君の名は iphone。 『君の名は。』三葉と瀧君のiPhoneに隠された秘密〈新海誠インタビュー02〉

「君の名は。」の瀧くんと三葉ちゃんに影響されて日記を始めちゃいました。

君の名は iphone

画像: 超人気映画として話題となった『 君の名は。 』、皆さん観に行きましたか? 情報雑誌『日経トレンディ』が選ぶ「2016年ヒット商品ベスト30」でも、に続いて2位となった今年話題の作品です。 『君の名は。 』は、ストーリー以外にも劇中の音楽すべてをロックバンド「RADWIMPS」が手がけたことでも話題となりましたよね。 この劇中歌となっているRADWIMPSの「前前前世」を『 マイクラ』の【音ブロック】を使って演奏した人がいたんです。 マイクラでここまでやれるのかと、感心してしまいます。 また、今回動画を制作者にインタビューもしました。 クオリティがとても素晴らしいので、ぜひご覧ください! まずは動画を見て(聴いて)ほしい! 百聞は一見に如かず、まずは動画をご覧ください! 動画で使われているのは、以下のブロックです。 音ブロック• レッドストーンダスト• レッドストーン• リピーター• 粘着ピストン 【音ブロック】は、レッドストーン回路などで外部から動力がくると反応し音を出すブロックです。 音ブロックをタップすることで音階が変わり、音階ごとに音符の色も変わります。 リピーターは信号を遅延させることもできるので、曲のテンポを調節する役目もできますね。 レッドストーンは、【レッドストーンダスト】をブロックにしたものなので、レッドストーンをとなりに配置しただけで音ブロックは反応して音を出すんです。 これらのブロックを使って、動画では「前前前世」を演奏しています。 音ブロック横に複数配置して同時に鳴らしていたり、粘着ピストンとレッドストーンを使ってワンテンポずらして音を鳴らしていたりと何度見ても素晴らしいクオリティです。 制作者にインタビュー 今回、この素晴らしい動画を制作した「」さんに制作秘話などを伺いました。 ピアノは習っていたんですか? 筆者: 今回の動画は、楽譜に書き起こせばそのままピアノでも演奏できると思うのですが、 ピアノは習っていたんですか? HOSOTCHさん(以下敬称略): ピアノは習ったことはないです。 楽譜は読めますがピアノは弾けないです。 「前前前世」の注目ポイントを教えてください! HOSOTCH: 注目ポイントは、サビのスピード感がある部分が一番のポイントだと思います。 単純で簡単だろうと思う方が居ると思いますが、数千ブロックも同じ作業が続くので何度も挫折しかけました。 筆者: 数千ブロックも・・・。 根気良く粘って作り上げた作品でもあるんですね。 次に制作している作品はなんですか? HOSOTCH: 次に制作予定の作品は『君の名は。 』の「なんでもないや」を制作予定です。 筆者: それは嬉しい!僕は『君の名は。 』のサントラのなかで一番聴いている曲です。 しっとりとしたバラード曲をマイクラで聴けるのを待っています! ありがとうございました! ほかにもマイクラで演奏した曲はたくさんあります 今回紹介した「前前前世」の動画以外にも、HOSOTCHさんのYouTubeチャンネルではマイクラの音ブロックを使って演奏した動画がたくさんあります。 ぜひチェックしてください。 そのほかの『君の名は。 』の楽曲•

次の

『君の名は。』の深すぎる「15」の盲点

君の名は iphone

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。 田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。 ある日、自分が男の子になる夢を見る。 見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。 都会での生活を満喫する三葉。 一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も奇妙な夢を見た。 行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。 繰り返される不思議な夢、明らかに抜け落ちている記憶と時間。 二人はお互いが入れ替わっていることに気付く。 何度も入れ替わる事に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める二人。 残されたお互いのメモを通して、状況を乗り切っていく。 しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。 自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心。 辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。 田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。 ある日、自分が男の子になる夢を見る。 見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。 都会での生活を満喫する三葉。 一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も奇妙な夢を見た。 行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。 繰り返される不思議な夢、明らかに抜け落ちている記憶と時間。 二人はお互いが入れ替わっていることに気付く。 何度も入れ替わる事に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める二人。 残されたお互いのメモを通して、状況を乗り切っていく。 しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。 自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心。 辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。

次の

君の名は ダウンロード mp4

君の名は iphone

マルチタッチタッチスクリーン液晶、近接周囲光センサ、3軸加速度計、ヘッドセットコントロール• 、(3G以降)• (4以降)• (4S以降)• (X以降)• にが発売された。 現最新モデルであるはアメリカ合衆国カリフォルニア州クパティーノにあるApple Park内のSteve Jobs Theater、現地時間午前10時49分に、・はアメリカ現地時間午前11時8分に、(第2世代)は午前11時に発表された。 概要と歴史 [ ] iPhoneは、に世界的な大ヒットを記録したであるの派生製品であり、当時の最新型iPodの機能とが統合した端末として誕生した。 iPhoneという名称は、iPodを引き継いだものであり、iPodの進化形として開発がなされた。 アップルの共同創業者であるは、iPhoneを「タッチ操作によるワイドスクリーンのiPod」「革新的な携帯電話」「画期的なインターネット・コミュニケーションデバイス」の3つの製品を一体化した端末であると述べ 、iPhoneによって「電話を再発明する」と発表した。 iPhoneはその後現在に至るまで一貫して発売され続けており、全世界の携帯電話をからへとさせる契機にもなった。 iPhone(初代) [ ] 詳細は「」を参照 6月9日、 にて発表された。 発表時は「iPhone 3G S」と表記されていた。 処理性能がと比べて最大2倍高速化され、バッテリー寿命も長くなったほか、3メガピクセルの、ビデオ撮影、機能、音声コントロール(ハンズフリーボイスコントロール)、、デジタルコンパスといった機能が追加された。 リモコンマイクつきにも対応。 カラーは従来通りホワイトとブラックの2色、記憶容量は16と新たに32モデルが用意された。 は8のブラックのみが引き続き販売されていた。 の発売後は新たに8モデルが発売された(16モデル、32モデル、または販売終了)。 また発売と同時に、ロック版は2年契約条件で無料化された。 に提供を終了している。 iPhone 4 [ ] 詳細は「」を参照 6月7日のWWDC 2010にて発表され、同年に発売された。 背面が製の丸みを帯びたものからを用いた平面なデザインとなり小型化が図られた。 背面にあるアップルのロゴマークはクローム処理が施されている。 ハードウェアではや、をひとつのにまとめたを搭載。 液晶は「」と名付けられた液晶を採用し、3. また、機能であるのために本体前面にが搭載された。 2月10日にはUMTS版とは別にに対応したモデルも発売された。 カラーはブラックとホワイトの2色があったが、当初ホワイトモデルは製造上の問題により発売延期を繰り返し、10か月後となるに発売された。 2011年10月14日、発売開始と同時に本モデルにおいては8GBモデル(ホワイト・ブラック)が発売開始され、それまでの16および32モデルは販売を終了した。 の発売と同時に無料化された(iPhone 3GSは提供終了)。 2013年9月20日からのiPhone 4Sの無償提供開始により、は提供(販売)を基本的に終了したが、など一部市場ではその後も販売され続け、そのために一部で生産を再開した。 iPhone 4S [ ] 詳細は「」を参照 (日本時間では2時)に発表。 アメリカ、、、、、、の7地域で同年に発売され、3日間で400万台を突破した。 利用者の音声で応答や処理を行うシステムであるを搭載した(4SのSはSiriのSである)。 外観はiPhone 4からほぼ変更はなく(マナーモードボタン位置、アンテナ本数のみ)、プロセッサはチップを搭載、グラフィック性能では7倍に向上している。 背面カメラは800万画素裏面照射型CMOSを採用、レンズもF2. 4になり性能が向上し、動画撮影もフルHD動画の撮影が可能となった。 HSDPA通信が14. 4Mbpsと高速化したほか、同一モデルでUMTS(W-CDMA)・GSM及びに対応するよう作られている。 ただしSIMロックフリー版のiPhone 4SではCDMA回線利用はできない。 従来からのGPSに加え、ロシアの軍事衛星による位置情報検出に対応。 ラインナップにはブラック・ホワイト各色に16GB、32GB、64GBが用意される。 9月の発売後は16GBモデルのみが販売され続けた。 新たに8GBを設定し、5cの下位モデルとして無料で提供されることになった。 これにともない16GBモデルも販売終了した。 2016年6月14日(日本時間)に行われたWWDC2016で発表となったiOS 10には対象外となった。 よってや・(第5世代)などとともにiOS 9系が最終サポートとなる。 またiPhone 4Sが発表された翌日の2011年10月5日には、創設者のが死去しており、iPhone 4Sはが見届けた最後のiPhoneといえる。 iPhone 5 [ ] 詳細は「」を参照 9月12日に発表され、・など一部の国は9月21日、その他の国は同28日に発売された。 画面サイズはこれまでの3. 5から4インチに変更され、縦に大きくなった。 これに合わせる形で外観もサイズが縦長になったほか、イヤホンジャックが下面に移動しDockコネクタも8ピンのに変更、薄さも7. 6ミリと従来よりも薄くなった。 日本ではとから発売されている。 従来行われていた旧モデル併売はiPhone 5では行われず、ほぼ同等のスペックのによって置き換えられることになる。 ハイエンドモデルのは、ホームボタンが初めて変更となり指紋認証センサーの「」が搭載され、でのロック解除や、やでの購入ができるようになる。 スマートフォン用としては世界で初めての64ビットに対応したチップを搭載しており、とがApple A6よりも2倍高速化している。 センサーが取得した情報をより効率よく処理するコプロセッサとして、iPhoneとしては初めてモーションコプロセッサを搭載しており、M7と名づけられている。 また、カメラの性能が向上してセンサーサイズが大きくなり、も2. 2となってより明るくなったほか、バーストモードや120fpsのスローモーションビデオ撮影などが可能となった。 これまで「ブラック」「ホワイト」のみであったカラーバリエーションが「スペースグレイ」「ゴールド」「シルバー」の3色となる。 廉価版となるiPhone 5cは、背面にカラフルな一体成型のを使っている。 「グリーン」「ブルー」「イエロー」「ピンク」「ホワイト」の5色展開。 スペックはと同等。 2年契約で、16GBは99ドル(約9,800円)、32GBは199ドル(約1万9,800円)で発売される。 iPhoneを販売するキャリアにが加わり、これにより主要な日本の携帯会社3社がiPhoneを扱うことになった。 同年11月22日、日本市場でもアップルストアでモデルの販売を開始した。 販売以降、は4インチクラスのiPhoneとして継続販売。 5cは市場などを除き販売を終了した。 5sは2016年以降、いわゆる格安携帯電話からの販売が始まり、3月にワイモバイルから、7月にはUQ mobileから販売が開始された。 11月には販売台数ランキングのトップテンに入るなど 5sは3年以上販売が継続された。 、、、、、、、、、、(順)で先行発売。 日本国内では主要キャリア3社が扱うほか、アップルストアでも同時にSIMフリーモデルの販売を行う。 画面サイズを従来モデルから大きくし、通常モデルのは4. また本体の厚さもiPhone 6で6. 9ミリ、iPhone 6 Plusで7. 1ミリで、従来より薄くなっている。 また、内蔵ストレージに128GBモデルが追加され、32GBモデルがなくなった。 モーションコプロセッサはM8を搭載し、高度情報を取得できる気圧計が追加された。 通信ではLTEのキャリアアグリゲーションに対応し、最大150Mbpsでの通信のほか、での通話も可能となった。 Wi-FiではIEEE802. 11acに対応したほか、T-Mobileなど一部の通信会社ではWi-Fiを介して電話をかけることができる「Wi-Fi calling」にも対応する。 カメラ機能では、メインカメラのiSightのセンサー性能を強化、Focus Pixelsと呼ばれるプロセッサでオートフォーカスのスピードを向上させ、顔検出機能も強化されたほか、最大60fpsの1080p動画撮影や最大240fpsの720pスローモーションビデオ撮影、タイムラプスビデオ撮影も可能となった。 さらにでは光学手ぶれ補正にも対応している。 内向きのFaceTimeカメラもF2. 2の明るいレンズになった。 新たにが搭載され、アメリカでは2014年10月より開始するアップル独自の決済サービス「Apple Pay」に対応、Touch IDでの指紋認証と連携して決済処理を行う。 ただし、事実上の日本標準方式であるには非対応である。 との違いとしては上述の画面サイズ・本体サイズとiSightの光学手ぶれ補正のほか、では横画面表示時に大画面に最適化された表示が可能となっている。 、、、、、、、、、、、、(順)で先行発売。 日本国内では主要キャリア3社が扱うほか、アップルストアでも同時にSIMフリーモデルの販売を行う。 2ミリ厚く、それぞれ14グラムと20グラム重くなっている。 カラーバリエーションは新たにローズゴールドが追加され、4色から選べるようになった。 ボディ素材には7000番台のアルミ合金を、フロントガラスにはイオン強化ガラスを採用している。 Ascend Mate Sに続き、ディスプレイの裏面に圧力センサーを搭載、タッチ動作の感覚を振動で伝えるTaptic Engineを内蔵することで、画面タッチで押し込むことによる操作を可能にした「」に対応した。 これによりメールで軽く触れると(Peek)プレビューを表示し、さらに強く押し込むことで全体表示に切り替わったり(Pop)、アプリアイコンを押し込むことで簡易操作のメニューが表示されるクイックアクションが使えるようになる。 カメラ機能では、メインカメラのの画素数が1200万画素となり、通常写真撮影時に短い動画も同時記録する「Live Photos」と最大30fpsの動画撮影に対応した。 画面側のFaceTime HDカメラも画素数が500万画素に向上したほか、撮影時には画面を通常の3倍の明るさで明るく発光してフラッシュにすることができる「Retina Flash」も使えるようになっている。 各種センサーの性能も向上し、Siriも常時利用可能になり、指紋認証のTouch IDも高速に認証できるようになった。 通信面では最大23バンドの周波数帯域をサポート、LTE-Advancedに対応したことで最大300Mbpsのデータ通信が可能になったほか、Wi-FiもMIMOに対応したことで最大866Mbpsでの通信が可能となっている。 iPhone SE 第1世代 [ ] iPhone 6(上)と7(下)の底面の比較。 7でイヤホンジャックが廃止された。 2016年9月7日に行われたのスペシャルイベントで発表された。 カラーバリエーションはスペースグレーが廃止になり、新たに光沢ありのジェットブラックと光沢無しのブラックが追加され、5色から選べるようになったが、新色ジェットブラックは光沢感が高く指紋がつきやすい、汚れが目立ちやすい、傷がつきやすいなどの理由からはケースの装着を推奨している。 ボディ素材には7000番台のアルミ合金を、フロントガラスにはを採用し、性能、性能、性能を強化している。 ステレオスピーカーを搭載する一方、3. 5mmステレオミニジャックが廃止され、付属するEarPodsはLightningコネクタを備えたものに変更されている。 また、Lightning-3. 5mmステレオミニジャック変換コネクタが添付されている(別売りの無線イヤホンの も同時に発表されている)。 日本向けモデルは盗撮防止のためのシャッター音の音量が強化されている。 システムプロセッサに4コアのA10 Fusionチップを搭載。 LTE-Advancedは最大で下り450Mbps(日本国内ではの375Mbpsが最大)に高速化。 ホームボタンが物理ボタンからTaptic Engineに対応したタッチセンサーへと変更され、押したときにフォースフィードバックがなされるほか、フィードバックの強さのカスタマイズが可能になる。 ディスプレイはより広色域へとなり、カラーマネジメントにも対応したほか、もより強化された。 では、では非対応だったiSightの光学手ぶれ補正(静止画・動画両対応)に対応。 しかしでは広角カメラにのみ搭載している。 新しいディスプレイ同様に準拠、広色域対応の新型1200万画素のイメージセンサーとF値1. 8の明るいレンズを搭載し、True Toneフラッシュもそれぞれ4つのLEDで構成する。 FaceTime HDカメラは700万画素のセンサーを搭載している。 さらに、改良された画像信号プロセッサを搭載することで、画像処理を高速に行えるようになった。 広角と望遠の2つのレンズを搭載し、2倍の光学ズーム(デジタルズームを組み合わせて10倍ズーム)ができるようになり、また、2つのカメラを使用して写真の奥行きを検知し人物(被写体)以外をぼかすポートレート撮影が可能になった。 ストレージ容量は従来の16GBに代わり32GBが設定され、64GBが廃止された。 また、シリーズ初となる256GBも設定された。 NFCチップの67V04を搭載 し、による非接触決済サービスが利用できる。 日本向けモデル(A1779, A1785)では、にも対応しており、 、 、 のサービスが利用できる。 カラーバリエーションはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色に減少、ストレージ容量も64GBと256GBの2種類となった。 ディスプレイサイズは従来と変わらないが、色域についてはiPhoneで初めて「True Tone」を採用している。 また、ステレオスピーカーが強化され、より低音に強くなった。 カメラについては解像度は従来と変わらないものの、新しいセンサーを搭載、また8 Plusではポートレートモードが強化され、スタジオ風のライティングを再現するポートレートライティングが搭載される。 動画撮影はビデオエンコーダーや画像処理プロセッサをアップル自身が新たに設計したことで、4Kの60fps撮影やフルHDの240fps撮影などに対応している。 システムプロセッサは「A11 Bionic」と呼ばれる6コア構成のチップを搭載。 Neural Engine ニューラルエンジンを搭載しておりポートレートの際に重宝される。 LTE-Advancedは最大で下り800Mbps(日本国内ではNTTドコモの594Mbpsが最大)に高速化したほか、Bluetoothが5. 0になった。 NFCもリーダーモード対応となり、FeliCaによるApple Payも日本仕様以外のモデルでも対応する。 2020年にiPhone SE 第二世代)が登場したことにより、生産終了した。 iPhone X [ ] iPhone Xの正面画像。 初めてホームボタンが廃止され、全面がディスプレイになった。 2017年9月12日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表された。 iPhoneが登場して10年となったことを記念して発表した上位モデルで、最大の特徴としてデザインを一新し、ホームボタンを廃止、全面ディスプレイになったことが挙げられる。 ディスプレイは5. 狭額縁スタイルでディスプレイ上部にはインカメラやセンサー、スピーカーなどが配置されている。 前面と背面にガラス、側面が医療機器グレードのステンレススチールを使用、カラーバリエーションはスペースグレイとシルバーの2色のみとなる。 全面ディスプレイになったことで、ホームボタンが廃止され、ホームへ戻る際は画面下の「ホームインジケータ」をスワイプアップ、Siriの起動は従来の電源ボタンに相当するサイドボタンを長押しなど、ホームボタンに関連する操作が変更されている。 また、の代わりに、TrueDepthカメラで顔を立体的に認識する顔認証システム「」を搭載している。 Neural Engine(ニューラルエンジン)の搭載により認証時の精度が高まっている。 TrueDepthカメラは通常のカメラと組み合わせて自撮りする場合でもポートレートモードやポートレートライティング機能が使えるほか、顔の筋肉の動きをリアルタイムで解析し絵文字キャラクターにモーション反映させる「Animoji」が使えるようになった。 0、リーダーモード対応NFC、FeliCa、Qi規格のワイヤレス充電、高速充電に対応する。 ストレージ容量は64GBと256GBの2種類となる。 2つのサイズがあり、ととなっている。 XS MaxはiPhone史上最大のディスプレイを搭載しており、も対応している。 カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色。 ディスプレイはSuper Retina display(OLED)を搭載しており、業界でもっとも正確な色を表示できる。 ディスプレイサイズはXSが5. 8インチ、XS Maxでは6. 5インチとなっている。 性能はIP68に対応し、最大水深2メートルで最大30分間となっている。 端末の側面は医療レベルのを使用している。 ギガビット級LTEに対応した。 前面、背面ともにこれまででもっとも強靭なガラス でできており、ワイヤレス充電が可能である。 SoCのは6コアのCPUとニューラルエンジンを搭載している。 両モデルとも1200画素のカメラを2つ、広角はF1. 8、望遠はF2. 4で4K 60fpsが撮影可能である。 広角、望遠ともに光学式手ぶれ補正を搭載している。 進化したセンサーとニューラルエンジンによってさらに美しい写真が撮影できるようになっている。 スマートHDRという何枚もの写真を組み合わせる機能もニューラルエンジンによってさらに明暗がはっきりする。 センサーの進化により正確な色を再現でき、暗い場所での撮影でもノイズが軽減されている。 ポートレートモードも正確に被写体を検知し、撮影後にぼかしの加減を調節できるようになった。 ポートレートライティングも可能。 TrueDepthカメラ(内側)は7MP f2. 2 1080p HD 60fpsで撮影可能。 ポートレートも撮影可能でこちらもぼかしの加減を調節できる。 iPhone XR [ ] 詳細は「」を参照 2018年9月12日に行われたのスペシャルイベントで発表された。 はLiquid Retina HD Displayと銘打った史上最大の6. 1インチLCDを搭載している。 広域色でTrue Toneにも対応している。 しかし、押した強さを感知する には対応していない。 前面と背面はガラスに覆われており、側面は航空宇宙産業でも使用されるアルミニウムを使用していてる。 IP67に対応しており、最大水深1メートルで最大30分間耐えられるが、浸水時の補償はない。 は、進化したTrueDepthカメラにより認証はさらに速く、安全になった。 写真撮影やの際に活用される。 カメラは、1200万画素 f1. 8であり、4K 60fpsで撮影可能。 TrueDepthカメラは700万画素 f2. 2 1080 60fpsが撮影可能。 進化したセンサー、A12 Bionicによりさらに美しく、正確な写真が撮影できる。 1つのカメラでも深度コントロールに対応したポートレートが撮影可能であるが人物以外は検知されず、ライティングの種類も制限される。 前面カメラではポートレートとすべてのライティングを施せる。 光学式手ブレ補正が搭載している。 カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、 PRODUCT REDである。 iPhone 11 [ ] 詳細は「」を参照 2019年9月10日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表された。 Liquid Retina HDディスプレイはと同等である。 26mmに加え新たに13mmの超広角レンズのカメラを搭載し、ナイトモードにも対応した。 カラーバリエーションは、パープル、グリーン、ホワイト、ブラック、イエロー、 PRODUCT REDである。 バッテリー駆動時間は、前世代のiPhone XRに比べ、1時間伸びた。 はと同じ system-on-chip SoC を搭載しているが、サイズはと同じ4. 7インチとなっている。 ディスプレイはと同じRetina HDディスプレイを搭載している。 しかし、はHaptic Touch 触覚タッチ に置き換わっている。 カメラはのワイドカメラと同等の12MPのリアカメラを搭載しており、24 fps・30 fps・60 fpsの4K ビデオ、30 fps・60fpsの1080p HD ビデオ、30 fpsの720p HD ビデオの撮影に対応している。 4月17日に予約を開始し、SIMフリー版については4月24日に、 日本の 各キャリア版については5月11日発売を予定している。 おもな仕様 [ ] サポート(アップルでの修理受付)終了(日本国内) 販売終了(日本国内) 携帯キャリアで販売中(日本国内) Apple Store・携帯キャリアで販売中(日本国内) 販売予定(日本国内) 機種ごとの仕様一覧表 機種 本体画像 初期搭載 iPhone OS 1. 0 iPhone OS 2. 0 iPhone OS 3. 0 iOS 4 iOS 5 iOS 6 iOS 7 iOS 8 iOS 9 iOS 9. 3 iOS 10 iOS 11 iOS 11. 1 iOS 12 iOS 12. 1 iOS 13 対応iOS最新版 iPhone OS 3. 3 iOS 4. 1 iOS 6. 6 iOS 7. 2 iOS 9. 6 iOS 10. 4 iOS 12. 6 iOS 13. 1 iOS最終サポート系列 iPhone OS 3系 iOS 4系 iOS 6系 iOS 7系 iOS 9系 iOS 10系 iOS 12系 未発表 3. 5(89)、画面比率3:2 4インチ、画面比率16:9 4. 7インチ、画面比率16:9 5. 5インチ、画面比率16:9 4. 7インチ、画面比率16:9 5. 5インチ、画面比率16:9 4インチ、画面比率16:9 4. 7インチ、画面比率16:9 5. 5インチ、画面比率16:9 4. 7インチ、画面比率16:9 5. 5インチ、画面比率16:9 5. 8インチ、画面比率約2. 17:1 5. 8インチ、画面比率約2. 16:1 6. 5インチ、画面比率約2. 16:1 6. 1インチ、画面比率約2. 16:1 5. 8インチ、画面比率約2. 16:1 6. 5インチ、画面比率約2. 16:1 4. 3GHz 1. 25GHz 1. 3GHz 1. 4GHz 1. 85GHz 2. 33GHz 2. 39GHz 2. 49GHz 2. B (800, 1900, 2100MHz) CDMA対応モデル:CDMA EV-DO Rev. 4GHzのみ IEEE 802. 11ax(MIMO対応: 2 x 2) Wi-Fi6 最大: 54Mbps 最大: 72. 2Mbps 最大: 150Mbps 最大: 433. 3Mbps 最大: 866. 7Mbps 最大: 433. 3Mbps 最大: 866. 7Mbps 最大: 1200Mbps 通信方式 (その他) Bluetooth 2. 2 Bluetooth 5. 8 F2. 4 F2. 2 F1. 8 (左記に加えて) F2. 8(望遠) F1. 8 (左記に加えて) F2. 8(望遠) (左記に加えて) F2. 4(望遠) F1. 8 13mm F2. 8 (左記に加えて) 52mm F2. ガラスと。 7 内蔵式 3. 8V 内蔵式リチウムイオンポリマー二次電池 3. 82V 内蔵式リチウムイオンポリマー二次電池 1400 1150mAh 1219mAh 3. 6mm 115. 3mm 115. 3mm 123. 6mm 124. 97mm 123. 6mm 138. 9mm 158. 1mm 138. 1mm 158. 3mm 123. 6mm 138. 1mm 158. 3mm 138. 5mm 143. 7mm 143. 7mm 157. 7mm 150. 9x75. 7x8. 3mm 144. 1mm 158. 1mm 138. フリック(はじく)、タップ(軽く叩く)、ピンチ(つまむ)の3種類のシンプルな動作により直感的な操作ができる。 iPhone発売後、他メーカーからもマルチタッチスクリーンパネルを利用した携帯電話製品が出ているが、これらの製品の操作性はiPhoneを完全に再現・模倣しているわけではなく、多くの相違点がある [ ]。 また、アップルはマルチタッチに関する特許を所有しており、でマルチタッチを利用した端末を発売しているメーカーを特許侵害で提訴している。 電話 着信拒否機能はiOS 7から対応している。 日本においては、公衆電話からの着信が非通知と表示されてしまう。 機能は「ビジュアルボイスメール」として搭載され、登録された音声をファイルにしてiPhoneに配信されるようになっている。 キャリア側の留守番電話サービスが対応する必要があり、ソフトバンクでは3Gでの販売から、auでは2012年4月14日に対応しており、NTTドコモも2015年1月21日より対応する。 なお、日本国内ではソフトバンクではリリース当初から、またauではiOS 5. 1へのアップデートが行われた2012年3月8日から対応している。 3へのアップデートが行われた2015年4月9日よりVoLTEに3キャリアともに対応している。 インターネット 搭載されているはを内蔵しアプリケーションを利用可能。 RSSや、タブブラウズに対応している。 ただしおよびには対応していない。 メール にiPhone OS 3. 0で対応、一般のPOP3、IMAPメールサーバにも接続することが可能である。 米国Yahoo! Mail( yahoo. com)に関しては携帯メールのような(自動受信)にも対応したメールが利用可能である。 日本のも2011年10月19日よりIMAPアクセス使用時にプッシュ通知が可能となっている。 アップルのサービス(旧)や、Microsoftのや(2製品ともに法人向け)のメールアカウントもプッシュ機能を備えており、Exchange ActiveSyncをサポートするメールサービス((現在は利用者のみ)、(旧)など)でもプッシュ機能が使えるようになっている。 メッセージングサービス は初代iPhoneより、MMSはiPhone OS 3. 0より対応し、を思わせる吹き出しを使った対話形式で、メッセージが表示される。 最大670文字まで送信できる。 は日本国内では「」として2018年6月に対応クライアントアプリが配信されサービスが行われている。 ただし日本国外の通信キャリアとは接続できず、Y! MobileやMVNOでは使用できない。 またSMSやMMSはこれまで通りOS標準のメッセージアプリを使用する。 カメラ iPhoneとiPhone 3Gでは、2メガピクセルカメラを搭載。 ボタンはシャッターのみで機能設定、オートフォーカス、ライト、動画撮影機能は搭載されていない。 iPhone 3GSでは、3メガピクセルオートフォーカスカメラを搭載し、動画撮影にも対応している。 iPhone 4では、LEDフォトライトつきの5メガピクセルオートフォーカスカメラ(裏面照射型CMOSセンサ採用、HD動画撮影対応)、およびFaceTime用のフロントカメラ(VGA画質)を搭載している。 4Sではこれを強化し8メガピクセルオートフォーカスカメラ(裏面照射型CMOSセンサ採用、フルHD動画撮影対応)を、5ではさらに1. 2メガピクセル(HD動画撮影対応)のフロントカメラを搭載している。 6ではオートフォーカスが強化され、さらに6 Plusでは光学式が内蔵されている。 写真 カメラで撮影した写真は写真Appで見ることができる。 iOS 12では「For You」タブが追加され、撮影した写真やビデオを撮影期間や撮影場所ごとにまとめたり、写真を自動的に解析してベストショットを見つけ出し、その写真を用いたメモリームービーを作成したりする機能がある。 音楽 音楽ライブラリのレイアウトはこれまでのiPodから変更され、より分かりやすいセクション、大きなフォントになっている。 2015年6月30日からという音楽配信サービスが開始された。 Apple Musicには、月額980円の「個人メンバーシップ」、月額1480円の「ファミリーメンバーシップ」、月額480円の「学生メンバーシップ」の3つのプランがあり、に配信されている曲のほとんどを定額で聴くことができる。 動画 iOS 5まではアップル製のYouTubeアプリが用意されていたが、iOS 6ではライセンス契約が切れたことから搭載されていない。 ただしSafari上でHTML5に最適化されたYouTubeサイトを使用するか、Googleが提供するYouTubeアプリを使うことで視聴することが可能となる。 地図 アップルとの提携により、iPhone 4S、またはiOS 5まではiPhoneに最適化されたが利用可能だった。 iPhone 3G以降からはGPSを搭載したことにより、精度の高い位置情報を取得できるようになった。 マップアプリについてはiOS 6ではベクターベースのアップルの独自の地図となったが、Google Mapsに比べて圧倒的に情報量が少なく、機能も少なく間違った場所に表示されるなど地図としては致命的な不具合が多数見つかった。 iOS 7以降では急速に改善され、iOS 11以降では高機能で実用的な地図ソフトとなっている。 アクセシビリティ のあるユーザ向け機能として、による画面の操作ガイド、拡大鏡、色の反転表示機能を搭載している。 また、のあるユーザ向けとして、周囲の雑音を軽減することができるライブリスニング機能を搭載している。 センサー iPhoneに搭載されている基本的なセンサーは以下の通りとなっている。 3軸ジャイロ• 加速度センサー• 近接センサー• 3軸ジャイロセンサーはiPhone 4以降から搭載し、加速度センサーと組み合わせることでより精密な角度や加速度、端末の回転などの動きを感知できるようになった。 また、iPhone 5sからはセンサがホームボタンに組み込まれており、指紋を読み取ることで端末ロックの解除、iTunes StoreやApple Payなどでの決済認証などに使うことができるようになっている。 iPhone Xではホームボタンが廃止されたのにともない、Touch IDの変わりとなる顔認証システムが搭載されている。 ウィジェット 天気予報、株価が見られるウィジェットがプリインストールされている。 iOS8からはサードパーティ製のウィジェットも使えるようになった。 その他の機能 iTunesやMobileMeから、E-mailアカウント、ブラウザのブックマークの情報を同期できる。 iOS 5からはMobileMe後継サービスのによって、iTunesで購入した楽曲の自動ダウンロード、撮った写真をほかの端末へ自動転送する機能、編集した書類データの自動同期、端末のバックアップなどができるようになっている。 iPod touchとの相違 [ ] iPhoneとiPod touchは・ともに共通点が多いが、iPhoneのみで使用可能な機能は以下の通り。 音声通話やSMS、 MMSが利用できる。 ()などにより、無線LAN以外のデータ通信ができる。 近接センサを搭載している。 デジタルコンパスを搭載している(3GS以降)。 を内蔵している。 GPS(全地球測位システム)を搭載している。 また、第3世代までのiPod touchは、カメラを搭載していない、マイクがないなどの違いもあった。 ほかの携帯電話との相違 [ ] 以下の機能はiPhoneには搭載されていない。 MMSの件名を含めた転送• メールアプリの場合、返信時に宛先欄を削ることは可能)。 また、ソフトバンク(ピクセラ製)の「エリアフリーTV」や次世代放送推進フォーラム策定のリモート視聴規格対応チューナー・テレビ・レコーダーと対応アプリを使えば、自宅にあるチューナーなどにリモート接続することでテレビの視聴が可能となる。 ・・のなどの放送局側が提供しているアプリを使用すると、テレビ番組の視聴が可能。 また、i-dioはインターネット経由での聴取が可能となっていた。 の購入などといった日本独自のサービス(ただしiTunes Storeにおいて類似のサービスを提供している)• ユーザー自身でのバッテリー交換• SDカードなどの外部メディアの利用(Lightningコネクタに接続可能な外部フラッシュメモリも販売されている)• ホール ほかのスマートフォンの多くと同じようにであるため、現在の主要な日本国内向け携帯電話に搭載されている、多くの機能が装備されていない。 またかつては以下の機能が対応していなかった。 「ネットワーク自動調整」による日時修正(ただしiTunesにより、同期対象のPCと日時を同期可能)。 iPhone 4およびiPhone 4S(ソフトバンク扱い)には「電子マネーシール for iPhone 4」があるものの、iPhoneにリーダー・ライターの機能はなく電子マネーチャージなどの連携ができないため、擬似的なものである。 実態としてはiPhoneに最適化されたカード型とみなされる。 また、NTTドコモからはiPhoneに装着し専用アプリでチャージ等の管理可能な「おサイフケータイ機能内蔵ジャケット」が提供されている。 アクティベーション [ ] iPhoneは、購入後や初期化後の初回起動時のに成功しない場合、ほぼすべての機能が働かない。 GSMおよびUMTS(W-CDMA)方式のiPhoneでは、通信会社が提供するSIMカードを装着するとアクティベーションが可能となる。 なお通信会社提供ではなく、保守製品かと思われるSIMカードによってアクティベーションに成功した報告例もある。 また、iOSのメジャーアップデートの際にもアクティベーションが必要である。 充電 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年11月) iPhoneは、iPad同様に通常充電モードと高速充電モードの2つの充電モードが存在する。 通常充電ではUSB2. 0規格に準ずるUSBポートと接続することにより、およそ500mAを充電できる。 通常のUSB2. 0規格に準ずるUSBポートであっても、一部のバイアスを供給する市販商品を使用すれば、約700mAの高速充電モードを起動させることができる。 特にiPhone 6, 6 Plus以降の機種であれば、1. 6Aや2. 1Aでの充電が可能である。 歴史 [ ]• アップルコンピュータが有名な日本の家電企業に携帯電話の開発を依頼するが発売には至らなかった。 ソフトバンクの孫正義がスティーブ・ジョブズの自宅を訪ねiPod携帯電話について提案すると、ジョブズは「すでに考案中」だと答える。 2005年前後、アップルコンピュータがNTTドコモとiPod携帯電話を共同開発するが発売には至らなかった。 - よりiTunesを搭載した携帯電話が発売される。 2005年 - モトローラ社よりiTunesを搭載した携帯電話が発売される。 - モトローラよりiTunesを搭載した携帯電話が発売される。 アメリカで販売を担当する携帯電話事業者はシンギュラー・ワイヤレス。 2007年• 1月9日 - で初代iPhoneが発表される。 同日「アップルコンピュータ」が「アップル」に社名を変更する。 - が商標権を不当に侵害されたとしてアップルを提訴する。 - シスコとアップルは両社で自由に世界中で iPhoneの商標を使うことができるという合意に達した。 6月29日 - アメリカ合衆国で販売開始。 携帯電話事業者はシンギュラー・ワイヤレス。 - 前日()の時点で販売台数100万台となったことが発表された。 - イギリス、ドイツで販売開始。 - フランスで販売開始。 2008年• - 販売台数が400万台となったことが発表された。 2月5日 - 16GBモデル発表、販売開始。 3月 - 3月末時点で累計販売台数は540万台と公表。 5月 - カナダ、、、、、、、、オーストラリア、、、の各国および地域における販売が決定した。 6月4日 - ソフトバンクモバイルがアップルとの契約締結を発表。 6月9日 - iPhone 3Gを日本を含む22か国で7月11日より販売すると発表。 販売台数は600万台に達したと発表。 6月8日 - ソフトバンクモバイルがiPhone 3Gを7月11日販売すると発表。 7月11日 - ソフトバンクモバイルがiPhone 3Gを12時から、表参道店では7時から(は9時から)販売。 - iPhone 3Gの販売台数が3日間で世界で100万台を突破。 App Storeによるアプリケーションのダウンロード数は1,000万を突破。 2009年• - ソフトバンクモバイルが「iPhone for everybody キャンペーン」を開始(当初は5月31日までだったものが9月30日まで延長され、さらに2010年1月31日まで延長された)。 6月9日 - iPhone 3GSを発表。 - ・香港・において販売を開始。 8月 - iPhoneが爆発し、スクリーン部分のガラスの破片が目に刺さる事故がフランスで2件発生した。 - において販売を開始。 - において販売を開始。 2010年• 3月 カリフォルニアで従業員がiPhone 4試作機を紛失。 ガジェット系ブログで売られる騒動となった。 6月8日 - iPhone 4を発表。 6月24日 - iPhone 4、日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランスにおいて販売を開始。 2011年• - CDMA版iPhone 4を発表。 2月10日 - アメリカ合衆国のよりCDMA版iPhone 4が発売開始となり、同国における1事業者独占販売が崩れる。 4月28日 - iPhone 4 ホワイトモデルがアメリカや日本などで発売開始。 7月 サンフランシスコで従業員が次期iPhoneの試作機と思われるものを紛失と報道。 10月5日 - iPhone 4Sを発表。 このモデルから、日本ではソフトバンクモバイルに加えてKDDIからも発売すると正式に発表され、日本のソフトバンクモバイルにおけるiPhone独占販売が崩れる。 10月14日 - iPhone 4S、日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・カナダ・オーストラリアにおいて販売を開始。 2012年• 9月12日 - iPhone 5を発表。 9月21日 - iPhone 5、日本やアメリカなど販売開始。 2013年• 9月11日 - iPhone 5sおよび5cを発表。 このモデルから、日本ではNTTドコモからも発売すると正式に発表され、日本の携帯電話大手3社すべてがiPhoneを取り扱うこととなる。 2014年• 9月10日 - iPhone 6および6 Plusを発表。 iPhoneでは初となる画面サイズが異なる2機種の発表となった。 2015年• 9月9日 - iPhone 6sおよび6s Plusを発表。 2016年• 3月22日 - iPhone SE(第1世代)を発表。 3月31日、日本やアメリカなどで販売開始。 9月16日、日本やアメリカなどで販売開始。 2017年• 2018年• 2019年• 2020年• 3月26日 - 対応iPhoneの発売時期を、例年の9月ではなく、数か月延期する検討を始めたことが報じられた。 4月15日 - iPhone SE(第2世代)が発表された。 製造 [ ] iPhoneの製造は、の(Foxconn)と(Pegatron) , が、のやの、のなどの工場で委託生産を行っている。 この工場については、従業員のやや違法な未成年労働者の使役などが問題として指摘されたことがあるが、アップルは労働状況を改善し続けサプライヤー責任を果たしていることを説明している。 iPhoneが中華人民共和国で発売された際には、欧米メディアを中心に「iPhone里帰り」といった報道がなされた。 なおの製造拠点は、iPhoneと同じであったが、一部をの工場に移管している。 アメリカ合衆国の試算調査会社iSuppliによると、iPhoneの部品等コストから算出した利益率(莫大な開発コストや流通コストを除いたもの)は、最大53. 1パーセントである。 故障 [ ] iPhone 3Gに付属していた「Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ」について、特定の状況下においてプラグ部分(金属製の差し込み部分)が外れて電源コンセント内に残り、それが感電の原因となる可能性があることが確認されたため、アップルは「Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム」を実施している。 上で「で充電できる」「水に浸けると音質向上」というやがたびたび流れ、前者については電子レンジを用いての充電はできず、機器の破損や火災などの事故を招くおそれがある。 また後者も、水没となり故障の原因となる。 教育での活用 [ ] 2009年に、に本部をおくとソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコムは、iPhone 3Gを活用したモバイル・ネット社会の教育および研究を進める基本協定を締結。 それにともない青山学院大学社会情報学部の学生にiPhone 3Gが配布された。 アクティベーション・SIMロックと解除 [ ] iPhone(初代)のSIMカードスロット アクティベーション [ ] iPhoneは購入後、アクティベーションしなければとしてしか機能しない。 アクティベーションにはが必要で、SIMロック版の場合は特定のSIMカードのみ、SIMフリー版であっても何らかのSIMカードが必要であったが、simカードがない状態でもiTunesに接続することでアクティベーションができるようになった。 電話としては機能しないものの、その他は機能したとしている。 アクティベーションロック [ ] iPhoneの盗難や不正利用を防ぐために本来のユーザー以外のアクティベーション行為を文字通りロックし阻止するもので、本来のユーザーのApple IDとパスワードの入力を求め、ほかのApple IDではアクティベーションができないようにする機能である。 SIMロック [ ] キャリアを通じて販売されるiPhoneは、キャリアの方針によりSIMロックがかかっている場合とかかっていない場合がある。 SIMロックがかかっているiPhoneは特定のキャリアが発行するSIMカードのみ利用できる。 SIMロックを解除すれば、GSM・UMTS(W-CDMA 、LTE・を採用している携帯電話事業者で使用できる。 不正なSIMロック解除 [ ] いずれの方法も、アップルおよびが認めていない、保証範囲外かつ不正かつリスキーな行為であり、何があっても自己責任で行う必要がある。 ソフトウェアによるロック解除 [ ] 「iPhoneSimFree」というグループが、iPhoneのSIMロックを簡単に解除できるソフトウェアを開発した。 こうした不正改造を防ぐために、アップルもソフトウェアアップデートで対策していたが、いたちごっこになっていた。 アップルが2007年に公開したiPhone OS 1. 1において、非正規の手順でロック解除された一部のiPhoneは使用できないようになった。 このようなユーザーによる不正なSIMロック解除に対し、アメリカ著作権局は「ユーザーが合法的に入手したアプリケーションなどを実行するためにする行為」や「携帯電話を他の携帯キャリアに接続させるためのJailbreak」などは、合法との判断を下している。 2017年時点では、ソフトウェアでのロック解除はかなり難しくなっており、ツールも配布されていない。 ハードウェアの改造によるロック解除 [ ] 2007年、アメリカ在住の17歳の少年が夏休み中に計500時間を費やし、iPhoneのSIMロックを解除したと発表した。 これは、iPhoneを分解して半田付けなどをして改造してロック解除する方法であり、リスキーであり時間と手間がかかる。 初代iPhoneでは行われていたが2017年時点ではほとんど行われていない。 アダプタによるロック解除 [ ] 複数の業者により、SIMロック解除アダプタが販売されている。 これは、SIMカードとSIMスロットの間にアダプタを挿し込み、複数のSIMカードを利用できるようにするものであり、iPhoneそのもののロック解除ではないが、挿入している間は一時的にロック解除と同等の状態となる。 ファクトリーアンロック [ ] 廃棄されたSIMロック解除済みiPhoneのと、ロック解除したいiPhoneのIMEIを入れ替えるもので、複数の業者により行われている。 依頼料金はいずれも高額であり、詐欺的な業者も目立つ。 通常、IMEIの管理はアップルが行うが、iPhoneの廃棄のためにごく一部の業者にも管理を許可しており、この業者が流した情報により、ロック解除を行っているものと思われる。 キャリアによる正式なSIMロック解除 [ ] アメリカ [ ] 、、、などアメリカの各キャリアが、これまでに発売したすべてのSIMロック版iPhoneのロック解除を、ユーザーの求めに応じて行っている。 また、キャリアを通じて販売されているiPhoneは現在はすべてSIMフリーである。 フランス [ ] フランスでは、ユーザーに販売後3か月を経過したiPhoneのSIMロック解除に応じ、SIMロックフリーのiPhoneも同時に販売している。 これは、フランス国内法でキャリアによる囲い込みを禁じているためであり、ユーザからの求めがあった場合、キャリアは端末をロック解除する手段を提供しなければならず、SIMロック端末と同時にロックなしの端末も販売しなければならないためである。 SIMフリー版 [ ] 2019年時点で、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本を含め多くの国で、SIMフリー版iPhoneがアップルから発売されている。 販売されている国および地域一覧 [ ] 計画中 2009年12月には、世界94か国・地域で販売されていた。 商標問題 [ ] 各国での販売には、商標の調整が必要だった。 以下は、その一例。 :シスコシステムズ。 日本:(綴りはAiphone) - の国内最大手・アイホン株式会社()が、表音・表記が紛らわしい、ということでアップルに協議を申し入れ、iPhoneの表記()を、(・音引き)を含む、「アイフォーン」とすることで決着。 アイホン株式会社が『アイホン』をし(第5147866号ほか)、アップルがアイホンに年間約1億円の使用料を払うこととなった。 :漢王科技。 : シスコシステムズやアイホンからは、使用許諾を得て共存することになったが、漢王科技からは同意を得られていない。 また、ブラジルではグラジエンチ・エレクトロニカとの間で係争状態となっており、ブラジル国立工業所有権院は、「グラジエンチ社が2018年まで独占使用権を有する」との判断を示した。 出荷台数 [ ] この節のが望まれています。 主に: 2015年以降のデータ ( 2019年10月) 2007年9月10日には、前日の時点で累計出荷台数100万台となったことが発表された。 2008年5月末現在、欧米など6か国での累計出荷台数は600万台に達した。 アップルは2008年末までに累計出荷台数1,000万台を目指していた。 米市場調査会社によると、2008年第1四半期の米国スマートフォン市場におけるアップルのシェアは19. ちなみにカナダの(RIM)が販売する「」(ブラックベリー)のシェア44. 2008年、アップルは2008年度第4四半期にiPhoneを689万2,000台とRIMよりも多くの台数を販売したと発表。 目標より3か月以上早く累計で1000万台を超えたことが判明した。 2008年7 - 9月の米国内での販売台数でも、それまで3年間首位を維持してきたモトローラのを初めて抜き、首位に躍り出た。 日本においては、iPhoneの新規発売に際しては、折からの話題性の高さもあったにせよ、アップルが予約販売を認めなかったために、全国各地で購入希望者の行列が作られ、携帯電話の新機種発売としては異例の盛り上がりを見せた。 ソフトバンクモバイルの販売ランキングでは、iPhone 3G(16Gバイト)が2008年9月14日時点までは10週連続首位であった。 2009年6月19日から米国などで販売が開始されたiPhone 3GSは、発売から3日で100万台以上出荷された。 なお、日本単独での出荷台数は公開されていないが、市場調査会社は、2009年度の国内出荷台数はシェア4. 期間 世界 日本 出荷台数 累計出荷台数 出典 出荷台数 シェア 出典 2007年 4 - 6月 27万 27万 7 - 9月 111万 138万 10 - 12月 231万 369万 2008年 1 - 3月 170万 539万 4 - 6月 71万 610万 7 - 9月 689万 1,299万 10 - 12月 436万 1,735万 2009年 1 - 3月 170万 1,905万 4 - 6月 520万 2,425万 7 - 9月 740万 3,165万 10 - 12月 870万 4,035万 2010年 1 - 3月 875万 4,910万 4 - 6月 840万 5,750万 7 - 9月 1,410万 7,160万 106万 12. 3キャリアともに端末と回線をセットで提供しているため、iPhone本体にはがかけられている。 しかし、アップルがSIMロックフリーの端末を香港で販売していることを利用して、2010年8月よりがSIMロックフリー端末専用の回線(電波)のみの提供を開始した。 ほかの各社も独自にiPhoneでの動作検証を行っているところもある。 日本通信のサービスに対して、アップルから公式なアナウンスは一切出ていない。 日本通信が、海外でのみ販売されているSIMロックフリー版iPhone 4の端末を利用した、国内で単独で行っているサービスである。 そのため、2010年8月ごろ以前は故障など購入後のサポートに関して、ソフトバンクモバイルはもちろんのこと国内でのアップルのサービスも受けることができなかった。 現在ではアップルのサービスを受けることが可能。 2013年11月22日、日本でもSIMフリーのiPhoneの販売がApple Storeにおいて開始された。 ソフトバンク [ ] SoftBankブランド [ ] 価格、サービス概要に関しては2008年、同社のサイト で公開された。 日本国内での発売日は2008年7月11日で、ソフトバンクショップと一部ので一斉に販売開始された。 なお、日本のでは当初デモ機の展示、ワークショップ、購入後のサポートおよび各種アクセサリーの販売のみに留まっていたが、2008年12月16日から本体の販売が開始された。 契約 [ ] iPhoneの仕様・インターフェイス・操作性は、日本で販売されている一般的な携帯電話とは異なるため、販売店ではiPhoneを販売する前に「iPhone ご契約に際してご注意項目」を説明し、内容を確認した旨の署名を求めている。 ただし、説明用書面に記されている「いかなる状況においてもキャンセルできない」や「キャンセルは受付しませんのでご注意ください」との文言は、などに照らして無効であるとは指摘している。 また、同機構は、他機種の第3世代携帯電話では通話・通信が正常に可能であるのにiPhone 3Gでは通話・通信に不具合が生じる場合がある点についてiPhone 3G自体に由来するであるとし、その瑕疵の存在を契約前に確認していなければ、上、契約を解約できるようにするべきだと指摘している。 0アップデートによって、iPhone 3Gおよび出荷時からこのOSを搭載したiPhone 3GSはMMS(S! メール)に対応し、 softbank. jpドメインによるメールの送受信が可能になった。 このため、iPhone購入時はMMSである softbank. jpとEメール(i)として一般のPCメールに分類される i. softbank. jpの2つのメールアドレスが付与される。 MMSはメッセージアプリで、Eメール(i)はメールアプリで送受信する。 Eメール(i)と呼ばれる i. softbank. jpドメインのEメールはiPhoneがMMSに対応していない時から用意されている物であり、プッシュ配信ではないが「メッセージを受信しました」という画面表示と着信音によってメールの新着が通知される。 これはプッシュ配信が当たり前であるケータイメールが普及している日本市場のために、iPhoneが MMS(S! メール)に対応していないときにSoftBankが構築した独自のシステムである。 2013年12月10日からEメール(i)でのプッシュ通知に対応、順次ユーザーが使用できるようになる。 また現時点では、デコレメール(一部は受信可能。 送信は不可)は利用不可(MMSには対応していないが i. softbank. jp及びPCメールアドレス使用で受信は可能である。 またデコレメールを送信できるアプリもある)。 USIMカード [ ] USIMカードはiPhone専用となり、既存の契約のUSIMカードは使用できない。 また、iPhone専用のUSIMカードをほかのSoftBank 3G端末に使用することもできない。 独自のサービス [ ] 2008年10月30日に、ソフトバンクモバイルから自社のiPhoneユーザのみに対する新たなサービスと機能が追加が発表された。 発表内容は次の3点である。 によるの「」を無料で利用できる「公衆無線LANし放題」を提供すること。 2010年6月からこれを発展させた「」を開始している。 そして新年が明けて1月1日にApp Storeよりワンセグ視聴アプリ「テレビ」の無料配布が始まりiPhone 3Gでワンセグ視聴が可能となった。 2008年内に絵文字の送受信に対応すること。 絵文字 [ ] 絵文字に関しては、iPhone OS 2. 2(2008年11月21日配信開始)より対応した。 絵文字が送信できるのは、SoftBankのメールアカウントおよびSoftBank SIMを使っている、OS バージョン2. 2以降のiPhoneのみである。 SMS、MMS、Eメール(i)作成時において絵文字キーボードが表示される。 キャリア間の相互変換については下記の通り。 ソフトバンク、ディズニー・モバイル 2008年11月21日対応• イー・モバイル、ウィルコム 2009年1月22日対応• KDDI 2009年2月25日 iPhoneへ送信対応(iPhoneからauへの送信は2009年2月26日対応)• ドコモ 2009年6月1日 iPhoneへ送信対応(iPhoneからドコモへの送信は2009年2月26日対応) 利用可能な周波数帯 [ ] iPhoneの3G対応周波数帯は3Gと3GSでは850MHz帯、1. 9GHz帯、2. 1GHz帯のトライバンド、4と4Sでは900MHz帯を加えたクワッドバンド対応となっているが、日本国内では周波数割り当ての関係上2. 1GHz帯のみ使用可能だった(これはソフトバンクだけでなくドコモも同様である)。 2012年3月1日にソフトバンクに900MHz帯が割り当てられ、同年7月25日より「」としてこの周波数帯が使用可能になると、iPhone 4、4Sでもこの周波数帯による通信が可能となる。 iPhone 5のLTE()については、当初は2. 1GHz帯のみ使える形だったが、2012年10月1日のソフトバンクととの業務提携を受け、2013年3月21日よりの1. 7GHz帯が使える「ダブルLTE」を開始している。 5GHz帯にも対応、対応端末となる。 mobile [ ] ブランドでの展開は、旧イー・アクセス時代から、SoftBankブランドとの差別化などからiPhoneの取り扱いはしてこなかった(ただし、シリーズなどを独占対応していた)。 しかし、より、2世代前ので参入することになった。 その後、2017年3月25日より、(iPhone5sの後継機)を新たに追加した。 2017年3月25日はの発売日でもある。 2018年12月20日より、iPhone 7の取り扱いを開始した。 なお、最新機種などの取り扱っていない機種については、AppleStoreなどで購入したSIMフリー版及びSIMフリー化されたキャリア版iPhoneであればSIMカードを差し替えるだけで利用することができる。 但し、iPhone 11やiPhone 11 Pro(Max)ではY! mobileのキャリア情報が入っていないため、別途、APN設定用のプロファイルをダウンロードする必要がある。 購入時には、バリュースタイルが適用になり、毎月の料金から契約翌月から24か月間割引が適用される。 jpが割り当てられる。 や同様、のアドレスを継承することもできる。 また、からの契約変更の場合もは継承できる。 これとは別に、Androidスマートフォンの契約同様に yahoo. jpのアドレスも利用できる。 USIMカード [ ] Androidやガラホ同様、n101やn111が発行され、SoftBankブランドのようなiPhone専用のUSIMカードではない。 利用可能な周波数帯 [ ] タイプ1契約のため、基本的にはブランドと同様となる。 KDDI・沖縄セルラー電話(各au) [ ] 従来、auにおいては通信方式が異なるため、物理的にau回線を使用したiPhoneを発売・利用することは不可能であった。 そんな中同年9月22日、「KDDIも新型iPhoneを発売することをアップルと調整している」と突如が報道したことを皮切りに、各種メディアが一斉に報じた。 しかし、結局iPhone4のCDMA版については同社が販売することはなかった。 そして、2011年10月5日(日本時間)、開催されたアップルの発表会において新モデル「iPhone 4S」を同月14日から発売を開始し、このモデルよりauでのiPhone提供が正式発表された。 同月7日にはKDDIから料金などの詳細も発表され 、10月14日、発売開始となった。 このKDDIによるiPhoneは、(4SはmicroSIMカードと同じ形状、5以降はnanoSIMカードと同じ形状)を本体のSIMカードスロットに差して使用する。 画面上部には「KDDI」、iOS 7以降は「au」が表示される。 ただし、同社の一連のスマートフォンシリーズ(・)にはラインナップされていない。 契約 [ ] 店頭受付となり、当初はauショップおよびを含む一部の各店、量販店など全国1,200店舗で取り扱っていたが、半年以内に取り扱い店舗を順次拡大した。 なお、新規契約であってものお取次サービス特典対象外となっている。 料金 [ ] 従来通りの料金プランが利用可能なほか、iPhone利用者向けにパケット定額サービス「ISフラット」(4Sでの場合。 5以降は「LTEフラット」)の利用料を割り引くキャンペーンも実施する。 当初はパケット通信を利用していたため、その料金が別途発生していた(定額料金の対象にはなる)が、現在はパケット通信を使用しない。 国際SMSにも対応している。 キャリアメールであるメール( ezweb. jp)はiPhone 4S発売時から利用可能。 当初はMMSは利用できずメールアプリを使用する形で、プッシュではなく最短15分おきのフェッチ取得だった。 2012年3月13日から、リアルタイム着信通知機能に対応した。 このリアルタイム着信はソフトバンクで行っているSMSを利用した新着通知方式ではなく、iOSメールアプリがサポートするプッシュ取得による、完全なリアルタイムでのメール取得と新着通知である。 ただし、フェッチ取得でのメールアカウントとプッシュ受信でのメールアカウントは別扱いのため、リアルタイム着信を利用するには設定しなおす必要がある。 絵文字の利用は当初はiPhone同士でのみ可能であったが、2012年1月27日からはauのほかの携帯電話および他社携帯電話とのEメールでの絵文字の利用が可能になった。 2012年4月14日からはキャリア設定のアップデートによってMMSの使用が可能となった。 auのiPhone同士であれば電話番号を宛先にすることができる。 これによってメッセージアプリでEZwebメールをMMSとして送受信できるようになり、購入時は、メッセージアプリで送受信するMMSとして設定されている。 ただし、デコレーションメールの受信には未対応で、Wi-Fiのみでの接続時には受信ができないほか、メールアプリで送受信するリアルタイム受信はメッセージアプリで送受信するMMSと併用できず、いずれか1つを選ぶ必要がある(フェッチ受信するようメールの設定を変更すれば、アプリ自体の併用は可能)。 メールアプリで受信していて、メッセージアプリでの受信に切り替える際、メールアプリで受信したメールはMMSには引き継がれない仕様となっている。 なお、au内であってもiPhone以外の移動機はMMSに対応しないため、電話番号のみで長文や画像の送信をすることはできない。 また、SMSと違いMMSはキャリア間相互接続されていない。 このほか、iMessageは2012年3月8日にリリースされたiOS 5. 1で対応、ビジュアルボイスメールも2012年4月14日のキャリア設定のアップデートで対応している。 独自のサービス [ ] auがほかのスマートフォンなどで展開しているサービスは対応を検討している。 公衆無線LANサービス「」は2011年12月に対応した。 2012年3月21日からは「」への対応も行われ(新規楽曲購入サービスは同年5月9日開始) 、2012年9月21日からは「」の対応も開始した。 2016年8月17日より、iTunes Store、およびApp Store、Apple Music、iBooksがau版iPhone、およびau版iPadの月額料金と合算して支払える「 auかんたん決済」を利用した決済に正式対応となった(日本の大手通信キャリアとしては史上初。 ただし法人の契約者は対象外となる)。 auの場合は携帯電話本体とSIMカードが紐付けされ、他人のSIMに差し替えたとしても使用できないようになっているが、au向けのiPhone 4Sではキャリア内ロックがかかっていないため白ロムを通販やオークションなどで購入した際、ロッククリアの手続きは不要。 なおカードは通常サイズのVer. 002と同一の扱いとなるため旧800MHz帯のみの対応機では使用できない。 ソフトバンクとの違いはSIMをほかのマイクロSIM対応のauスマートフォンに差し替えての使用ができるが、通常サイズのSIMに変換するアダプターは保証していないため差し替え時には注意が必要となる。 ロッククリアは一部ロッククリアの解除をしなくてもよい機種ではそのまま使用ができるが、ロッククリアの必要なマイクロSIM対応の機種以外はauショップの対応によりできない場合がある。 利用可能な周波数帯 [ ] iPhone 4SではCDMAモデルの使用帯域が800MHz帯と1. 9GHz帯のみだったため、auで使用できるのは800MHz帯(いわゆるN(新)800MHz帯)だけで、EV-DOもRev. Aのみだった。 iPhone 5からは2. 1GHz帯も対応するようになったため、auでも同帯域を使えるようになったほか、EV-DOもRev. B(MC-Rev. A)をサポートし、による高速通信が使用可能となった。 Bに対応しなくなったため、WIN HIGH SPEEDも使えなくなる。 LTEはiPhone 5においては2. 1GHz帯のみで、でAndroid端末がメインにしているN800MHz帯や1. 5GHz帯は使用できなかった。 1GHz帯とN800MHz帯に加え、(TD-LTE)で使用されている2. 5GHz帯にも対応、さらにN800MHz帯と2. NTTドコモ [ ] 日本最大手の携帯電話会社であるNTTドコモは、日本国内でiPhoneが発売されてから、iPhoneを取り扱うかその去就が注目されてきた。 同年9月13日にはサービス内容の詳細と料金体系が発表されている。 契約 [ ] ドコモでの契約・販売は、全国のドコモショップで行われている。 料金 [ ] 料金プランは基本的にほかののスマートフォンと同様だが、パケット定額サービスが「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」のみ用意されており、「Xiパケ・ホーダイ ライト」「Xiパケ・ホーダイ ダブル」の設定がなかった。 現在は、「カケホーダイプラン」もしくは「データプラン」のみ選べる。 また、iPhone本体はau・ソフトバンクモバイル版と同様にキャリア設定によりAPN設定画面がロックされており、利用可能なISPサービスは専用の「spモード」のみとなる。 端末価格はソフトバンクやauに比べると高く設定されているが、各種割引施策によって2年間利用後の実質価格が2社よりも安くなるようになっている。 docomo. jpドメインのキャリアメール()は、MMSではないためメッセージアプリでは送受信できない。 しかし、開始時点ではプッシュ取得には対応せず、最短15分間隔でのフェッチもしくは手動取得となった。 2013年9月20日から10月1日までの間に受信されたメールは、spモードセンターに蓄積され10月1日以降に閲覧できる。 spモードメールの後継となるは12月17日に開始し、新着メールのプッシュ通知には対応したが、プッシュ自動受信には対応していなかった。 ドコモメールのプッシュによる自動受信は、当初2014年1月中旬と予告されていたが 、実際に自動受信に対応したのは2014年9月24日であった。 独自のサービス [ ] これまでスマートフォンで展開してきたサービスのうち、留守番電話サービス(ビジュアルボイスメールは2015年1月21日より対応 )などの通話関連サービスや公衆無線LANサービスのなどが2013年9月20日の販売開始より対応する。 コンテンツ配信サービスのや、なども順次提供を開始、やについては、前述の外部機器を使うことで対応可能となっている。 利用可能な周波数帯 [ ] 3Gサービスの、LTEサービスのXiともに対応し、FOMAは2GHz帯と800MHz帯()で使用可能だが、1. 7GHz帯と新800MHz帯には対応しない。 Xiは800MHz帯、1. 7GHz帯)で下り最大262. 5Mbps、それ以外の地域(2GHz帯と800MHz帯)で下り最大187. 5Mbpsでの通信が可能となる。 アメリカ合衆国 [ ] 2011年まで、iPhoneのでのキャリアはのみであり、初代の価格は2年間契約のつきで4GBモデルが499、8GBモデルが599ドルだった。 2007年9月5日に、4GBモデルの生産停止と8GBモデルの値下げが発表され、4GBモデルの在庫が299ドル、8GBモデルが399ドルとなった。 この値下げは既存の購入者から反発が大きく、8GBモデルの購入者に100米ドルのApple Storeカードが配布される事態となった。 アメリカでは、従来の携帯電話の大半は端末の売りきりだったが、iPhoneはユーザの月間料金の一定の割合がオペレータからアップルへ支払われる 収入配分方式(Revenue Sharing)をとっている。 アクティベーションと契約プランの選択、の手続きなどは、初代は本体購入後にユーザがiTunesで行う形式だったが、2代目のiPhone 3G以降は、店頭もしくはオンラインで本体の購入と同時に行う形態へ変更された。 初代は後払い式のほかにプリペイド式を選ぶこともできた。 しかし2代目のiPhone 3G以降は、プリペイド式は廃止された。 結局2010年6月、4代目のiPhone 4の発表とともに新規契約者に対するデータ通信の定額制は廃止された。 2011年2月から、アメリカ合衆国でのキャリアにが加わり 、同年10月からはも加わり、2013年4月にはも参入した。 以降、アップルによりSIMフリーモデルの販売も開始されている。 2017年現在、アメリカ国内各キャリアが、過去に発売されたすべてのiPhoneのSIMロック解除をユーザーの求めに応じて行っている。 ヨーロッパ [ ] イギリス [ ] 当初、イギリスにおける独占キャリアはと発表された。 O2に加え、2009年11月よりOrange UKもiPhoneに参入し、2つのキャリアからの展開となった。 2010年1月14日からもiPhoneに参入し、O2、Orange、Tesco Mobileに続き4番目のiPhone提供キャリアとなった。 ドイツ [ ] ドイツでは、が独占キャリアに選ばれた。 しかし、ヨーロッパにおけるiPhoneの独占権獲得競争に敗れたからのアップルおよびT-Mobileに対する販売差し止め請求を裁判所が認め、携帯電話契約の義務づけを禁じる差止命令を出した。 そのために、iPhoneをT-Mobileで契約している場合、追加料金600ユーロでSIMロック解除に応じ、SIMロックフリーかつT-Mobileとの契約なしの8GBモデルiPhoneを999ユーロでの販売を余儀なくされた。 さらに、2010年10月29日より、O2、ボーダフォンが参入した。 フランス [ ] フランスではが独占キャリアとなった。 しかしながら、フランスでは国内法により発売後3か月が経過したiPhone含め携帯電話のロック解除に応じなければならないうえに、契約なしSIMフリーのiPhoneも並行して販売しなければならない。 これは、キャリアの囲い込みを禁じ、ユーザからの求めがあった場合、キャリアは端末をアンロックする手段を提供しなければならずSIMロック端末と同時にロックなしの端末も販売せねばならないという法律によるものである。 のちに、、を含めた3キャリアによって展開されている。 SIMフリー版 [ ] 2017年時点で、ヨーロッパのすべての地域でSIMロックフリー版も発売されている。 脚注 [ ] [] 補足 [ ]• との協議の結果「アイフォーン」になっている (詳細は「」を参照)。 原音表記では「アイフォン」の方が近い。 そのため、アップル及び国内の携帯各社のWebサイトやパンフレット等に「 iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 」との旨が書かれている。 出典 [ ]• 2007年6月29日. 2008年6月6日閲覧。 Robert Palmer 2008年6月9日. The Unofficial Apple Weblog(TUAW). 2008年6月10日時点のよりアーカイブ。 2008年6月10日閲覧。 Apple. 2009年6月8日. の2012年9月18日時点におけるアーカイブ。 2020年1月10日閲覧。 - 東洋経済オンライン 2012年7月2日• - アイホン 2008年3月24日• ドコモ及びソフトバンクは本製品をスマートフォンとは分類せずに、"iPhone"と言うカテゴリーに分類している。 Inc, Shogakukan. @DIME アットダイム. 2020年5月12日閲覧。 ITmedia Mobile. 2020年5月12日閲覧。 WIRED. 2020年5月12日閲覧。 日経クロステック(xTECH). 日経クロステック(xTECH). 2020年5月12日閲覧。 www. soumu. 2020年5月12日閲覧。 Apple Inc. 2007年6月10日. 2008年6月12日閲覧。 ITmedia NEWS アイティメディア. 2009年6月9日. 2020年1月10日閲覧。 Apple Inc. 2009年6月9日. 2009年6月9日閲覧。 Apple 2011年10月17日. 2020年1月10日閲覧。 ITmedia Mobile アイティメディア. 2012年5月31日. 2020年1月10日閲覧。 2011年10月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月10日閲覧。 - GIZMODO 2013年9月11日• - gigazine 2013年9月11日• - ケータイWatch 2013年9月20日• - AV Watch 2013年11月22日• - ITmedia 2013年11月22日• - マイナビニュース 2016年7月8日• - itmedia 2016年11月5日• - itmedia 2016年07月21日• - ケータイWatch 2014年9月10日• - CNET Japan 2014年9月10日• - Apple Press Info 2014年9月10日• - ITmedia 2014年9月10日• - ケータイ Watch 2015年9月10日• - Apple Press Info 2015年9月9日• - iFixit• - Chipworks• - JR東日本 2016年9月8日• - JCB 2016年9月8日• - NTTドコモ 2016年9月8日• ,AV Watch,2017年9月13日• 稲葉雅己 2017年9月13日. 2017年10月6日閲覧。 iPhone Mania. 2018年9月13日. 2018年9月13日閲覧。 Apple(日本). 2019年2月22日閲覧。 ASCII. 2019年9月11日. 2019年9月11日閲覧。 ASCII. 2019年9月11日. 2019年9月11日閲覧。 週刊アスキー. 週刊アスキー. 2019年10月6日閲覧。 CNET Japan 2019年9月18日. 2019年10月6日閲覧。 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日閲覧。 プレスリリース , Apple Inc. , 2007年6月18日 ,• - ケータイWatch 2015年9月10日• Hashimoto , 橋本 新義 Shingi. 日本語. Engadget JP. 2018年4月4日閲覧。 Slivka, Eric 2009年6月10日. Mac Rumors. 2009年7月3日閲覧。 Patterson, Blake 2008年7月7日. touchArcade. 2009年3月20日閲覧。 Dilger, Daniel Eran 2008年3月20日. RoughlyDrafted Magazine. 2009年5月12日閲覧。 AnandTech. 2009年6月10日閲覧。 phoneWreck 2009年6月19日. 2010年4月20日閲覧。 iFixit. 2010年6月23日閲覧。 Wired. com. 2009年6月14日閲覧。 2010年6月22日閲覧。 UBM TechInsights. 2009年5月12日閲覧。 MacRumors. 2010年6月17日閲覧。 Apple Inc.. 2009年6月10日閲覧。 Apple Inc.. 2010年6月9日閲覧。 日本ではRev. Bのサービスは非対応だが, 代わりにRev. Bのサブセット版にあたるが使用される。 株式会社インプレス 2019年9月11日. INTERNET Watch. 2019年9月12日閲覧。 phonewreck. 2009年6月22日閲覧。 - ascii. jp 2012年4月24日• 2010年6月12日閲覧。 2010年6月12日閲覧。 iFixit. com. 2 2009年6月19日. 2009年6月19日閲覧。 iFixit. com. 1 2010年6月24日. 2009年6月26日閲覧。 iFixit. com. 2 2012年9月21日. 2012年9月23日閲覧。 Gizmodo. 2010年6月9日閲覧。 - apple• オブソリート製品は米国を含めた世界でサポートを終了した製品(販売から7年以降)。 ビンテージ製品は米国以外でサポートを終了した製品(販売から5年以上7年未満)• 2007-2018. Retrieved September 28, 2018. Apple(日本). 2019年2月6日閲覧。 Apple(日本). 2019年2月6日閲覧。 Apple(日本). 2019年2月6日閲覧。 週刊アスキー. 週刊アスキー. 2018年4月4日閲覧。 Japan, Anker. magazine. ankerjapan. com. 2019年9月1日閲覧。 日本語. Apple Support. 2018年4月4日閲覧。 The first revelation is an admission that Apple had collaborated with a well-known Japanese consumer electronics company in 2004 to develop a phone that was ahead of its time. 2007年12月4日閲覧。 2007年12月4日閲覧。 2007年9月10日. 2007年12月4日閲覧。 ロイター 2008年1月16日. 2008年6月12日閲覧。 Apple Inc. 2008年2月15日. 2008年6月12日閲覧。 IBTimes 2008年5月8日. 2008年6月12日閲覧。 - ソフトバンクモバイル 2008年6月4日• マイコミジャーナル 2008年6月10日. 2008年6月12日閲覧。 2008年6月12日閲覧。 Apple 2008年7月14日. 2008年7月15日閲覧。 Apple 2008年7月14日. 2008年7月15日閲覧。 「」 、2009年8月14日。 「」 AFPBB News、2009年8月26日。 「」 東京夕刊 、2009年8月14日。 「」『ITmedia NEWS』。 2018年4月4日閲覧。 日本語. CNET Japan. 2011年10月12日. 2018年4月4日閲覧。 ニュース:ITpro 2011年9月2日• 日経新聞. 2020年3月26日. 2020年3月26日閲覧。 GIGAZINE. 2019年9月30日閲覧。 枝 洋樹 2006年8月2日. 2009年12月31日閲覧。 Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 2019年2月8日. 2019年9月19日閲覧。 Apple(日本). 2019年9月19日閲覧。 iSuppli 2007年1月18日. 2008年6月12日閲覧。 Apple Inc.. 2008年11月7日閲覧。 - マイナビニュース 2013年1月19日• - ライブドアニュース 2014年9月28日• - J-CAST 2013年5月21日• 太田亮三 2009年5月14日. ケータイ WATCH. 2010年11月14日閲覧。 ITmedia News 2007年10月2日. 2007年12月4日閲覧。 - コンピュータワールド日本語版 電子版• ITpro 2007年8月27日. 2007年12月4日閲覧。 プレスリリース , Apple. Inc , 2009年12月31日閲覧。 2008年3月24日. 2008年3月25日閲覧。 [ ]• 麻田雄二 2009年6月10日. サーチナ. 2009年6月12日閲覧。 - CNN. jp 2013年2月15日• Tom Krazit(CNET News. com) 2008年6月3日. 2008年7月27日閲覧。 Apple Inc. 2008年10月22日. 2008年11月7日閲覧。 It Media 2008年11月11日. 2008年11月13日閲覧。 岩城俊介 2008年9月19日. 2008年11月7日閲覧。 ITmedia 2009年6月23日. 2009年6月24日閲覧。 ITmedia 2010年4月23日. 2010年5月9日閲覧。 2011年9月23日閲覧。 2011年9月23日閲覧。 「・iPhone4本体の故障については、Appleのサポートにご相談ください。 」明記有り• 2014年5月3日閲覧。 ソフトバンクモバイル株式会社. 2008年9月16日閲覧。 永井美智子「」 、2008年11月7日。 ソフトバンクモバイル株式会社. 2008年7月13日閲覧。 - ソフトバンクモバイル 2013年12月10日• SIMロックフリー端末やVodafoneブランドの端末でなら使用は可能。 ただし、通話とSMSのみとなる• 園部修 2008年10月30日. 2008年11月7日閲覧。 - ソフトバンクモバイル 2013年3月21日• - ケータイWatch 2013年9月13日• - ケータイ Watch 2015年9月10日• 2018年12月11日 2019年12月10日閲覧• 2019年12月10日閲覧• - ケータイWatch 2011年10月7日• - ケータイWatch 2012年3月21日• - ケータイWatch 2012年9月21日• ニュースリリース 2016年8月17日. KDDI. 2016年9月16日閲覧。 - ケータイ Watch 2015年9月10日• - ITmedia 2013年9月13日• - ケータイWatch 2013年12月12日• 白石 雄太 2013年9月13日. RBB TODAY IID. 2017年11月3日閲覧。 斉藤 栄太郎 2014年9月24日. 2017年11月3日閲覧。 - NTTドコモ 2015年1月13日• - ケータイWatch 2013年9月11日• - ケータイ Watch 2015年9月10日• 2007年12月4日閲覧。 BusinessWeek 2009年12月25日. 日経ビジネス. 2009年12月31日閲覧。 Junya Suzuki 2009年12月4日. マイコミジャーナル. 2009年12月31日閲覧。 太田 亮三 2010年6月4日. 携帯Watch. 2011年1月11日閲覧。 白根 雅彦 2011年1月12日. 携帯Watch. 2011年1月12日閲覧。 高森 郁哉 2007年11月22日. 毎日jp(毎日新聞). 2012年7月11日時点のよりアーカイブ。 2007年12月4日閲覧。 BBC 2007年12月4日. BBC NEWS. 2007年12月5日閲覧。 関連項目 [ ]• (Newton Messagepad) - かつて発売されていたアップル製PDA。

次の