タイガーアンドバニー スポンサー。 タイガー&バニーの天井恩恵や期待値・狙い目は?プラスのやめどきやハイエナゲーム数も解説!

【TIGER&BUNNY】スポンサー企業一覧!タイバニとのコラボ企画も【TIGER&BUNNY(タイバニ)】

タイガーアンドバニー スポンサー

8 97. 1 99. 7 101. 7 103. 3 106. 7 110. ゲーム性は擬似ボーナスの連チャンで出玉を獲得するATタイプ。 AT中の純増枚数と、擬似ボーナスの当選確率の変動が仕様の特徴となっている。 AT「グッドラックタイム」突入時は、 「アビリティライズチャンス」にて後に突入する 「STゾーン」のボーナス確率を決定する。 ナビレベル1で約1. 0枚、ナビレベル2で約2. 0枚、MAXで約4. 0枚の3段階。 この間に出玉を獲得しつつ、見事ボーナスを射止めることができればSTゲーム数はリセットされ再度ボーナスを目指す流れとなる。 [Konami Amusement(コナミアミューズメント)]• [NET(ネット)] 2020年8月3日(月)導入開始• [Bisty(ビスティ)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Sammy(サミー)] 2020年7月6日(月)導入開始• [WORLD(ワールド)]• [BELLCO(ベルコ)]• [Spiky(スパイキー)] 2020年5月18日(月)導入開始• [Carmina(カルミナ)]• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月17日(月)導入開始• [SANKYO(三共)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)]• [KYORAKU(京楽)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [MARUHON(マルホン工業)]• [TAKAO(高尾)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)].

次の

ワイルドタイガー (わいるどたいがー)とは【ピクシブ百科事典】

タイガーアンドバニー スポンサー

設定 111G 333G 666G 1 0. 8% 2. 3% 96. 9% 2 1. 6% 3. 1% 95. 3% 3 2. 0% 4. 7% 93. 4% 4 2. 3% 6. 3% 91. 4% 5 4. 3% 8. 6% 87. 1% 6 4. 7% 9. 4% 85. 8 打ち方&小役停止形 リール配列 通常時の打ち方 左リール上段にBAR狙い 下段チェリー停止時 対応役: 弱or強チェリー 中・右リール適当打ち 3連チェリー非停止で弱チェリー 右リール中段ベル停止時など 3連チェリー停止で強チェリー 下段BAR停止時 対応役: ハズレ・リプレイ・ベル・チャンス目A 中・右リール適当打ち 停止時にフラッシュを伴ったらチャンス目A 上段スイカ停止時 対応役: スイカ・チャンス目B 中リール適当打ち、右リールBARor緑7を目安にスイカ狙い スイカハズレでチャンス目B 停止時にフラッシュも伴う ボーナス・AT中の打ち方 ナビ発生時は従い、それ以外は通常時と同様に消化 設定判別・推測要素 AT初当たり確率 AT初当たり確率に設定差が存在。 高設定ほど確率が優遇されています。 16% 38. 28% 58. 98% 38. 28% 58. 20% 37. 50% 変身前 3・5人 39. 84% 57. 03% 39. 45% 57. 03% 38. 67% 56. 25% 8人集合 変身後 — 4. 69% 1. 56% 4. 69% 1. 56% 4. 69% 8人集合 変身前 — — — — 1. 56% 1. 56% ATラウンド開始画面 ラウンド開始画面は複数パターン存在し、中には高設定を示唆しているパターンあり! パターン別の示唆 8人集合…設定2以上 ユーリ・ペトロフ…偶数示唆 金背景…設定5以上 ラウンド開始画面振り分け 設定 示唆無し 8人集合 ユーリ・ペトロフ 金背景 1 100% — — — 2 98. 4% 0. 8% 0. 8% — 3 98. 4% 1. 6% — — 4 98. 4% 0. 8% 0. 8% — 5 97. 7% 1. 6% — 0. 8% 6 97. 7% 0. 8% 0. 8% 0. 7% 黄 50. 2% 赤 95. 2% 昇格 99. 0% 100% 100% 50.

次の

ルナティック(TIGER&BUNNY)

タイガーアンドバニー スポンサー

放送当時犬日々の次にやってたのでついでに見てた作品。 気づけばタイバニ見るついでに犬日々見てましたが・・・ HEROが企業とスポンサー契約を結び、HEROの活動する模様をTVで生中継しバラエティ番組兼スポーツ中継のようなノリで放送するというのは既存のHEROモノにはない中々に斬新な設定でした。 落ち目のロートルHEROであるワイルドタイガーと、新進気鋭の若手HEROのホープであるバーナビーの二人が、最初は衝突しあいながらも徐々に信頼関係を深めていく様子は普通に王道展開で面白かったです。 個人的にはジェイク登場あたりから一気に加速した印象、藤原啓治氏演じるジェイクの突き抜けた悪役振りはダークナイトのジョーカーを彷彿とさせるものがあるように思います。 ユージン さんの感想・評価 3. 0 物語 : 3. 0 作画 : 3. 0 声優 : 3. 0 音楽 : 3. 0 キャラ : 3. 0 状態:観終わった 評価が高く、以前から気になっており、2期も制作されるということなので視聴。 ヒーローものとしては意外に女子人気が高いようだが、制作時は想定していなかった模様。 X-MENやバットマンといったアメコミヒーロー作品の要素が多くみられる「企業戦士」ものだが、結論を言うとヒーローものとしてはカタルシスが足りていない。 ネタバレになる(というか切りがない)ので詳細は省くが、脚本の問題なのか唐突な展開が多く、首を傾げたくなる展開もしばしば。 日常回など面白い回もあり、バディものとして観られないこともないが、全体を通して退屈で雑なストーリー展開だったという印象。 また、キャラデザ自体に文句はないが、作画が全体を通して平均か場面によってはそれよりちょっと下ぐらいでキャラの顔が安定しておらず、急な場面転換も散見されるので若干見づらい。 何よりヒーローものとして重要なアクションシーンにおいて2クールを通しても目を見張るようなシーンやカットがほとんど見当たらないというのは致命的で盛り上がりに欠ける。 大手のサンライズ制作だが、あまり予算をまわしてもらえなかったのだろうか。 それなら仕方ない。 キャラデザから判断を誤ってハードボイルドなストーリーを期待してしまったが、登場人物の思考が総じて幼い為、ハードボイルドからは程遠い。 これから視聴される方は留意されたし。 さもなくば今の私のように方々に毒を吐き散らかすことになりかねない。 留意されたし。 ストーリーの都合で登場人物の知能を下げるのは子ども向けコンテンツかコメディでもなければ視聴していてストレスでしかないので控えてもらいたい。 (もっとも本作はコメディと言えなくもない・・・) ヒーローものとして展開が「ご都合主義」「王道」なのは決して悪いことではないが、それが許されるのはストーリーにカタルシスや爽快感があってこそだと思う。 しかし残念ながら本作は演出面、映像面から言ってもそれに見合うほどのカタルシスが得られるとは言い難い。 キャラクターや世界観、設定など素材は悪くなかった反面掘り下げが足らず、活かしきれなかったのは惜しい。 特に折紙サイクロンとか。 折紙サイクロンとか。 それなら仕方ない。 Go さんの感想・評価 1. 7 物語 : 1. 0 作画 : 1. 0 声優 : 2. 5 音楽 : 3. 0 キャラ : 1. 0 状態:観終わった 結論からいうとこの作品を見るなら他の作品を見た方が有意義なのは間違いない。 点数が高いからみてみたが主人公の魅力が物語の魅力に直結するというのが非常に勉強になった作品だった テーマ自体は超能力ヒーロー物と悪くないのだが主人公の虎徹が無能で短期でドジで周りの迷惑を考えずいつも空回りしていて著しく人間的魅力に欠けるおっさんという現実にいたら関わりたくないタイプ。 キャラデザと声優さんの声はダンディーでかっこいいおじさんなのに台無しである。 主人公以外のキャラも人間的魅力に乏しい。 全体のストーリーに関してはメッセージ性に乏しく前半と後半で話の方向性に一貫性がないというのがこの作品を通してみた感想だ。 元々サンライズの捨て企画だったらしいのでこの程度の作品なのはまあわかるがサイトの点数をもう少し下げて欲しい。 この作品を見た時間は無駄だったと思う このふたりが歩み寄っていく過程や関係性は決して悪いものではなかったが、そこを評価している人は観てほしい作品がもっと他にあるように思う。 自分の事情やミスのせいでダメージを受けてしまう相方。 ここから感情の流れとか文脈を汲み取っても、説得力は感じられない。 デザインに関してはふたりとも同じ能力で、強いて言えばパンチとキック程度の差というのは好印象。 属性を盛らないシンプルなデザイン、ここを観てくれという分かりやすいタイトル。 おかげでとにかく物語に集中できる。 アメコミリスペクトな設定やデザインは日本の作品として賛否両論だとは思うが、これくらい振り切っていれば一作品として評価できるし、プロダクトプレイスメントという意味では唯一性があるのではないか。 上記の関係性云々で前半はあまりノレなかったが、記憶操作の敵が暴れ始めてからそれまでの要素もしっかりと紐解かれ、平和に締めているのも非常に好印象。 正義やヒーロー物を通して一つの価値観を示す。 とても大切な事である。 ネクストってゆう いろんな超能力をもってる人たちがヒーローになって 悪い人たちをどんどんやっつけてくバトルアニメ。。 みたいなのかなぁって思って見てたらちょっとちがってたみたい^^ コメディが多くってバトルもあるときはあるけど ほとんどないこともあって バトルはあるけどドラマみたいな感じかなぁ。。 おはなしは中くらいまでは おばかでお人よしでどじっ子(?)の おじさんヒーローのタイガーと 新しくヒーローになったかっこよくってイケメンで ほんとにヒーローみたいなヒーローだけど ちょっと おじさんのことばかにしてるっぽいバニー(ニックネームだよ)が コンビになっていっしょに戦ってて だんだん相手のこと分かってくる。。 そんな感じかな あとの方は 親子とか仲間とかのおはなしが多くって にゃんが泣いちゃった感動するおはなしもあったし あと正義ってなんだろう?とかって思ったとこも^^ 絵はCGとかはきれいだったけど 人の顔がときどきちょっとちがって見えたりしたかな ヒーローがレーシングカーとかみたいに 会社の名まえとかついたコスチュームとか着てて ちょっと変わってるかなぁ^^ でもよくCMとかで見たりする名まえだったから あんまりフシギな感じじゃなかったけど。。 はじめの方はわらって見てて あとの方は泣いたりドキドキしちゃって さいごの方以外はバトルもそんなに気にならなかった おもしろいおはなしだったって思うけど あにこれだとそんなに人気ないのかなぁ。。 むねとかパンチラとかHなおはなしがほとんどなくって にゃんはよかったって思うケド 恋愛とかかわいい女子キャラとか少ないから 男子とかはイマイチって。。 にゃんみたいにバトルがにがてな人でも見られるって思うけど ためしに3話くらい見てみたらいいかも^^ 書いてて思ったけど おまわりさんとか消防士の人とかも ヒーローのお仕事だって思うけど 背中にコマーシャルとかついてたらどうなのかな? 何だかヘンな感じかも。。 面白かったです。 ヒーローものもありふれているので、そこを現代風にスポンサーとか主人公がおっさんとかでずらしていているのがよかったですね。 本編や途中に挟まれる話も面白かったです。 ただ欲を言えば、ジェイクがああいう舞台を整えるのはまだ良いとしても、後半やりたいことが多すぎて流れが都合よくなりすぎたのが不満っちゃあ不満です。 主人公VS仲間、人VSアンドロイド、主人公の死などなど個別では面白い展開でしたがところどころに不自然さを感じ、引っかかるところはあるなと思いました。 後半の展開をやるなら、もっとヒーロー達を掘り下げるエピソードを入れておいてもらうとよかったかなと。 ちょっとバーナビーの件を引っ張りすぎたような気もしなくないです。 本当に1クールで決着でもよかったんじゃないかと。 とはいえ、能力の減退で引退とかところどころにおっさん成分があって見応えはありました。 敵がわざわざヒーローを試す舞台を用意してくれるところをもう少し自然な流れでやって欲しかったですが。 いろいろ言いつつも、総合的には見ごたえがあって面白かったです。 まだ初心者 さんの感想・評価 4. 1 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 5 音楽 : 3. 5 キャラ : 4. 5 状態:観終わった 面白いアニメを検索すると必ずといっていいほど名前の挙がる作品です。 2012年頃から存在は知っていたのですが、何かベタそうな内容だったのでずっとスルーしてました。 最近桂先生の作品をいくつか観て、他の作品にも興味が出てきたので視聴することにしました。 結果、めちゃくちゃ面白かったです。 これぐらいベタな方が楽しめます。 エンターテインメント性がハンパなく、普段アニメを観ない層にも当時人気が出た理由がわかります。 一般の方にも自信を持っておすすめできるアニメです。 あと関係ないんですがヒロアカの作者は確実にこれパクってますね。 まあ両方面白いのでいいんですけど。 たわし(ガガ) さんの感想・評価 3. 6 物語 : 3. 5 作画 : 4. 0 声優 : 3. 5 音楽 : 3. 5 キャラ : 3. 5 状態:観終わった 大ヒットした「タイガー&バニー」だが、監督のアメコミ愛が非常に強く打ち出されている。 バットマン好きで知られる「桂正和」を起用し、非常にリアルなデッサンをモチーフとしたキャラクターデザイン、スーツデザイン、設定に至るまで実にアメコミ的である。 だから、アメコミ好きからすると既視感が強いので面白いのかと聞かれると、それなりには面白いがオリジナリティが薄いと思ってしまう。 人気があるのは頷ける。 しかしもっと日本独自のスタイルがあるはずで、NEXTの設定や都市の外観も個人的にはスーパーマンやX-menと同じである。 もう少しアイデアにひねりが欲しかった。 今更ながら観た。 当時流行ってたけど、何故か観なかった作品、アニメ本編観てないくせに歌だけ覚えてた。 2 物語 : 4. 5 作画 : 4. 0 声優 : 3. 5 音楽 : 4. 5 キャラ : 4. 5 状態:観終わった 面白いと言われ続けて、最近プロジェクトがまた動き出したとのことでついに重い腰を上げて視聴。 本当に知識がないときはBLもの・・・?という認識を持っていましたが(愚か・・・)見ていくうちに「市民を守るヒーロー」という仕事を背負った男の生きざまを描いた作品だということが分かり、そこからは一気に見終わりました。 キャラクターそれぞれに個性が強いことから、もう少し掘り下げてもいいのかなと思う部分もありますが、それはおいおい色々な所で語られるのでしょう。 今後続くプロジェクトのために取ってあるのかもしれませんし。 (というかそうであってほしい) 直情径行に振舞っているようで鋭く物事を見抜くことができる虎徹、冷静そうでいてスイッチが入ると周りの見えなくなるバーナビーというコンビネーション、実は似た者同士でお互いのことを信頼しあっていくという関係性がやはりこの作品最大の魅力であり、事件をきっかけに少しずつ距離を縮め認め合っていく姿に感情移入していきました。 敵キャラも敵キャラなりにバックボーンを描いて見せる所が最近の派生作品ブームに通ずるものを感じました。 それよりもやはりヒーローサイドの核となるキャラクターのエピソードを増やしてほしい感は否めません!マーベル、DC系統の独立した確立とまではいきませんが、あたかも虎徹やバーナビーのいる世界のヒーロー人気ランキングと視聴者の現実をリンクするくらい他キャラの描写を増やし、見せ場を作ってあげてほしいと思います。 世界観が好きなので。 剣道部 さんの感想・評価 4. 0 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 王道展開でしたが、胸熱でした。 視聴者を裏切るような意外な展開は少なくて、時代劇のような勧善懲悪のストーリー。 非とによっては、退屈とも感じるし、安心して観られるとも言えるでしょう。 基本的に1話完結として気軽に観られるし、でもそれが3~4話繋がって一つのストーリーになり、全話を通してもストーリーが流れているオムニバス形式を採用しているので、深みもあります。 脇を固めるヒーロー達も、それぞれに味があって良い感じでした。 虎鉄と結婚して、尻に敷いて欲しいな~ 笑 ただ、サブキャラで言えば、もう少しドラゴンキッド ホァン の活躍は観たかったです。 この作品に合った演出ですし、なにより、それで 資金集めがうまくいき 高クオリティーのアニメが作られるなら、他のアニメでも 作品を壊さない範囲で やってほしいとすら思います。 人としての生活が基盤にあり、ヒーローとしての活動は慈善事業に近い。 ヒーローは無敵。 コスチュームは、自らの正体を隠すため。 性格的には、クールで格好良い奴が多い。 ヒーローとして悪を滅ぼすことが生活の基盤にあり、人間としての活動は世を忍ぶ仮の姿。 ヒーローとて敗北をする。 ヒーロースーツは武器の一種でもある。 性格的には、熱血漢が多い。 そう考えると、ワイルドタイガーは日本的なヒーローに近く、バーナビーはアメコミ的なヒーローに近いように思う。 そんな二人が、互いに反発し合い、影響し合い、自分に足りない部分を獲得していく。 そこが、ストーリーの縦軸になっている。 ヒーローの一人ひとりが、人間としての生活を抱え、人間的な苦悩がある感じはアメコミっぽい カリーナの恋愛話とか、スパイダーマンっぽい。 一方、企業戦士として、スポンサー様の顔色を伺い、自分 の本質ややりたいこと を殺してでも社会に尽くす姿は、日本人ならではの発想だろう ある意味では忍者。 近いのは、国に尽くした「キャプテンアメリカ」かもしれないけど、彼は途中から、自分の意思や主義で、政府からも離れたしね。 これらの点から見ても、アメコミの世界観をベースにしつつ、日本的な発想が十分に生かされたヒーローストーリーと言えるでしょう。 9 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 3. 5 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 0 状態:観終わった 2011年放送の異能力バトル ヒーロー系 もの 全25話 あにこれでの評点が高かったので今更ながら視聴。 『絢爛舞踏祭』以来の気軽にみれて普通に面白い作品でした。 十分に良作品ですが、お世辞にも傑作・名作とは言えません。 「普通過ぎる」とか「うまくまとまりすぎている」といった印象。 他作品からの借り物あり、オマージュありとそれ自体は良いのだがオリジナリティが欠如しているように思える。 ストーリーもきわめて王道。 設定やストーリーにもう少しパンチが欲しかった。 ただリアル企業 それも超有名企業 タイアップは驚いたなぁ。 これは良いアイデア。 企業努力もうかがえてさらに好印象。 個人的には『ビックオー』のオマージュがあったことが何よりもうれしかった。 ドロシー似のアンドロイドはさておき、ほんと宮本さんの声には惚れ惚れさせられます。 もっとアニメのレギュラーキャラ演じて欲しいなぁ。 能力発動時に体が青く光る演出は『DTB』の流用か?あの演出をDTB以外で見たのは初めて。 わかりやすくて大変ありがたいのだけれど、残念ながら本作オリジナルではないのが難点。 以上 一言:2クール目からバニーちゃんの英語発音良くなってましたね。 声優さん頑張ったんだろうなぁと。 「感動した!」 TIGER&BUNNY [タイガーアンドバニー]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 TIGER&BUNNY [タイガーアンドバニー]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら よりお問い合わせください。 TIGER&BUNNY [タイガーアンドバニー]のストーリー・あらすじ 都市シュテルンビルトは、様々な人種・民族・『NEXT』と呼ばれる特殊能力者が共存し、その能力を使って街の平和を守る『ヒーロー』が存在する街。 会社に所属するヒーロー達は、日夜会社の為にスポンサーを背負って、ポイントが入る事件解決や人命救助に奔走している。 その活躍の模様は人気番組『HERO TV』で中継されており、各々キング・オブ・ヒーローを目指し、年間ランキングを争っている。 そんなサラリーマンヒーローの一人、ワイルドタイガー(鏑木・T・虎徹)は、能力発動の5分間はハンドレッドパワーを使える能力者。 人気のピークは過ぎているが、ベテランなりに土地勘、経験値を最大限に生かしたパフォーマンスを見せる。 会社の命令には従わなければならないのだが、現場判断で目の前の市民の為には器物破損も厭わない、我が道を突き進んでしまうワイルドタイガーは『正義の壊し屋』という不本意な煽り文句が付けられている。 そんな虎徹を雇っていた寛大な会社が、突如吸収合併されることに。 ヒーロー業一筋の虎徹、このままだと失業に・・・?(TVアニメ動画『TIGER&BUNNY [タイガーアンドバニー]』のwikipedia・公式サイト等参照) 放送時期・公式基本情報 挿入歌 ブルーローズ 寿美菜子 『GO NEXT!! この頃(2011年春アニメ)の他の作品•

次の