桶田 敬太郎。 桶田敬太郎の死因や現在は?解散理由と松本人志・有吉のコメント!

フォークダンスDE成子坂の桶田敬太郎さん死去

桶田 敬太郎

スポンサーリンク 桶田敬太郎さんのプロフィール 桶田 敬太郎(おけだ けいたろう さんは、日本の元お笑い芸人。 1971年10月4日生まれ、2019年11月23日死去。 享年48歳よ。 三重県鈴鹿郡関町(現亀山市)出身で三重県高田高等学校卒業。 血液型A型。 身長177cm。 お笑いコンビ「フォークダンスDE成子坂」の元メンバーでボケ・ネタ作り担当していたわ。 コンビ解散後、構成作家、イベントプロデューサー、プランナーなどマルチに活動。 株式会社MRに所属かつ、代表取締役よ。 高校からお笑い芸人を志望、中学時代の同級生・村田渚さんとコンビを組んだの。 ホリプロお笑い勉強会参加のため定期的に三重と東京を行き来し、高校卒業後上京し。 芸人として本格的に活動を開始しているわ。 1990年7月に、コンビ名を「フォークダンスDE成子坂」に。 1991年3月には地上波デビュー。 相方である村田さんや、あらゆる芸人から「天才」と呼ばれ、爆笑問題の太田光は「あいつは天才過ぎて売れなかった」と評したほどよ。 桶田敬太郎さんは結婚してた? 桶田敬太郎さんは独身だったわ。 そのため、奥さんや子供はいらっしゃらないわ。 さて、なぜフォークダンスDE成子坂が解散したのか振り返ってみましょう。 コンビが解散したのは、1999年の12月。 ボキャブラ天国シリーズもこの年終了。 解散理由は、桶田敬太郎さんが音楽をやり始めたいと言い出した事がきっかけね。 解散後にバンド「The 3cm~」を結成。 その後はバンド活動や放送作家、取締役を務めていた芸能プロダクションMRの経営などマルチに活躍していたわね。 相方の村田渚さんはお笑いの評価が高かったから、しばらくはピン芸人で活動。 松本人志のコメントは? まだ早朝だから、松本人志さんのコメントはまだ発表されていないわ。 後ほど追記するわね。 松本人志さんのコメントはなさそうね。 有吉さん「今日、なんかニュースいっぱいやってて。 なんだっけ?なんとか坂の、フォークダンスDE成子坂46の…」 安田さん「違います。 フォークダンスDE成子坂じゃなくて、欅坂。 」 有吉さん「フォークダンスDE成子坂…」 安田さん「46いませんから 笑 」 有吉さん「しかし、フォークダンスDE成子坂って悲しいけどね。 」 安田さん「うん。 」 有吉さん「ねぇ。 お二人とも、お亡くなりになっちゃいましたね。 」 安田さん「うん、そうですよね。 」 有吉さん「早いよね。 」 安田さん「ビックリですよ。 」 有吉さん「二人ともが、50になる前にいなくなったってことでしょ?」 安田さん「そうですよ。 」 有吉さん「ビックリしたよね。 そのフォークダンスDE成子坂46が…」 ラジオで言及していたから、桶田敬太郎さんと生前に交流があったと思うんだけど・・・。 もしかしたら、有吉さんはもうお別れが済んでいるかもしれないわね。

次の

桶田敬太郎

桶田 敬太郎

名前:桶田敬太郎(おけだけいたろう) 生年月日:1971年10月4日 出身:三重県亀山市(生まれは兵庫県尼崎市) 血液型:A型 身長:177cm 職業:芸能プロダクション取締役 桶田敬太郎さんの経歴とは もぅ!毎度毎度!…って、あまりにくだらなく次元の低い面倒な諸問題が議題に上がる…この日の打ち合わせ前の、気が重ーくなってる時の自撮り…。 気のせいか鼻毛も出てる感じがするよね。 ホリプロ所属のお笑いコンビ 「フォークダンスDE成子坂」として活躍されていました。 出身中学の 関町立関中学校の同級生で相方の 村田渚さんと出会い、 三重県高田高等学校に在学中にコンビを結成しています。 二人でホリプロのオーディションに参加し東京都三重を行き来していました。 努力が実り「フォークダンスDE成子坂」は 1991年にTVデビューを果たしています。 桶田敬太郎さんは当時19歳でした。 第14回 高田文夫杯争奪 OWARAIゴールドラッシュ優勝や『GAHAHAキング』で第2代チャンピオンになるなど数々の賞を受賞。 若手芸人としては異例の速さでの大出世で、知名度を上げて行きます。 二人が全国区で知れ渡るきっかけとなった番組は… 当時、大人気となっていたフジテレビのバラエティ番組『タモリのボキャブラ天国』でしょう。 芸人仲間からは天才と言われた二人でしたが、1999年突然の解散を発表します。 桶田敬太郎さんはお笑いと並行してバンド活動もされており、バンド活動に専念することに。 バンドボーカルTaroとして活動していましたバンド名は「The 3cm〜」です。 歌唱力に定評があり、鋭い歌詞とメロディアスな楽曲が受け多くのファンを魅了しました。 2004年ごろからは裏方に回り、 放送作家や構成作家、音楽プロデューサーとして活動を始めていました。 しかし2006年に悲報が報じられます。 元相方の村田渚さんが2006年にくも膜下出血のため35歳の若さで亡くなられたのです。 村田渚さんについてアメブロで以下のようにコメントされていました。 ストーリーとしては、 これのここまで、ホント渚の思い… あいつがこの状況下どんなことを考えていて、 コンビのこと仕事のことオレのこと…どう思ってるのか? これまでの流れと、この微妙に深刻さが漂っている不協和音、 腫れ物的な状況を受けて、何を考えてるのか?どう想ってるのか? …全くわからなかった。 それは、渚自身から口にすることも一切ないし、 ハッキリした行動をとることも無かった。 ゆえ、渚の思い…気持ち…意思…というのは この時点まででは、全くハッキリ見えるものはなく、 ただただ二人の間に起こる断片からの俺自身の想像…。 今回、ストーリーの中で起こる、 最後の最後にして唐突に伝えられたその展開… それが遅かったのか?オレの決断が早かったのか?は、 あえて、そこをキーポイントとしては考えたくない。 ただ、いま冷静な心情で、客観的、俯瞰的に思うと オレにとって渚のその言葉は 本編中にナカムラが言っていた通りのものだったと思う。 フォークダンスDE成子坂…結成から解散に至った全経緯とその真相。

次の

フォークダンスDE成子坂の桶田敬太郎の死に有吉が言及。画像・ネタ動画

桶田 敬太郎

名前:桶田敬太郎(おけだけいたろう) 生年月日:1971年10月4日 出身:三重県亀山市(生まれは兵庫県尼崎市) 血液型:A型 身長:177cm 職業:芸能プロダクション取締役 桶田敬太郎さんの経歴とは もぅ!毎度毎度!…って、あまりにくだらなく次元の低い面倒な諸問題が議題に上がる…この日の打ち合わせ前の、気が重ーくなってる時の自撮り…。 気のせいか鼻毛も出てる感じがするよね。 ホリプロ所属のお笑いコンビ 「フォークダンスDE成子坂」として活躍されていました。 出身中学の 関町立関中学校の同級生で相方の 村田渚さんと出会い、 三重県高田高等学校に在学中にコンビを結成しています。 二人でホリプロのオーディションに参加し東京都三重を行き来していました。 努力が実り「フォークダンスDE成子坂」は 1991年にTVデビューを果たしています。 桶田敬太郎さんは当時19歳でした。 第14回 高田文夫杯争奪 OWARAIゴールドラッシュ優勝や『GAHAHAキング』で第2代チャンピオンになるなど数々の賞を受賞。 若手芸人としては異例の速さでの大出世で、知名度を上げて行きます。 二人が全国区で知れ渡るきっかけとなった番組は… 当時、大人気となっていたフジテレビのバラエティ番組『タモリのボキャブラ天国』でしょう。 芸人仲間からは天才と言われた二人でしたが、1999年突然の解散を発表します。 桶田敬太郎さんはお笑いと並行してバンド活動もされており、バンド活動に専念することに。 バンドボーカルTaroとして活動していましたバンド名は「The 3cm〜」です。 歌唱力に定評があり、鋭い歌詞とメロディアスな楽曲が受け多くのファンを魅了しました。 2004年ごろからは裏方に回り、 放送作家や構成作家、音楽プロデューサーとして活動を始めていました。 しかし2006年に悲報が報じられます。 元相方の村田渚さんが2006年にくも膜下出血のため35歳の若さで亡くなられたのです。 村田渚さんについてアメブロで以下のようにコメントされていました。 ストーリーとしては、 これのここまで、ホント渚の思い… あいつがこの状況下どんなことを考えていて、 コンビのこと仕事のことオレのこと…どう思ってるのか? これまでの流れと、この微妙に深刻さが漂っている不協和音、 腫れ物的な状況を受けて、何を考えてるのか?どう想ってるのか? …全くわからなかった。 それは、渚自身から口にすることも一切ないし、 ハッキリした行動をとることも無かった。 ゆえ、渚の思い…気持ち…意思…というのは この時点まででは、全くハッキリ見えるものはなく、 ただただ二人の間に起こる断片からの俺自身の想像…。 今回、ストーリーの中で起こる、 最後の最後にして唐突に伝えられたその展開… それが遅かったのか?オレの決断が早かったのか?は、 あえて、そこをキーポイントとしては考えたくない。 ただ、いま冷静な心情で、客観的、俯瞰的に思うと オレにとって渚のその言葉は 本編中にナカムラが言っていた通りのものだったと思う。 フォークダンスDE成子坂…結成から解散に至った全経緯とその真相。

次の