線香 あげかた。 浄土真宗はなぜ線香を立てずに寝かせて使用するの?

浄土真宗の線香のあげ方は?寝かせる理由と消えるときの対処法!

線香 あげかた

仏壇に向かえば、線香をあげるのが習わしになっています。 家に仏壇がある方は、馴染みがあると思います。 ですが、実は宗派によってお線香の上げ方が違うなど、他のお家に行くときは注意しなければならないことがあります。 今回は、お線香の意味から、お線香の上げ方の作法、弔問時のマナーなどについてご紹介します。 また、してはいけない作法についてもご紹介していきますので、お線香をあげる時の参考にしてください。 目次 なぜ仏壇にお線香をあげるのか 仏壇や墓前にお線香をあげ合掌する。 なんとなくの決まり事として行っている流れですが、そもそも、仏壇や墓前になぜお線香をあげるのでしょう。 ここでは、仏壇や墓前にあげるお線香について ・お線香の香り ・煙の意味 についてご紹介します。 お線香の香りはお清め 仏教発祥の地であるインドでは、高貴な人と接する際にはお香を焚くという作法があります。 「仏」は高貴とされていたことから、仏さまを前にした際にはお線香を焚くのが当たり前とされていました。 仏典によれば、お釈迦様が「香は部屋の中で焚きなさい。 そしてその中へ入り、気を静めて無の境地になりなさい」と説教したとあります。 気分を安らげる鎮静作用があるといわれるお香は、「心を清める」ものとして昔から使われていました。 現在でも、「俗塵(ぞくじん)を清める」というお清めの意味合いとして各宗派で利用されています。 俗塵というのは「浮世のちり」のことをいい、日常(俗世間)の煩わしい事柄のたとえです。 お線香の香りは故人の食べ物になる 「死後の人間が食べるのは匂いだけで、善行を積み重ねた死者は良い香りを食べる」と仏教経典のひとつである「倶舎論(くしゃろん)」に書かれています。 また、「悪行を重ねたものは悪臭しか食べない」とも書かれています。 四十九日の間はお線香をずっと途切れなく焚くというのは、故人が仏の世界に旅立つまで、お線香の香りが故人のお腹を空かせないための食べ物になると言われているためです。 お線香の煙は想いを届けてくれるもの お線香は煙が出ないと意味がありません。 煙が舞い上がり視界から消えていきます。 消えた後は故人のいる世界へ届くのです。 お線香は、故人に香りを届け、香りと一緒に遺族の気持ちや想いも届けてくれます。 線香をあげる順序 まずは、お線香をあげる順序についてご紹介します。 弔問で遺族宅(葬儀場)に訪れた時は、まず遺族に挨拶をしそのあと線香をあげます。 地域によって異なる場合などもありますが、概ね次のようになります。 1.数珠を左手に持ちます 2.葬家(遺族)に一礼します(仏壇の前に座布団がある場合はその手前で) 3.仏壇の正面から遺影に一礼します 4.合掌します 5.ろうそくに火をつけます(すでに点いている時はそのまま使います) 6.ろうそくでお線香に火をつけます 7.お線香をあげます(お線香は宗派によって立てる場合と寝かせる場合があります) 8.合掌します 9.遺影に一礼します 10.少し下がり再度葬家に一礼します 11.席に戻ります お線香をあげる時の注意点 お線香をあげるときにはいくつかやってはいけないことがあります。 どれもうっかりやってしまいそうなことなので、事前にチェックしておきしょう。 直接お線香に火をつけない お線香に火をつける時は、お線香は本数に関わらずまとめて手に持ちろうそくの火でつけます。 ろうそくに火がついていればそのまま使い、ついていなければ自分でろうそくに火をつけます。 直接ライターやマッチなどからお線香に火をつけてはいけません。 息で火を吹き消さない 線香に火をつけ煙が出ていることを確認できたら、お線香を持っている手の逆の手であおぎ消すか、下に引くようにして火を消します。 なお、口で息を吹きかけて消してはいけません。 口は悪業を積みやすいとされていて、吹き消すことはタブーとされています。 手を下に引いて消すのが最良とされていますが慣れていないとなかなか消えません。 慌てずに落ち着いて消しましょう。 不慣れな場合はあおぎ消しても大丈夫です。 お鐘(りん)を鳴らしてはいけない宗派がある 浄土真宗本願寺派ではお線香をあげる時、お鐘(りん)は鳴らさないので気をつけましょう。 浄土真宗本願寺派ではお鐘は読経の合図として使います。 お鐘を鳴らしても良い宗派もあるので、できれば事前に確認しておくとよいでしょう。 宗派によるお線香のあげ方 ここでは、宗派ごとにお線香のあげ方をご紹介します。 お線香の本数やあげ方は、同じ宗派でも地域や各寺院の伝統などによっても少しずつやり方が違うことがあります。 つぎにご紹介するのはあくまで一般的な目安としてください。 浄土真宗本願寺派(西本願寺派) ・1本の線香をふたつに折ってから火を点けます ・煙の出ている側を自分から見て左ににして香炉に寝かせます ・焼香回数は1回だけです 浄土真宗大谷派(東本願寺派) ・1本の線香を火をつけないで折って供えます ・焼香回数は2回です 浄土宗、曹洞宗、臨済宗 ・線香を香炉の真ん中に1本立てます ・焼香回数は特に決まりはありません(曹洞宗は一般的に2回) 日蓮宗 ・線香を香炉の真ん中に1本立てます ・焼香回数は1回または3回です 天台宗、真言宗 ・自分から見て逆三角形になるように線香を離して3本あげます ・香炉には手前に1本、奥に2本の線香を立てます ・焼香回数は1回から3回です 弔問する時のマナー ここでは、弔問する時のマナーについてご紹介します。 弔問とは遺族の元を訪ねること 弔問とは、亡くなった方の遺族の元を訪ねることで、お葬式やお通夜に参列することや故人の家に訪問することを指します。 近年では、お通夜やお葬式が参列しやすい時間帯で行われることが多くなったため、お通夜やお葬式に参列するのが一般的になりました。 弔問はどんなタイミングですればいい? 訃報は急なことが多く、お通夜やお葬式に参加できないこともあります。 お通夜やお葬式に参加できなかった時は、日を改めて遺族の元に顔を出し、故人との最後のお別れをすることになります。 しかしどのタイミングで行けば良いのでしょう。 弔問するには時期を選ぶ必要があります。 お葬式を終えてから数日~四十九日まで 弔問はお葬式を終えてから数日~四十九日までが最も良いとされています。 訃報の連絡を受けたら、できるだけ早く弔問をしたほうがいいと思われがちですが、遺族はお葬式の準備や後処理などで忙しく、その時期に弔問してしまうと逆に失礼にあたってしまうおそれがあります。 近親者や特に故人と親しかった人以外は、お葬式前やお葬式直後も弔問を避けた方が良いでしょう。 期間の空け過ぎにも注意 気を使いすぎてお葬式から長い期間を開けることも注意が必要です。 今度は逆に遺族が弔問客を招く準備を整えなければならなくなり、手間をかけてしまうことになります。 弔問の際の服装について 訃報を受けてすぐに故人宅に伺うときには気をつけなければいけないことがあります。 訃報と聞けば誰でも喪服を想像しますが、きちんとした喪服を着て弔問すると、逆に死を見据えて準備していたように見えるため失礼にあたる場合もあります。 また、喪服は基本的に遺族よりも弔問客のほうが格の高い服装になってしまうことがあるため避けるのが一般的です。 そのため、弔問するときは服装に注意しなければいけません。 男性の場合はスーツやジャケット 男性の場合は、スーツやジャケットとスラックスの組み合わせが良いでしょう。 女性の場合はアンサンブル 女性の場合は、アンサンブルスーツなどが良いでしょう。 結婚指輪以外のアクセサリーは外しておきましょう。 子供は制服 子供の場合は、制服がある場合は制服、制服がない場合は暗めの色のスカートやパンツといったフォーマルな印象を与える服装が良いでしょう。 親族だけの葬儀であれば、子供は何を着ても許されるかもしれません。 しかし、他の参列者がいる場合は、子供でもしっかりとした服装をすることが大切です。 赤ちゃんは肌着とおむつのみは避ける 赤ちゃんでも赤い服や濃い色の服装を避けた方が良いでしょう。 また、葬祭の場で肌を露出するのはマナー違反ですから肌着とおむつのみということは避けましょう。 私服の場合は派手なものを避ける 弔問は急なことが多く、やむなく私服で弔問しなければいけないこともあります。 私服であっても、カジュアルすぎるものや派手な色使いのものは避け、故人との別れの場にふさわしい服装をこころがけましょう。 弔問の際に持っていくもの 葬儀のときであれば葬儀会社を遺族から聞いて、葬儀会社にお供えを注文することもできます。 しかし、故人宅への弔問となると自分でお供えものを準備する必要があります。 では、弔問する時にはどんなものをお供えすればいいのでしょか。 香典 弔問する時に香典を持っていくか迷いますよね。 お通夜やお葬式といった式に参列できない場合は、弔問のときに香典を持参します。 参列する場合は、弔問のときには持参しないのが一般的です。 弔問時に渡さず、お通夜やお葬式の場で香典を渡します。 お供え物 弔問するときには花を持参する方は多いでしょう。 しかし、弔問の時は白か白中心といったように花を贈る際のマナーがたくさんあるため迷います。 しかし、生花は宗派を問わず贈ることができるため、故人や遺族が納得いくものであればどんな種類でも失礼にはあたらないといわれています。 そのため、故人が好きだった花を贈るのもひとつの方法です。 果物やお菓子 花以外でも果物やお菓子といった、故人の好きなものを贈ると喜ばれます。 お線香やろうそく 他にも、お線香やろうそくなどをお供え物として贈ることも良いでしょう。 持っていかない方がいいもの 肉や魚といった生ものや神式ではお線香やろうそくを贈ることができないので注意が必要です。 お悔やみの言葉 意外と迷ってしまいがちなのがお悔やみの言葉です。 故人や遺族への言葉には避けなければいけないものがあります。 とくに注意しなければならないのが忌み言葉です。 忌み言葉は避ける 忌み言葉とは、「ますます」「続く」「重ね重ね」「たびたび」などのように繰り返した言葉や現状が続くイメージがある言葉をいいます。 これらの忌み言葉は、縁起が悪いとされるため避けなければなりません。 また、不幸が増えるようなイメージがある言葉も避けることが大切です。 一般的なお悔やみの言葉 ではいったいどのような言葉をかけたら失礼にあたらないのでしょうか。 一般的には、 「この度はご愁傷様でございます。 謹んでお悔やみ申し上げます。 」 「お見舞いに伺えないうちにお亡くなりになられて、誠に心残りです。 」 「ご生前大変お世話になりました。 なんの恩返ししないうちにお亡くなりになられたので、悔やまれてなりません。 」 などが使われます。 お悔やみの言葉は、遺族に失礼にならないように言葉選びにも注意が必要です。 まとめ お線香をあげることは故人を想い、向き合うことです。 ご仏前では、真心を込めてお線香をあげ、故人に豊かな香りを充分に召し上がっていただきながら、故人とお話をしたいものです。

次の

浄土真宗のお線香のあげ方

線香 あげかた

この記事の所要時間: 約 5分 40秒 もうすぐお盆ですね。 お墓参りはもちろんのこと、実家や親族のお宅にある仏壇でも、お線香をあげる機会が増える時期です。 ところが、これが頭を悩ませる原因になることもしばしば。 何しろ、宗派やその家の風習によって作法が違うのです! 私も父方の祖父宅の仏壇では線香を立てていたのに、母方は折って寝かせていたので混乱したことがあります。 そんなお線香のマナー。 自分の実家なら簡単に済ませることができても、親族や婚家となれば失礼のないようにしたいもの。 そこで、お盆が来る前にお線香のマナーをマスターすべく、お線香のあげ方や本数、さらにはお線香の意味まで徹底的に解説します! Contents• お盆にお線香をあげるときのマナーは? まずは仏壇にお線香をあげるときの作法からお話しします。 数珠を持つ場合は左手に• 仏壇の前に正座して一礼• ろうそくに火がついていなかったらつける• 線香を右手に持ち、ろうそくから火を移す• 線香に火が残ったら、逆の手であおいで消す• 線香を供える• 一礼して下がる 以上が仏壇にお線香をあげる際の、基本的な流れです。 線香の火を口で吹き消してはいけないということは知っている方が多いと思いますが、これは仏教では「口は悪行を積みやすい不浄なもの」とされているためです。 左手であおいで消すか、右手で線香を持ったまま真下にスッと下げて消すようにしましょう。 お盆であげる線香の本数とあげ方、正しいのは? 宗派によって、お線香の本数もあげ方も違います。 折る数は線香や香炉のサイズによって変わります。 宗派による作法の違いは上記のようになりますが、家庭によって「灰が落ちると散らかるから」という理由で二つに折るといった場合もありますので、事前に確認できそうならしておきましょう。 また、お線香をあげるときに鈴(リン)を鳴らす方もいらっしゃると思いますが、本来は鈴を鳴らすのは読経の合図とされているので、浄土宗・浄土真宗では読経しないのならば鳴らしません。 ご注意ください。 それ以外の宗派では、読経しなくても「鳴らしてもよい」とされていることもありますが、こちらは宗派だけでなくお寺によっても鳴らす回数が違うことがあります。 さらに家庭によっても違うことがあるので、わからない場合は確認するか、鳴らさないでおくのもひとつのやり方ですね。 お墓参りの場合、お線香の本数は変わる? お墓参りでのお線香の本数やあげ方も、基本的には仏壇にあげる場合と同じです。 ただしお墓参りの場合は少し違う場合もあります。 場を清める意味で束のままお線香をお供えすることもありますし、そもそも香炉の形状が横置きになっていて、寝かせることしかできない場合もあるのです。 このあたりは親族のやり方に倣うのが無難ですね。 宗派の本数であげる場合は、束で火をつけたお線香のうち宗派に合った本数を渡されるはずですので、そのチャンスを逃さず覚えておきましょう。 なお、お墓参りでお線香に火をつける際は、ろうそくからでなくても問題ありません。 ただし新聞紙などを燃やして火をつけるのは、防火の観点からあまりおすすめしません。 現代ではお線香に着火するために作られた防風ライターもありますし、柄の長いライターもありますので、安全性を考慮して選びましょう。 もちろん火を消すのに口で吹いてはいけないのは、仏壇と同じです。 手であおいで消しましょう。 お墓参りでお線香を焚くタイミングは、掃除などが終わって花やお供えを置いた後になります。 お線香にはどんな意味があるの? お線香には、清めの意味と仏様と繋がるツールという意味、さらに仏様の食事という意味があります。 現代でもリラックス効果などを得るために香を焚くことがありますが、インドでも昔から心身を清めるものとして、香を焚いていました。 また、煙を通じて仏様と繋がることができるとされています。 俗世で穢れた心身を清め、仏様と心を通わせて会話をするためにお線香を焚くのです。 さらにお線香は、仏様の食事でもあります。 仏教経典のひとつに「倶舎論(くしゃろん)」というものがありますが、そこに「死後の人間が食べるは匂いだけで、善行を行った死者は良い香りを食べる」という記述があるのです。 身を清め、ご先祖様に良い香りを食べていただきながら、心を安らかにして仏様と語り合う。 お線香にはそんな意味があるのです。 まとめ• お線香の火は口で吹き消してはいけない• お線香の本数やあげ方は宗派によって違う• お墓参りの場合のお線香は、基本は同じだけど束のまま供えることもある• お線香には「身を清める」「仏様と繋がる」「仏様の食事」という意味がある お線香のあげ方には宗派によってそれぞれのマナーがありますが、何よりも大切なのは仏様を想う気持ちです。 お線香をあげるときには身も心も清めて、心を込めた供養をしたいですね。 人気記事BEST10• 主婦やお母さんたちは裁縫をされる機会が多いと思います。 裁縫と一言で言って... カテゴリ:• 我が家は玄関が北側にあり、湿気がこもりやすく特に梅雨の時期はじめじめっとしていて... カテゴリ:• 車で赤ちゃんとお出かけしたいけど、夏の車内は暑さでかなり気温も上昇しているはず。... カテゴリ:• 毎日元気に飛び回って遊んでいる子供たち、当然服もしっかり汚して帰ってきますよね。... カテゴリ: ,• 小学校の入学は一生に一度のお祝いです。 親戚の子供が、もうそんなに大きくな... カテゴリ:• 梅雨時にコロンとかわいく咲くアジサイは、世界中で親しまれています。 元々、... カテゴリ:.

次の

家族葬後に線香をあげることはできる?後日弔問の流れやマナーを解説|終活ねっと

線香 あげかた

自分の体臭を消し、かぐわしくよい香りを届けることを「供香(ぐこう)」といいます。 また「香り」は辺り一面に満ちることから、仏様の慈悲に通じるといわれています。 この「香を焚く」という行為の起源は、仏教発祥の地インドで起こったといわれています。 仏教よりもさらに古く、香りそのものを楽しんだり医療目的にも行われていました。 暑いインドではたくさんの汗をかきますよね。 体臭を消すと同時に良い香りをまとい、浄化するという意味もあったそうです。 仏教が誕生したばかりの時、その信者の多くは肉体労働の社会的に虐げられた人たちばかりでした。 仕事の終わった後で仏様のありがたいお話を聞くにも、「お香を焚く」ことは必要なことだったのです。 香を出すためには香木を焚きますが、香木そのものが大変貴重なため、それを削り粉にして使うようになります。 この粉を「燃香」といい、 「燃香」を固めて棒状にしたものを「線香」といいます。 「線香」の起源もやはりインドで、中国を経て日本へは室町時代に伝えられました。 当時は御公家さんたちの贈答用として用いられたということですから、いかに珍重されていたかが分かります。 国産の「線香」については様々な説がありますが、江戸時代の17世紀後半から18世紀初頭には作られようになり一般に普及していったということです。 線香は燃焼が一定で安定しているため、時計の代わりにも使われました。 曹洞宗や臨済宗など禅宗のお寺では1本のお線香が燃え尽きるまでの時間(40分)を「一注(いっちゅう)」と呼び、座禅を行う際の単位としていたそうです。 浄土真宗で線香を寝かせる理由って? 浄土真宗でお線香を寝かせる理由は、お線香が発明される前の「常香盤」を使って香を焚いていた時の名残です。 「常香盤」は香炉の一種で、中国より伝えられ、現在でも使用されています。 長時間にわたって香を焚くのに便利で、灰に幾何学模様の溝を型押しして作り、そこに「抹香」を一本の棒状になるように敷き詰め、端から火をつけていきます。 「抹香」とは「燃香」の一種で細かく粉末にしたお香のことです。 真上から見ると迷路のような形ですね。 お線香が普及した今でも、浄土真宗ではこの風習が残りました。 お香が燃えながら幾何学文様の平面を移動する様を、お線香を用いて踏襲ということでしょうか。 線香を寝かせた理由を考えてみた! 外見の踏襲の他に、何か利便性の面でも「寝かせた方がいい!」と判断した理由を考えてみました。 ここからはあくまでも推論です。 1本のお線香を2本あるいは3本に折って使用するため、 長く燃えているということはないのですが、香りが強く残るということはいえると思います。 他には? お線香は燃焼が安定しているために時間を測ることにも使用され、曹洞宗や臨済宗では座禅の単位としたことは前述しました。 同様に、天台宗や真言宗でも儀式を重んじるという観点から、お線香を使って時間を測っているのではという説があります。 他方、「寝線香」はその香炉に合わせて折るので、正確な時間を測ることは難しいですね。 地域によっては「長香炉」というものがあり、折らずにそのまま寝かせることができますが、時間の経過は見にくいかと思います。 しかし元々の「常香盤」では、敷き詰める香りを変えたり鈴を鳴らすような仕組みで、ここからここまでで何分、という具合に時間を測ることを実際に行っているそうです。 お線香ではとてもできないとても優美な方法で、びっくりしてしまいますが、 とどのつまり、「寝線香」は利便性を追求したものではないということになります。 どうやら、 浄土真宗では便利で優美な「常香盤」へのリスペクトも含めて、その方式だけを継承していったではないかと考えられます。 スポンサーリンク 線香を寝かせると消える!そんな時どうすればいいの? お線香を寝かせる理由は分かりましたが、しかしそれでは消えてしまうのではないかという不安が残りますよね。 灰に触れた瞬間すぐに消えてしまったという話を聞いたこともあります。 だからといってお線香を「寝かせる」なんておかしい!と結論付けるのは早とちりというもの。 香炉に前もって入れてある灰のことを「香炉灰」といいますが、お線香が消えてしまうのはその灰に原因があるからです。 「香炉灰」にはいくつか種類があり、「窯業灰」という白い石でできた真っ白な灰はすぐに火が消えてしまいます。 お線香を立てる方式では、倒れた時などすぐに消えるので安全なのですが、「寝線香」には不向きです。 そこで「わら灰」というものを用います。 「わら灰」はその名の通り、藁を燃やしてできた灰です。 わら灰はそのため通気性に優れ、お線香が燃え残るということがありません。 ただ外見上の見てくれで、「窯業灰」が真っ白でいかにも仏事にふさわしいのに対して、「わら灰」は灰色をしています。 仏具店などでたくさんある中から、それぞれの特性を知らずに見た目で選んでしまうと、「寝線香」では消えてしまいます。 「わら灰」は通販などで一般に売っているものよりもお高めですが、消えてしまってはお線香がもったいないですよね。 「香炉灰」には必ず「わら灰」を使用するようにしましょう。 まとめ 浄土真宗では「寝線香」といい、1本のお線香を香炉の大きさに合わせて2本あるいは3本に折り寝かせて供香するのがマナーです。 それは、お線香が発明される以前「常香盤」でお香を焚いていたころの方式を踏襲しているからです。 「寝かせる」というとお線香の不が消えてしまうのではないかと不安になりますが、「わら灰」という香炉灰を使用することで、火は消えることはありません。 「寝線香」は浄土真宗だけのマナーです。 知っていると慌てないで済みますね。 お線香のあげ方は宗派により、またその地方や地域によっても異なります。 中には、そのお寺の僧侶の方の考え方によっても違ってくるということもあります。 その場になって果たしてここはどの宗派でどういうマナー?となってしまうこともあるでしょう。 しかし、恥をかかないようにと周りの人に尋ねるようなことは、避けた方が良いということを聞きました。 マナーに従ってお線香をあげるのも大事ですが、肝心なのは供香する気持ちだということも一方で忘れてはならないと思います。

次の