絆2 設定5 特徴。 【通常時のAT当選率が判明】バジリスク絆2 バジ絆2 【スロット】設定差/設定示唆・解析まとめ・機械割・スペック・打ち方・天井まとめ:SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2

バジリスク絆2 天井 スペック 解析まとめ

絆2 設定5 特徴

ここは個人的にあまり信用していないので参考程度ですが・・・ 一応書いておきます。 67 引用元: 青頭がヤバイほどくる だいたい絆を打つときって2とかを混ぜられたりして判別するのに苦労するので奇遇判別として赤頭に寄るのですが、 今回異常なほど青頭BCが出現しました。 正直AT中の割合が1:1になっているので設定1と変わらないんですが、トータルで見るとかなり大きな割合の差になっています。 こうまでしてハマる原因ですが、ずばり テーブルによるモード移行が原因です。 モード移行が良いと• 超高確への移行が優遇されるためBCの当選率も上がります。 BT当選率も上がります。 逆にモードが悪いと• 巻物を引いてもほとんどが低確状態になるためBC当選率が低い• 当たってもモードが低いためBTに当たらない といった悪循環が発生します。 これらのモードを決定づけるのがテーブルです。 そして テーブル移行率はぶっちゃけ1も3も5もほぼ変わりません。 5に近づくほど• Nに移行しやすくなる• Zに行きやすくなる といった特徴があるくらいで上位テーブルへ移行させることができなければ無限にハマります。 詳しくはこちらの記事で設定1・3・5のモード移行についてまとめました。 チャンス目のモードアップは強い チャンス目のモードアップはとても強いです。 むしろ中途半端に当たるくらいだったら500までハマってくれたほうが嬉しいと感じました。 416ゲームと500ゲームで当選したBCはどちらも1回でBTに繋がっています。 この2つのBCはどちらもチャンス目を複数回引いており、 416ゲームのほうは300当たりから急になにも引かず弾正屋敷へ移行したりしてモードCへアップしている挙動を感じました。 またその弾正屋敷でのBCでBTに突入させることができました。 500ゲームのほうはチャンス目をトータルで4回引いており、こちらも弱チェリーなどからの移行を強く感じました。 謎当たりが引ける 謎当たりは合計で2回でした。 謎当たりは単純な上に行けば行くほど確率が高くなるものです。 今回引いたのは高確でのリプレイ経由と通常のリプレイ経由の2つでした。 どちらも設定差が大きいのでまあ上は固いかと思います。 単発・3連・4連・2連・12連・6連・単発 初期ストック当選率 設定 初期ストック当選率 ストック時の平均個数 1 22. 3個 2 27. 5個 4 27. 3個 5 30. 8個 6 32. 4個 引用元: ほとんど微差だからあまり気にしなくていい気がするんですが感じたことですので記載しておきます。 継続率が高い 単発もありましたが、継続が続く場面もありました。 設定5は継続率が高いものが一番選ばれやすいという特徴もありますので、出玉が塊になりやすいと感じます。 そのため出玉が塊になりやすい。 ただ、33%が選ばれることももちろん多いので終わることもしばしば 絆高確のシナリオがいい 絆高確のシナリオが別格でいいです。 なにかしらの玉は光ってくれることが多いと感じました 玉が光ってくれれば継続率がアップしているのと等しいので結果として出玉が塊になりやすいです。 この記事がすごいわかりやすかったんでリンク貼っておきます。

次の

絆設定2

絆2 設定5 特徴

6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. MIZUHO(ミズホ)から『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』が登場。 本機は5号機で一時代を築いたマシン 「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」の正統後継機。 通常時は バジリスクチャンス(BC)から バジリスクタイム(BT)突入を目指すお馴染みのゲームフローを完全継承。 豊富な推測要素や、状態・モード・BCスルーなどの概念も前作に近い形で踏襲している。 バジリスクタイムは1Gあたり純増約2. ステージ履歴から継続シナリオを看破するといった楽しみが追加された。 そして新たに加わった「絆高確」を自力で掴み取る 「朧チャンス」が出玉の鍵となる。 その他、絆高確確定となる「エピソードBC」や、本機のための描き下ろし演出も多数搭載。

次の

バジリスク絆の設定5を全ツッパしたらこうなった!【完】

絆2 設定5 特徴

8セット 朧チャンス 絆玉を高確率で獲得できる状態 AT「バジリスクタイム」 追想の刻…最低10G 争忍の刻…平均30Gのバトル区間 シナリオによってセット毎に継続率が決定 設定判別ポイント 赤文字の撃破人数が表示されれば設定を示唆• 7 設定1のBC当選時のBT突入率が判明! 共通ベルと弱チェリーに設定差あり! 超高確スタートすれば設定5以上確定!? 見落とさないようにだけご注意ください。 また 撃破人数1001人出現でも 設定5以上となるようです。 金文字と赤文字で違うんですか?とかDMでも結構来てるんですが… そんなん知らん!!w あとプロフィール見てくれ。 コメント欄で質問できる内容ならコメント欄で頼む 俺は金文字しか見たことがないし、下記の必勝本に載ってる以上の情報は持ってません。 ほんまにツイートしなければ良かったわ… — わたる パチスロ ジゴク耳 zigokumimi777 他の確定系とは違うので見逃してしまう人もいるかもしれません。 しっかり周りも確認しましょう。 同色BC割合 設定 サンプル数 通常時同色BC 天井以外同色BC 割合 1 2792回 277回 79回 3. BC確率にも設定差はついていますが、特に大事なのがBT当選率。 設定1… BC当選時の3. 77回に1回当選• 設定6… BC当選時の2. 14回に1回当選 設定6だとBTに当たらず有利区間が終了するケースは稀だと思われます。 約2回に1回当選しているかを判断基準にしましょう。 同色BC当選時 設定 通常 高確 超高確 1 50. モード不問で一律の確率となるので設定判別時にも使いやすいのが特徴です。 状態判別やモード判別は完璧にすることは出来ませんが、ある程度推測をしながら打つと設定判別も早くなります。 同色BT当選時はモードはD以外当選率は変わりません。 0 BC or AT終了時の状態移行に設定差があります。 高設定ほど 高確 15G からスタートしやすく、偶数設定で 高確 35G でスタートしやすいのが特徴です。 特に BC or AT終了時1G前にレア役も引いていないのに吉田宿スタートした場合は、 超高確スタート濃厚となるので 設定5・6確定となります。 注意しないといけないのは、 BC or AT終了時1G前は通常時であるという点だけですね! 絆2の設定判別で重要そうな要素は3つ!• 通常時の謎BC• 通常時のモードテーブル• AT中のシナリオ選択率 前作同様に 契機不明の謎BCには設定差がありそうです。 通常時のモードテーブルはユニメモのミッションをクリアしていくことで確認することが出来ます。 初回のBスタートしかないと特殊テーブルに滞在している可能性が少ないので、B以外のスタート大事そうです。 設定5は荒いシナリオが多く選択され、設定4のような台は安定したシナリオが選択されやすかったようです。 もしかすると奇数ほど荒いシナリオ、偶数は安定シナリオが選択されやすいなどもあるかもしれませんね。 いつもとても参考にさせていただいております。 設定5の実践値を知り合いから提供していただいたとのことですが、ホール関係の方ということでしょうか? 仮に実際の設定を知り得ない一般客が打った際の推定設定5、ということでしたら設定5と断定する記載の仕方には違和感があります。 少なくとも確定している設定は4以上ですので、どんなに設定5と思われる挙動をしていようと、「推定設定5」などと表現したほうが良いのではないでしょうか。 多くのユーザーに指示され、影響力を持つすろぱち様だからこそ。

次の