アラスカ ご飯。 『大阪の西洋料理の先駆け「アラスカ 本店」で名物カレーを食べる』by urya

『大阪の西洋料理の先駆け「アラスカ 本店」で名物カレーを食べる』by urya

アラスカ ご飯

装飾に凝ったログハウスでちょっとした異国感を味わう 四季折々の風景を眺めながら食事が楽しめる【森のログレストラン アラスカ】。 木の温もりが感じられる店内と、池に面した開放的なテラス席で食事がいただけます。 美味しい空気を吸い、リラックスができる癒しの空間です。 おすすめは、ドーム状の生地で包まれた『アラスカオリジナルボンバーピザ』。 迫力ある見た目が印象的な逸品です。 他にもカナダ産のロブスターや、新鮮な野菜を使ったパスタ、ボリュームがありながらも食べやすいステーキ。 子どもから大人まで楽しめる料理が揃っています。 国産だけでなく外国産のものも取り扱った食材やお酒。 内観と相まって、異国感を覚えます。 他では味わえない特別なロケーションを満喫できるお店です。 最寄駅 JR鹿児島本線 二日市駅 徒歩15分 西鉄大牟田線 紫駅 徒歩20分 アクセス 二日市駅を出て、天拝山の方向へ。 九州自動車を横切る。 徒歩、約15分。 住所 福岡県筑紫野市武藏2-10 営業時間 【平日】 ランチ 11:30~16:00 L. 15:00 平日は15:00L. (ラストオーダー)16:00に一旦クローズさせていただきます。 【平日】 ディナー 17:30~22:00 L. 21:00 ディナーコースは17:30~20:30までのご注文とさせていただいております。 【土・日・祝】 ランチ 11:30~16:00 L. 【土・日・祝】 ディナー 17:30~22:00 L. お支払い情報 平均予算 【ディナー】 2980円 【ランチ】 1450円 クレジット カード UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン 設備情報 キャパシティ 70人 宴会・パーティー時 立席:70人 着席:60人 席数形態 テラス席は18席。 正しい情報はお店にお問い合わせください。 こだわり• ホームページ.

次の

『大阪の西洋料理の先駆け「アラスカ 本店」で名物カレーを食べる』by urya

アラスカ ご飯

購入方法 スーパーで販売していることがある。 何料理!?アラスカご飯! 岡山県の家庭の味の一つにアラスカご飯があります。 アラスカご飯…アメリカの料理かな?と思いきや、出てくるのはただの豆ごはんです。 詳しくは後述しますが、これには2パターンあります。 本当にただの豆ごはんの場合、そして豆ごはんのように見えるそれが実はアラスカご飯である場合です。 アラスカとは アラスカ豆の事を指してるのです。 アラスカ豆とは? アラスカ豆はグリーンピースの一種です。 グリーンピースよりも大粒なのが特徴で、味は少し甘みが強めです。 若い年代の方や、岡山県以外の地域では殆ど知られていない品種ですが、昔から岡山ではよく流通していました。 5月頃が旬で、地元スーパーで販売されている事があります。 しかし複雑なのはここからです。 岡山ではアラスカという言葉はより広域に用いられるようになり、 グリーンピース の事もアラスカと呼ぶようになったのです。 なので前述のように岡山で【アラスカご飯】が出てきても、本当にアラスカ豆を用いているご飯の場合もあれば、グリーンピースの豆ごはん事を指している場合もあるのです。 -- 関連リンク.

次の

森のログレストラン アラスカ(太宰府/筑紫野 洋食)のおすすめ料理・メニュー

アラスカ ご飯

文化の影響 [ ] 当初より、継続的な移民の波によって様々な食品とともに移民がもたらした影響を受けて、カナダの様々な地域や時代から、カナダの食品は形成されてきた。 伝統的なとカナダ領土の料理は、を使うとの調理法が基本である。 逆に、各地のファーストネーションおよびの間に普及しているは、スコットランドの毛皮商人より伝えられたフライパンで調理する揚げパンである。 からの移民や商人は、大西洋岸諸州および南オンタリオ()における初期カナダ英語圏での料理の影響を与え 、フランス移民は南()、北オンタリオ、の料理に影響を与えた。 オンタリオ州のより西南地域の多くでは、オランダおよびの料理の影響が強く、カナダ西部の州の料理は、、の影響を強く受けている。 ロシア移民子孫の菜食主義者、もまた特筆すべきである。 のには、と料理の伝統がある。 1800年代後半のカナダへのユダヤ系(アシュケナジム)移民もまた、カナダの食品に重要な役割を果たした。 モントリオール風ベーグル、モントリオール風燻製肉は共に、のユダヤ系住民社会が発祥の料理である。 カナダで『中華料理』とされている料理の多くは、カナダおよび北アメリカ発祥で、各地域の中国人がを地元向けにアレンジしたものである可能性が高い。 カナダ式中華料理 ()は、カナダ国内各地に地域毎の様々な変化を伴って広まった。 中華料理のビュッフェは、アメリカ合衆国およびカナダ各地に見られるが、1870年頃のが当初の発祥である。 シャンティタウン近郊の森林や工場で働く多くのスカンディナヴィア人に、の料理人が食器棚のスチームテーブル(蒸気保温台)を用意し、「積み上げ」て(おそらく「飲み物」用に)ダイニングテーブルに空きを作る習慣から始まった。 ジンジャービーフ ()はカナダ西部発祥と主張されている人気の中華料理である。 および大西洋岸諸州の料理は、塩漬け魚、牛肉、および豚肉を好むおよびの調理法から主に派生している。 、、はまた、イギリス料理の強固な伝統を維持している。 国民食 [ ] 一般的なカナダの候補は以下の2つである。 バタータルト () がコメントを収集した非公式調査によると、カナダの国民食は以下の通りである。 ただし、メープルシロップを食品とみなした場合はこれら以上となる可能性が高い。 これらの地域独特の食材により、独特の地域料理が作られる。 はカナダ全国で食べられており、多くのファースト・ネーション文化で非常に重要であると考えられている。 の肉は、特にカナダ北部、大西洋岸諸州、およびで食される。 ヤマウズラやのような野鳥もまた常に狩猟される。 熊やビーバーのような他の動物は専門の狩猟家や先住民が食べることがあるが、国民のほとんどは通常食べない。 野生の、アメリカマツタケ、、ロブスター・マッシュルーム、パフボール、および他のも食用にする。 カナダは、品質の良い、多くのすぐれたビールを生産しており、素晴らしいとアイスシードルでも有名である。 野生または栽培した、 ()、、を食べる。 (ソープベリー)を泡立てて作る「インディアン・アイスクイリーム」は、ブリティッシュコロンビア州内陸の内陸セイリッシュ語で xoosumと呼ばれる。 アイスクリームの形状またはクランベリーのカクテルのような飲み物で、腎臓の強壮剤として知られている。 アラスカでは動物または魚の油脂で作るエスキモーアイスクリームをアクタック ()と呼ぶ。 カナダ料理の一覧 [ ] 料理 [ ] カナダの食品とその他の北アメリカの料理にはかなりの重複があるが、カナダのみの独自料理(または料理の別種類)が多数ある。 他の地域よりも一般に食される料理もある。 ラッピーパイ () すりおろしたジャガイモと肉のキャセロール。 ペ・ド・スール(直訳「」): ブラウンシュガーとバターのフィリングを生地で巻き包んだ菓子• デーツスクエア ()とポークパイ(を詰めたデザート)• 、特にメープル・タフィー( sur la neige)、または味付けとして例えばメープルリーフクリームクッキー ()• ジャムバスターズ( Jam busters、草原地帯のジャムドーナッツ)• 様々なリコリス菓子• (バンブルベリーは、果物、ベリー、およびを混ぜたもの)• ナナイモバー (): ブリティッシュコロンビア州で最も人気。 バタータルト (): 1915年頃に東オンタリオで考案されたといわれている。 フィリングの主な材料は、、とだが、追加風味としてやを加えることが多い。 : ビーバーの尾、象の耳、ヘラジカの角、クジラの尾と呼ばれる。 シュガーパイ ()• ペルシャンズ: 大きなシナモンロールパンとドーナッツを合わせた中間のような、イチゴのアイシングをした、特有の菓子。 シュクレ・ア・ラ・クレーム: ケベックの甘く四角いミルク菓子。 ヌガーアブリコ: ケベックのアプリコット、アーモンド、およびピスタチオで作るジャム。 : イギリスの呼び名は「トフィーアップル」であり、アメリカ合衆国で一般的なキャラメルアップル ()よりも人気がある。 ムースハンター(クッキー)• フィギーダフ (): ニューファンドランド・ラブラドール州のプディング• フラッパーパイ(マニトバ州ではウエハーパイ): カナダ西部で人気のカスタードパイ。 調理済み食品と飲み物 [ ] コーヒークリスプトリプルモカ• : 、、、、、、• 他のキャンディ: (ピーナッツ、レーズン、またはアーモンド)、• クラフト・ディナー (): 多くの販売店でのブランドはだが、今でもこのように呼ぶ。 カナディアン・ピザ: モッツァレッラチーズ、トマトソース、ベーコン、ペパローニ、マッシュルーム• ケベック・ピザ: モッツァレッラチーズ、トマトソース、ベーコン、ピーマン、ペパローニ、マッシュルーム• シュレディーズ ()シリアル• カウズ ()アイスクリーム(プリンスエドワードアイランド州)• レッドリバーシリアル ()• コーヒー• 、セカンドカップコーヒー• ホーキンス・チージーズ ()• ジンジャーエール• オンタリオ州クリスタルビーチのローガンベリー ()(飲み物)• ミルクバッグ ()• キャニオンクリーク ()スープ アルコール飲料 [ ] 12年物のカナディアンウィスキーの瓶 ストレート [ ]• カナディアン・ビール ()• ユーコンジャック ()、に似たカナディアン・ウイスキーがベースのリキュール。 カナディアン・ワイン ()• カナダワイン、アイスワイン• アイス・シードル ()• ニューファンドランド・スクリーチ () ブレンド [ ]• メープル・リキュール: カナディアン・ウイスキーとメープルシロップをブレンドした飲み物、ソルティレージュ(Sortilege)という名前で販売される。 カリブー (): 赤ワイン、メープルシロップと、カナディアン・ウイスキーのブレンド。 ケベックの冬の祭りで消費される。 シーザー ()またはブラッディー・シーザー: 、クラマト ()ジュース(クラム・トマトジュース)、、で作り、縁に塩(セロリソルトまたは食塩)をつけたグラスに注ぎ、の茎、より大胆に少々、または牛肉を小量加えて風味付けする。 シーザーは1969年にのバーテンダー、ウォルター・シェルがレストランMarco's開店を祝って考案した。 ストリートフード [ ] カナダの主要都市のほとんどは(地域条例によるを除き)、様々なストリートフードが販売されており、地域の「名物」が有名である。 は全国的に販売されているが、ケベックでははるかに人気が高い。 同様に、ホットドッグスタンド ()はカナダ中にあるが、やよりもで人気である。 オンタリオ州では、通称「フライ・トラック( fry truck)」と呼ばれるでホットドッグが販売され、「ストリート・ミート」と呼ばれる。 バンクーバーやビクトリアでは、「 Mr. Tube Steak」フランチャイズが有名であり、フランクフルトでなく「スモーキーズ( smokies)」と呼ぶウクライナソーセージ(キルバサ、)が有名である。 モントリオールは、シシ・タオーク(、チキン・シャワルマ)、モントリオール・ホットドッグ()、1ドルなどの多くの名物が販売される。 バンクーバーでもファラフェルは普及しているが、スライス(一切れピザ)がさらに人気である。 バンクーバーにはまた、多くの店がある。 やでは()が普及しており、地域都市圏では地域独特の(、砂糖、ニンニクと酢で造る独特のソースが特徴)であるドネア()が売られている。 夏期には全国各地でアイスクリーム販売車()が見かけられる(大音量スピーカーの宣伝を耳にすることも多い)。 近年、では世界中のストリートフード業者による販売が許可された。 これにより、、ファラフェル、シャワルマや他のフードがストリートフードとして非常に人気である。 食事 [ ]• 中華料理ビュッフェ:アメリカ合衆国や他のカナダ各地に見られるが、この言葉と概念は1970年頃のバンクーバーギャスタウン当初の発祥である。 シャンティタウン近郊の森林や工場で働く多くのスカンディナヴィア人に、中国系移民の料理人が食器棚のスチームテーブル(蒸気保温台)を用意し、「積み上げ」て(おそらく「飲み物」用に)ダイニングテーブルに空きを作る習慣から始まった。 木こりの朝食( Lumberjack's Breakfast、別名 Logger's Breakfast、 The Lumby):3つ以上の卵、1日分のハム・ベーコン・ソーセージ、大きなパンケーキ数枚のたっぷりの朝食。 バンクーバーの鉄道建設以前のギャスタウンのウォーター通り沿いにあるグランビル・ホテルの経営者J. Houstonが1870年頃に、常連客からの長く大変な仕事を始めるにあたってのより良い「食料」要望に応えて考案した。 脚注 [ ] []• Pandi, George 2008-04-05 , , The Gazette Montreal , Also published as ""• Accessed July 2011. Skitt Matthews• Wong, Grace 2010-10-02 , , CNN ,• Sufrin, Jon 2010-04-22 , , Toronto Life ,• Baird, Elizabeth 2009-06-30 , , Canadian Living ,• DeMONTIS, RITA 2010-06-21 , , Toronto Sun ,• Allemang, John 2010-07-03 , , Globe and Mail ,• 参考文献 [ ]• Driver, Elizabeth 2008 , , University of Toronto Press, , 関連項目 [ ] 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキブックスのに 英語 の解説があります。

次の