なんとか 類語。 「なんでも」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

「なんとなく」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

なんとか 類語

特定の事柄や出来事を見て、「もっともだ」と納得する場面で使用することができます。 一言で完成している言葉に見えますが、いくつかの品詞から成る、連語です。 「然も有りなん」と漢字で表記すると、組み合わせがハッキリとしますね。 「然・も」という表現には、「いかにも」「本当にそれらしい」という意味が込められています。 「有り」は、そのままの意味ですね。 「な・ん」には、強い推量を表す「きっと~だろう」という意味があります。 これらの語が連なり、「さもありなん」という言葉が完成しているのです。 日常生活で、「さもありなん」という表現が使われることは少ないですが、「さも」だけに区切ると意外と身近です。 「そうでなければ」という意味の「さもなければ」や、「本当に嬉しそうに」という意味の「さも嬉しそうに」で使用されている「さも」が良い例ですね。 どちらも、「然も」が語源であり、同じ意味を持つ言葉です。 古文での使用例で、よく見かける意味となっています。 結果が予測できるときに使ってみるのも良いかもしれません。 また、「そういうこともあるだろう」という意味も含みます。 特定の事柄や出来事を見て、可能性があることを肯定しているんですね。 しかし、現在では、日常生活でもビジネスの場面でも「さもありなん」が使用されることは少なくなってしまいました。 若い世代では、「そんなこともありますよね」と使う方が一般的ですね。 ただし、年代が上の方であれば、口にすることもあります。 短い言い回しなので、簡潔にまとめたいときは使いやすそうです。 漢字で表記すると「宜なるかな」となり、「いかにもその通り」という意味になります。 「然も有りなん」と意味が近い言葉ですね。 「然も有りなん宜なるかな」と、同じ意味の言葉を繰り返すことで、心の底から納得している様子を表す名詞となっています。 「なるほど!」と驚きを感じたときに使います。 使っている人を見かけても、意味が分からなくて、何を言っているのか聞き直してしまいそうですね。 分かっていれば、思慮深い人に見えそうです。 さもありなんは目上の人に使える? 基本的には目上の人にも使える 「さもありなん」は、基本的には、目上の人にも使える言葉だとされています。 とくに、「確かにそうでしょうね」と納得して、同意を示す意味であれば、使いやすいですね。 しかし、使用頻度が少なくなった現在では、少し難しい表現となっています。 どのような場面で目上の人に使っても良いのか、お手本が少ないためです。 目上の人に使えるのか、使えないのか、迷ってしまう表現は色々ありますね。 使い方を知るためには、お手本をたくさん目にするのも一つです。 こちらの記事では、「ご足労」の使い方や例文を紹介しています。 目上の人に使うためには、どんな言い方にするのか、併せてご覧ください。 偉そうな言い方になりやすいので注意 「さもありなん」は、「そういうこともありますよね」という意味で使われることもあります。 また、「そんなことだと思っていた」という意味も含むので、使用場面を間違えると偉そうな言い方になってしまいます。 とくに、悪い出来事での使用は、相手の神経を逆なでしてしまう可能性があるので、避けるようにしましょう。 また、余計なトラブルを起こさないように、目上の人には使わない方が無難だという意見もあります。 使い方を勉強したい場合は、明治や大正時代の小説などを読むと良いかもしれません。 偉そうな言い方になってしまうため、使い所が難しい表現は、他にもあります。 間違えてしまうと、大変失礼なことになってしまう言葉も多いので、ポイントは抑えておきたいですね。 こちらの記事では、「小職」をはじめ、へりくだる表現をまとめています。 ビジネスシーンでは、とても役に立つのでオススメですよ。 例えば、一流の旅館に宿泊して、充実したサービスを受けたときなど、「これだけの老舗旅館なら、さもありなんだね」と使うことができます。 歴史ある旅館であれば、サービスが良いことは、当然の結果ですね。 良い結果のときだけではなく、悪い結果であったときにも使うことができます。 安いけれど、サービスにが悪い旅館に泊まり、「この宿泊費なら、さもありなん…」とガッカリして用いることもあるでしょう。 経歴からくる実力、特定の職種が身につけているべき技術など、当然だと思ったことに使ってみると良いですね。 違いが分かる人の、風格が出るかもしれません。 誰かの努力を目の当たりにしているときや、実力をよく知っている場合に使うことができますね。 親しい同僚や上司の家族の話題などで、使うのはいかがでしょうか。 例えば、同僚の子どもが、スポーツの大会で良い成績を残したときなどに使えますね。 「さもありなん。 あれだけの練習をしていたのだから、優勝すると思っていたよ」と、一緒に喜ぶことができます。 事実はどうであれ、事情を知っているだけに、否定できないときに使えます。 共通の知り合いや場所での話題で、使ってみましょう。 その人の性格を考えると、十分に可能性があるため、使えるんですね。 ビジネスシーンで使用するのであれば、仕事の結果や成果について、驚きとともに「なるほど!」と思ったときに使えますね。 例えば、「天才的な閃きを持つ彼だから、新製品の開発に成功したと聞いて、『さもありなんむべなるかな』と感じたよ」のように使ってみるのはいかがでしょうか。 結果や成果について「さもありなん」だけでは足りないと感じたときに、「むべなるかな」を加えてみましょう。 古語では、「ぬ」という表現には打ち消しの意味があります。 「無理」を打ち消す表現で、「無理ではない」「当然である」という意味となります。 「確かにそうだろう」という意味の「さもありなん」の使い方に近い類語ですね。 古い日本語の表現であることも共通しています。 例えば、「彼女が心配するのも無理からぬことだ」というような例文が考えられます。 当然のことだと納得できる事柄に用いてみましょう。 事前に結果を予測していたときに使用する表現となります。 主に、計画や予算などに、予測したことを取り入れていることを意味します。 「そんなことだと思っていた」という意味の、「さもありなん」と、似たような使い方ができる類語です。 例えば、「こちらの結果は予算に織り込み済みだ」や、「君が約束の時間に遅れるのは、織り込み済みだったから大丈夫だよ」といった使い方が考えられます。 予測した結果が正しかったときに使用してみると面白いかもしれません。 「何もおかしいことはない」という意味の表現で、物事に因果関係があるときに使えます。 そのため、「そういうこともあるだろう」という意味の、「さもありなん」と近い意味の類語となります。 例えば、「あの人の性格を考えると、失敗してしまっても、なんら不思議はない」というような使い方ができますね。 良い意味でも、悪い意味でも使えるので、幅広い場面で使うことができます。 言葉の類語は数多く存在しますが、幅広い対応をするために、いろいろ知っておくと便利ですね。 ビジネスシーンで抑えておきたい類語として、「業務にあたる」の類語や言い換えを、こちらの記事で紹介しています。 言葉の幅を広げたい人に、ピッタリの内容です。 この場合は、「明白」や「疑う余地もない」という意味を持つ「obvious」という単語を使うことができます。 「仕事を後輩に押し付けたら、部長に怒られたよ」というようなシチュエーションで、「さもありなん…」と使うには、「That sounds obvious to me」と言えば大丈夫です。 ただし、「さもありなん」の英語表現は、文脈によって異なるので、一つに絞ることはできません。 予測できないことが起こって驚くという意味を持つ、「surprise」に「I'm not」とつけることで、同じ使い方ができるようになります。 例えば、「She got divorced last year, and I'm not surprised」という使い方であれば、「彼女は去年離婚したが、さもありなんと思った」と訳すことができます。 離婚することに関して、予測できる状態だったんですね。 相手の言うことを理解して納得しているという意味の、「That makes sense」で近い使い方ができます。 「I see」という表現も「なるほど」と訳しますが、こちらは、あっさりとしすぎています。 さらに強調するのであれば、「total」 や「perfect」を加えて、「That makes perfect sense」のように言うことができます。 言葉を追加することで、意味が強調できる点も、「さもありなんむべなるかな」の使い方に似ていますね。 さもありなんの使い方を知って世界を広げよう さもありなんは、日常でもビジネスシーンでも、なかなかお目にかかることができない表現です。 しかし、使用例が少ないだけで、実際に口にする人もいますし、明治や大正時代の文学などでは多用されています。 そんなとき、意味や使い方が分からないと、すこし寂しい気持ちになったりしませんか? 古い日本語の表現は使い方が難しいものが多いですが、自分にとって新しい表現を知ることは、今までになかった考え方や視点を与えてくれます。 いろいろチェックして、世界を大きく広げていきましょう。

次の

「なんなら」?|NHK放送文化研究所

なんとか 類語

もしよければ。 気に入らないなら。 「ビールが-日本酒にしましょうか」 (『大辞泉(第二版)』2012年) ここでの「なん(なに)」は、やや口にしにくいことをぼやかして示しているのではないでしょうか。 具体的には、「【あなたが希望する】なら私のほうからお電話しましょう」「ビールが【お嫌い】なら日本酒にしましょうか」ということを、「なん(なに)」を用いて表現しているのではないかと思います。 日本語では、相手の意向・欲求をあからさまにことばにするのが避けられることがあり、こうしたことと関連があるのかもしれません。 そしてこのような伝統的な「なんなら」は、「私のほうからお電話しましょう」「日本酒にしましょうか」のように、「相手のために何かを提案する」という文脈で使うのが、主流であるようです(すべてではありませんが)。 〔伝統的用法〕 「あしたは朝寝坊していいよ。 なんなら、昼過ぎまで寝ててもいいよ。 」 「うまくできなくてもかまいません。 なんなら、お手伝いしましょうか。 」 一方、このところ「提案」とは関係のない文脈で使われる「なんなら」が、多くなっているように見受けられます。 〔近年多い用法〕 「彼はいつも朝寝坊だ。 なんなら、昼過ぎまで寝ていることもある。 」 「うまくできなくてもかまいません。 なんなら、まったくできなくても大丈夫です。 」 調査をしてみたところ、おおむね、年齢が高くなるほど「伝統的用法」のみを支持する割合が大きくなる傾向が見えてきました。

次の

「なんとなく」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

なんとか 類語

「オールラウンダー」とは? 「オールラウンダー」にはどのような意味があるのでしょう。 その語源となっている英語とあわせて解説します。 英語「All-Rounder」に由来 日本語で使われている「オールラウンダー」という言葉は、英語の「All-Rounder」に由来します。 「All-Rounder」とは、「なんでもできる人」「万能選手」という意味で使用される言葉です。 「万能な」「多芸な」という意味の「All-Round」に「er」をつけ、「~する人」の意味となっています。 日本語では「多領域で有能な人」の意味 日本語で使われているカタカナ語の「オールラウンダー」は、先に紹介した英語本来の意味と同じです。 日本語でも、「様々な分野で有能な人」「なんでもできる人」「万能選手」という意味で使用されています。 ただし、カタカナ語として定着する中で、分野や領域によってニュアンスに微妙な違いがあります。 次に詳しく解説しましょう。 「オールラウンダー」の使い方 「オールラウンダー」という言葉は、幅広い分野で使用されています。 分野別に使い方を紹介します。 野球・サッカーではポジションを問わない選手 野球やサッカーなど、主に球技において「オールラウンダー」というと、ポジションを問わずに活躍できる選手を指します。 たとえば、野球ではどの位置でも守備ができる人を指して、「オールラウンダー」ということがあります。 テニスでは、前衛も後衛もどちらも得意とする人が「オールラウンダー」です。 また、スポーツにおいては、「選手」という意味の「プレイヤー」という単語を用いて、「オールラウンドプレイヤー」ということもあります。 「オールラウンダー」と意味は同じです。 バスケではスキルの高さを指すことも 同じ球技でも、バスケットボールで「オールラウンダー」というと、とりわけ技能面を重視した表現になります。 「ポジションを問わず活躍する人」という意味でも使いますが、3ポイントシュート・ゴール下の競り合い・ボール運びなど、「すべての局面におけるスキルが高い人」「どの局面をも得意とする選手」を「オールラウンダー」というのが特徴です。 自転車競技ではどの分野でも高いレベルの選手を指す 「オールラウンダー」は自転車競技でも使用されます。 自転車のロードレースにおいては、「上り・平地のいずれも高い技術でこなす選手」また「タイムトライアルでも高いレベルをおさめるような選手」を「オールラウンダー」と言います。 将棋では戦法を使いこなす人の事 将棋界でも「オールラウンダー」という表現が用いられることがあります。 将棋では特に、「矢倉」「角換わり」「振り飛車」など、戦法の中でもメジャーなものを使いこなす棋士を指す言葉として使われています。 将棋には様々な戦法があるため、メジャーな戦法といっても、そのすべて指しこなす棋士というのはそう多いものではありません。 そのため、「オールラウンダー」は技術の高い棋士を指す言葉なのです。 ビジネスにおいては「なんでもそつなくこなす人」 ビジネスシーンで「オールラウンダー」というと、「どんな業務もそつなくこなす人」という意味で使用されます。 たとえば、総務・人事・経理の経験があったり、営業と事務の両方の経験があったり、という風に、部署をまたいだ業務経験のある人は「オールラウンダー」の代表的な例です。 「万能選手」という好意的なニュアンスの一方で、ビジネスでは「なんでもこなせるけど、これといった秀でた能力はない」というネガティブなニュアンスにもなる言葉です。 そのため、キャリアに不利にはたらくという見方もあるようです。 「オールラウンダー」の類語 「オールラウンダー」は「あらゆる分野で能力の高い人」という意味の言葉ですが、その類語にはどういった言葉があるのでしょう。 類語をいくつか紹介します。 「オールマイティ」が類語 「オールラウンダー」の類語は、「オールマイティ」です。 「オールマイティ(almighty)」とは「、全能」「なんでも完全にできること(人)」という意味の言葉で、「オールラウンダー」の言い換えとしても使うことができます。 なお、「オールマイティ」には「トランプで一番強い札」「切り札」という意味もあり、スペードのA指すこともあります。 スポーツでは「ユーティリティプレイヤー」 スポーツ使われる「オールラウンダー」の類語には、「ユーティリティプレイヤー」があります。 「ユーティリティプレイヤー」は、特に球技において、複数のポジションをこなせる選手を指す言葉です。 ここで使われている「ユーティリティ(Utility)」という言葉は、「役に立つもの」という意味を持ちます。 ビジネスシーンでは「ゼネラリスト」が類語 「ゼネラリスト」とは、「広い範囲の知識や能力を持つ人」という意味の言葉で、「オールラウンダー」の類語表現です。 「ゼネラリスト」は特に、ビジネスシーンで使われることが多く、しばしば「スペシャリスト」の対義語としても用いられます。 一般に、「ゼネラリスト」は転勤や部署異動が想定される大企業に適した素質とされていて、視野が広く全体を見渡せる人材・様々な業務を経験することで幅広い対応ができる人材となることが期待されています。 「マルチ人間」「多才な人」も類語 「オールラウンダー」は、「マルチな人間」「多彩な人」という言葉への言い換えも可能です。 いずれも、「なんでもできる人」というニュアンスの言葉です。 また、「様々な才能や芸を持っている」という意味の「多芸多才」もまた、類語のひとつに挙げられます。 ネガティブな表現では「器用貧乏」も類語 「なんでもそつなくこなす人」という意味では同じでも、否定的なニュアンスの言葉もあります。 それが「器用貧乏」です。 「器用貧乏」とは、なんでもこなせる器用さはあるものの、それがあだとなり、なかなか大成しないことを言います。 たとえば、器用なあまりに手を広げ過ぎてどれも中途半端である・周りの人に良いように使われる、というような人は「器用貧乏」と言えるでしょう。 ただし、「器用貧乏」はその器用さを否定するようなニュアンスを持つため、褒め言葉としては使用しません。 「オールラウンダー」の対義語は? 最後に、「オールラウンダー」の対義語を紹介します。 「スペシャリスト」が対義語に なんでもこなす人・万能選手という意味の「オールラウンダー」の対義語は非常に難しいのですが、その中でも「スペシャリスト」が対義語と言えるでしょう。 「スペシャリスト」とは「専門家」という意味ですが、特定の分野に関して深い知識を持つ人や特殊な技能を持つ人を指します。 「オールラウンダー」は分野を問わず活躍する人・幅広い分野で活躍する人をさすという点で、対義語となります。 まとめ 「オールラウンダー」とは、「なんでもそつなくこなす人」「万能選手」という意味で、ビジネスからスポーツまで幅広く使えるのが特徴です。 「オールラウンダー」は重宝される一方で、ビジネスでは「何でも屋」で終わってしまう懸念もあります。

次の