)何から話せば良いのやら」と答えた。 弟 容姿は顎にヒゲの生えた、白黒斑模様の牛人間。 荒川の弟(末っ子)。 幼少時に、親父殿の運転するトラクターがバックしている時に轢かれて、後輪の下敷きになった事があるが、親父殿の冷静且つ慎重な運転により、奇跡的にかすり傷で済んだ。 祖父が寝たきりになったことを機に介護職を志望し、一浪して東京の大学に進学する。 単行本 [ ]• 『百姓貴族』 〈WINGS COMICS〉、既刊6巻(2019年11月23日現在)• 2009年12月11日発売、• 2012年2月25日発売、• 2014年2月25日発売、• 2016年2月25日発売、• 2017年11月25日発売、• 2019年11月23日発売、 脚注 [ ]• 『百姓貴族』単行本第2巻・裏表紙(カバー裏)「タイトルの話」より。 幼少期にはメガネをかけていない姿で描かれることもある。 大まかな治療法が作中に記されているが、あくまでも自家流の治療法なので「よい子は ほんとにマネしないでください! 」という注意書きが書かれている。 外部リンク [ ]•

次の

荒川弘の名言

荒川 弘

名前の印象とは逆に、作者は女性漫画家です。 荒川弘(あらかわ ひろむ)という名前なので、勘違いしていた方も多いのではないでしょうか。 1973年、北海道で生まれ。 実家が農家であるため、そこで得た経験は『銀の匙』や『百姓貴族』などの作品に反映されています。 漫画家になりたての頃はアシスタントをしていたようです。 『STRAY DOG』や『突撃となりのエニックス』などを「月刊少年ガンガン」で読み切り掲載したのち、2001年に『鋼の錬金術師』の連載が始まります。 荒川弘にとってこの作品が初の連載でしたが、類を見ない「錬金術」というテーマと、酷な描写も含む内容が功を奏したのでしょう。 話題騒然、空前絶後の大ヒットとなりました。 2007年、2011年、2014年と出産しており、2017年時点で3児の母としての一面も持っています。 出産の関係で一時活動休止することはありましたが、引退することはありませんでした。 2018年現在は『アルスラーン戦記』や『銀の匙』などの作品を連載して、多くのファンを楽しませています。 本作は、黄金周という荒川弘を含めた複数人によるグループで原案が練られ、テレビアニメと漫画をほぼ同時期に発表したものとなっています。 全5巻の作品で、2007年から「ガンガンパワード」、2009年から「月刊少年ガンガン」で連載していました。 この作品の世界では、7つの紋様(北辰)が存在し、それぞれを持つ者が7人(北辰天君)いることになっています。 この紋様を持つ者は、国が危機に陥った時に平和に導いてくれるとも言われていますし、逆に平和から乱世に導くこともあるとも言われている存在です。 北辰天君のなかでも抜けて大きな存在なのが「貪狼」と「破軍」なのですが、本作の主人公・岱燈(たいとう)は「破軍」の持ち主です。 それに対し、「貪狼」の紋様を持つのは、とある野望を果たさんと心を燃やす、慶狼(けいろう)という男でした。 岱燈が暮らす蓮通寺には、天下を統一すると言われる覇者の剣が保管されていました。 それを狙って寺に訪れた慶狼は、寺にいた人々を皆殺しにしてしまいました。 怒りをあらわにする岱燈ですが、彼はまだ16歳。 35歳である慶狼に敵うはずもなく、谷底に突き落とされてしまいます……。 本作はつまり「貪狼」VS「破軍」が主軸なわけなのですが、岱燈は10代の仲間たちと慶狼を倒しに行くので、時々年齢相応の反応を見せるところが何とも微笑ましいです。 「破軍」の紋様の力に飲まれてしまうと、最悪の場合自滅してしまいます。 1度岱燈が「破軍」に飲まれて暴走してしまったとき、止めに入ったのが岱燈の妹でした。 絶体絶命のときを乗り越えた兄妹の会話は、戦い前の束の間の休息といいますか、やはり和むシーンですね。 さて、慶狼の野望は、なんとも歪んだものであり、この作品を面白くしている点でもあると思います。 賢帝国の武将である彼の野望とは、覇者の剣の行方とは……。 本作を読み、その目で確かめてみてください。 3位:荒川弘の経験が活きた作品!農業高校での毎日を描く『銀の匙』 本作は、2011年から2018年現在まで「週刊少年サンデー」で連載されている作品です。 夢もなく、学歴競争に疲れて果てていた八軒勇吾は高校受験に失敗し、担任の勧めで寮制の大蝦夷農業高等学校に進学することになります。 周囲の生徒は皆農業系の実家を持つ者ばかりです。 実家に農耕馬がいることから乗馬にも長けている御影アキ、養鶏場の跡取りである常盤恵次、獣医師志望の相川進之介、高校卒業後は実家の酪農業を継ぐつもりである野球部所属の駒場一郎など……。 八軒は将来を見据えている友人たちに焦りと劣等感を感じ、慣れない農業高ならではのカリキュラムに疲れを覚える毎日です。 しかし動物たちと触れ合い、生と死を目の当たりにし、八軒は少しずつ変化していきます。 一目ぼれした御影と同じ乗馬部に入部し、八軒の心を蝕むコンプレックスや傷は少しずつ和らいでいくのでした。 荒川弘の他作品と比べると、現実的かつ非暴力描写が特徴の漫画です。 しかし戦闘物の作品と同様に、本作もテーマは「命」。 高校には牛や豚、鶏、馬など、さまざまな動物がいます。 一見のどかな様子ですが、八軒はある時、学校にいる生徒が目の前で産卵率の下がった鶏の頭を切り落とすというショッキングな出来事に遭遇します。 またある時は可愛い子ブタたちを見て「名前を付けるなら豚丼にしろ」と、情がわかないように友人に警告され……。 私たち人間が食料に困らないのも、そういった「殺す側」の人がいるおかげです。 両親や東大生である兄を疎ましく思い、勉強ばかりの日常を送ってきた八軒の目には、この現実はどう映るのでしょうか。 また、荒川弘の描く登場人物は、作風的に目つきが険しいキャラが多かったのですが、本作ではみんなが農業や動物を愛する高校生か大人たちです。 穏やかな日常と、気の抜けるようなギャグシーンに、今まで味わったことのない安堵感を覚えることでしょう。 バトルだけではない、人間の温かな心理描写も魅せてくれる荒川作品となっています。 また作者自身が農家、さらには農業高校出身ということもあり、その世界を志す者にとっては勉強にもなる漫画です。 ぜひ一読してみてください。 2位:奪われた王国奪取を懸けた、戦国ファンタジー『アルスラーン戦記』 本作は、田中芳樹の小説を原作として漫画化されました。 2013年から2018年現在まで「別冊少年マガジン」で連載されている作品です。 主人公のアルスラーンは、パルス王国の国王・アンドラゴラス3世の息子ですが、両親からは愛を与えられず、代わりに臣下であるダリューンたちと親しくしていました。 アルスラーンが14歳の時、ルシタニアとの戦争で初めて戦に参加します。 パルス王国が得意とする平地での戦い、無敗を誇るパルス軍が勝利すると思われていました。 しかし異様な天気と地表の罠、そしてバルス万騎長カーラーンの裏切りによってパルス軍は総兵力の半分を失い、のちに王国も落とされてしまうのです。 かろうじて生き残ったアルスラーンも命を狙われますが、ダリューンのおかげで九死に一生を得ます。 まずは王子であるアルスラーンを生き残らせるべく、ダリューンはアルスラーンを連れて友人ナルサスの元へ訪れるのでした。 戦国物だけあり、戦闘シーンは圧倒的迫力があります。 刀剣の一筋の切り込み、弓矢による馬の陥落、生と死のはざまで戦う男たちの表情……とても見やすく、且つ読みごたえのある画力です。 また、パルス王国では奴隷制度というものがあるのですが、王子として育てられてきたアルスラーンには、「食料を与えられて最低限の生活を保障される」奴隷の身分が、差別的なものであることが理解できていませんでした。 物語が進んでいくにつれてアルスラーンは奴隷制度に疑問を抱き始めます。 平等とは何なのか、ということについて、読者も考えさせられることでしょう。 ただの「かっこいい」戦闘漫画では終わらせない、幼いながらも懸命に生きるアルスラーンと彼を支える臣下たちによる、誇りをかけた王国奪取物語です。 本作は、2001年から2010年にかけて「月刊少年ガンガン」で連載されていた、全27巻の作品です。 小柄な少年エドワード・エルリック(通称エド)と、大きな鎧そのものであるエドの弟・アルフォンス・エルリック(通称アル)は、とある理由で「賢者の石」を探し求め旅をしていました。 その理由とは、本来の身体を取り戻すこと。 幼少期に母親を亡くした2人は、錬金術の鍛錬を積み、いわゆる「禁忌」である人体錬成に挑んで母親を蘇らそうとします。 しかし、その結果は惨いもので、エドは左足、アルは全身を「対価」として失ってしまうのです。 その錬成で生まれたものは人と呼べる代物ではなく、もちろん母親ですらありませんでした。 エドは自分の右腕を対価に、アルの魂を呼び戻して鎧を定着させます。 そして2人は、元の身体に戻るため旅に出るのでした。 遭遇する敵たちとのバトルシーンは、まさに圧巻!迫力ある描写には、荒川弘の本領が見事発揮されています。 読者はその錬金術の数々に、思わず胸を躍らせることでしょう。 しかし作中では、この錬金術によって、エドたちは絶望の淵に叩き落されたのです。 本作ではエドたちの敵にあたる「ホムンクルス」という無慈悲で残酷な人工生命体が登場します。 人間たちの欲望をついて罠にかけ、用済みとあらば簡単に殺す彼らを見ていると、読めば読むほど胸に真っ黒な重しを据え置かれているような気分になります。 ここまでの説明ですと、ひたすら残酷な漫画のように思えてしまうかもしれません。 しかし、もちろんそれだけではなく、1番の魅力は綿密に練られたストーリーです。 賢者の石や錬金術を取り巻く悪の真相を27巻という超大作でありながら、読者の期待をまったく裏切ることなく、さらに矛盾なくまとめ上げた構成力の高さは、さすがと言うほかないでしょう。 そしてエドやアルの他にも登場するたくさんのキャラクターも、大きな魅力の1つです。 周りから恐れられる「焔の錬金術師」であるにも関わらず、雨の日は無能扱いされてしまうマスタング大佐、マッチョですぐ脱ぎたがるアームストロング少佐、シン国の皇子で不老不死の法を求めて賢者の石を探している、細目の少年リンなど、男から見ても女から見ても、強くてカッコイイ、個性的なキャラが勢ぞろいです。 この有名で絶大的な人気を誇る作品を、アニメや映画を見た人も見ていない人も、1度読んでみることをおすすめします。 以上、荒川弘のおすすめ漫画ベスト4でした。 1度読めば他の彼女の漫画作品にも手を出したくなること間違いなしです。 巻数が多いものから少ないもの、完結ものから連載中のもの、あなたに合った作品をどうぞ手に取ってみてくださいね。

次の

「荒川弘」全覧・著者略歴

荒川 弘

芸能・エンタメ 2019. それとともに後4話で完結という知らせにネットでは大きな話題になっています。 漫画「銀の匙」は荒川弘 あらかわ ひろむ さんが描く、「週刊少年サンデー」にて2011年19号から連載が始まった大人気漫画です。 荒川弘さんといえば「鋼の錬金術師」など、傑作を残す凄腕漫画家ですが、「銀の匙」はしばしば休載を繰り返していました。 ここにきて、やっとの再開かと思いきや、完結のお知らせはファンにとっては嬉しくも寂しい出来事だったようです。 銀の匙が最終回 完結 の理由は作者の荒川弘さんの家族の病気が原因? 「銀の匙」は2014年に作者である 荒川弘さんの家族が体調を崩し、治療に専念するという理由で休載していました。 その後、2015年に再開されるもそれからは休載を繰り返す 不定期掲載に。 休載時作者コメント 「このたび家族が体調を崩してしまいまして、そちらの療養をサポートするため執筆ペースを調整することにしました」と説明し「しばらく、かなりゆっくり掲載になりますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします」 そして2019年の今回、再開+完結のお知らせが。 6日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)49号で約1年5ヶ月ぶりに再開された。 表紙のキャッチコピー「物語はクライマックスへ…」と書かれている通り、 「最終章」に突入することになり、残り4話で完結することが明かされた。 そして、今回の最終章についてのコメントとして「サンデー」の公式サイトには荒川さんがコメントしています。 荒川弘さん連載再開時全文 ごぶさたしてました、すみませんでした。 前回ここに書いたの、2015年12月!? …また前回と同じく、押し入れからライトセーバーを出す時期に… ここ数年で、旦那と子供と難病連発して、高額医療だ なんだ 書類だ 手続きだとバタバタしとったのですが、あらためて日本の保険制度ってすごいなと思いました。 あと、献血行こうと思いました。 引用: 旦那さんと子供の難病になっている事をコメントしています。 荒川弘さんの家族について 荒川弘さんは、2007年に第1子を出産し、2011年に第2子、2014年に第3子を授かっており、旦那さんは公務員との事。 まだ、大きくない3人の子供がいる母親です。 旦那さんと子供の難病。 もし病気など無かったとしても母親として休載せざるを得なかった理由も、一旦区切りをつける事も理解ができる事になりますね。 後、4話となりますが連載再開と最終章を楽しみ待つファンはたくさんいます。

次の