快気祝い のし。 贈る前に調べよう!快気祝い熨斗(のし)や水引のマナー

快気祝・全快祝について

快気祝い のし

快気祝いの基礎知識をチェック! 病気やケガをした時、お世話になった方やお見舞いをくださった方に、お礼の気持ちとして贈るのが快気内祝いです。 病気が治った後や退院後、2週間以内を目処に贈るのがよいでしょう。 快気内祝いに贈る品物は、「病気が後に残らないように」という気持ちを込めて、あとに残らない物を選ぶのが一般的。 食べてなくなる食品や、「病を水に流す」イメージがある洗剤や石けん、タオルなども適しています。 のしの表書きは、全快した場合は「快気之内祝」や「快気祝」、全快はしていないものの入院中お見舞をいただいた方に退院後贈るなら「退院之内祝」や「御見舞御礼」とします。 名入れは姓または姓名、水引は紅白の「結び切り」にするのが通例です。 魚介・塩干・海産物• パン・グラノーラ• チーズ・乳製品・卵• 美容・健康食品• 保存食・非常食• その他フーズ・スイーツ• キット・セット• スキンケア・基礎化粧品• ベースメイク• メイクアップ• ボディケア• ヘアケア• メイク雑貨• 美容機器・雑貨• フレグランス• オーラルケア・歯磨きグッズ• 美容・健康食品• メンズコスメ• その他ビューティ• バッグ• ファッション雑貨• 財布・小物• アクセサリー• ランジェリー・インナーウェア・ルームウェア• バッグ• ファッション雑貨• 財布・小物• メンズコスメ• 洋食器• 和食器• キッチン用品・調理器具• フラワー• インテリア雑貨• 線香・仏具• ホビー• カタログギフト• その他ホーム&インテリア• ベビーウェア・雑貨• ベビーカー・チャイルドシート• ベビーベッド・寝具• おもちゃ・知育玩具• キッズ雑貨• 家具・寝具• 入園・入学準備• その他ベビー&キッズ• マタニティ用品• その他マタニティ• ランドセル 条件から探す [ ブランド ]• [ 在庫 ]• [ 価格タイプ ]• [ 価格 ]•

次の

快気祝い!のしの書き方に注意!名前はどうする?

快気祝い のし

病気やケガで入院していたけれど、無事回復して退院した際に、お見舞いに来てくれた方たちに「お返し」として贈り物をすることが一般的です。 その際にのし紙には「快気祝い」や「快気内祝い」などの表書きを入れることになりますが、いまいち「快気祝い」と「快気内祝い」の意味や違いが分からないということってありませんか?ここではそんな「快気祝い」や「快気内祝い」についての違いやのし紙の書き方に関してご紹介したいと思います。 快気祝いとは? 快気祝いとは本来、病気やケガが良くなり、治ったことを、療養中にお世話になった方々を自宅などに招いておもてなししたり、お礼の品を配ったりすることをいいました。 、現在では、自分が病気やケガなどで入院した際に、お見舞い金やお見舞いの品をいただいた方、自宅又はどこかの施設などで療養中にお世話になった方などに、お見舞いへの感謝と退院、快復したことの報告を兼ねてお礼の品などをお返しするということをいいます。 快気内祝いとは? 快気内祝いとは「内祝い」という言葉が入っているので、本来であれば身内や親しくしている方、お世話になってた方へ喜びを分かち合うために贈るというものです。 したがってお見舞いをいただいた方のみならず、自分が入院中にお世話になった方などに病気やケガなどが良くなりましたという喜びを感謝の気持ちを込めて分かち合うということが本来の快気内祝いということになりますが、現在では「内祝」自体がいただいたものに対する「お返し」というニュアンスが強くなってしまっている為、お見舞いのお返しとして贈ることが一般的になりつつあります。 快気祝いと快気内祝いの違いは? 上記の快気祝いと快気内祝いの内容を見て見ると、どちらもいただいたお見舞いに対する「お返し」ということになって、違いはないのでは?と思われる方が多くいらっしゃると思いますが、実はケガや病気の快復状況により使い分けられていることが多いようです。 この使い分けに関しては皆さんのお住まいの地域性や風習などにより違いがでていますが、退院してその後は自宅療養などがほぼないとする 全快の場合は「快気祝い」とし、お見舞いを頂いたかどうかは関係なく、病気やケガが回復した際にお祝いとお礼を兼ねて親しい人に渡すとき、または退院したけれどもその後も通院や自宅療養が少しの間必要という場合には「快気内祝い」とされることが多いです。 水引の本数は5本で紅白の水引が一般的に多く使われ、7本のものを使う地域などもあるので、5本または7本と覚えておくと良いでしょう。 ・病気が全快の場合:「快気祝」、「全快祝」 病気が前回の場合には全快祝いを使う地方などもありますが、快気祝いが一般的に多く使われます。 尚、地域によっては全快ではなくても退院後に通院や自宅療養などする場合でも全快に向かっていれば 「快気祝」で問題ありません。 ・退院後通院や自宅療養となる場合:「快気祝」、「快気内祝」 退院して自宅療養などもそう長くない期間で前回となる場合は「快気祝」で良いでしょう。 退院してもまだ自宅療養や通院などが続く場合は、取り急ぎ退院したことの報告と入院中のお見舞いをいただいたことに対するお礼とする場合は「快気内祝」、お見舞いは頂いていないけれど全快してお世話になった方やご近所などに配る品の場合は「快気内祝」とします。 病院を退院する際などにまわりや看護婦さんに配る折り菓子など(病院によっては受け取ってはいけないところもある)には「御礼」で良いでしょう。 尚、「快気内祝」は4文字で「死文字」といって気にする方も多いので、その場合は「快気之内祝」など5文字に書き換える地域などもあります。 「外のし」は表書きがハッキリと見えるので、結婚式や出産祝いなど誰からのものかがすぐわかるようにするのに向いています。 「内のし」は包装を開けてはじめて誰からのお祝いかわかるというちょっと控えめな感じになります。 快気祝い、快気内祝いでは、お見舞いのお礼と自身の快復を報告するというものですので、控えめな「内のし」を使用します。 快気祝いや快気内祝いを贈る時期 快気祝いを贈る際は、一般的には退院してから1週間か10日ほどを目安に自宅に戻って自分の体調が回復してから、お見舞いをいただいた方へ感謝の気持ちと退院や病気の快復などを報告するお礼状を添えて贈るようにします。 ただし、自宅療養が必要であったり、ご自身の体調がすぐれない場合などは元気になってからで問題ありません。 自宅療養が長くなる場合などは快気内祝いとして1カ月を目安に家の方などから快気内祝いの品とメッセージを添えて近況を報告すると心配してくれている方々も状況が把握できて安心してもらえます。 最後に 快気祝い、快気内祝いは自分のことを心配してくれ、お見舞いに来てくれた方たちなどに回復の報告をするという意味もありますので、しっかりとお礼のメッセージやお礼状などを添えて贈るようにしましょう。 皆さんからいただいたお心遣いに感謝の気持ちを込めてお礼をすれば、回復を願ってくれていた方たちも安心して喜んでいただけることでしょう。

次の

快気祝いののし!名前はどうする?内のし・外のしどっち?

快気祝い のし

まず、「快気祝い」と「快気内祝い」、どちらも「病気やケガをしていた本人からお世話になった方々へのお礼」として贈られます。 お見舞いに来て下さったり、仕事を休んでいた間フォローをしてくれた方々へ、退院や回復の報告を兼ねて感謝の気持ちを贈るという場合に使われます。 では、この二つにはどのような違いがあり、どのように使い分ければいいのでしょうか。 「快気祝い」とは、病気やケガが治り、完全に治療を終えて全快した時に贈るお返しの事を言います。 「全快祝い」と同じと思っていいでしょう。 一方、「快気内祝い」は、まだ自宅療養や通院が必要なケースで全快とは言えないが、お見舞いに対するお礼や退院の報告などをしたい場合に贈るお返しのことを言います。 一般的にはこのように、回復の様子で使い分けます。 「結婚祝い」「結婚内祝い」のように、贈る人が違うという訳ではありませんので、間違えて覚えないように注意してくださいね。 そもそも「快気」や「全快」という言葉は入院・療養していた側が、病気やケガが良くなったことを報告するために使うものです。 本来「快気祝い」とは、「病気やケガが良くなった喜びを本人がお世話になった周りの方々へお裾分けする」というもので、「お見舞いのお返し」という意味は後から広まったものです。 しかし現在では、「お見舞いのお返し」として快気祝いを贈ることは非常に一般的になっていますので、「快気祝い」「お見舞い返し」のどちらを使っても差し支えありません。 本来の意味をしっかり理解していれば、使いどころを間違える心配もありませんよね。 また、お見舞いしてもらったものの、まだまだ入院が長引きそうな場合も「御見舞御礼」を贈る場合もあります。 「退院祝い」とは、入院していた人が退院した時に、周りの人が入院していた人に対して贈るものです。 入院していた本人が周りに対して贈る「快気祝い」とは、贈る側、贈られる側が違いますね。 少々ややこしいですので注意して下さい。 入院中にお見舞い品やお見舞金を渡した場合は、退院祝いは必要ありません。 入院している時にお見舞いの品を持っていけなかった場合にお見舞いに代えて贈ると良いでしょう。 大体退院後1週間~1ヶ月までに贈るのがいいとされています。 それ以降になってしまう場合は、すっかりお元気になられたなら「快復祝い」、自宅療養中なら「お見舞い」としてお贈りすると良いでしょう。 現金で贈る事も珍しくない「お見舞い」とは違い、退院祝いでは、品物を贈る事が多いようです。 快気祝いや快気内祝いにはお礼状やメッセージカードを添えるのがマナーとなっています。 快気祝いと快気内祝いでは病気やけがの回復具合が異なりますので、お礼状の内容も若干変わってきます。 完治した場合に贈る快気祝いであれば、お見舞いのお礼に加えて「ご心配お掛けいたしましたが、お陰様で無事に退院いたしました。 」とし、品物を贈る旨を書きます。 一方、完治がまだしばらく先で自宅療養や通院、リハビリなどが必要な場合に贈る快気内祝いの場合であれば「ようやく退院することが出来ました。 まだしばらくは自宅療養が必要ですが、来月には元気な姿をお見せできるかと思います。 皆様にお会いできるのを楽しみにしております。 」などのように病気やけがの状況に応じて内容を変えて書きましょう。 病状の良し悪しにかかわらず相手を心配させるような書き方は避け、前向きな内容になるように心がけてくださいね。 世の中にはがんや糖尿病などのように完治するかどうかわからない病気、完治しないとされている病気もあります。 このような場合にお見舞いを頂いたお礼をしたいと思っても、「快気」という言葉はなかなか使いづらいものですよね。 そんな時は表書きを「御見舞御礼」や「御礼」として贈るといいでしょう。 退院のタイミングで贈るのであれば「退院内祝」としてもかまいません。 お見舞いのお返しは退院してから10日が目安、遅くとも1か月以内と言われていますが、深刻な病気やケガであれば相手のことを気遣う余裕もないかもしれません。 しかし、頂いたお見舞いに対してしっかりお礼を済ませておけば、気持ちがすっきりするということもあるでしょう。 体力面、気持ちの面が落ち着いてからで問題ありませんので、少しずつお返しの準備をしてはいかがでしょうか。 快気祝いと快気内祝い、他にも「全快祝い」「御見舞御礼」など似たような言葉がいくつも出てきました。 これらは非常に紛らわしく、間違って覚えている方もたくさんいらっしゃいますので最後にもう一度整理しておきましょう。 まず、快気祝いと快気内祝いはどちらも「頂いたお見舞のお礼」であることを押さえておきましょう。 病気やケガが完全に治った場合は「快気祝い」や「全快祝い」を使用します。 まだ完治していないものの、お返しを贈る場合は「快気内祝い」「御見舞御礼」「御礼」「退院内祝い」などを使用します。 「退院祝い」というのは、「御見舞」と同じく入院していた方に贈られるものですので、快気祝い、快気内祝いなどとは全く異なります。 少しややこしいですが、せっかくの心のこもった贈り物ですので間違えないように気を付けてくださいね。

次の