ムクドリ。 コムクドリ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

ムクドリ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

ムクドリ

ムクドリ 私たちムクドリはあなたたち人間のすぐ近くに住んでいます。 あなたたちが私たちを見ているように、私もあなたたちを見ています。 私たちは、日本全国に住んでいます。 九州以南では私たちはあまり住んでいません。 でも、日本だけでなくて、台湾や中国に住んでいる友達も沢山いるんですよ!! 今日は、私たちムクドリから人間はどう見えているか紹介しましょう。 特徴 私たちは、体も小さいし、あまり力が強くないの。 つまり、弱いのね。 へび、カラス、猫などが主に敵ね。 一人じゃ勝てないから皆で一緒になって群れで行動してるわ。 そうすれば、一人で敵と戦うより力が増えるから。 だから、私たちは数百から数万羽の仲間たちと一緒に集合して生活しているの。 おうち 私たちのおうちは、大体樹木の上よ。 枝に乗ったり,はっぱの上で寝たりするわ。 大体決まった木の上ね。 場所はその日によって変わるわ。 夏の間は、群れで行動するわ。 だけど、冬になると群れを小さくして、数百・数千羽で増減しながら竹林を主におうちにしているの。 木っていってもどれでもいいんじゃないのよ。 そうね、端の木より真中にある木の方が好みね。 だって、端って敵がいたら襲われた時困るでしょ・・・。 昔の私たち 昔は、田んぼや畑に住んでいました。 私たちは、虫が大好きです。 だから、田んぼや畑にいた虫(人間は、この虫をすごく嫌っています。 人間が植えた作物を食べちゃうからだそうです。 )を一杯食べていました。 そんな虫のことを人間は害虫って呼んでるみたい。 人間はこのいや~な虫を取るために案山子さんを立てたり、薬をまいたり、手で取ってみたり、色々してたわ。 でも、私たちがパクパクって食べちゃうから人間は私たちのことをとても好きに思ってくれてたわ。 私たちも虫たちが一杯いるから、林の中や、森の中に住んでいたの。 私たちのお食事は人間にとっても役立つみたい。 だから、人間は私たちのことを『益鳥』って言ってほめてくれてたわ。 そんな私たちのために、高いところになった果物を残して収穫しないでとっておいてくれたの。 私たちは果物も好きだからその残った実をもらっていたの。 だから、私たちは下の実は、人間たちのために私たちも食べない約束だったわ。 今の私たち 昔は、日本には森や緑が沢山あったわ。 でも、ここ最近すごく減ってきたの。 なぜって? それはあなたたち人間が私たちが住んでいた森にやってきたの・・。 開発っていうの?木が減少して、田んぼも畑も随分無くなってしまったわ。 人間の身勝手によってね。 だから、私たちは餌場を探して人間の近くに住むようになりました。 私たちの種を守るために、より良い餌場に誰よりも早く行き着くために人間のいるところに近づいたの。 つまり、あなたたち人間により身近になったのね。 餌も人間が食べ物を作っているところを探したわ。 人間は、この場所を果樹園って呼んでいるみたいだけど・・。 そこには、おいしい桃や、ブドウのような果物が沢山あったわ。 虫を食べてた私たちだけど、えさがないから人間の果物にも手をだすようになったわ。 住処もあなたたち人間がいるところに近づいていったわ。 街路樹の木だったり、市街地におうちを移したわ。 でも、寝床を探すのがすごく大変ね。 人間の住処には、緑があんまりないの・・。 だから、寝床の木を探して落ち着くまで皆で一杯おしゃべりするの・・。 落ち着いたら静かに寝るの。 でも、私たちのおしゃべりは人間には、うるさいみたい。 『益鳥』って呼ばれていた私たちなのに今では『害鳥』って呼ばれてるわ。

次の

ムクドリによる被害と撃退・対策法

ムクドリ

もくじ• blog. so-net. その最大と言ってもいい理由が ダニの被害です。 ムクドリの巣には沢山のダニたちが集まってくるそうなので、巣をそのままにしておくと家の中などにダニが大量に入ってくるそうです。 なので、 巣を発見したらすぐに 撤去しなくてはなりません。 巣を撤去するために準備するもの 巣が作られた場所にもよりますが、おそらくあまり撤去しやすいようなところには巣を作らないのではないかと思います。 ムクドリも巣は極力目立たない場所に作りたいと思いますので... そんなムクドリの巣を撤去するためには、 『ゴミ拾い用のトング』『ゴミ袋』『ダニ用殺虫剤』の準備をおすすめします。 それと、ヒナなどが居た時に良心が傷む方は簡単なものでも『巣箱』を別に用意すると良いと思います。 巣を撤去する際の状況確認 まずは状況の確認をすることから始めると良いみたいです。 そもそもムクドリが巣を作っているかもと気づくきっかけがあると思いますが、 そのきっかけである程度巣がどのような状態かを判断できるかもしれません。 『雨戸の戸袋などからカサカサと音がする。 』 この状態はおそらく、ムクドリが巣を作るために巣材を集めている最中かすでに卵を産んでいる状態ではないかと思います。 そして良さそうなポイントを見つけたら、そこに巣を作り卵を産むということです。 まだ卵を産んでいない段階なら多少かわいそうな気はしますが、あまり躊躇せずに撤去出来ると思います。 『なんだか獣臭い』 この状態はすでに巣は完成していて、ムクドリが卵を産む準備をしているか卵を産んだ後かもしれません。 そうなってくると、巣を撤去するにもかわいそうという感情が出てきてしまいそうです。 『家の中にダニが発生してきた(大量に)』 これは末期状態のようです。 ムクドリの巣でヒナが生まれると、親鳥が餌を運んで来たり、 ヒナが糞をしたりします。 その糞や餌に吸い寄せられるようにダニがよってきて、その後大量に増えていくということです。 しかもダニの量は尋常じゃない量みたいで、とても放っておける状態ではなくなるほどの量だそうです。 まずは以上のことを確認してから撤去作業を開始することが良いかと思います。 hiroshima-nittoboueki. ちなみに、 法律では個人が野鳥を駆除したりヒナのいる巣を撤去することは禁じられているみたいなので、実際に撤去する際はその時の法律を確認し、従ってください。 巣を作られた場所にもよりまずが、巣を撤去する方法は非常にシンプルです。 巣は基本的に枯草などで作られているそうなので、それらを回収するだけです。 まずは、長めのトングを使って巣から枯草などの巣材を少しずつ引っ張り出していきます。 ヒナや卵が隠れていないかを慎重に確認しながら回収していきますが、ダニが大量発生しているときは、 ダニが巣の周りに大量に放出されるようです。 この時に、巣の中に卵やヒナが居なければダニアースなどを使って巣材が全体的に濡れたようになるまで吹きかけます。 ダニが退治されるまではひたすらダニアースをかけると良いと思います。 もしくは、戸袋のように袋状になっている場所であれば、バルサンをたくことも効果的です。 撤去を開始してからいろいろと取り出す時には、まずダニを退治してからの方がよさそうです。 そうしないとトングを伝って、気づいたら手がダニまみれになることもあると思います。 ここで発生しているダニはトリサシダニ・スズメサシダニという種類が多いようですが、 これに刺されると、じんましんのように激しいかゆみに襲われたり、ひどい時はアレルギー症状を起こすこともあるようなので、巣の撤去というよりダニの退治がメインの作業になりそうです。 そうしてダニを退治しながら撤去を進めていきますが、この時 ヒナが居たら大きな問題です。 ヒナを退治するわけにもいきませんが、ヒナが巣立つまで待っていたらダニの数がとんでもない数になってしまうということと、獣臭もとんでもないぐらいに臭くなってしまいます。 ヒナを殺してしまったり、ヒナを無視して巣を撤去すると法に触れる可能性も出てくるということと なによりかわいそうという気持ちが出てしまいます。 そこで登場するのが、準備しておいた巣箱です。 簡単に言うと 巣を巣箱に引っ越す作業を手伝うということです。 そうすれば、だれも傷つけることなく巣の撤去が出来るということですね。 seikatsu110. 雨戸の戸袋などのムクドリが入りやすい所をふさぐ 一軒家には雨戸がある家が多いと思いますが、意外と雨戸を閉めっぱなしの部屋もあるのではないでしょうか? そうなると、その 雨戸の戸袋はムクドリにとって最高の巣になります。 なので、ムクドリが巣を作り始める前に戸袋の入り口をふさぐということが必要です。 あとは、家によっては屋根裏に入れる家も多いので、ちょっと大変ですが屋根裏に入れそうな場所を すべて網などでふさぐ必要があります。 この時に、中途半端にふさぐ程度ではムクドリは賢いみたいなのでふさいだものをずらして 巣を作ることもあるそうです。 多少大変でも、雨戸の戸袋でしたら駆除も出来そうですが、屋根裏となると家によっては 自分では駆除出来ない場所も出てきますので、そうなるとお金もかかりますので、 早めの対策をおすすめします。 鳥よけのグッズなどを使う 実際はいろいろなところにムクドリが侵入しないように、対策をすることが一番ですが、 家の近くにムクドリが寄って来なければさらに侵入を防ぐことが出来ますから 鳥よけを最大限活用するということは効果があると思います。 鳥追い首振りフクロウ44cm驚異な目玉で威嚇!本物のふくろう.

次の

ムクドリはうるさい鳴き声の迷惑な害鳥?ムクドリの歴史と真実の姿を紹介

ムクドリ

我が家にはムクドリの巣があり、雛が巣立つと大量の虫が沸きます。虫の大きさは 0.5ミリ~1ミリぐらいで白色と茶色の二種類いるようです。この虫は一体なんなんでしょうか? 今年とうとう家族が限界にきたみたいで鳥の巣を壊すと言い出しました。虫は一ヶ月ぐらいで自然といなくなります。 虫と一緒に暮らすのは嫌ですが鳥の巣を壊してまで駆除したいとも思いません。 何か良い解決法ないですかね?ちなみに鳥の巣は屋根裏にあるので鳥の巣を取り除くことは出来ず、対策は来年入口に網をはって巣造りさせないみたいなこと言ってましたが、すでに巣があるのに効果はあるのでしょうか?来年の住みかを奪われる鳥はどうなるでしょうか?この書き方で虫の予想がつくかたは駆除の方法なんかも教えて貰えると有りがたいです。 何とか鳥の巣残したいので良い知恵をお願いします、。 ズバリとお答えします!その虫は「ダニ」です!!! 鳥の巣は、ダニの宝庫と言うか坩堝なんです。 私も撤去されたハクセキレイの巣を~標本として自然観察施設に寄付 しようと思い、玄関ホールへダンボールに入れて置いたところ・・・見たことも 想像したこともないダニの数が、一日で湧いて出ました。 それ以降、同じような機会があると~透明ビニル袋に入れて、2~3日直射 日光下で放置することにしています。 さて・・・屋根裏への進入路ですが・・・あの見掛けの体格の割にムクドリは、 5cm位の木の洞に出入りが出来ます。 たった5cmですよ 笑 どのような建築なのか分かりませんが~日本式の家屋であれば、屋根の裏側 は~端から端まで通風口になっているはずです。 つまり、莫大な長さの網張りの手間がかかるわけです。 やはり生命を守るということは、なまなかではいきませんね(^^; で・・・すでに巣があるのに効果あるのか? というご質問ですが、網が破られない限り~効果はあると思います。 住み家を奪われる~というくだりですが、これまた他の場所に造ります。 案外、ムクドリはどこでも巣を作る名人ですので、ご心配は御無用かと 思いますね(^^ 最後に~駆除方法ですが・・・巣がもう無用になっているのでしたら、 巣を撤去するか、殺虫剤を直接噴霧してください。 しかし、手が届かなければ~火を使わないタイプの「バルサン」を天井裏で 焚いておけば大丈夫かと思いますよ。

次の