ソフトバンク スマホ 機種変更。 ガラケーからスマホへ乗換|ソフトバンク店員もここまで教えないよ!ってくらい丁寧に機種変更を解説します!

ガラケーからスマホへ乗換|ソフトバンク店員もここまで教えないよ!ってくらい丁寧に機種変更を解説します!

ソフトバンク スマホ 機種変更

読了時間:約 3 分 ここでは携帯 スマホ の 機種変更で得する10の秘策をご紹介するとともに、機種変更を行うおすすめショップを比較しています。 携帯キャリアの機種変更手続きは、新規契約やのりかえ MNP と比較して割引やキャンペーンが少ないものです。 特に大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクはその傾向が強いように思えます。 しかし時期によっては 高額な割引やキャンペーンが提供されていますし、それ以外でも機種変更をお得にする方法は存在するのです。 ここでご紹介している情報はドコモ・au・ソフトバンクから発売となった最新の5Gスマホはもちろん、AppleのiPhoneシリーズへの機種変更でも役立つはずです。 3キャリアの機種変更の最安方法も最後にご紹介していますので、これから機種変更を検討している方は是非最後までチェックしてみてはいかがでしょう。 画像引用元: ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更場所• 【インターネット】各キャリアのオンラインショップなど 機種変更は全国に展開するドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップはもちろん、家電量販店や駅前などにあるケータイショップでも行えます。 また、ご存じの方も多いでしょうが各キャリアの公式オンラインショップでも機種変更を行う事ができるのです。 「機種変更」は実店舗を利用するより オンラインショップを利用した方がお得にできる可能性があります。 携帯ショップ・家電量販店は損をする?• 有料コンテンツ オプション の加入が必要となる・または勧められる• 予約をしていても1時間以上待たされる事がある• 端末分割購入時の「頭金」が必要となる• 基本的に機種変更時のキャッシュバックは無い 実は全国に展開するドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップのほとんどはキャリアから委託された代理店です。 ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップは各店舗が指定する端末分割時の「頭金」が必要となるなど上記のような特徴があります。 当然のことながら家電量販店も代理店ですので、ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップと同じような特徴があります。 ドコモ・au・ソフトバンク公式オンラインショップは? 画像引用元:• 有料コンテンツ オプション の勧誘無し• 店員からの営業、待ち時間無し• 全ての対象キャンペーン適用• さらに加えてオンライン限定キャンペーンも対象• 頭金が0円・ドコモなら契約事務手数料も無料 ドコモ・au・ソフトバンクの公式オンラインショップは各キャリアが運営する直営店です。 このため 頭金が0円など、携帯の機種変更時に大きなメリットがあります。 キャリアを変えないまま機種変更するなら、キャリア公式オンラインショップがおすすめです。 ドコモは『ドコモオンラインショップ』auは『auオンラインショップ』ソフトバンクは『ソフトバンクオンラインショップ』が利用できます。 オンラインショップで申し込むだけで、店員にしつこい営業をされたり有料コンテンツ オプション の強制加入をさせられることを回避することができるのです ちなみに、機種変更ではなくドコモやauからソフトバンクへ乗り換えも検討しているなら『おとくケータイ』がおすすめです。 最高額のキャッシュバックを保証してくれて不要なオプションへの強制加入などもないため、最もお得に乗り換えることが出来ます。 MNP 携帯電話番号ポータビリティ の概要• 携帯電話番号を変えずにキャリアを移動できる• 「MNP転出手数料」「MNP転入手数料」という費用がかかる MNPとは「 Mobile Number Portability」(携帯電話番号ポータビリティ)の略称です。 MNPは携帯電話番号を変えずにキャリアを移動できる制度で、のりかえ MNP を行う際に利用するユーザーも多いものです。 以前は携帯電話番号も変えないとなりませんでしたが、MNPが2006年から始まったことによりキャリア間の移動が容易になりました。 電話番号がそのままで良いため、友人・知人はもちろん事前に取引先などに連絡を行う必要が無い事がMNP最大のメリットです。 更に現在ではメールよりLINEやFacebookメッセンジャーのようなコミュニケーションアプリで連絡を取る人が増えています。 このためより電話番号が変わらないMNPへのニーズが更に大きくなっているのです。 キャリアは引き止めようとする!? MNP引き止めポイントをゲットする方法• 自分が契約しているキャリアのサポートに電話• ドコモは151、auは157、ソフトバンクは*5533へ• MNPで他社に乗り換えを検討中 or 行う予定であることを伝える ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアからしてみれば、解約ならまだしも他社へのりかえ MNP をされるのは避けたい所です。 その為か、MNPを考えるユーザに対しポイント付与で引き止めようとするケースがあります。 契約年数などの契約状況でも変動する可能性があり確実に貰えるとは言いきれません。 しかしインターネットやSNS上の口コミを参考にすると、 機種変更に使えるポイントを数万円分もらったという方もいるようです。 公表されていないため正確な基準は分からないのですが、電話するだけですので挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。 ちなみに仮に引き止めポイントがもらえないままMNP予約番号を発行したとしても、使用しなければのりかえ MNP は行われません。 また、のりかえ MNP を行わなければそもそも費用なども発生しませんのでご安心ください。 クリックして10の秘策に移動できます• ドコモ・au・ソフトバンクのクレジットカードでお得にする ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれのキャリアはクレジットカードの発行・運営を行っている事をご存じでしょうか。 携帯代の支払いを各キャリアのクレジットカードにすることでポイントがお得に貯まりますし、充実した補償や特典があるのも見逃せません。 クレジットカードに特にこだわりがないなら一考の価値ありです。 ドコモ・au・ソフトバンクのクレジットカードがお得な理由 画像引用元: ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれクレジットカードを発行していることをご存知でしょうか。 例えばドコモだったらdカードで、黄色のポインコのキャラクターでもお馴染みですね。 やはり公式のクレジットカードだけに 月々の支払いでポイントが還元されるなど魅力的な特典があります。 貯まったポイントは月々の携帯料金の支払いにも使えますし、先にご紹介したオンラインショップで利用する事も可能です。 更に実際にクレジットカードで支払わずとも、契約時に貰えるポイントだけゲットするという手もあるでしょう。 キャリアによっては入会のみで数千ポイントが貰える場合もありますので、興味のある方は適時チェックするようにしましょう。 各キャリアのクレジットカードの基本情報については下記の表で少しご紹介しています。 オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 この「ケータイ補償サービス」は月額料金:500円(税抜)~1,000円(税抜)で利用できるサービスです。 月額料金とは別に交換時の費用も必要となりますが、水濡れや紛失、全損の際に機種変更するよりも安くリフレッシュ品に変えてもらえる可能性があります。 ただし、まったく同じ機種と交換ではなく異なるカラーや上位機種が提示される事もあります。 狙って好きな機種を選ぶのは難しいですが、タイミングによってはお得な機種に出会えるかもしれません。 この他auは「故障紛失サポート」、ソフトバンクは「あんしん保証パックプラス」と同じようなサービスを提供しています。 ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ補償注意点 白ロムの入手方法• ネットショップ等の白ロム取り扱い店舗で直接購入• ネットオークションやフリマアプリで購入• 友人や家族から使っていないスマホを譲ってもらう 白ロムとは、SIMカード 電話番号などの情報が記録されている を抜いた状態の携帯電話端末の事です。 この白ロム、場合によっては上記のような方法で安価で入手することができます。 型落ちやちょっとした傷ありでお得になっている可能性があるため、本体だけ変更したい人は検討する価値アリです。 ただし携帯の本体代を分割払いしている場合、支払いを滞納すると赤ロム 通信を制限された状態 となります。 白ロムを購入する際は以下の注意点を必ず確認するようにして下さい。 同社の携帯を入手する場合、そのまま使えるか• 他社の携帯を入手する場合、そのまま使えるか• 赤ロム(未払いなどでロックがかかっている)の状態になっていないか クリックして10の秘策に移動できます• 格安SIMにMNPで乗り換え月額料金を節約する 機種変更したい理由が月額料金の場合、格安SIMの利用も検討しましょう。 格安SIMとはその名の通り格安で通信サービスが利用出来るSIMカードです。 この格安SIMをネットや店舗で入手し、今持っている携帯に差し替えることで料金を見直すことができます。 契約するキャリアやプランによって通信料や通信速度に制限があったり、困った時に直接店舗に向かえないなどのデメリットもあります。 しかし、場合によりますが大手キャリアと比較して半額からそれ以上月額料金が節約出来るケースもあるのは大変魅力的です。 ここでは格安SIMに乗り換える際の注意点を2点ご紹介しておきます。 所有する端末のSIMロック解除を確認 SIMロック解除の確認ポイント• 格安SIMは「ドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線」がある• 現在契約しているキャリアと回線が変わるならSIMロック解除が必要• SIMロック解除は各キャリアの店舗やネットでできる 格安SIMを利用するには事前に「SIMロック解除」と呼ばれる作業が必要となる事があります。 SIMロックとは、例えばドコモならドコモのSIMしか利用出来無いようになった状態です。 格安SIMは大手キャリアの回線を借りて運営されており、それぞれ「ドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線」という種類があります。 「ドコモからドコモ回線の格安SIMに移行」というような、 同じキャリアの回線であれば基本的にSIMロック解除は必要ありません。 ただし「ドコモからau回線の格安SIMに移行」というような場合には事前にSIMロック解除が必要となります。 SIMロック解除の条件は端末によって異なりますので、まずは一度契約しているキャリアに確認しておくとよいでしょう。 格安SIMで実際どれくらい安くなる? 画像引用元: 2020年現在、ドコモ・au・ソフトバンクの通信料金は大容量プランと段階性プランの2つを中心としています。 ドコモの「ギガライト」のような段階性プランは月額料金も安く抑えられますし、何より料金の内訳が分かりやすいのも魅力的です。 1GBほどのデータ容量であれば、格安SIMなら 割引を適用しなくても1,000円前後にできるため通信料の節約という意味では圧倒的でしょう。 旧端末の主な売却方法• ネットショップや白ロム取り扱い店舗で直接売却• ネットオークションやフリマアプリで売却• 友人や家族などに売却 新しいスマホに機種変更をしたら、これまで持っていた機種を使う事は基本的に無いのではないでしょうか。 通常は店舗で処分をお願いするか、コレクションとして残しておく方々が多いのではと思います。 しかし現在はこういった旧スマホを買い取ってくれるサービスが続々登場しています。 使わずに寝かしておくなら積極的に活用したい所です。 売却の際は電話番号、カード番号といった個人情報などの重要データは必ず消去しておきましょう。 特に買い取り店舗では基本的にデータの全消去が必須となっています。 この他Edy、nanaco、waonなどの電子マネーは必ず移行作業を行っておきましょう。 各キャリアの下取りサービスを利用する 画像引用元: 個人情報が詰まったスマホだけに、オークションなどで譲るのはいくら情報を消去しても不安が残ると言う人も少なくないと思います。 そんな時に便利なのが、ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアが行っている下取りサービスです。 まだ使えるスマホはもちろんのこと、古いガラケーや一般的には売却できないような 画面割れ品でも下取りできる場合があります。 下取り額は端末・時期によって異なるため事前に各キャリアのHPで確認しておくようにしましょう。 【ドコモ】ドコモ光セット割:スマホ料金から最大1,000円 税抜 引き 回線ごと• 【au】auセット割:スマホ料金から最大1,200円 税抜 引き 回線ごと• 【ソフトバンク】おうち割 光セット:スマホ料金から最大1,100円 税込 引き 回線ごと 大手キャリアはインターネット回線との組み合わせで割引をしてくれるキャンペーンを開催しています。 例えばドコモの場合、ドコモのスマホとドコモ光をセットで契約する事で 毎月の料金から最大1,000円 税抜 が回線ごとに割り引かれます。 先にご紹介しているクレジットカードと組み合わせてポイント還元を受ければ、各キャリアの月額料金を更にお得にする事ができるはずです。 店舗独自の割引・キャンペーンチェック方法• 直接出向いて確かめる• 店舗のホームページをチェック• 店舗のSNSアカウントをチェック 例えば同じドコモショップでも、地域の店舗毎に独自の割引が行われていることもあります。 店舗側が売りたい特定のスマホの機種変更のみ対象になることが多いですし、何よりオンラインショップと比較して目的のキャンペーンを見つけにくいと思われます。 ただしキャリアショップはホームページやツイッターなどで 独自のキャンペーンを宣伝していることもあります。 どうしても手間はかかってしまいますが、機種変更を少しでもお得にしたいなら要チェックです。 携帯の機種変更専用のクーポンを利用する ツイッターやキャンペーンで各キャリアのお得なクーポンがゲット出来ることがあります。 ただし以下のように条件はさまざまです。 ツイッターのみで告知される• 解約して数年後に自宅へ郵送される• 地域限定のスマホタブレット教室参加で貰える• 光通信やJCOMなどショップから送られる かつクーポンにもMNP専用や機種変更専用などの種類がありますので、狙って無償で入手するのは簡単ではありません。 しかし、オークションサイトなどを利用すれば比較的容易かつ安価に入手することが出来ます。 「docomo クーポン mnp」などで検索すれば直ぐに確認出来ますので、こちらも是非チェックしてみて下さい。 オンラインショップでお得に機種変更する• 引き止めポイントで機種変更をお得に• ドコモ・au・ソフトバンクのクレジットカードでお得にする• スマホの補償サービスを利用する• 白ロムを入手し携帯端末料金を節約する• 格安SIMにMNPで乗り換え月額料金を節約する• 機種変更後の旧端末を売却し現金をゲットする• スマホ+ネット回線のセット割を利用する• 店舗独自の割引を使ってお得に機種変更する• 携帯の機種変更専用のクーポンを利用する ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更最安方法 ここまでのご紹介で、携帯 スマホ の機種変更で得する10の秘策については理解できたかと思います。 ただしすべての秘策を同時に実行する事は難しいですし、結局どの方法が一番お得なのか悩んでしまう方もいる事でしょう。 「引き止めポイント」や「店舗独自の割引を探す」以外だと、 オンラインショップで実施されているキャンペーンを活用する方法があります。 機種変更のキャンペーンは数こそ少ないですが、時期によっては非常にお得に端末を購入できるためおすすめです。 最後にドコモ・au・ソフトバンクの2020年最新のおすすめキャンペーンをまとめてご紹介します。 最終的にドコモに端末を返却しなくてはなりませんが、高額なハイエンドモデルを安く購入するためには積極的に活用したいキャンペーンです。 端末代金を割り引くオンラインショップ限定の「SPECIAL割引」は2020年3月18日から第2弾が実施されており、幅広い機種が対象となっているのが魅力的。 更に新しく登場した5G対応スマホも「5G WELCOME割」で5,500円分割引を受ける事もできます。 この他にも「はじめてスマホ購入サポート」など高額なポイント還元は実施されていますが、「FOMAからXiへの変更」のように条件が難しいのがデメリットです。 ドコモの機種変更を最安にしたいなら、定期的に開催される 期間限定キャンペーンを活用する事が重要なポイントとなるでしょう。 ドコモでは通信料を値引きするキャンペーンも多く実施されていますので、そちらも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。 をまとめて確認したい方はこちらもチェックしてみてください。 こちらも端末の返却が条件となっていますが、auの5Gスマホをはじめ幅広い機種が対象となっているのが魅力的。 また、auでも機種変更で端末代金を割り引く期間限定キャンペーンが開催されています。 こちらも残念ながら3月いっぱいでの終了となりますが、機種代金を割り引くキャンペーンは定期的に開催される傾向にあります。 各キャリアのキャンペーンを定期的にチェックして、お得な情報を逃さないようにしましょう。 をまとめて確認したい方はこちらもチェックしてみてください。 【ソフトバンク】機種変更のおすすめキャンペーン 画像引用元: 端末料金に関する主要キャンペーン 概要 トクするサポート+ ・48回分割払いで端末を購入 ・分割支払金(最大24回分)のお支払いが不要となる 下取りプログラム ・下取り機種に応じてPayPayボーナス還元 web割 オンライン限定 ・対象機種にのりかえで最大21,600円割引 ドコモ・auと比較すると、ソフトバンクの機種変更向けキャンペーンは決して多いとは言えません。 しかし、 端末を安くできる「トクするサポート+」やPayPayボーナスが還元される「下取りプログラム」などのキャンペーンが常時開催されています。 また、「【オンライン限定】web割」なと特にのりかえ MNP のキャンペーンには力を入れているようです。 現在ドコモ・auをお使いの方なら、キャンペーンを利用してソフトバンクにのりかえ MNP を検討してみるのも良いかもしれません。 をまとめて確認したい方はこちらもチェックしてみてください。 携帯 スマホ の機種変更で得する10の秘策まとめ 携帯 スマホ の機種変更で得する10の秘策をまとめてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 ドコモ・au・ソフトバンクでは機種変更に関する期間限定のお得なキャンペーンを定期的に開催しています。 これらのキャンペーンを活用するのが機種変更をお得にする上で最も良い方法ですが、時期的に利用が難しいという方もいらっしゃるはずです。 しかし「機種変更で得する10の秘策」でお伝えした通り、オンラインショップの利用・旧端末の売却など時期を選ばず活用できる方法はいくつもあります。 今回ご紹介している方法を最大限活用して、欲しかったスマホへお得に機種変更してみてはいかがでしょうか。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 9月13日に待望のiPhone 11が予約開始されましたが、今回は発売日が消費税の増税前&改正電気通信事業法の影響で端末購入補助プログラムの変更などで混乱気味です。 ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 11販売価格を比較して、iPhone […]• iPhoneに機種変更した際のメール設定・引き継ぎ・アドレス変更をまとめて解説していきます。 iPhone機種変更の際、データ移行とともに必ず行わなくてはならないのがメールアドレスの設定・引き継ぎ作業です。 Androidとは違い、iPhoneの場合は各種設定が書き […]• 2020年の前半に新型iPhoneが発売まじかといわれていますが、まずは予約方法を確認しておきましょう。 新型iPhoneは発表後すぐに予約をしないと在庫ぎれや届くまでに数週間ということになりがちです。 なので、今回は3キャリアの新型iPhone予約方法と、お得な機 […]• iPhoneのバッテリー節約方法や交換方法、その時にかかる費用などをまとめました。 「機種変更直後よりバッテリーの減りが早くなった気がする」という声をよく耳にしますが、これは勘違いではありません。 そんな時におすすめなのが「バッテリーを交換する」ということ。 […]• iPhone 11を買うなら、店舗やネットのオンラインショップどちらが安く購入できるのかについて、今回は解説していきます。

次の

ソフトバンクは持ち込みで機種変更できる?対応スマホや手続き方法を紹介

ソフトバンク スマホ 機種変更

ソフトバンクの機種変更するタイミングは?|違約金がかかる? ときに、違約金が気になるという方も多いのではないでしょうか。 そもそも違約金とは、更新月以外にソフトバンクとの2年契約を解除する場合に必要となる「契約解除料」のことですから、 機種変更をする場合には関係はありません。 ですから、2年契約を継続する場合、つまり普通に機種変更をする場合は、いつ機種変更をしても契約解除料が発生することはありません。 ただし、機種変更と一緒に2年契約から別の契約へと変更する場合は、この限りではありません。 ソフトバンクをはじめ、各携帯キャリアでは契約開始から24ヶ月間は使用することを取り決める、いわゆる「2年縛り」にて契約をする場合がほとんどです。 機種変更時にこの2年縛りを解消し、年間での割引などがないプランにした場合などは、更新月以外は契約解除料が発生しますので注意が必要です。 ソフトバンクの新料金プランは2年縛りもナシに 2019年9月から開始されたソフトバンクの新料金プランでは契約期間・契約解除料も廃止されました。 そのため、2019年9月以降に新料金プランの契約を行った方については、プラン変更などについても契約解除料を支払う必要はありません。 分割払い・月月割の支払い中は注意が必要 現在もソフトバンクの月月割が適用されている方については、機種変更のタイミングを確認する必要があります。 24ヵ月の間、月額料金が割引される月月割ですが、 機種変更を行うと自動的に契約が切れてしまいます。 本来受けられるはずの割引を受けられないという意味では損になってしまうので、月月割を利用している場合のみ機種変更時のタイミングを確認しておきましょう。 とはいえ、基本的には 前回の機種変更・契約から2年が経過していれば損をすることはないといえるでしょう。 【現金キャッシュバックor割引】ソフトバンクでお得に機種変更をする方法 ソフトバンクではお得に機種変更が可能になるキャンペーンやオプションが用意されています。 また、代理店を通じて機種変更を行うと現金のキャッシュバックを受け取ることも可能。 それぞれをご紹介していきましょう。 【現金キャッシュバック】を受けたいなら代理店を使って機種変更を! 出典: ソフトバンクで機種変更を行う際、現金でキャッシュバックを受けたいという方は代理店から申し込みましょう。 ソフトバンクの下取りプログラムなどを利用すると、最大で40,800円相当のPaypayボーナスを受け取ることができますが、現金キャッシュバックはありません。 一方で、代理店を利用して機種変更を行うと現金でのキャッシュバックを受け取ることができます。 ソフトバンク公式の販売代理店は数多くありますが、その中でも「ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. com」が最もおすすめです。 契約台数が50万件を突破している信頼性の高い代理店となっています。 ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. comから機種変更を行うと、 5,000円の現金キャッシュバックを受け取ることができます。 また、ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. comでも下取りを行っているため、さらにキャッシュバック額が増える可能性も! 電話・メールでの申し込みが可能なので、機種変更を考えている方は一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。 【PayPayボーナス+割引】ソフトバンク公式のキャンペーン ここからはソフトバンク公式のキャンペーンをご紹介していきます。 なお、ソフトバンクの機種変更にあたっては、 通常5,000円~10,000円かかる頭金が無料になり、待ち時間0、24時間申し込み可能なソフトバンクオンラインショップからの申し込みをおすすめします! 下取りプログラム|PayPayボーナス最大40,800円相当をゲット 出典: 対象となるiPhone・Androidを購入する場合に限り、それまで使っていた古い機種を下取りに出すと、最大で40,800円分のPayPayボーナスを受け取ることができるキャンペーンとなっています。 機種変更前に使用されていたスマートフォン・ケータイが不要な方は、ぜひ活用してみてください。 利用方法などの詳細を知りたい方は以下記事をご一読ください。 端末の割引規制が厳しくなる中、ユーザーが少しでもスマホを購入しやすいようにと配慮したサービスです。 とはいえ、もちろん無条件に24回分の支払いが無料になるわけではありません。 大きく分けて2つの条件があります。

次の

ガラケーからスマホへ機種変更すると料金はいくらになる?【ドコモ・au・ソフトバンクまとめ】

ソフトバンク スマホ 機種変更

中古端末を持ち込んでキャリア契約するメリット 中古端末をdocomo、au、ソフトバンクに持ち込んで契約する人が現在増えているらしいが、それにはどのようなメリットがあるのだろうか。 月額利用料が安くなる 中古端末を持ち込んで契約するメリットは 2つある。 1つ目のメリットは、 キャリアでスマホや携帯を購入して契約するよりも月額利用料金が安く抑えられることだ。 例えば、日本でも人気のiPhoneだが新品ともなれば10万円近くするモデルもある。 しかし、中古となれば2~3割、状態によっては 半額以下で購入することもできる。 これらの格安な中古端末を購入すると端末代を節約することができるため、月々の本体代金を支払う必要がなくなり、結果として月額利用料が安く済むのだ。 端末を複数台使うことができる 2つ目のメリットは、 自分の使いたい端末を複数持っている方にとって大変便利になることだ。 ソフトバンクで契約したSIMカードを使いたい端末に差し込めばすぐに使えるので、自分のお気に入りの端末やレアな機種を気軽に使うことができる。 複数の端末を使用しても SIMカード1枚分の料金支払いで済むので、2台、3台使っても利用料金は1台分と変わらない。 ソフトバンクに中古端末を持ち込んで契約する方法 中古端末は現在、徐々に市場の出回りが増えているようだ。 まずは ソフトバンクに中古端末を持ち込んで契約する方法を紹介する。 中古端末を購入しよう まずは使いたい中古端末を用意しよう。 あらかじめスマホや携帯の SIMロックを解除しておく必要があるので忘れずに行っておく。 iPad、 タブレット、データカードなど非音声端末は 対象外となってしまうので注意しよう。 中古スマホを購入する際は、弊社が運営するをぜひ参考にしてみてほしい。 こちらのフリマサイトでは様々なソフトバンク版スマホが出品されており、 充実した保証プランも用意されているので初めて中古スマホを購入する人でも安心。 利用手数料は無料となっているので購入を検討されている方は画像をクリック。 店頭に持ち込んで契約しよう スマホや携帯を用意したら、端末と必要書類を持ってソフトバンクショップへ契約しに行こう。 契約できるお店は ソフトバンクショップ、または一部ソフトバンク取り扱い店舗のみに限られており、家電量販店などは契約不可なので注意してほしい。 契約を行う際には必ず 契約者が同席しなければならず、未成年者は保護者の規定の 「親権同意書」 「親権者の本人確認書類」が必要になる。 そのほかの必要書類は以下の通りだ。 ソフトバンク回線を新規契約する場合• ・SIMロック解除された(SIMフリー)携帯電話• ・新規加入時に必要な書類(本人確認書類)• ・新規加入事務手数料:3,000円(初回の利用料金に合算) ソフトバンク回線をすでに契約している場合• ・SIMロック解除された(SIMフリー)携帯電話• ・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)• ・現在使用中の携帯電話• ・事務手数料:3,000円(初回の利用料金に合算) 書類の組み合わせによって必要な本人確認種類が異なるので、一度公式サイトで確認しておこう。 また、新規契約事務手数料として 3,000円かかり、この料金は初回の請求料金に加算される。 中古端末を購入したらやるべきこと 中古端末は、ネットオークションや買取業者、ブックオフにまで沢山販売されている。 これらの中古端末は購入したらすぐに使えるようになると思いがちであるが、初期設定など、いくつか やるべきことがあるようだ。 SIMカードを差し込もう まずは、購入した中古端末に ソフトバンクで契約したSIMカードを差し込もう。 基本的にSIMカードを差し込めば使うことはできるが、なかにはカードを差し込むだけでは利用不可能な端末もある。 仮にSIMロックが解除できていない場合は、ソフトバンクショップまたは「 My SoftBank」で行わなければならないので注意しておこう。 SIMロック解除をするには? ソフトバンクに中古端末を持ち込んで契約する際は、 SIMロックを解除しておかなければならない。 スマホのSIMロックを解除するには、上記でも紹介したように「My SoftBank」またはソフトバンクショップで行えるようだ。 手数料3,000円が必要 店頭で行う場合は、手数料で 3,000円かかってしまうので注意しよう。 また、 SIMロック解除できるスマホは限られているので、あらかじめ公式サイトで確認しておくといいだろう。 データを初期化しよう 中古携帯ショップで販売されているスマホや携帯電話は、前の使用者が残したデータなどが綺麗に 初期化されている。 しかし、ネットオークションやフリマアプリなど、 個人で売買された端末には稀にデータが残っていることがあるようだ。 なかには 不正なアプリがインストールされている端末もあるので、初期化は念には念を入れて 自分でも一度リセットすることをおすすめする。 初期設定の流れ 次に 初期設定の流れを紹介する。 機種によって若干、設定項目が異なるのでよく確認しよう。 iPhoneの場合• SIMカードを差し込んで、電源を入れる• データを初期化する• サインイン画面で、自分のアカウントを入力• バックアップからデータを復元する場合は復元を行い、新規の場合は先に進む• 設定からソフトウェアバージョンを確認して、最新のものにアップデートする Androidの場合• SIMカードを差し込んで、電源を入れる• データを初期化する• Googleアカウントなどの情報を入力 ガラケーの場合• SIMカードを差し込んで、電源を入れる• 暗証番号を入力(ソフトバンクの場合は「9」「9」「9」「9」)• データを初期化する 以上の流れで中古端末の使用ができるようになる。 中古端末を持ち込んで契約する際に注意すべきこと 中古端末を持ち込んでソフトバンクでキャリア契約すると、月額利用料金が安くなったり、自分の好きな端末を自由に使えるようになったりと便利であるが、いくつか 注意すべき点があるようだ。 持ち込み端末には保証が付かない? ソフトバンクで中古端末を持ち込んで契約をすると、 ソフトバンクが行っている保証プランに加入することができない。 そのため、お手持ちの端末がいきなり赤ロム(以下で説明)になったり、故障してしまったりして使えなくなってしまった場合、修理費用や交換代金はすべて 自己負担となるので注意しておこう。 中古携帯ショップの保証サービスを利用しよう 基本的に、中古携帯ショップでは 赤ロムの調査を徹底して行っている。 仮に中古ショップで購入した端末が赤ロムになって利用できなくなってしまったとしても、お店によっては 保証してもらうことができる。 保証内容によって異なるが、 修理や交換に対応してもらえるようだ。 しかし、ネットオークションなどで購入した端末は、保証が付いていないことがほとんどであるため、利用できなくなってしまったら大損してしまう。 そうならないためにも、端末を購入する際は 端末の状態や保証が付いているかを確認するようにしよう。 購入する際はアクティベーションロックがオフになっていることを確認 アクティベーションとは、 iPhone独自の盗難防止システムだ。 ロックが解除されていないと使用できない アクティベーションロックがかかっていると、iPhoneを初期化しても 元所有者の「Apple ID」「パスワードの入力」が必要になり、 ロックを解除しなければ使用することができない。 特にネットオークションでは出品者が「初期化さえしておけば大丈夫」と考えて、このロックを解除せずにiPhoneを出品してしまい、落札者が困るというケースが多いようだ。 購入前に必ず確認を アクティベーションロックを解除するには、元所有者に連絡をとって、「 Apple ID」「 パスワードの入力」を聞き出すか、iCloud. comから「 iphoneを削除」してもらうしか方法はない。 ロックを解除するには少々手間がかかるようなので、中古iPhoneを個人売買で購入する際は必ずアクティベーションロックについて売り手側に確認しておくようにしよう。 赤ロムに注意 赤ロムとは、分割支払い中の元所有者が月額利用料金をしばらく支払っていないと、 遠隔操作によってキャリアが端末の使用をロックしてしまうことだ。 保証サービスがないネットオークションは要注意 中古端末を購入しようとしている方のほとんどが、この赤ロムになってしまうリスクがあるといえる。 信頼できる中古携帯ショップであれば、 赤ロムに対する保証サービスがあり、返金・同等商品の交換をしてくれるが、ネットオークションの場合は保証がないため「 分割支払い中」「 端末代残債あり」と書かれたものには注意しよう。 保証がつかないため、購入時には確認しよう また、上記でも紹介したように、ソフトバンクに持ち込んで契約した端末には 保証が付かない。 つまり、持ち込んで契約した中古端末が赤ロムになってしまったら 諦めるしかないのだ。 そんなことにならないように、端末を購入する際は十分に気をつけてほしい。 まとめ 今回は中古スマホ・携帯をソフトバンクに持ち込んで契約する方法・使い方について紹介した。 中古端末をソフトバンクに持ち込むと月額利用料金が安くなるだけでなく、 自分の好きな端末を気軽に使うことができるのが大きな特徴だ。 しかし、ソフトバンクの 端末保証がつかないので、中古端末を購入する際は、 出品者に信頼性があるか、しっかりした中古携帯ショップかを見分けないと泣きをみることになるので十分注意してほしい。 では出品者と落札者の間に弊社の運営チームが 仲介として橋渡しをしているので万が一のことがあっても安心。 さらに 赤ロム保証も設けているのでぜひともこの機会に参考にしてみてはいかがだろうか。 参考:• 参考:.

次の