ジャニー喜多川。 ジャニー喜多川社長「くも膜下出血」病状発表の真相 なぜ今?なぜ嵐?なぜ松潤が広報役?裏にある事情が

ジャニーズの暗部に触れないメディアの罪

ジャニー喜多川

Contents• 【文春】ジャニー喜多川の少年愛が生み出した偉大な「審美眼」 ジャニー喜多川さんといえば、「原石」を見つけ出す天才。 偉大なプロデューサーとして知られています。 記事の中で、ジャニーさんと親交があった、「異能の男 ジャニー喜多川」などの著書がある作家の小菅宏さんは、ジャニー喜多川さんの才能についてこう語っています。 「 丸坊主で身長が一五〇cmもなかった東山さんに、ジャニーさんが渋谷の交差点で声をかけたことは、今でも語り草です。 嵐の二宮和也もオーディションでは、リュックを背負った猫背の冴えない少年でした。 誰もが落ちると思っていたのに、ジャニーさんの目に留まって合格。 その後、嵐に加入した二宮が国民的アイドルと呼ばれるとは、誰も予想できなかった」 ジャニーさんは、少年の写真を一目見ただけで、十年後、二十年後の顔が分かるという特殊ともいえる能力を持ち合わせていたそうです。 その功績は誰もが知るところ。 ひとりの例外なくジャニーさんが十代のうちに発掘したのです。 しかし、その「審美眼」は、まさしくジャニーさんの 「少年愛」が生み出したものだというのです。 【文春】被害者が語るジャニー喜多川の生々しい性的虐待の内容 かつて、週刊文春はジャニー喜多川さんと法廷で争ったことがありました。 それは、1999年から2000年にかけて、文春が14週にわたって掲載した「ジャニーズ事務所の少年に対する処遇に関するキャンペーン記事」の内容をめぐってのこと。 タイミングも事務所にとっては最悪で、嵐がハワイの洋上で華々しいデビュー会見を行った直後のことでした。 文春が訴えた内容がこちらです。

次の

ジャニー喜多川社長「くも膜下出血」病状発表の真相 なぜ今?なぜ嵐?なぜ松潤が広報役?裏にある事情が

ジャニー喜多川

スポンサーリンク 少年愛の内容がエグすぎる ネット上ではジャニーさんことジャニー喜多川社長の少年愛内容がヤバすぎると言われていますがどのような内容なのか。 この件について調査してみたところジャニーさんは 同性愛者であり 所属するタレントに対して性的行為をしていたとする暴露本があったことが判明しました。 かつて一世を風靡したグループの• フォーリーブス• 光GENJI などが暴露本を出していたようでジャニーさんから受けた ホモ被害について生々しく書かれていたようです。 暴露本の内容がこちら! ちなみにジャニーさんは少年の精液を飲んで生きる「吸精鬼」と呼ばれており若い美少年の精液を飲むのが趣味だという情報が沢山存在しているのです。 どうやら 1999年にジャニー喜多川氏の未成年に対するセクハラ行為は裁判で認定されており その後も行為は続いたとのこと。 華々しいデビューの裏側には過酷な枕営業があった事になりますし裁判でセクハラが認定されていた事に驚きです。 スポンサーリンク スマップも被害者はガチ? ジャニーさんについて検索するとサジェストに「スマップ 被害者」と表示されますが真相について気になるところです。 この件について調査したところ過去の暴露本が関係しているようです。 出典:鹿砦社 この暴露本は9章で構成されており• ジャニー喜多川の愛人だった• ジャニーズ事務所の真実 といった内容が赤裸々に語られています。 「SMAPへ」というタイトルがどのような意味なのか不明ですがジャニーさんのセクハラが裁判で認定されたのは1999年ですしSMAPが結成されたのは1988年です。 ジャニーズJr. 6名から結成されており、被害者の中にはJr. 時代にホモセクハラ被害に遭われた方もいるそうですが果たしてSMAPも被害者なのでしょうか。 スポンサーリンク ジャニーさんのプロフィール 【ジャニー喜多川氏 救急搬送】 ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏(87)が18日、都内の病院に救急搬送された。 東京都渋谷区内の自宅から119番通報があったという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 名前:ジャニー喜多川 本名:喜多川擴 (きたがわ ひろむ) 生年月日:1931年10月23日 年齢:87歳 血液型:不明 出身地:アメリカ・ロサンゼルス 出身校:ロサンゼルス・シティ・カレッジ 最終学歴:上智大学国際学部 職業:芸能事務所社長、実業家 活動期間:1962年〜 ジャニーさんは1931年にアメリカ・ロサンゼルスで生まれており1933年に帰国し大阪市で生活していたそうです。 その後は母親が死去し、第二次世界大戦が始まったため子供達だけで和歌山県那智勝浦町に疎開しています。 日本が敗戦し1947年にロサンゼルスに帰国しており現地のロサンゼルス・シティ・カレッジに入学していました。 1952年に帰国するとアメリカ大使館の陸軍犯罪捜査局の情報員として勤務。 当時起こっていた朝鮮戦争による戦災孤児に対して英語を教えるために朝鮮語を10ヶ月でマスターし韓国板門店にて1年2ヶ月に渡って子供達に英語を教えていたとのこと。 ジャニーズは元々、少年野球チームの名前でジャニーさんが子供達を指導していましたが映画「ウェストサイドストーリー」を見たことがきっかけで事務所設立を決意。 1962年6月にジャニーズ事務所を創業。

次の

ジャニー喜多川の死因!報道できない理由ヤバイ!ジャニーズ解散?

ジャニー喜多川

2003年5月に甲子園球場を訪れた際、本紙の取材に答えたジャニー氏 ジャニーズ事務所は1日、事務所社長のジャニー喜多川氏(87)が先月18日に、都内の病院に救急搬送され、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で入院していることを明らかにした。 救急搬送されてから約2週間が経過してから、ようやく発表した背景は…。 そして、なぜ最初に語ったのが、大先輩の近藤真彦(54)や東山紀之(52)ではなく、嵐の松本潤(35)だったのか。 ジャニー氏が自宅で倒れたのは18日午前11時30分ごろ。 「体調の異変を訴え、救急搬送されたことから、現在、入院いたしております」としている。 ジャニー氏の詳しい病状などは、「今もジャニーは必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解くださいますと幸甚に存じます」とした。 救急搬送される前日まで「いつもと変わらず、普通に仕事をしていた」(芸能関係者)というジャニー氏。 救急搬送された直後から、事務所ではかたくなにかん口令が敷かれた。 本紙は6月19日発行の紙面で「ジャニー社長救急搬送」と報じたが、多くのメディアが事務所に忖度して報じなかった。 その間に「死亡説」を伝える一部ネットメディアも出るなど大混乱となった。 だが、それでも事務所は一切、反応することはなかった。 それが一転、病名を発表した背景に、前出関係者は「タイミングとジャニーさんの病状が関係しているのでは」と分析する。 「タイミング」というのはジャニー氏の手がけてきた舞台のことだという。 「近々、ジャニーさんが演出などに名を連ねている舞台の発表会見があるんです。 そのときにジャニーさんが出てこないのもおかしいし、病状の話を出さないわけにはいかず、その会見そのものが混乱や影響を及ぼす可能性があった。 となれば、その前にきちんとある程度の情報を出しておこうという判断があったのでは」(同) 搬送された当時は意識がなかったとの情報もあるが、今回の発表では詳しい病状や現在の状態については明らかにしていない。 ある芸能プロ関係者は「お見舞いに行った人の話では、意識が戻ってなかったそうです」という。 それでも、前出の芸能関係者は「すぐにどうこうという危機的状況は避けられたのではないか。 そもそも、亡くなってもいないのに、ネットでどんどん死亡説を流されては困るということも発表に踏み切った要因でしょう」と語る。 しかも、この日の嵐のイベントはジャニーズが主催するもの。 あるテレビ局関係者は「やっぱり、発表するのはジャニーズをトップでけん引している嵐ということなんでしょう。 グループのリーダーは大野(智)ですが、たとえば嵐が大型ツアーとかを行うなどの発表をする際には、松本や櫻井(翔)が話すケースが多い。 嵐のスポークスマン的役割を担っているのがこの2人なんです。 今回、コメントを発表したのが松本だけになったのは、月曜日は櫻井が『news zero』(日本テレビ系)に出演することが関係しているからでしょう。 会見と同じことをしゃべってもしょうがないですからね」と指摘する。 ジャニー氏の一日も早い回復が待たれる。 【解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血】サッカーJ1鹿島のチームドクター関純氏(西大宮病院院長=63)が「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」について、こう説明する。 「高血圧やストレスで脳の動脈瘤(こぶ)が破れて出血するもの。 激しい痛みや吐き気、ひどいときはけいれんを伴うが、高齢者は痛みが出にくい。 手術では、破裂した動脈瘤をクリッピングして血流を止める。 動脈瘤の破裂する箇所として多いのは『中大脳動脈の分岐部』で、これは頭のほぼ中心部。 破裂したのは中心部より表面に近い箇所かもしれない」 発症から約2週間が経過した。 「もし今も意識障害があるとすれば、かなりの重症と考えられる。 死亡率も高い。 意識が戻らない可能性もある。 意識が戻っても手足のまひや、場合によっては話すことが難しくなることもある」(同) 高齢の人だけでなく、若い30~40代でも脳動脈瘤破裂は起こり得る。 関氏は「小さな脳動脈瘤が大きくなる前に、脳ドックを定期的に受けてほしい」と話している。

次の