ご 確認 の ほど よろしく お願い いたし ます。 敬語「ご確認」の使い方と例文|ご確認のほど・ご確認お願いします

「ご確認お願いします」は上司に使っても良いのか・返信方法

ご 確認 の ほど よろしく お願い いたし ます

ビジネスメールの結び 締め の言葉にいつも同じ言葉を使っていませんか? 毎回、同じ結びの言葉を使っていると 心がこもっていないと思われ、あなたの評価を下げる恐れがあります。 しかし、これはこう考えることもできます。 結びの言葉に注意を払うだけで あなたの評価を上げることも出来る。 些細なことですが、わたしの経験上、俗にいうデキる人達はみんな結びの言葉に気をつけていました。 簡単に覚えることができますので結びの言葉のパターンを身につけて、あなたもデキる人の仲間入りをしましょう。 「~お願い致します」に表現の幅を持たせる これから紹介する結びの言葉の語尾にはたいてい「~お願い致します」という言葉がつきます。 この「~お願い致します」は以下のように言い換えることができます。 ・お願いします。 ・お願い申し上げます。 便宜上、この後に紹介する結びの言葉は「~お願い致します」で統一しますが、このように言い換え可能ですので覚えておいてください。 汎用的に使える結びの言葉 まずはメールの内容を問わず、汎用的に使える結びの言葉です。 みなさんもよく使っているのではないでしょうか。 ・以上、よろしくお願い致します。 ・どうぞよろしくお願い致します。 ・今後とも、よろしくお願い致します。 ・引き続き、よろしくお願い致します。 どれも語尾は「よろしくお願い致します」で、違うのはそれより前の表現だけです。 たったこれだけを使い回すだけでも、相手はちょっとは気を使っていると感じるものです。 結びの言葉を重ねない! この後にケースに応じた結びの言葉を紹介します。 たまに、それらの結びの言葉の後にまた「以上、よろしくお願い致します。 」といった汎用的に使える 結びの言葉を重ねて書いているメールを見ます。 例 ぜひ一度ご覧いただきますようお願い致します。 以上となります。 といった感じです。 冗長ですのでやめましょう。 ケースに応じた結びの言葉 以下は特定のケースで利用する結びの言葉です。 これを覚えるとグッと表現の幅が広がります。 返事を要求する ・ご返事お待ちしております。 ・ご返事いただければ幸いです。 ・ご回答お待ちしております。 返信が不要な場合 ・なお、ご返信は不要です。 ・ご確認いただければ、ご返信は無用です。 ・特に問題がなければ、ご返信にはおよびません。 ・何か不都合がありましたら、お知らせくださいませ。 とりあえずお礼を伝える ・まずは、お礼申し上げます。 確認を依頼する ・ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます。 検討を依頼する ・ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・ご検討のうえ、ご返事いただけますようお願いいたします。 ・ご意見、ご感想をいただければ幸いです。 頭にこれをつけてみよう 結びの言葉を色々と紹介してきましたが、結びの言葉の頭に以下の言葉をつけるとより表現が豊かになります。 下に行くほど丁寧な言葉となりますので、使う相手によって使い分けてみてください。 ・それでは ・お手数ですが ・ご多忙の中、恐縮ではございますが おわりに 今回ご紹介した以外にも結びの言葉としては様々なものが存在します。 あなたがイイと感じたフレーズがあれば、それを覚えておいて結びの言葉の引き出しを更に増やしていってください。

次の

「ご確認のほど」の例文・使い方・言い換え|敬語/ビジネス

ご 確認 の ほど よろしく お願い いたし ます

「ご確認のほど」とは、ビジネス上のやりとりにおいて、 相手に自分の意見や主張、指示などを確認してもらいたいという気持ちを柔らかく伝える敬語表現です。 「ご確認」の「ご」は2つ意味があり、自分が相手に確認してもらいたい場合は謙譲語、逆に相手が自分に確認してもらいたい場合は、相手に対する尊敬語の意味を持ちます。 どちらにしても相手に対する敬語として使うことが多いです。 「のほど」は、「~してもらいたい」という意味をやわらかく表現している言葉で、相手に対して確認を強く求めるというよりは、「確認してもらっていいですか」というような依頼のニュアンスを含んでいます。 「ご確認のほど、〜」は目上の人にも使えるのか? 「ご確認のほど」の類語で「ご査収のほど」に言い換えることがあります。 この言葉もビジネスメールでは非常によく使う言葉です。 「査」は調べる、「収」は受け取る・おさめるという意味があり、「査収」とはメールや資料などを「しっかり調べて受け取る」という意味を持ちます。 この「査収」に「ご」を付けて敬語表現として使いますが、例文からも分かるように 資料などの確認すべきものがあるのが前提です。 メールの場合は添付ファイル、書面の場合は同封資料がある時に、上司や取引先などの相手にその資料を確認してほしいことを伝える場合に使います。 単にメールの内容を確認してもらいたい場合には、査収する物がないため使いません。 「ご査収のほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「お取り計らいのほど」と言い換える場合があります。 「取り計らう」という言葉には、相手に対して配慮したり気配りをしたりする意味があり、 「ご確認のほど」よりも相手に配慮や気配りをしてほしいと丁寧に頼む際に使うものです。 ビジネス上の取引先や外注先など、社外の相手に対して使われる敬語表現ですので、この後出てくる例文で確認しておきましょう。 相手に対してお願いをする時に使うのは一般的に「よろしくお願いいたします」だけですが、「お取り計らいのほど」を付けることでより堅く真面目な印象を相手に与えられます。 こちらからの頼みをどうにかして聞いてもらいたいというニュアンスを含んだ類語です。 「お取り計らいのほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「ご検収のほど」という言葉があります。 「検収」という言葉は「納品した商品が発注した通りなのかを検査して受け取る」という意味を持ちます。 つまり、 資料などではなく、ビジネス上の取引で現物やサービスをやりとりしている場合にのみ使いますから、使用する場面はやや限定的です。 発注した商品が数量通りか、傷が入っていないかをチェックしたり、会社で使用するシステム開発が希望通り使えるのかをチェックする、いわば検査・検証を求める言葉です。 例文でも示したように、商品やサービスを納入する際に、納品者から発注者に向けて使いますが、見積書などを上司に確認してほしい場合にも使うことがあります。 「ご検収のほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「ご高覧いただく」を使う場合があります。 「高覧」とは、見るという言葉を最大限丁寧に表現した言葉です。 「見る」という言葉が「見ていただく」となり、さらに敬語表現として「ご覧いただく」になりますが、これに丁寧な気持ちをさらに加えて言い換えた言葉が「ご高覧のほど」です。 かなり堅い言葉なので、丁寧過ぎてかえって失礼にあたるシーンでは使いません。 そのため、 取引先の代表者など、ビジネス上の重要人物や顧客に対して言い換えて使う類語と言えます。 相手を最大限敬い、目上である相手に見てもらいたいという気持ちをもっとも丁寧に伝える際に使いますので、例文で確認しておきましょう。 「ご高覧のほど、」の使い方• We kindly ask for your confirmation. (ご確認のほどよろしくお願いいたします)• I am sorry to trouble you, but I would really appreciate it if you could confirm. (お手数をおかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします)• Please take a look. (ご査収のほどよろしくお願いいたします)• I am sending you an invoice. Please check the contents. (請求書を送付いたしますたのでご査収のほどよろしくお願いいたします)• Please read through the document I sent. (配布資料をご一読のほどよろしくお願いいたします)• please take actions on this matter. (どうぞお取り計らいのほどよろしくお願いいたします).

次の

デキる人ほど知っている、メールの結びの言葉のフレーズ集

ご 確認 の ほど よろしく お願い いたし ます

Contents• 「ご確認お願いします」の敬語としての使い方 「ご確認お願いします。 」は「確認」を欲しいと相手に依頼する言葉ですね。 会社で 上司に確認作業を要求するときや ビジネスメールでほんとうによく使います。 ですので敬語として正しく使われているかといったことが大切です。 」は正しい使い方? 「ご確認おねがいします。 」が正しい使い方になっているのかというと 間違いではないといったことになります。 何故、そういったあいまいな言い方になるのかというと、 この言葉は、「ご確認 をお願いします。 」といった 「を」といった助詞が抜けているといえます。 しかし、「ご確認お願いします」といった使い方は現在、一般的によく使われていてそれが失礼だと感じる方も少ないかと思います。 ある程度日常化されていることばです。 ですので間違いとはいえないといったことになります。 その 「確認」という名詞に「ご」がついたことばが「ご確認」、 「願う」を謙譲語の一般形「お〇〇〇になる」に当てはめて、「お願いします」 にしたものです。 【ご確認】 この 「ご」は語基よりも前に付くもので 接頭辞(せっとうじ)、接頭語(せっとうご)とですね。 接頭辞の 「御(ご)」は尊敬、謙譲、美化語としての使い方がありますが、 この「ご確認」の「御(ご)」は相手の行為を敬う形ですので 尊敬の意味としての使い方です。 【お願いします】 「願う」を丁寧にした「お願いします」は、 基本的には、目上の人に対して命令したことばです。 命令というのがきつい言い方だとしても「お願いしたいことを絶対にしてもらいたい」ということを 婉曲表現したものです。 「お願い」には相手への敬意が含まれています。 謙譲語の 一般形「お〇〇〇になる」あてはめて「お願いします」となっていることからも 正しい敬語になっています。 以上のようなことから「ご確認おねがいします。 」は、正しい使い方であるかというと直属上司など身近な相手であれば、 目上の人に対しても使用できる敬語表現になっているといえます。 「ご確認願います」は正しい敬語? スポンサードリンク では、「ご確認願います」は正しい敬語になっているのでしょうか? こちらは、「ご確認お願いします」から 「お」がない、「します」となっている だけなののですが、これでは正しい敬語としては 間違っているのではと考えます。 「ご確認願います」も正しい謙譲語である、と書かれているものも多くもみうけられます。 しかし、これらは、 自分がすることに対しての謙譲語です。 「確認する」のは相手です。 ですので、 この形式にはあてはまりません。 ということで、 「願います」というのは、丁寧語が付いているだけで、謙譲語になっていないといったことです。 ですので 「ご確認願います」は敬語として使うのには適していないと言えます。 「ご確認のほど宜しくお願い致します。 」は正しい? スポンサードリンク では、「ご確認のほど宜しくお願い致します。 」は正しい使い方なのでしょうか。 「ご確認のほど宜しくお願いいたします。 」は 正しい表現です。 「~のほど」の形は、 断定を避け、表現を和らげるのに用います。 「程」というのは、「そのあたり」と言う意味の言葉でもあります。 物事を直接、指さずに ぼやかして表現するのは、日本の伝統的な配慮表現の一つですので間違っている使い方ではありません。 「ほど」を使うことで相手に押しつけがましくなくやわらかい印象を与えたいときに使うとよいのではないでしょうか。 「ご確認」or「御確認」 「ご確認」と書くのがいいのか? 「御確認」と書くのがより丁寧なのか? 迷うこともあります。 「ご確認」「御確認」でもどちらでも間違いではありません。 ただ、 一般のビジネス文書などでは、「ご」はひらがなで書く場合が多いと思います。 「御確認」と書くと、敬語の「御」と本体の「確認」との言葉の切れ目も分かりづらくなります。 「ご確認」と書くと、敬語の部分がひらがな、本体が漢字となるので、「ご」が接頭語であることが明快ですね また、画数の多い漢字が並ぶとごちゃごちゃしてしまうので、「ご確認」の方が読みやすいといったこともいえます。 といったことで「御確認」と「ご確認」のどちらが良いかは、 別にルールはなく外見上のことだけです。 ま と め 「ご確認お願いします」「ご確認の程宜しくお願い致します」は正しい使い方なのかといったことや「ご確認」or「御確認」どちらを使う方がいいかなどをみていきました。 「ご確認お願いします」「ご確認の程宜しくお願い致します」もどちらも使ってもおかしくない使い方であると言えます。 しかし、「ご確認願いします」といった使い方は敬語としてはあまりよくない使い方だといえます。 ビジネスメールなどではあまり丁寧すぎる文章も適していないので、使い方に迷うことも多いです。 「ご確認」と「御確認」もどちらが正解といったことではないのですが、ご確認とするほうが相手にも読みやすいといえます。 他にも敬語表現として考えすぎると難しいところがあることばですが、ポイントをつかんでその時に応じた使い方ができるようにしたいですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の