独立 行政 法人 統計 センター。 独立行政法人の年収&給料

農林水産省所管の独立行政法人「家畜改良センター」に就職するには?│公務員総研

独立 行政 法人 統計 センター

オープンデータの公開レベルが5スターで位置づけられる 統計センターが運用している「e-Stat」は、2008年からサービスが開始され、各府省が公表する約600の統計調査のデータを一元的かつ総合的に提供しており、提供している統計表は約130万ファイルに上ります。 日本政府が推進する「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」が定めるオープンデータの方針に則り、統計データのオープン化に取り組んでいます。 その一環として、統計データを自動的・機械的に取得可能なAPI機能の整備を含む、オープンデータの高度化を推進するため、「e-Stat」の新たな機能として、国勢調査などの統計データをLODで提供しています。 統計LODでは、国勢調査、経済センサス、家計調査、社会・人口統計体系などの9つの統計調査のデータ、約13億トリプルのデータを統計LODとして提供しており、世界の各機関で提供している LOD と比べてもトップレベルの情報量です。 そしてこのたび、RDFを含むグラフ・データベース機能や地理空間データ構築とその解析を支援する「Oracle Spatial and Graph」および「Oracle Database In-Memory」を、「Oracle Cloud」に構築し、統計LODを新しい環境で公開しました。 本システムは第2世代インフラストラクチャ「Oracle Cloud Infrastructure」で稼働し、データベース・サービスである「Oracle Database Cloud」およびインフラ・サービスである「Oracle Cloud Infrastructure Compute」、「Oracle Cloud Infrastructure Block Volume」、「Oracle Management Cloud」によるサービス監視など、「Oracle Cloud」の各種サービスが導入されています。 「Oracle Cloud」を導入し、「Oracle Cloud」基盤、および「Oracle Spatial and Graph」に関する日本オラクルのコンサルティング部門のサポートを受けることで、設計から基盤構築、データ移行まで約1カ月という迅速な環境構築を実現するとともに、今後のデータ拡張やアクセス増にも柔軟に対応可能な基盤を実現しました。 加えて、パッチ適用などのメンテナンス作業が半自動化されたことで、統計センターではメッシュ統計などの新規データのRDF化など作業に注力することができ、LOD公開基盤としての価値を高く評価しています。 また、「Oracle Cloud」は、高いセキュリティを備えながらオンプレミスおよびクラウドのアーキテクチャが同じで、ハイブリッドの環境でもセキュリティ設定を容易に行えることも評価しています。 本発表に向けた統計センターからのコメント 独立行政法人統計センター 統計情報システム部情報システム企画課 課長代理 システム戦略担当の西村正貴氏 「統計センターは、政府、地方自治体、国民が公的統計を活用して適切な政策決定や意思決定などができるような情報サービスを開発・提供しています。 特に、公共情報のオープンデータ化を先導する活動を推進するとともに、統計データ活用を支援していきたいと考えています。 このたび、オラクルのクラウド・テクノロジーを活用し、世界でもトップレベルの統計LODの提供を新環境で開始したことで、統計LODの活用等がさらに広がっていくことを期待しています。 2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。 URL オラクルについて Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www. oracle. com をご覧ください。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

次の

独立行政法人統計センターについてです。

独立 行政 法人 統計 センター

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 独立行政法人統計センター法 平成11年法律第219号 種類 、 効力 現行法 主な内容 について 関連法令 など 条文リンク 独立行政法人統計センター法(どくりつぎょうせいほうじんとうけいせんたーほう)は、の名称、目的、業務の範囲等に関する事項を定めることを目的として制定されたである。 は平成11年法律第219号、1999年(平成11年)12月22日にされた。 構成 [ ]• 第一章 総則(第一条 - 第六条)• 第二章 役員(第七条 - 第九条)• 第三章 業務等(第十条 - 第十三条)• 第四章 雑則(第十四条・第十五条)• 第五章 罰則(第十六条)• 附則 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 - この項目は、分野に関連した です。

次の

独立行政法人統計センター法

独立 行政 法人 統計 センター

なお、ご連絡先の連絡がない場合、当センターからの連絡事項、仕様書の修正等をお伝えすることができないことになりますので、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。 統計センターの入札情報について、入札公告掲載時にメールで通知するサービスです。 ご利用ください。 入札公告 統計のメタデータ整備に関する調査研究(令和2年6月26日公告)• 簡易集計システムの機能拡充業務(令和2年5月21日公告)• 調査票情報の標準化業務(令和2年5月21日公告)• テクニカルコンサルティングサービス(令和2年5月20日公告)• 企業調査支援活動に係るコンサルティング業務(令和2年4月27日公告)• 公募公告 企画競争公告 資料提供招請に関する公示 意見招請に関する公示 AI技術を用いた文字認識サービスの提供業務(令和2年5月1日公示)• 女性の活躍推進に向けた公共調達等の活用に関する取組指針に基づく調達スケジュールの公表• 指名停止情報•

次の