韓国 ざ まあ。 【まあたそ・毎日メイク法】最新版メイク道具まとめ!二重まぶたに使うコスメも注目!

韓国ドラマ

韓国 ざ まあ

以下引用。 『ふりかえれば、未来が見える ~問いかける元「慰安婦」たち~』と題されたドキュメンタリーが収録されたものだ。 実はこの映像は、1998年の制作以来、20年あまりの間、公開されることなく封印されてきた。 日韓関係の狭間で埋もれていたこの作品を、私はある関係者から独自に入手した。 映像は1997年1月、ソウル・プラザホテルで行なわれたセレモニーの様子から始まる。 〈7人の元「慰安婦」の方にお詫びと償いが届けられた〉と日本語のテロップが入り、チマチョゴリの正装で集まった元慰安婦らに対して橋本龍太郎・首相(当時)の署名入りの手紙が読み上げられた。 火をつけたのは国会議長の「天皇謝罪要求」だが、これには伏線があった。 契機となったのが1月30日付の米紙ニューヨークタイムスの記事だった。 同紙ソウル支局長チェ・サンフン氏が、元慰安婦である金福童さん(享年92)の死亡記事で「(日本政府は元慰安婦の)女性への正式謝罪や補償を拒絶し続けてきた」などと書いたのだ。 日本外務省はこれに即座に反応し、大菅岳史・報道官は「日本政府は数多くの機会において元慰安婦に対する誠実な謝罪と悔恨の念を伝えてきた」との反論を公表した。 議長が米メディアで発言したのはこの直後だった。 橋本首相の手紙の言葉を、元慰安婦たちが真剣な表情で聞き入るシーンは印象的だ。 当時、日本は1995年に設立された「アジア女性基金」を通じ、慰安婦問題の解決を目指していた。 償い金の支給や、首相の手紙を元慰安婦に渡す活動に取り組んできたのだ。 しかし、韓国世論は冷淡だった。 「実はこのプラザホテルでのアジア女性基金のセレモニーは、参加した元慰安婦の名前も公表せず極秘裏に行なわれた。 韓国では女性基金の活動に対して激しいバッシングが起き、韓国の市民活動家たちからは『日本の汚い金を受け取るな』と口汚い攻撃があったからです」(基金関係者) そんななか、慰安婦問題の記録と、基金の活動を広報することを目的に『ふりかえれば、未来が見える』の制作は行なわれた。 映像には日本語の字幕がつけられており、英語、韓国語、中国語版も作られた。 「日本側は当初、映像作品を国際会議などで上映し、慰安婦問題や基金の活動を韓国及び世界に向けて発信する予定でした。 作品のプレビュー(試写)には基金のスタッフだけではなく内閣府の審議官等も参加していて政府公認の作品となるはずでした」(同前) しかし同作品が日の目を見ることはなかった。 上映されることなくお蔵入りとなってしまったのだ。 「非公開の理由は公表されていませんが、基金を所管する外務省は当時、作品を公開することで、再び韓国内でバッシングを受けることを怖れていたようです」(外務省関係者) 日本の首相の手紙に元慰安婦たちが涙するという貴重な映像は、こうして封印された。 日本の首相が謝罪し、そのことに感極まった元慰安婦の映像があるというのだ。 何度謝罪してもだめなようだから、韓国にかまわない方がいい。 ロシアとの間もそうだ、ロシア国民向けには、ソ連が中立条約を無視して不法占領した事実が伝えられていない。 それなのにそのことを日本政府は声を上げて言おうとしない。 おそらく経済援助に群がるハイエナ政治家のために、大企業に協力させて税金をつぎ込んで、そこから金をかすめ取ろうとするために、領土問題なんか関係なく、ロシアに税金をつぎ込みたいのが、今の自民公明だ。 嘘つきをトップに抱く自民公明、その政党の地方支部宛に抗議の電話をかけましょう。 もりかけは、統計偽装はどうなった?逮捕状の執行停止とは何事だ、記者会見で都合の悪いことを聞かれると、その記者を排除することを、自民公明がやるのは、言論弾圧だなど、地方支部に質問し抗議しましょう。

次の

韓国と「良好」「まあ良好」22ポイント減、最低に 外交世論調査

韓国 ざ まあ

はじめの一言 「ごく小さい細工品を仕上げる精巧さと巧妙さという点にかけては、日本人は誰からも学ぶ必要がないといえるだろう。 日常普段に使われる漆器、銅製品、陶磁器などは日本人のこの能力の証であり、ヨーロッパでもこれに勝る物を作ることは困難だろう。 (アルミニヨン 幕末)」 「イタリア使節の幕末見聞記 講談社学術文庫」 前に紹介したけど、韓国には日本にとってやっかいな問題がある。 それが「」という問題。 韓国が世界的に有名な日本文化を見て、「その日本文化の始まりは韓国にある。 起源は韓国にあり!」と言い出すこと。 具体的には次のようなものがある。 まあ、ビックリするほどたくさんありますわ。 韓国起源説の対象は、侍、日本刀、剣道、空手といった武術・武道関連、歌舞伎や折り紙といった伝統文化、寿司や沢庵といった和食、「わっしょい」等の様々な日本語の語源、東洲斎写楽や天皇などの著名人物、 熊本城や日本庭園や勾玉といった有形文化財、ソメイヨシノや秋田犬のような動植物、旭日旗のような日本の公用旗にいたるまで、分野や有形無形を問わず、日本のアイコンとされる様々なものに対して主張されている。 (ウィキペディア) ネットで検索したら、「韓国起源説」についていくらでも情報を得られる。 今の日本人にとっても、大きな関心ごとになっているから。 韓国には無関心だったボクの知人で、このことを知って韓国への見方が変わってしまった人もいる。 「歴史について韓国が日本に文句を言うのは分かる。 けれど、日本の文化について、何でこんなことを言われるのか分からない」 その知人はそんな不満をこぼしていた。 春になると、「桜の起源は韓国」と言い出す。 これはもう、「韓国のお約束」になっている。 この韓国起源説のせいで、日本でどれだけの「韓国嫌い」を増やしているのだろうか? 韓国のスナック菓子「セウカン」 韓国初となるスナック菓子で、国民的なお菓子。 あれ? 日本の「かっぱえびせん」とそっくりだ・・・。 ハングル文字以外の違いが分からないほど。 まあ、かっぱえびせんの「パクリ」だからね! *剽窃は「ひょうせつ」。 簡単にいったら「パクった」ということ。 日本ではカルビーのかっぱえびせんを剽窃した商品として、テレビの報道番組で幾度か取り上げられた。 かっぱえびせんとは、原材料、製法、形状、パッケージに至るまで、極めて酷似している。 かっぱえびせんが発売された1964年から、7年遅れて発売された商品だった。 (ウィキペディア) でも韓国人の友人は、日本のかっぱえびせんを「日本版セウカン」と呼んでいた。 韓国のセウカンが「日本のかっぱえびせんの始まり」と本気で思っていた。 おいっ! 視点を変えてみよう。 中国人はこの「韓国起源説」をどう思っているのか? 次に紹介する新聞記事は、それを知るヒントになる。 前回、「くだらない」という日本語の語源が「百済(くだら)」にあるとかん違いしていた韓国人の友人の話をした。 *百済は古代の朝鮮半島にあった国。 でも韓国にはこの考えが広くあるらしい。 「くだらない」の語源は「百済ない」で、「優秀な百済の文物がないことはみすぼらしいこと=百済・ない」が「くだらない」の起源であると主張している。 (ウィキペディア) でもこのぐらいなら大したことではない。 これがエスカレートして、2009年には韓国人の学者が「日本語の起源は百済語にある」と発表している。 これに対する中国人の反応がおもしろい。 環球時報は22日、韓国・檀国大学の金容雲首席教授が「日本語の起源は百済語」とする著書を著し、8月に日韓同時に出版されると伝えた。 同記事に対して、中国人ユーザーによる韓国・韓国人批判が相次いだ。 中国では、韓国人の「韓国起源説」を支持するのではなくて批判する声が多い。 なぜなら中国もその「被害者」だから。 これまで韓国で、「孔子は韓国人」、「漢字は韓国で作られた」、「イエス・キリストは韓国人」などの説が発表され、韓国に伝わる「江陵端午祭」がユネスコの世界文化遺産に登録されたことなどから、中国では「韓国人は歴史をゆがめ、横取りする」との反感が強い。 端午(たんご)は、「こどもの日」として日本でもなじみが深い。 日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっている。 (ウィキペディア) この端午の風習は、中国で始まっている。 間違いなく中国が生みの親。 けれども韓国では、この端午祭を「韓国の伝統行事」として世界遺産の登録を申請してしまった。 その理由は「韓国に伝わって1500年以上が経過した(ウィキペディア)」ということから。 そして中国生まれの端午祭は、「韓国の世界遺産」として認められてしまった。 当然、中国人には納得がいかない。 納得がいかない、というレベルではなく激怒した。 端午祭の本家である中国のマスコミをはじめとする諸団体は「韓国起源の節句として無形文化遺産登録された」などと猛反発した (ウィキペディア) こんな理由で、中国では韓国人がとなえる「韓国起源説」を嫌う人がたくさんいる。 中国にはこんな「反韓感情」があるから、先ほどの記事にはこんな中国人のコメントがのっている。 ・同記事を紹介したインターネットサイト環球網のコメント欄には、韓国・韓国人を批判する書き込みが相次いだ。 「中国に続いて日本。 日本人も目まいを起こしているだろう」、「天なる神も、韓国人だろう」、「太陽系も韓国人の発明」 「太陽系も韓国人の発明」というのは壮大でおもしろい。 「日本は嫌いだ」という中国人が多いのは事実。 でも韓国人がときどき言い出す「韓国起源説」については、日本に味方する中国人はたくさんいる。 このことについては、中国人も韓国に怒っているから。 韓国が「韓国起源説」をいうのは、韓国にとって得るものより失うものの方が大きい気がしてならない。 おまけ 2016年9月25日の「Record China」で、こんな記事があった。 韓国人はむかし漢字を使っていた。 でも今の韓国人は、漢字を使う機会なんてまったくといっていいほどない。 そんな韓国が今になって、漢字の廃止を後悔しているという。 中国のポータルサイト・今日頭条が、韓国は漢字を廃止して後悔しているとする記事を掲載した。 こうしたことから、韓国では漢字を復活させようとする動きもある。 韓国の「漢字教育の復活」に対して、こんな警戒感をもつ中国人もいるらしい。 「韓国は漢字を文化遺産に申請するのではないかととても心配だ」 「韓国人は漢字を学んではダメだ。 そうでないと漢字まで韓国の発明にされてしまう」 中国にこんな空気がある。 だから韓国人が言い出す「韓国起源説」については、中国人は日本の味方になることが多い。 おまけ 中国列車の旅 もうすぐ終点の北京に着くところ.

次の

『秋恒例!アラサー女子4人旅2012~果てしない欲望はソウルで満たそう♪~』ソウル(韓国)の旅行記・ブログ by まあことさん【フォートラベル】

韓国 ざ まあ

We manage version control so you can make changes on the fly. Sophisticated options allow you to set the QA score rules and policies. Engage agents via dashboards A well designed quality process will only work if your agents engage with and trust the tools. Collaboration, transparency and communication are at the heart of Scorebuddy enabling real, measurable change to take place delivering consistently improving customer experiences. Scorebuddy allows you to highlight and share patterns and trends across groups and teams, drilling all the way down as far as the individual agent. And what if you could brand the survey for your company and link the result to the agent? Easy to deploy• Quick to deploy• Immediate results delivered to the agent and the team The first step we took as part of our QA strategy, was to decide what platform would be used that would provide analytics and reporting that we could do with ease. We needed to make sure we could access the data easily. We selected Scorebuddy! For Outsourcers working with a scorecard system like Scorebuddy, the primary problem is that you take the ecosystem that your clients use when they come on board. Scorebuddy can be used to standardize to one way of capturing quality, regardless of the ecosystem being used by the client. The 1 Outsourcer challenge is too much work and too little time. If used properly, Scorebuddy gives you the gift of time! At Beachbody we manage call centers on a global level and we use Scorebuddy to manage all of our QA Teams. Our QA teams randomly sample agent interactions, auditing all channels including voice, chat, email and social. We find Scorebuddy extremely easy to use, the look and feel is very user friendly. Our agents can review their dashboards immediately, reviewing feedback and gauging where they stand against other agents in real-time. Another major benefit of using Scorebuddy is due to their extensive and unique compliance suite. Furthermore, the team at Scorebuddy has been incredible, as far as when we need to reach out, requesting any type of assistance with a problem. Everyone has always been very attentive, so that has been incredible. Ryanair initially used Scorebuddy to measure 600 staff and 3 outsource partners throughout Europe. The value was seen immediately as our quality team saved hours every week by not having to struggle with the process via spreadsheets, and the team has found it easy to use. This requires a lot of emphasis on creating unique scorecards to cater to those different cultures and languages. Furthermore, we are currently getting ready to go live with our Zendesk integration. Scorebuddy has provided BenefitMall with an application for building consistent and customer focused quality evaluation solutions across business units and locations. Our front line now depends on Scorebuddy as an integral part of performance development tools used with staff. This includes over 400 users along with 80 admins and supervisors, which is why utilizing Agent Insights is essential for our business. By using Agent Dashboards agents feel more involved and the team is more aligned on what quality level is expected, especially the self-scoring and the option to request a 1:1 are really paying off. Using the Analytics reports provide us with information where to focus on, the loop with training and coaching is easily made and we can improve our tools to support our agents in a better way. The Scorebuddy-Zendesk Integration saves us a lot of manual work and that definitely is a plus, which in turn makes the overall QA process more efficient. Staff lists are up to date, unlike their previous system which was only updated annually. The managers have increased autonomy and ownership over their quality forms as they can instantly change their scorecards to what suits their needs. Some of our favourite features of the Scorebuddy enterprise package are Agent Insights and Analytics, which allow us to gain foresight into trends that impact our day to day business.

次の