ホロライブ アイドル部。 もこ田めめめとは (モコタメメメとは) [単語記事]

キズナアイ・.LIVE アイドル部の失墜 ホロライブ・にじさんじとの対比 歴史は繰り返すのか

ホロライブ アイドル部

2813字 コメント所感です。 順々に追って見ていきましょう。 アイドル部だと金剛いろはさんが好きかなあ おばちゃん営業、発掘、ちょうど良いオタク感の映画紹介と ちょっと上の年齢層を狙い撃ちするラインナップを持ってる気がします 金剛さんも、アイドル部のエース格ですね。 出だしで勝負を決めた感があります。 特に、ワイアニが大きかった。 ワイアニやみたいなゲームを早い段階で扱って、界隈における代名詞にしてしまえると強いですね。 その人の色が付きすぎて、もう他がやってもピンと来なくなる。 あのあたりはもう専売特許に近いものがあります ネコトモも、いつか詩子のゲームになったりするんでしょうか?。 映画好きなども含めて、と重なる部分は多い。 箱のネームバリュー的にも、少なくとも当時はとアイドル部で双璧でしたし。 おそらく、金剛さんも先行例を見て、ある程度「イケる」という確信をもって臨んだはずです。 そういう経緯も込みで、アイドル部の初外交はこの組み合わせだったのでしょう。 隠しのときには「この箱どうなってしまうんだろう…」と思いましたけど、なんだかんだで上手いことやってます。 ベンガーでテレビにもベースキャンプを張って、メンバーの経験値や外部とのパイプ作りにも貢献。 攻守に隙がない。 個人的には牛巻さん、好きなんですけどね。 技術屋のねーちゃんがやってみた的な状況設定だけで既に面白い。 「ぽく」ないところが逆に「ぽい」みたいな良さがあります。 ハニストのASMRは人気と熟練度を上げるにつれ、チャレンジングなことは出来ない自縄自縛みたいなところもありますよね 特にメアリさんは似たようなシチュが続いてしまっているような… 意外とASMRで存在感を増している気がするのがホロライブ。 大型コラボ、ASMRになりたい女たちで講師役を務めた癒月ちょこ初め、 赤井はあとや夜空メルのようなサービス精神旺盛なメンバーのが効いてきています 改めて見ると、ホロライブって結構しっかりした箱ですね。 上位の規模も大きいし、統一モチーフとかがない分、キャラ立ちしてて分かりやすい。 しかしフブキさん、この感じだとそのうちホロライブ内でも最大手になりますね。 ちゃんと見たことがないのであれですが、わたしの中のイメージはザ・無難。 とにかく悪い話を聞かない。 声、ゲームスキル、人付き合い、どれを取ってもケチのつけようがない印象。 クセの強さでバズって売れるタイプの正反対ですね もし違ってたらご指摘下さい。 癒月さんも、ハニスト経由でお名前は予々。 チャンネルホーム画面に再生リストを載せないのは、何か理由でもあるんでしょうか。 BAN対象の演技例がやたらそれっぽい。 というか、ホロライブの方々は皆さん外交に積極的ですね。 先のフブキさんも昔はあにまーれでよく見ましたし、10万手前の面々の名前も、最近はメンバーとの組み合わせでよく見ます。 夏色まつりさんの「彼氏面マシュマロ」は企画の勝利ですね。 素晴らしい発想。 っぽさもある。 赤井はあとも懐かしい。 ホロライブでは最初に知った名前かもしれません。 短い動画を上げ続けたり、ASMR勉強してたりするのは、シンプルに偉いなぁと思います。 なんというか、ギャルのフリして優等生みたいな…。 見るかどうかはまた別ですけど。 夜空メルさんも、この感じはASMR本職の方なんですかね。 自分のやりたいことやスタイルがハッキリしてるように見受けられます。 で、コメントの前半部分に戻って、ハニストのASMR勢はどうかという話ですね。 周防さんも、シチュエーションは様々ですけど、結局耳かきするのは変わりませんからね。 前はリクトも通りましたけど 散髪とか 、今はどうなんでしょう。 いっそのこと、企画として「どんなシチュエーションを指定されても耳かきASMRをやり通せるのか」みたいなネタ動画作ればいいのに…とか思ったり。 西園寺さんも割と保守的なので、周りからネタ出ししたり、発破かけたりが必要かと。 個人的には、ASMRは隙間なく聴きたい音で埋まっていればとりあえずオッケーという聴き方なので、シチュエーションは深く考えません。 流石に囁き系は飽きたので、粘土を切る音とか、付箋をはがす音とか、ジャリジャリしたアイスを咀嚼する音とかなら興味が出るかもしれません。 ネガティヴな話といえば ルキロキが引退したのも大きい これは知りませんでした。 なんとなく名前は知っていましたが、引退ですか…。 アズリムやゴルシと同じサイバー系だったんですね。 歌動画中心の活動。 ナユタン星人にオリ曲依頼は、なかなかすごい。 本業に集中したいので、引退と。 正直、引退せずとも、年単位で休業したって別にいいと思うんですけどね。 みたいな漫画もありますし。 メンバーシップとかで毎月料金が発生する場合はまた別ですが、ほかに見るものはたくさんあるわけですから、少なくとも消費者側はそこまで気にしない。 結局は、演者の精神的な負担次第。 何万とファンがいて、何かしら待っているという状況がストレスになる。 特に、やりたいことと違ってくる場合。 も馬鹿にならないでしょうし、どこか心に重荷を背負いながら続けるよりは、やめた方がいい。 残念ながらは、そこまでしてやるほどおいしい職業でもありません。 Vのマの技術においては周防パトラが圧倒的に断トツで一般リスナーの腕も高かったので やってる時間こそ多くて代名詞になっていますが、島村シャルロットのマのレベルについては微妙なところに思う これは、その通りですね。 島村さんの恐ろしいところは、それでもひたすらマし続ける点にあります。 普通の精神なら「面倒だな」とか「もっと上手くやる方法はないかな」とか「他にはどんな世界が広がってるんだろう」とかなるはずなんです。 島村さんには、そういうのがほとんどない。 エンダーマンとかエンドラも、ほぼノータッチでこれまでやって来たようですし。 ハッキリ言って常軌を逸している。 ハニストではぶっちぎりでヤバい人です。 それを活かすも殺すも彼女次第。 周防さんは、そのままマを極めるのも手です。 昔上げていたようなマ動画は諦めちゃったんですかね。 マ知らなくても、面白いものは面白いですよ。 的な面白さ。 最近見たものだと、湖でもマグマでも干上がらせるスポンジの紹介動画はけっこうツボでした。 thinkaboutvtuber.

次の

ホロライブ初の全体ライブ 「hololive 1st Fes. 『ノンストップ・ストーリー』」オフィシャルレポートが公開

ホロライブ アイドル部

Los! Los! キライ!? ニコニコ生放送• YouTube• ニコニコ会員限定• こういうのが恋なの? 2020-07-13• by 名無し ID:8s1ykIWUqQ• 2020-07-12• by 名無し ID:mkCkuL1TzA• 2020-07-10• 2020-07-09• 2020-07-07• by 名無し ID:7LwRwyc6Ug• 2020-07-06• by 名無し ID:mkCkuL1TzA• 2020-07-04• by 名無し ID:mQXkG2MGvg• by 名無し ID:kAmTy2hUhg• 2020-07-03• by 名無し ID:7LwRwyc6Ug.

次の

コメント所感【アイドル部、ホロライブetc】

ホロライブ アイドル部

アップランドのバーチャルYouTuber VTuber 事務所「. 同社社員演じる古参VTuber「ばあちゃる」が視聴者を批判する意見を表明し謝罪に追い込まれた事、「夜桜たま」がアップランド側の対応に対する告発を行った事、所属VTuber同士の確執や意見の相違が指摘される事など、もはや何が最大の原因となって問題化し、何を持って収束するのかすら見えない程の炎上・混乱状態にある。 しかし問題がここまでこじれてしまった理由は明らかである。 それは「 真っ先に説明すべき人物 アップランド側の責任ある立場の人間 が表に出て説明をしていないため」である。 只それだけの事であり、ここまでそれをせず問題をこじれさせ続けたアップランドの姿勢は厳しく追及されるものだろう。 「ありがとう」「ごめんなさい」といった、子供であっても素直に言える言葉の一つも無いのだから。 問題解決の第1ステップすら踏めぬまま 「反発を買いかねない発表をするより、今は黙っていた方が良い」「VTuberの言葉を通じて間接的に様子をうかがい、今後どうすべきか見定めたい」 今回の一連の問題を巡り、アップランドの経営陣や責任者はその様に考えている可能性もあるだろう。 真っ先に説明すべき人間が矢表に立ってもその発表内容が反発を買う内容であれば無意味であると。 しかし実際はこうした姿勢こそが、アップランドが批判を招いている最大の要因ではないだろうか。 確かに発表内容如何によっては短期的にアップランドへの批判の声が収まらない可能性はあるだろう。 だがそれ以上に「 本来説明を果たすべき立場ある側から公式発表が行われる事で、問題解決に向けた次のステップへと進むことが出来る」のだ。 所属VTuberやファンとの議論の機会も生まれてくるだろうし、その中で信頼を回復していくことも出来るだろう。 むしろ一時の批判に萎縮し所属VTuberの言葉をワンクッションとして間接的に動向をうかがう方が、中長期的には信頼も支持も失うというのは過去の歴史が証明している。 それは要らぬ不信や憶測、デマとも真実とも分からぬ情報を際限なく生み出し、その首をますます締め続けるだけである。 アップランドの責任者は今すぐ表に出よ アップランドは過去に出会い系アプリ「ぎゃるる」の運営など成功したものを除き、多くの新事業を立ち上げては放置状態に近い形でフェードアウトするのを繰り返してきた経緯がある。 「電脳少女シロ」とアイドル部も、開発中の告知のまま事実上ストップしているゲーム「少女兵器大戦」のキャラクターが基であった。 しかし今回のように「責任ある立場からの説明までもが放置されること」は受け入れられるものではないだろう。 アップランド代表取締役の宗像秀明氏など、同社の責任ある立場の人間は今日に至るまでほぼ全く表に出てきていないように見える。 ここまで問題をこじれさせ続ける最中にあって依然「雲隠れ」と思われかねない姿勢にとどまるのは極めて不誠実であることを同社は強く認識すべきである。 まずアップランドが表に出なければ、何一つ前へ進まないのだ。 そこから全てが始まるのだから。 文・アポロ船長• 関連する記事• 2020. 29 中日新聞は2月29日、同紙朝刊カルチャー面にてバーチャルYouTuber VTuber に関する記事「Vチューバー旋風」の連載を開始しました。 2[…]• 2019. 26 キズナアイ公式チャンネル「A. Channel」は12月27日より音楽情報番組「VMZ Virtual Music ZONe 」の放送を開始します[…]• 2020. 18 Activ8は1月17日、中国の動画プラットフォーム「bilibili ビリビリ/哔哩哔哩 」 を中心に活動する中国語版キズナアイ 通称名・紗利雅[…]• 2020. 17 1月23・24日に東京ビッグサイトで開催の「DOCOMO Open House 2020」のNECブース「5Gコアネットワーク」ガイド役に、バーチャル[…]• 2020. 10 株式会社Unlimitedは3月9日、担当アーティストの卒業に伴い休止していたバーチャルYouTuber VTuber /バーチャルシンガー「道明寺[…] コメント (3件)• 責任者が出て来ず、現場の人間に押し付ける形になっているからね。 その場凌ぎを繰り返した結果、それに依る信用低下と、仕事とは言えそれを擁護させられ続けた事でVtuber達自身も人間性が低く見られ、幻滅されている。 何か問題が起こり、それが自分に責任が無いのであれば正確な事実を公表して説明する。 責任があるのなら謝罪して改善を模索する。 そのどちらもない場合、何を言っても言い訳にしかならない。 それは目先の事しか考えていない、信用されない態度でしかないのだから。 これとアンリミテッドのゲーム部を反面教師として、現行のVtuber事務所やこれから始める人達は誠実な行いをして貰いたい。 このような結末では、関わった人間が全員不幸にしかならない。 そもそもは(結果として失敗となったが)アップランドの体制改革の遅れからしびれを切らし、アイドル部内で主導権を握ろうとした夜桜たまのクーデターがトリガーとなって始まった騒動だ。 アップランドはこれについて遺憾の意を示し、事態の収拾に向けて何らかのパフォーマンスを見せるべきだった。 そうしなかった結果、何ら過失のないタレント達(ここでは夜桜たま以外を指す)が一方的な悪意に晒されてしまうという最悪の結果だけが残り、今は極めて僅かながらも回復基調とはいえ、少なからず負の影響を与え続けている状況だ。 理不尽な負の遺産を抱えながらも何とか盛り返そうと努力しているタレント達、彼女ら努力が水泡に帰すことがないよう、アップランドはすでに進行中だったものに加えて、一層の体質も含めた事業執行体制の改善が望まれる。 アップランドと所属タレントの今後の動向に引き続き注目したい。

次の