水 美 舞 斗 ツイッター。 水美舞斗がイケメンすぎる!本名や誕生日・出身校を調査!【画像あり】

「水美舞斗」のYahoo!検索(リアルタイム)

水 美 舞 斗 ツイッター

水美舞斗さんは歌(伸びやか、安心感)とダンス(恰好いい、表情がある、スタイルが良い、シャープ、キレキレ、綺麗)と芝居(表現力豊か、悪顔、目力が半端ない、アドリブ、宝塚らしい)の三拍子揃った、 かっこいい(端正、キザり、華やか、男前、彫り深い、凛々しい、可愛い、キラキラ、イケメン、笑顔、筋肉質、ダイナマイト、美しい、色気、気品、風格、オーラ、ウインクでイチコロ)、 宝塚の筋肉番長です。 芸名の由来は、踊りが好きな事です。 「水」は好きな色が水色です。 「舞」は好きな踊りと同じ意味がある漢字です。 「水」「美」「舞」「斗」はタカラジェンヌに多い漢字です。 名付け親は家族です。 愛称の由来は、 「マイティー」は同期に愛称を聞かれた時に「舞斗」から「舞台で美しく舞えるように」という意味で名付けられました。 「みなみ」は本名と芸名からきています。 筋トレしなくても筋肉番長に就任しました 体育会系なので、公演中の腕相撲大会では蘭寿とむさんを抑えて1位になり、花組で敵なしになりました。 芸名に「舞」の字があるぐらいにダンスが得意なので、エリザベートの最後のダンスの振り付けを30分で覚えてしまいました。 一番好きで得意なのはダンスですが、観客に早く心を伝えるために歌のレッスンに励んでいます。 明日海りおさんには「言葉一つにも芝居のつながりを意識して。 語尾はしっかりと」「ライトをカリスタの太陽だと思って」とアドバイスされました。 来歴 ・幼少時代 宝塚歌劇を初観劇しました。 3歳からクラシックバレエを習っていました。 ・学生時代 小学5年生から「宝塚コドモアテネ」に通っていました。 ・2007年 宝塚受験に合格しました。 宝塚音楽学校に入学しました。 ・2009年 宝塚音楽学校を卒業しました。 95期生として宝塚歌劇団に入団しました。 花組に配属されました。 ・2014年 「ラスト・タイクーン」の新人公演でパット・ブレーディ役に選ばれました。 「エリザベート」で初女役の黒天使マデレーネ役と新人公演のルイジ・ルキーニ役に選ばれました。 ・2015年 「カリスタの海に抱かれて」の新人公演で初主演に選ばれました。 「スターダム」でネイサン役に選ばれました。 「宝塚100周年記念モニュメント」の除幕式に出演し、「すみれの花咲く頃」を合唱しました。 ・2016年 新人公演を卒業したので、時間ができた分も歌のレッスンに通うようになりました。 「ME AND MY GIRL」の役替わり公演でジェラルド・ボリングボーク役に選ばれました。 「アイラブアインシュタイン」でトーマス役に選ばれました。

次の

あれれ?水美舞斗よ、どこへ行く?

水 美 舞 斗 ツイッター

コンテンツ(目次)• とにかく、 左右対称で綺麗に整ったお顔と筋肉が、「水美舞斗さん」の最大の特徴ですよね。 筋肉美! まさにこの言葉がぴったりです! そんな水美舞斗さんのプロフィールを簡単に紹介していきますね。 名前:水美舞斗(みなみまいと)• 生年月日:1991年6月28日• 出身:大阪府寝屋川• 出身校:大阪府国際大和田中学校• 身長:170cm• 宝塚入学:95期生• 宝塚音楽学校入学:2007年4月• 席次:3番目• 宝塚入団:2009年3月• 本名:青木美奈実(あおきみなみ)• あだ名:みなみ、マイティー• 所属:花組 水美舞斗さんは、中学校を卒業してすぐに宝塚音楽学校に一発合格しているので、 生まれた年は「1991年」となります。 2019年の段階で、 28歳ということになりますね。 本名は「青木美奈実さん(あおきみなみ」なので、名前を芸名の姓として使っているので、「みなみ」とお呼びするのがピッタリということです。 もちろんあだ名も 「みなみ」「マイティ」と言います。 「かっこよすぎ~」 「どう見ても本物の男性でしょ」 「かっこよすぎ問題発生」 こんな意見が、いたるところで聞こえてきます。 これは水美舞斗さん本人を見たことがある方であれば、きっと気持ちを分かってくれるのではと思いますね。 とにかく 理想の男性というイメージにピッタリなんです。 プチ情報ですが、 肩幅もなんと43cmあるということです。 ちなみに、女性の肩幅の平均は 36cm、男性の平均でも 40cmなので、水美舞斗さんの肩幅が男前すぎますよね。 もはや男性以上の、格好良い、頼りになる男性(包容力がある)という感じです。 公演を見に行くと、鍛え上げられた筋肉によるキレキレのダンスを見れますし、170cmの高身長なのでステキ! 個人的に好きなところは、台詞のハキハキとして滑舌と、美しい包み込むようなお声です。 何度聞いても、惚れ直してしまうような美声も水美舞斗さんの魅力の1つです。 特にお茶会に出席させてもらえると、さらに水美舞斗さんが好きになってしまいます。 ファンを大切にしてくれているというのを実感できる、素晴らしい人となりを感じることができました。 そんな水美舞斗さんだからこそ、いつかトップスターになってほしいと願っています。 美しいお顔について、こんな計算をしている方もいますが、心から納得してしまいました。 もちろん路線に乗っているかだけではなく、実力や人気も同時に考慮されます。 路線に乗っているかどうかという面では、水美舞斗さんはまだ路線から外れてはいないと言えると思います。 水美舞斗さんの経歴から、トップスターになれる確率を確認してみましょう。 ・・水美舞斗さんの経歴 2007年 4月:宝塚音楽学校入学 2009年 3月:宝塚歌劇団入団 2009年 4月:宙組公演「薔薇に降る雨」にて初舞台を経験 2009年 6月:花組に配属 2015年3月: 新人公演初主演「カリスタの海に抱かれて」 2017年:宝塚歌劇団年度賞 -2016年新人賞受賞 2018年5月: バウ公演初主演「Senhor CRUZEIRO! —南十字に愛された男」 重要になる要素が、新人公演主演とバウ公演主演になります。 2009年に入団してから 6年後の 2015年に新人公演を経験し、 9年後にバウ公演の主演を経験しています。 主演の経験がある「水美舞斗さん」であれば、 十分トップスターの資格があると言えるでしょう。 しかし水美舞斗さんが所属する花組には、「柚香光」さんがおり、絶対的な 2番手です。 新人公演主演・バウ公演主演の数でも、水美舞斗さんを上回っているため、おそらく次期トップスターは「柚香光」さんになるでしょう。 そうなると水美舞斗さんが、花組のトップスターになれる可能性が低くなってしまいます。 希望的な見方になりますが、組を移動した上でトップスターになる可能性の方が高くなるかもしれませんね。 個人的には、いつかトップスターになってほしいと思っている方なので、まだまだ諦めてはいません。 ずっと応援していきます! 明日海りおさんを目の前で見てきた「水美舞斗さん」だからこそ、本物の男役トップスターになれると信じています。 バッグを持っていることが確認されていますが、あくまでメンズになるので、お財布なんか良いかもしれませんね。

次の

水美舞斗(みなみまいと)筋肉を魅せる男役

水 美 舞 斗 ツイッター

水美舞斗(みなみまいと、6月28日)は宝塚歌劇団95期生の男役タカラジェンヌ。 芸名は家族で考え、踊りが好きな事から「舞斗」と名付けられた〔2・6・11〕。 愛称は芸名から「マイティー」、芸名と本名から「みなみ」。 「マイティー」は舞斗からの派生で、同期に愛称を聞かれた時に「舞台で美しく舞えるように」という意味で名付けられ、ノリで「宝塚おとめ」に載せた〔2・5・13〕。 マスコミからは「マイトガイ」。 血液型はO型。 天真爛漫な性格で気配りができる筋肉番長〔3・5・7〕。 出身地は大阪府寝屋川市。 出身校は大阪国際大和田中学。 祖母は彩吹真央の知人〔2〕。 ペットは犬〔11〕。 中学校の同級生は元バレーボール選手、プレミアリーグ・岡山シーガルズスタッフの堀口夏実。 趣味は愛犬と遊ぶ事、映画・音楽鑑賞、ショッピング、旅行、ドライブ〔11〕。 集めている品はアクセサリー(ベルト、ネックレス)、鞄〔11〕。 好きな花はバラ、桜〔11〕。 好きな色はオレンジ色、赤、白、黒、水色(スカイブルー)〔11〕。 好きな食べ物は手料理(母親)、米、果物、アイスクリーム、麺類、野菜炒め〔11〕。 好きな物はタオルケット(無地)〔4〕。 宝塚時代 ダンス力が高く、彫り深い凛々しいルックスの筋肉質でダイナマイトなタカラジェンヌとして活躍〔2・5・7・12〕。 筋肉質な身体から「花組の筋肉番長」と称される〔7〕。 目標はオールマイティーな温かい舞台人。 何色にでも染まれる男役。 枠にとらわれず自在に演じられる男役〔2・4・5・6・12〕。 夢は「エリザベート」に出演する事〔1〕。 一番好きな事はダンス〔12〕。 好きな事は踊る事〔1・2〕。 力を入れている事は歌〔12〕。 舞台で何より大事なのは、心が伝わる事〔12〕。 幸せだった事は、蘭寿とむと同じ組になった事〔2〕。 腕相撲は花組で敵無し〔5・6〕。 好きだった役は今迄に演じた全ての役、「カナリア」のウカ、「エリザベート」新人公演のルイジ・ルキーニ、「オーシャンズ11」新人公演のラスティー・ライアン、「スターダム」のネイサン・マクブライト〔11〕。 演じてみたい役は色々な役、ルイジ・ルキーニ、感情を踊りで表現できる役、一人の人生を死ぬまで演じる役、言葉ではない部分を感情で表現するような役〔1・11・12〕。 筋肉は筋トレしなくても自然についた〔5〕。 観客に心が伝わるのが早いのは歌なので、歌に力を入れている〔12〕。 同期の中では弟キャラ〔2〕。 2007年に宝塚音楽学校に入学。 2011年の「カナリア」では、芝居に対する苦手意識を克服した〔1〕。 2013年の「オーシャンズ11」では、大役を務める責任感から舞台人としての意識を高め、舞台を楽しむだけではなく「成長したい」と思うようになった〔1・12〕。 2014年に「ラスト・タイクーン」の新人公演でパット・ブレーディ役、「エリザベート」で初女役の黒天使マデレーネ役、新人公演でルイジ・ルキーニ役を務める。 「ラスト・タイクーン」の新人公演では、本役が明日海りおなので注目された。 「エリザベート」では、組替えする望海風斗から男役の芸を学んだ〔1〕。 2015年に「カリスタの海に抱かれて」で新人公演初主演、「スターダム」でネイサン役を務め、「宝塚100周年記念モニュメント」の除幕式に出演し「すみれの花咲く頃」を合唱。 「カリスタの海に抱かれて」で新人公演初主演が決まった時は、「泣かない」と思っていたが、花組の同期が喜んでくれたので泣いてしまった〔4〕。 台詞や歌詞を間違い、センターに立った時は振り向いた時のライトの眩しさに驚いたが、負けないように頑張った〔4・7・9〕。 役作りでは感謝の気持ちで真っ直ぐ誠実に演じた〔4〕。 明日海りおからは「言葉一つにも、芝居のつながりを意識して。 語尾はしっかりと」と言われ、ライトの眩しさについては「あのライトをカリスタの太陽だと思ってやってみなさい」とアドバイスされた〔6・7・9・10〕。 舞台挨拶では感極まって涙を流した〔9・10〕。 「新源氏物語」の新人公演ではリーダーを務め、「頭中将の「10年というのは、あっと言う間」という台詞がありますが、私たちは「7年間あっと言う間」だったように思います。 感慨深いです。 7年間、本当にありがとうございました」と挨拶した〔8〕。 2016年に「ME AND MY GIRL」で芹香斗亜との役替わりでジェラルド・ボリングボーク役、「アイラブアインシュタイン」でトーマス役を務める。 新人公演卒業後は、時間ができたので更に歌のレッスンに通うようになった〔12〕。 歌と向き合う事で客観的な視点を持てるようになった〔12〕。 「ME AND MY GIRL」では、男役としての目標を考える時期にジェラルド役に抜擢された事で、「枠にとらわれず自在に演じられる男役になりたい」と思えるようになったので、ありがたかった〔12〕。 役作りではコミカルな悪役でも品格や愛嬌が必要なので難しかった〔12〕。 2017年に「仮面のロマネスク」でアゾラン役、「邪馬台国の風」でツブラメ役を務める。 2017年はもうすぐ男役10年になる事が怖いが楽しみ〔12〕。 入団前 小さい頃のタオルケットはピカチュウ柄〔4〕。 3歳からクラシックバレエを習い、小学5年生から「宝塚コドモアテネ」に通っていた〔1・4・5・6〕。 祖母が宝塚ファンだった影響で2、3歳から宝塚歌劇を観劇〔1・2・4〕 幼少期からバレエを習い、宝塚歌劇を観劇していたので、「将来はこの舞台で踊る事になる」と思い、気付いたら宝塚入りを目指していて、中学卒業時に初めての受験で合格した〔2・4〕。 「エリザベート」を観劇〔1〕。 主演・エトワール ・新人公演1回 「カリスタの海に抱かれて」(初主演) 情報ソース 1、「フェアリーインタビュー 花組 水美舞斗」 ウィズたからづか 2014年9月号 2、『水美舞斗、新人公演初主演に「さまざまな色に染まっていきたい」』 スポーツ報知 3、「 689 花組/柚香光(ゆずか れい)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年6月12日 TOKYO MX 4、「 690 花組/水美舞斗(みなみ まいと)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年6月19日 TOKYO MX 5、『プレシャス!宝塚 新人公演の主演2人にスポット <「踊り方間違えたかな」/花組・水美舞斗>』 日刊スポーツ 6、「Forever・タカラヅカ101 初主演、波に乗って 花組・水美舞斗」 毎日新聞 7、「宝塚花組の新人公演が開催 7年目水美舞斗が初主演」 日刊スポーツ 8、「柚香光、花組「新源氏物語」で朝月希和と危険な関係」 スポーツ報知 9、「水美舞斗、念願の新公初主演「みなさまに感謝しています」」 スポーツ報知 10、「水美舞斗 宝塚新人公演初主演で涙」 デイリースポーツ 11、宝塚おとめ 2009年度版~ 12、anan 2017年1月4日号 13、サンスポ.

次の