悠々自適の皇妃ライフ なろう。 モブ転生 小説家になろう 作者検索

民の望んだ皇妃

悠々自適の皇妃ライフ なろう

本日のランキング• 原作タイトルは「갓 오브 블랙필드」。 原作小説の表紙がカッコいい!いじめられっ子の「中の人」がメチャ強軍人に変... 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?の公式PVがあるぞ~ 夢みたい!愛読書の皇宮恋愛ファンタジー小説の世界に入っ... ピッコマで極道高校生が無料で読めそう!くらげバンチで「極道高校生」は読めるかな?!サンデーうぇぶりで「極道高校... 原作版の公式PVはこちら! おお…実写も交えてカッコいい!! 喧嘩独学の原作は韓国のコミックNAVER連載!最... 清楚で可愛らしい容姿で、それなりに付き合った人もいる、普通のOL美月 24 しかし、彼氏に頭をポンポンされたり... SNSで共感の嵐!「自分と同じ境遇の人が居るんだと安心した」 『よくわからないけれど、私たち、相性最高なのかも... イライザは男装使用人でドキドキだぞ…!マイフェアフットマンはピッコマで無料で読めるみたい!マイフェアフットマン... ちょっとした陶芸マンガでもあるので、フルカラーでも読んでみたいです。 俺は恋愛なんか求めてない!はピッコマで無料... ピッコマにRetry〜再び最強の神仙へ〜があるみたい!「Retry〜再び最強の神仙へ〜」が無料で読めるかくらげ... 希少な関西弁ヒロインマンガ!!戦え!肉厚ラブコメディ!みにあひはcomico(コミコ)で無料で読めるみたい!み... ネット小説の中の四天王がウチのクラスに?! 公式PV動画はこちら! ネット小説の法則はピッコマで無料で読める... 3話ヒロイン…!自分の拡散動画への反応を見ながら…あ〜、お前…、そういう…。 私の恋は私が決める!comico(コミコ)にその恋、本物ですか?があるみたい!くらげバンチで「その恋、本物です... 中国のマフィアを一掃する秘密任務を遂行する国家情報院の殺し屋Kこと「ジン」。 海外での任務遂行の間に愛娘の「スヒ... どん底人生から、御屋敷生活に!意地悪する人もおらず、ほっこり読めるぞ。 ある日、私は冷血公爵の娘になったはピッコ... 異世界剣王生存記の韓国版動画はこちら!迫力ある動画はこちら!日本語版動画は、ピッコマ公式アプリで観ることができるのでまだの人はインスト... 異世界剣王生存記の初出は、kakaopageで連載の「22년동안 레벨업은 못했지만 근육은... 3話ヒロイン…!自分の拡散動画への反応を見ながら…あ〜、お前…、そういう…。 レモンエロウが無料で読めるアプリは? 今のところレモンエロウが読める無料アプリは見つかりませんでしたぞ。 古町、ハタチの漫画家デビュー作ヤンマガにて連載開始!!... 隅山巴文先生が、フランスで単行本描き下ろしした作品。 第17回えんため大賞 ライトノベル ビーズログ文庫部門...

次の

漫画「捨てられた皇妃」16話のあらすじと感想!ネタバレ有り

悠々自適の皇妃ライフ なろう

それは、 前世の記憶があること。 そして、今住んでいる世界は 前世で読んだことのある小説の世界だということ。 その小説の内容を知っているレアナは自分がどういった立ち位置かを理解していた。 その立ち位置とは… 悪女。 レアナの夫となる皇帝は仕事人間。 そんな仕事人間は仕方なく愛もない状態でレアナを妻にする。 しかし、その後現れるヒロインに出会い、 皇帝はその女性を愛したのだ。 嫉妬に狂うレアナはヒロインの暗殺を謀るが、それがバレてしまい皇帝によって監獄に幽閉されてしまう… 原作どおりならレアナは幽閉されてしまうのだ。 しかし転生したレアナは違う。 ルマン・E・プリティナ 兄弟がいるなんて知らなかった… と戸惑うレアナだった。 簡単に挨拶を済ますと ポールにルマンのことを聞くレアナ。 原作に無い人だから気になって仕方ないのだ。 するとそこへ レアナは皇帝から呼ばれる。。 ざわつくレアナ。 さらに、そのレアナを大切にしない 皇帝の悪口を言っていた。 それを聞いた皇帝とルマン、そしてテリア財務官。 皇帝は自分の悪口を聞いて怒るが… ルマンは、 「レアナに労いの言葉があれば…」 と言う。 そんなとき、皇帝がレアナとポールが親しげに話している様子を目の当たりにする。 気遣いのあるレアナの行動に驚く皇帝。 (一応礼だけは言っておくか…) なんて思っていたはずが 言葉に出たのは… 「余は条件の通り一切の愛情を与えぬ」 という言葉。 自分でそんなことを言ってしまいハッとする皇帝。 言い直そうとすると… 笑顔のレアナ。 皇帝の愛情を望んでいないと言い 「ご用がお済みならが失礼してもよろしいでしょうか?」 とスマートな対応をするのだった。 レアナが出ていったあとケーキを食べる皇帝… ケーキの美味しさに表情が明るくなる。 「皇妃が持ってきたケーキはもうないのか?」 とテリア財務官に聞く皇帝。 その様子を見てテリア財務官 「もしや…」 「妃殿下が直接お持ちになったケーキをお望みですか?」 と聞くのだった。 5話ネタバレ! 「誰が持ってこようと味は変わるまい」 テリア財務官を子バカにする皇帝。 「味覚というより心理的なものです」 とテリア財務官が言うと 自分の胸が温かくなっていることに気付く皇帝。 しかしそれが何なのかは理解していない様子だった。 その様子を見て テリア財務官の表情が明るくなる。 さらにポールとレアナが親しくしていたことについても、モヤモヤしている様子。 「釘を刺しておかねば…」 独り言のように話す皇帝だった。 それだけで全てを察するレアナ。 冷たい表情で 「陛下と言えど口を挟む権利はない」 と言うと、不思議に思うポール。 そこへ皇帝がやってきて 皇帝と二人きりになってしまう。 表情はいつも通りのレアナだったが かなり戸惑っていた。 (なんて声を掛けてイイかわからない!) その間ツーンとしている皇帝。 しかもレアナを凝視…!! すると 「頼みがある」 そういう皇帝 そして…!? 6話ネタバレ! 手を見せてほしいという皇帝。 戸惑いながらも手を差し出すレアナ。 すると… すりすり さすさす 手の甲をさすったり 指先をつまんだり… 何が何だか分からないがされるがままのレアナだった。 その間ずっと さすさすしていた皇帝。 するとそこへ ポールがやってきて執務室へ。 (手を握っている姿を見られても特に動じていない皇帝。 ) しかしポールはおどおど。。 レアナも少し ポォーとしていたのだった。 国境付近で侵入者の痕跡が見つかった件についてルマンが話していた。 早々に話は終わり いそいそと仕事をする皇帝。 1人になると… レアナとのティータイムを思い出し (特に何をしたわけではないが… この手をずっと握っていたい… それしか考えられなかった) そう振り返る皇帝。 これがどういう感情なのかやはり分かっていない皇帝。 そのタイミングで、窓から外を見ると レアナとルマンが外で親しげに話しているところを目撃する。 ズキン 胸が痛む皇帝。 (どう考えても… 皇帝のあの行動は…) (監獄送りにしようとしている…?) 「…そんなわけないでしょ」 と自分で突っ込むレアナだった。 その夜、よく眠れないレアナは 散歩をするため外を歩いていると… ルマンに声を掛けられる。 ルマンはこれから国境に戻るところだったのだ。 レアナの考えた政策について誉めるルマン。 さらに今後の方針について話すレアナ。 そして レアナの手を取り 手にキスをするルマン。 (とりあえず悪い人じゃなさそう) そう思うレアナだったが やはり原作にいないキャラのため 少し警戒をするレアナ。 その現場に神殿でのみ使われる紙が落ちていた。 しかし… すごく落ち込んでいた。 気を遣うポールに対し 「関係ないでしょ」 と言い出すレアナ。 レアナはヒロインについて考えていたのだ。 (もう現れているはずなのに…) (どうして出てこないのよ!!!) (もしかして皇帝が誰かを愛さなくても私は監獄に…) 心配するポール。 そんなポールの心配をよそに 「退屈」 と言い出すレアナだった。 その会議中に突然 ズゥンゴゴゴゴゴ と地震が起こる。 空を見る皇帝。 もう少し距離が縮まってもいいのでは…?と思ったら、1年後となってしまいました…。 ルマンも謎だし。。 そして、 8話にしてやっとヒロインのような人物が登場しましたね…!さてさて、9話からの展開は!? ということで、9話からのネタバレはにて!.

次の

異世界コミック作品まとめ

悠々自適の皇妃ライフ なろう

その日も、いつものように自転車で帰路についていた。 日はとうの昔にくれており、ぽつぽつと立つ街灯と自転車のライトだけが行く先を照らす。 夏のころも終わり、秋の冷たい風が吹き抜ける。 体の横を通り抜ける風の冷たさに体を震わせながら、足に力を込めた。 「うぅ……さむい……」 マフラーに顔を埋めて、ハンドルに置いている手を握り込む。 時々、反対から走ってくる車のライトに視界を奪われ、眉間に刻まれるしわが深くなる。 いくら歩道を走っているとはいえ、乗り物を運転している以上視界を一瞬でも奪われるのは辛い。 今はまだ真夜中だからいいけれど、あと数時間早ければ、歩行者がいることもざらにある。 わかるように反射板を身につけていたり懐中電灯などを持ってくれている人もいるが、そうでない人もいる。 自転車を無灯火で走っているやつもいる。 暗闇と同系色の服を着て、ライトも持たず歩く人だっている。 多くの人は寝る頃だから滅多に人に遭遇することはないけれど、それでも可能性が全くないわけではない。 自転車対歩行者で事故が起これば悪いのは自転車だ。 いくら歩行者が夜道で居場所を示すという認識が欠如していたり、飛び出してきたりというのがあったとしても、過失の割合は自転車の方が大きい。 街灯を増やして夜道を照らしてくれたらもっと安心出来るのだが、いかんせん、土地柄なのか交通整備は後回しにされがちだ。 街灯しかり、ガードレールしかり、側溝の蓋しかり。 とある交差点なんか、危険だなと思ってたら死亡事故が起きて、その後もちょくちょく事故が起きてようやく信号機が設置されたくらいだ。 ちょっと整備するだけで安全性や利便性は変わるのだが、恐らく交通整備に駆けられる金は多くないということなのだろう。 理不尽な世の中だ、とぼやきつつ、赤信号を示す横断歩道の前で停止する。 わずかに火照った体をさすって、空を見上げた。 空には丸く大きな衛星がたたずんでいた。 「あぁ、今日は満月か…」 シフト制の仕事ゆえに、日付の感覚も曜日の感覚もない。 帰宅時間はその日によって変わる為、月齢なんてものは気にも留めたことがない。 かろうじて、登下校する児童生徒の姿を見ることで、平日か休日かがわかるくらいだ。 視界の奥で、ちかちかと信号が点滅を起こす。 「はぁ…」 自然とため息がついて出る。 何かがあったわけではないが、なんとなく胸が塞ぎ込んでいる。 たまにあることだ。 心当たりは全くないが気分が塞ぎ込む。 そういう時は好きなことをして過ごすのが一番だと言うことも、経験上知っている。 信号が青に変わったのを確認して、ペダルに足をかけて、力強く踏み出す。 甲高い耳障りな音が響いた。 視界の横から光が差す。 「え?」 最悪の事態が頭をよぎるのと同時に、体を激しい衝撃が襲った。 痛みに一瞬意識が飛ぶ。 けれども、短い浮遊感の後、再三何かにたたきつけられ問答無用で意識を引き戻された。 全身が痛い。 動かそうにも、痛くて痛くて仕方が無い。 いっそあのまま、気を失っていた方が楽だったのに。 そうしたら地面に転げるとか寒い思いをしなくてすんだのに。 どうにもならない痛みと冷たさに呻いていると、そばに人の気配がした。 人の足が目の前にある。 「やべぇ……どうしよう……」 うろたえる声に、どうしようじゃねぇよあほか、と悪態をついた。 瞼が重い。 心臓も早鐘を打っていて頬は暖かいけれど、指先から感覚が消えていく。 ばん、と扉を閉める音がした。 次いで響く、エンジン音。 それにどうしようもない現実を悟り、抗うことをやめた。 きっと、もう自分は助からない。 あぁ、なんて運の悪い。 もっと、やりたいことがあったんだけどな。 もっと、楽しいことをしていたかったんだけどな。 でももう、仕方が無い。 どうしようもない。 閉じた瞼越しに、白い光が届く。 近づくエンジンの音。 何が起こっているのか理解する前に、意識は途切れた。

次の