剣盾 サザンガルド。 【ポケモン剣盾】シングルバトルの使用率ランキング【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾s2 最終日最高54位 最終66位 自然破壊脳筋サザンガルド

剣盾 サザンガルド

11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 23位 24位 25位 26位 27位 28位 29位 30位 ランキングの解説 環境が落ち着いてきた 新環境が始まり、2週目ということもあってかランキングに大きな変動は見られない。 特に上位陣10位に関しては動きが無いため、環境が全体的に落ち着いてきたと言っても良いだろう。 いちげきの型の採用が微増 上位陣というわけではないが、ウーラオス いちげきの型 の採用が微増している。 環境全体に通りが良い悪技をタイプ一致で撃てる+強力な先制技「ふいうち」を撃てる点も魅力だ。 いちげきの型の採用技・持ち物 持ち物 きあいのタスキ:34. 選出画面の見た目では環境上位にいる「れんげきの型」と見分けがつかないので、相手の構築でどちらの型か予想orどちらにも対応できる選出が必要だろう。 上位の新ポケモンも変動はなし 環境上位に入っている新ポケモンも順位は停滞中。 とはいえ、環境の上位に居ることは間違いないので、技や持ち物、特性の採用率は参考にしておこう。 ポリゴン2の持ち物・技・特性の採用率 持ち物 しんかのきせき:99. 「じこさいせい」でHP管理をしつつ、相手を倒していく型が使用されているようだ。 ウーラオスの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 きあいのタスキ:26. 5 型 れんげきの型 採用技 :99. ダイジェットなどで倒されずに仕事を確実に遂行するためだろう。 とはいえ、こだわりハチマキとの差は微々たるものなので、どちらも警戒しておくのが良いだろう。 ジバコイルの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 たべのこし:34. てっぺきとボディプレスを採用していると、環境上位に入っているポリゴン2に対して強く出られるのがポイントだ。 シーズンごとのポケモンランキング.

次の

【ポケモン剣盾】シーズン4になって「サザンドラ」って前より見かけなくなったけどやっぱり使用率って減ってるの?

剣盾 サザンガルド

CR7ことです。 シーズン2お疲れ様でした。 今シーズンはルール変更によりが多発していたので、選出段階からを見据えた構築が強いと感じ、時間を使えるサイクル寄りの構築を組みました。 シーズンを通して1桁〜2桁前半を維持していましたが、最終日は最高60位くらいでその後は2桁と3桁の間を彷徨い続けて勝ちきれなかったのが悔しいです。 【構築経緯】 +の並びがほとんどの技を半減で受けれる相性の良さから軸に出来ると判断して組み始めた。 この並びで一貫する型破りのや、肝っ玉ネギガナイトの格闘技に比較的強めに出れるアーマーガアとの2体を相手の構築に対して使い分けて選出出来るように採用。 飛行タイプを2体採用すると電気技の一貫が気になるのでックスを必要としない地面枠でを採用。 ックスをしたアーマーガアとがに似た性能を出せることから、7世代のカバマンダガルドに近い選出も可能となる。 最後に相手のダイジェットを持ったに先に展開されると一気に負けに繋がるため、を持ったを採用して完成。 ドラパルトの上から攻撃したいことや構築全体の素早さが遅いため拘りスカーフ。 ックスを前提とした崩しに期待出来る悪巧みも試したが最終的に蜻蛉帰りが1番安定した。 このの身代わりがとにかく強く、半端な攻撃では身代わりが割れない。 タイプヌル絡みの構築はこのの身代わりで全部崩せる。 当初は鋼技を採用していたが、鋼技よりも影打ちがあれば勝てた試合が多かったので採用してみたらかなりしっくりきたのでそのまま採用。 鋼技を切ったことでノーマルタイプに対して全く打点が無いが、終盤に増えた絡みの構築に対しては数的有利を取ってから身代わり+キンシによる時間切れで勝ちにいけるのでそこまで困らなかった。 最強の。 優秀なタイプからビルドアップ+挑発で相手を詰ませる。 悠長にビルドアップを積んでいると時間切れで負けてしまうことがネックだが、それは逆に言えば数的有利を取れば簡単に時間切れで勝てるということなので問題ない。 遅いアーマガアーが増えたので最速にする必要がなかった。 瞬間的な火力を上げるために弱点保険を持たせた。 最初は、次にを使用していたが最終的にとなった。 アーマーガアが出れないパッチラゴンやジュラルドン絡みの構築に出れるようにを採用。 水に対して打点が無いが、サザンガルドで事前に削る展開に持ち込めば問題なし。 ラムの実持ちに常に怯えたのと、このの信頼度が低すぎて出すと負けることが多かったので選出率は1番低い。 あえてアタッカーにして使うのも良いかもしれない。 最初はやに後投げしていたが、命の珠持ちが増えすぎて何も出来ずに倒されることが増えたので、それらに出すときは死に出しが安定する。 持ち物はゴツメ、ラム、半減木ノ実など色々試したが最終的にはトリルを必要としない場面で火力に期待出来る精霊プレートに落ち着いた。 ランクマ5位〜動画です。 この構築の 動かし方(特に2戦目)がかなり参考に出来るので是非見て下さい。 チャンネル登録も是非お願いします。

次の

剣盾S6使用構築 8世代サザンガルドマリルリ 最終102位

剣盾 サザンガルド

「ニンフィア」 フェアリー ギルガルドが、ニンフィアの弱点の「はがね」を半減。 「どく」タイプを無効。 またニンフィアはサザンドラが苦手な「ドラゴン」「かくとう」タイプに強い。 耐久が高く、回復技も覚えサイクルで活躍しやすく、「あくび」や「ハイパーボイス」が使えるため起点になりにくい。 「オーロンゲ」 あく・フェアリー ギルガルドが、オーロンゲの苦手な「はがね」「フェアリー」を半減。 「どく」を無効。 サザンドラが、オーロンゲの苦手な「ロトム」にめっぽう強いし、 またオーロンゲは今作からの新ポケモンで色々めんどくさいことをしてくる「ドラパルト」にめっぽう強い。 壁張りなど、起点作成や「みがわり」でダイマックス枯らし、「でんじは」で麻痺巻きなど、沢山の役割を持てる。 「ナットレイ」 物理耐久がとても高く、「アイアンヘッド」で殴られたら「てつのトゲ」でタスキを削れる。 「つるぎのまい」がある場合、逆に起点にされてしまう事もあるし「つのドリル」も怖い。 そこまで有利対面じゃない。 ボディプレスなどの攻撃技で早めに落としておきたいところ。 「ヌオー」 「はがね」半減、「じめん」は等倍。 防御に振り切れば2発は耐えるため、「じこさいせい」で耐久しながら「ねっとう」で殴る。 「てんねん」で積み技を無効にできるため、かなり安定して受けを成立できる。 「つのドリル」が怖すぎて震えながら「ねっとう」で殴る。 ちなみに「つのドリル」は2回以上の試行回数を重ねれば、命中確率は5割を超える。

次の